ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

春秋時代

【孔門十哲】冉有(ぜんゆう)とはどんな人?ちょっぴりネガティブな手腕家




儒教

 

孔子(こうし)は「政事のことは冉有(ぜんゆう)季路(きろ)に任せておけば良い」

と太鼓判を押していますが、

論語(ろんご)』から浮かび上がる冉有像は

政事でバリバリ手腕をふるっているとは言い難いような…。

 

何だか頼りない冉有ですが、

一体彼のどのようなところが政事に向いていたのでしょうか?

 

今回は彼のエピソードをいくつか取り上げ、

その政事手腕について迫ってみたいと思います。

 

関連記事:【なんだそりゃ?】注さらに注!ラビリンスな注釈の歴史

関連記事:四書五経とはぶっちゃけ何?読んだら何になるの?

 

 

孔子「あいつ止めろ!」冉有「無理です」

冉有

 

その昔、()には季孫(きそん)という臣下がおりました。

 

ところが、この季孫、

臣下の分際で臣下らしからぬ振る舞いをするということで

礼を重んじる人々からは眉を(ひそ)められる人物でした。

 

ある日、この季孫が

泰山(たいざん)(りょ)を執り行う!」と言い始めたため、

人々はざわめきました。

 

旅というのは山や川を祭る儀式なのですが、

これはその領地を治めるトップたる諸侯(しょこう)が執り行うもの。

 

それを一臣下に過ぎない季孫が自ら執り行うというのです。

 

孔子はその話を聞き、

季孫に仕えている冉有に「あいつを止めることはできないのか?」と尋ねます。

 

しかし、「無理です」と即答する冉有…。(『論語』八佾(はちいつ)篇)

 

これには孔子もガッカリです。

師の頼みさえ受け入れられないほど冉有は季孫にビビっていたのか、

はたまた、冉有は孔子の頼みよりも季孫の補佐に専念していたのか…。

 

 

 

孔子「もっと積極的になれ」冉有「はぃぃ…」

 

孔子は冉有が消極的であるが故に

季孫を正しい道に導けないのだと考えていたようです。

 

孔子は冉有に

「聞いたことはすぐに実行した方がよいのでしょうか?」と尋ねられたとき、

「すぐに行え!」と背中を押しています。

 

それを傍から見ていた公西華(こうさいか)が、

孔子が冉有と同じ質問をしてきた子路(しろ)(季路)に対して

「ちょっと考えてからにしろ」と言っていたことを思い出し、

なぜ2人に対する答えが異なるのかを孔子に尋ねました。

 

すると孔子は

「冉有は消極的すぎるから背中を押し、

子路は行き過ぎるところがあるから抑えたのだ」

と答えたのでした。(『論語』先進篇)

 

また、冉有は孔子に

「自分に力が無いが故に、先生の道を学ぶことができません」

吐露(とろ)したこともあります。

 

これに対し、孔子は

「本当に力の足りない者は進めるだけ進んでやめてしまう。

お前は力があるのに自分から見切りをつけているだけだ」

と激励する言葉をおくっています。(『論語』雍也(ようや)篇)

 

孔子は能力があるのに卑屈で消極的な冉有を

なんとかして積極的な人に仕立て上げたいと考えていたのです。

 

時空を越えた最強の将軍対決
呂布対項羽

 

孔子「あいつやっぱりアカン…」

 

ところが、師の願いは冉有になかなか伝わらなかったらしく、

孔子も度々苛立ちを募らせています。

 

そんな孔子の冉有に対する怒りが爆発しているエピソードがコチラ。

 

季孫は巨万の富を得て裕福に暮らしていたのですが、

それでも季孫のために民草から税を取り立て続けている冉有に対し、

孔子は「あいつは私たちの仲間ではないね。

君たち、太鼓を打ち鳴らして攻めていいぞ。」と言い放っています。(『論語』先進篇)

 

事実上の破門宣告…!

これには冉有もドキッとしたことでしょう。

 

孔子は(いさ)めるべきときに諫めることもせず、

ただただ季孫の言うことをホイホイ聞いているだけの冉有に

ガッカリどころか絶望してしまったのでしょうね。

 

どんなに叱咤激励(しったげきれい)されても

師の期待に応えようとしない冉有…。

 

一体彼は孔子のもとで何がしたかったのでしょうか?

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

実はこの冉有、

目の前の困った人を助けずにはいられない質だったのかもしれません。

 

同門の公西赤(こうさいせき)が斉にお使いに出かける際、

冉有は一人残される公西赤の母を助けるために

穀物が欲しいと孔子に願い出ます。

 

すると、「一釜分だけあげなさい」と答える孔子。

 

これを受けて

冉有はそれでは少なすぎると孔子に訴えました。

 

孔子は仕方が無く

「では2釜とその半分くらいの量の穀物を与えなさい」と譲歩。

 

ところが、それでも足りないと考えた冉有は、

125釜分くらいの大量の穀物を公西赤の母に届けたのでした。(『論語』雍也篇)

 

実は、公西赤の家は裕福で、

その母を物質的に支援する必要は全く無かった様子。

 

それでも、心優しい冉有は

放っておくことができなかったのでしょう。

 

そんな冉有は季孫に仕えているときも、

困った人だと思いながら、

目の前で困っている季孫を助けずにはいられなかったのかもしれません。

 

そして、その善悪はともかく、

季孫のもとでキビキビと政事をこなす冉有の手腕を

孔子は評価していたのでしょう。

 

関連記事:意外!漢書が編まれた理由は司馬遷へのダメ出しだった

関連記事:【後漢のゴーマニスト】実証主義を貫いた王充(おうじゅう

 

孔子の愉快な弟子たち『はじめての孔門十哲』
孔門十哲

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 関羽に無視される孫権 【春秋左氏伝】兄弟思いの衛の二公子の切なすぎる顛末
  2. 関羽に無視される孫権 【春秋左氏伝】横恋慕から旦那と主君を殺し人妻をゲットした華父督
  3. 『論語』に見える親孝行のすすめとは?
  4. 【刀匠干将・莫耶】二人が作った剣、実は三国志にも関わり合いがあっ…
  5. 孔子と儒教 春秋と史記に隠された意味がダヴィンチコードレベル
  6. 西施(せいし)とはどんな人?中国四大美女の一人であり復讐の道具と…
  7. 孔子の弟子であり文学が得意な子夏 【孔門十哲】子夏(しか)のどのあたりが文学に長けていたの?
  8. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問) 呉王殺害に成功した暗殺者・専諸ってどんな方法で暗殺に成功したの?…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント
    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ste3643kgr4/hajimete-sangokushi.com/public_html/wp-content/themes/core_tcd027/comments.php on line 41
    (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟
  2. 幕末 魏呉蜀 書物
  3. 胡亥
  4. 曹操
  5. 劉邦
  6. 真田丸 武田信玄
  7. はじめての三国志 画像準備中
  8. 蜀の劉琦
  9. 曹操に降伏する劉琮

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/3〜7/9】
  2. 日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』 吉川英治様表紙リスペクト
  3. はじめての三国志コミュニティお題「自己紹介」 はじめての三国志からのお知らせ バナー
  4. 小松帯刀、西郷どんでの役割について考えてみよう! 小松帯刀
  5. 五虎大将軍なのに趙雲の扱いが色々雑すぎる気がする件について 京劇コスチューム趙雲
  6. 井伊直弼と井伊直虎家督相続で苦労した二人の共通点

三國志雑学

  1. 曹丕と曹植
  2. 孫夫人と趙雲
  3. ハッポウ茶
  4. 魯粛、周瑜、劉備
  5. 日本に目指さした孫権


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 海賊時代の孫堅
  2. 不満が溜まる魏延
  3. 曹操VSかく
  4. キングダム45

おすすめ記事

兀突骨 魏王朝から禅譲後に晋の領内で進撃の○○が出現した!? 始皇帝 始皇帝の偉大な業績!漢字を統一し意思疎通を容易にした中国の産みの親 【李傕・郭汜祭り 3日目】殺されてしまった悲劇の樊稠(はんちゅう) 三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選 次第に巨大化していく黒山賊と張燕3 黄巾賊より多い黒山賊100万を率いた張燕(ちょうえん) 【袁紹と袁術の関係を正す】其の1・字からの考察 騎馬兵にあこがれる歩兵 三国志の時代に活躍した兵士の逸話 袁術 【無職の力恐るべし】漢帝国をぶち壊したのは清流派官僚とニートの袁術だった!?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP