三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

春秋時代

孔子の幼少期から青年期はどんな人だったの?

この記事の所要時間: 321




孔子

 

もはや孔子(こうし)の名を知らないのは

小学生以下のお子ちゃまくらいのものでしょうが、

孔子がどんな半生を送ったかについては

意外と知らない人が多いのではないでしょうか?

 

特に、彼がどのような家庭に生まれ、

どのような子供時代や青春時代を送ったのかを知る人は

ほとんどいないでしょう。

 

というわけで今回は、

孔子の幼少期から青年期にスポットをあてて

彼がなぜ儒教という立派な思想を打ち立てて聖人となれたのか、

その秘密に迫っていきたいと思います。

 

関連記事:儒者っぽくない!?「四海皆兄弟」と言った孔子の弟子・子夏

関連記事:知らないと損をする!孔子に学ぶ健康法が参考になりすぎる!

 

 

パパとママの年齢差には加藤茶もビックリ!

kawauso

 

孔子が春秋時代の()の国に生まれたことを

知る人は少なくないでしょう。

しかし、彼のパパとママがどんな人なのかまで

知っているという人はなかなかいないと思います。

 

彼のパパやママについては、

司馬遷(しばせん)『史記』などの書物に

その記述が散見されます。

 

パパの名前は叔梁紇(しゅくりょうこつ)と言って、

魯でも有名な武人だったそう。

そして、ママの名前は顔徴在(がんちょうざい)

身分はそれほど高くない巫女だったようです。

 

しかしこの2人、

とんでもなく年が離れていたと言われています

孔子が生まれたとき、

パパは70歳を超えていたのに対し、

ママは16歳もしくは18歳!

 

パパについては66歳との説もありますが、

それにしたって親と子どころか孫と子くらい離れている

この年齢差には加藤茶(かとうちゃ)もビックリしてしまうでしょうね。

 

そしてさらに、

この2人、どうやら正式に結婚していなかった模様…。

2人に一体何があったのかはわかりませんが、

孔子も幼少期はかなり苦労したのではないでしょうか。

 

 

葬式ごっこという不気味な遊びを好む

葬式ごっこという不気味な遊びを好む

 

パパと呼ぶには年をとりすぎていた叔梁紇は、

やっぱりと言うべきか、

孔子が3歳になったときに亡くなってしまいます。

 

その後は女手一つで孔子を育てた

若き母・顔徴在。

現代も母一人で子を養うのは大変ですが、

その当時は更に大変だったことでしょう。

 

孔子はこの苦労する母の姿を見て育ったため、

(こう)」という考えを特に大切にしたのかもしれません。

そんな彼は巫女(みこ)である母の影響を色濃く受けたのか、

葬式ごっこなる不気味な遊びに興じていたのだそう…。

 

実は、後に「亜聖(あせい)」と称される

孔子の弟子・孟子(もうし)

墓地の近くに住んだ際に

葬式ごっこをしていたのを母に目撃され、

墓の近くに住んでいるから我が子が…!

とビビった母によって引っ越しさせられています。

 

孟子のママは許してくれなかったようですが、

巫女である孔子のママ・顔徴在は

私の真似ばかりして…

と微笑ましく思っていたのかもしれません。

 

しかし、そんな孔子のママも

孔子が17歳のときに亡くなってしまいます。

たったの17歳で

天涯孤独となってしまった孔子でしたが、

独学で礼を学び続けたと言われています。

 

孔子の愉快な弟子たち『はじめての孔門十哲』
孔門十哲

 

立つよりもまず結婚

孔子

 

孔子のパパは70歳前後で孔子という子をもうけましたが、

孔子は彼を反面教師にでもしたのか、

わずか19歳で結婚して20歳で第一子をもうけています。

 

でも…あれ?

ちょっとおかしくないですか?

孔子は自分の半生を振り返って、

次のような言葉を残していますよね。

 

吾十有五にして学に志す

三十にして立つ

 

まだ立ってないのに、

先に結婚しちゃってるじゃないですか!

実は、孔子がはじめて魯に仕官したのは28歳。

無職なのに家庭を持っちゃっています。

 

まぁ、「三十にして立つ」

というのは学問を十分に修めて

弟子をとれるようになったということなのですが、

それにしたってやっぱり無職だったわけで…。

 

しかし、

天涯孤独だった孔子を可哀想に思った誰かが

孔子に家族をつくってやりたくて

はやく結婚させたと考えることもできるかもしれません。

 

孔子は一家の主としてというよりも、

入り婿のような形で

妻の実家にお世話になっていたのかもしれませんね。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

父には早くに死なれ、

死者の魂を鎮める母の姿だけを見て育った孔子が

特に礼に興味を抱いたというのは

十分頷けることでしょう。

 

礼に深い思い入れがあった孔子は、

魯の国で礼がまともに執り行われていないことを嘆き、

周代の礼を復活させて世を導いてくれる

理想の主君を求めて旅をするようになります。

 

早くに亡くなってしまったとはいえど、

彼を偉大な思想家に育てたのは

間違いなくその母・顔徴在だったのです。

 

関連記事:孔融(こうゆう)とはどんな人?孔子の子孫だが、曹操を批判して身を亡ぼした学者

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【社会人必見】『論語』が仕事にも役立つ理由
  2. 【孔門十哲】顔回(がんかい)とはどんな人?孔子が最も愛した弟子
  3. 三国志ライター よかミカンさん 【東周英雄伝】古代中国好きの方にオススメのど迫力漫画
  4. 【孔門十哲】子游(しゆう)とはどんな人?ドヤ顔といえばやっぱりこ…
  5. 西施(せいし)とはどんな人?中国四大美女の一人であり復讐の道具と…
  6. 【孔門十哲】冉伯牛(ぜんはくぎゅう)とはどんな人?ハンセン病に侵…
  7. 【春秋時代の覇者から学ぶ】桓公・勾践・呉起から学ぶ!明日から使え…
  8. 関羽に無視される孫権 【春秋左氏伝】兄弟思いの衛の二公子の切なすぎる顛末

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【曹操孟徳の心に残る名言】法を制して自らこれを犯さば、何をもって下を帥いん
  2. 読者の声(2018年11月6日〜11日)
  3. 第1話:三国夢幻演義 龍の少年「命の山」配信中
  4. 三国志時代の兵士はどうやったら憧れの騎馬兵になれたの?当時の馬事情を徹底紹介! 騎馬兵にあこがれる歩兵
  5. キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い! 李儒と三国志
  6. 司馬昭(しばしょう)とはどんな人?三国時代終焉の立役者でもあり司馬懿の次男

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志編集長 kawauso

おすすめ記事

曹操の字はうそつき小僧?複雑な氏+名+字の成りたちを深く広く解説! 【戦国四君の食客の名言】人間関係を達観した馮驩の名言 【素朴な疑問】中国にも梅雨はあるの?霉雨になると関羽の古傷も傷んでいた! 【有料記事】古代中国で大火事その意外な消火方法とは? 周瑜はナルシスト 戦国時代の詩人屈原に学ぶ自分大好きメンタル開発法 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.2【完】 【はじさん記念】無事1周年を迎えることができました。。 聶政(じょうせい)の律儀な性格と自分の顔を削って自刃した刺客の最期

おすすめ記事

  1. 荀彧だけじゃない!?王佐の才と呼ばれた漢を紹介!
  2. 袁紹の攻略方法は!?曹操が使った袁紹の攻略方法を紹介
  3. 陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の政治家
  4. 阿部正弘の墓はどこにある?イケメン老中の眠る谷中墓地を紹介
  5. 【江南八絶】孫呉を支えた!絶技を持った八人のプロとはいったい誰?
  6. 月刊はじめての三国志2018年7月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  7. 西郷慎吾(従道)はどんな人?大器だが能天気な西郷どんの弟 西郷従道 幕末
  8. 徳川家康は孫権を参考にしていた?二人の共通する人材起用のポイントとは!?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP