よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

春秋時代

孔子の幼少期から青年期はどんな人だったの?

孔子と儒教




孔子

 

もはや孔子(こうし)の名を知らないのは

小学生以下のお子ちゃまくらいのものでしょうが、

孔子がどんな半生を送ったかについては

意外と知らない人が多いのではないでしょうか?

 

特に、彼がどのような家庭に生まれ、

どのような子供時代や青春時代を送ったのかを知る人は

ほとんどいないでしょう。

 

というわけで今回は、

孔子の幼少期から青年期にスポットをあてて

彼がなぜ儒教という立派な思想を打ち立てて聖人となれたのか、

その秘密に迫っていきたいと思います。

 

関連記事:儒者っぽくない!?「四海皆兄弟」と言った孔子の弟子・子夏

関連記事:知らないと損をする!孔子に学ぶ健康法が参考になりすぎる!

 

 

パパとママの年齢差には加藤茶もビックリ!

kawauso

 

孔子が春秋時代の()の国に生まれたことを

知る人は少なくないでしょう。

しかし、彼のパパとママがどんな人なのかまで

知っているという人はなかなかいないと思います。

 

彼のパパやママについては、

司馬遷(しばせん)『史記』などの書物に

その記述が散見されます。

 

パパの名前は叔梁紇(しゅくりょうこつ)と言って、

魯でも有名な武人だったそう。

そして、ママの名前は顔徴在(がんちょうざい)

身分はそれほど高くない巫女だったようです。

 

しかしこの2人、

とんでもなく年が離れていたと言われています

孔子が生まれたとき、

パパは70歳を超えていたのに対し、

ママは16歳もしくは18歳!

 

パパについては66歳との説もありますが、

それにしたって親と子どころか孫と子くらい離れている

この年齢差には加藤茶(かとうちゃ)もビックリしてしまうでしょうね。

 

そしてさらに、

この2人、どうやら正式に結婚していなかった模様…。

2人に一体何があったのかはわかりませんが、

孔子も幼少期はかなり苦労したのではないでしょうか。

 

 

葬式ごっこという不気味な遊びを好む

葬式ごっこという不気味な遊びを好む

 

パパと呼ぶには年をとりすぎていた叔梁紇は、

やっぱりと言うべきか、

孔子が3歳になったときに亡くなってしまいます。

 

その後は女手一つで孔子を育てた

若き母・顔徴在。

現代も母一人で子を養うのは大変ですが、

その当時は更に大変だったことでしょう。

 

孔子はこの苦労する母の姿を見て育ったため、

(こう)」という考えを特に大切にしたのかもしれません。

そんな彼は巫女(みこ)である母の影響を色濃く受けたのか、

葬式ごっこなる不気味な遊びに興じていたのだそう…。

 

実は、後に「亜聖(あせい)」と称される

孔子の弟子・孟子(もうし)

墓地の近くに住んだ際に

葬式ごっこをしていたのを母に目撃され、

墓の近くに住んでいるから我が子が…!

とビビった母によって引っ越しさせられています。

 

孟子のママは許してくれなかったようですが、

巫女である孔子のママ・顔徴在は

私の真似ばかりして…

と微笑ましく思っていたのかもしれません。

 

しかし、そんな孔子のママも

孔子が17歳のときに亡くなってしまいます。

たったの17歳で

天涯孤独となってしまった孔子でしたが、

独学で礼を学び続けたと言われています。

 

孔子の愉快な弟子たち『はじめての孔門十哲』
孔門十哲

 

立つよりもまず結婚

孔子

 

孔子のパパは70歳前後で孔子という子をもうけましたが、

孔子は彼を反面教師にでもしたのか、

わずか19歳で結婚して20歳で第一子をもうけています。

 

でも…あれ?

ちょっとおかしくないですか?

孔子は自分の半生を振り返って、

次のような言葉を残していますよね。

 

吾十有五にして学に志す

三十にして立つ

 

まだ立ってないのに、

先に結婚しちゃってるじゃないですか!

実は、孔子がはじめて魯に仕官したのは28歳。

無職なのに家庭を持っちゃっています。

 

まぁ、「三十にして立つ」

というのは学問を十分に修めて

弟子をとれるようになったということなのですが、

それにしたってやっぱり無職だったわけで…。

 

しかし、

天涯孤独だった孔子を可哀想に思った誰かが

孔子に家族をつくってやりたくて

はやく結婚させたと考えることもできるかもしれません。

 

孔子は一家の主としてというよりも、

入り婿のような形で

妻の実家にお世話になっていたのかもしれませんね。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

父には早くに死なれ、

死者の魂を鎮める母の姿だけを見て育った孔子が

特に礼に興味を抱いたというのは

十分頷けることでしょう。

 

礼に深い思い入れがあった孔子は、

魯の国で礼がまともに執り行われていないことを嘆き、

周代の礼を復活させて世を導いてくれる

理想の主君を求めて旅をするようになります。

 

早くに亡くなってしまったとはいえど、

彼を偉大な思想家に育てたのは

間違いなくその母・顔徴在だったのです。

 

関連記事:孔融(こうゆう)とはどんな人?孔子の子孫だが、曹操を批判して身を亡ぼした学者

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【春秋時代の覇者から学ぶ】桓公・勾践・呉起から学ぶ!明日から使え…
  2. 要離(ようり)とはどんな人?呉王・闔廬の為に身命をとした刺客
  3. 『論語』は日本の偉人に大きな影響を与えていたって知ってた?
  4. 関羽に無視される孫権 【春秋左氏伝】兄弟思いの衛の二公子の切なすぎる顛末
  5. 【春秋左氏伝】宋の南宮万は春秋無双!?呂布もびっくりの暴れん坊
  6. 孔子に一番叱られたペラペラが仇になった宰我 宰我、孔子 【孔門十哲】宰我(さいが)とはどんな人?孔子に一番叱られた弟子
  7. 城濮の戦いとはどんな戦い?晋の文公が覇者たる地位を手に入れること…
  8. 【社会人必見】『論語』が仕事にも役立つ理由

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 西郷隆盛

おすすめ記事

  1. 高句麗は漢の属国だった?実際のところ両国の関係はどうだったの? 城銅雀台
  2. はじめての三国志ライター kawausoの記事修正のお詫び
  3. これは意外!董卓が殺されたのは并州人 vs 涼州人の対立の結果?
  4. 沢山の人材を発掘した呉の孫権 孫呉(孫権黄蓋陸孫周瑜周泰) 
  5. 井伊直虎はおんな城主だったの?それとも男?身長は高かったの?直虎の生涯から迫まる!
  6. 伊藤博文と井上馨、二人の絆の原点はトイレだった?

三國志雑学

  1. 桃園兄弟
  2. kataru
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組

おすすめ記事

え?まるでバカ殿?三国志時代の愛されメイクを紹介。どんな風にお化粧してたの? kawauso編集長のぼやきVol.18「はじ三が有料記事出すってよ!」 旅 バイク 曹操も思わずツイート!三国志の時代に造られた精巧な地図 月刊はじめての三国志2017年9月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました 劉禅は父親に似ず暗愚であるって本当? 【シミルボン】皆、戦争は嫌だった!三国志の時代の徴兵逃れ 【西郷どん】日米修好通商条約って何が問題だったの? 和宮とはどんな人結構頑固で家茂ラブな皇女

おすすめ記事

  1. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期
  2. 劉備も孫権も黄巾賊と変わらない!三国志の蜀の皇帝劉備と呉の皇帝孫権は魏王朝から見たら黄巾賊と同じだった!?
  3. キングダム強さランキング、誰が強いか議論で決めようぜ!
  4. はじめての三国志 4コマ劇場 「楽進と張遼の息子による父親の武勇伝自慢」
  5. 郤正(げきせい)とはどんな人?蜀のポンコツ皇帝を支えた文学者
  6. 呉が蜀を作った!費禕が蜀の宰相になれたのは孫権のおかげだった?
  7. 周不疑(しゅうふぎ)ってどんな人?曹沖と並び立つ天才少年の悲劇 曹沖が亡くなり悲しむ曹操
  8. キングダム580話最新ネタバレ予想、飛信隊覚醒には理由がある!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP