三国志平話
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

春秋時代

孔子と凄く仲が悪かった隠者とはどんな人達?




孔子

 

春秋時代(しゅんじゅうじだい)

乱世をどうにかしようと駆け回った思想家・孔子(こうし)は、

数千年経った今でも人々の心に訴えかけてくるような

素晴らしい言葉をたくさん残してくれています。

 

釈迦(しゃか)、そしてキリストと共に

世界三大聖人に数えられる孔子は、

その当時から全ての人に尊敬の心を以て

接せられていたに違いない…!

 

そう思っていた時期が私にもありました。

実は、孔子と水と油の関係にある者たちがいたのです。

 

関連記事:竹林の七賢の存在意義!それは反・司馬懿(しばい)の政治結社だ!

関連記事:老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた

 

 

世の中を変える?バカじゃねえのby隠者

世の中を変える?バカじゃねえのby隠者

 

孔子は混乱してしまった春秋の世を

どうにかして正したいという

大きな志を持ちながら各国を旅した人でした。

 

そんな彼は旅の道すがら、

様々な人に出会ったらしく、

いくつかのエピソードが『論語(ろんご)』にも残されています。

 

その中でも強烈なのが

微子(びし)篇に3条連続で見えるので

紹介させていただきたいと思います。

まずは、こんなエピソード。

 

孔子が楚の地で旅をしていると、

フラフラと頼りない足取りで歩く

ヘラヘラしたオッサンが現れます。

そのヘラヘラしたおっさんは

大きな声で次のように歌っていたのです。

 

鳳凰(ほうおう)鳳凰(ほうおう)や、

徳というやつはすっかり衰えてしまったねぇ。

やってしまったことは仕方がないが、

これからのことはまだ間に合う。

やめておけ、やめておけ。

今の時代、政治をどうこうするなんて危ないことだ。」

 

孔子はこの歌が自分に呼びかけるものであると気づきます。

実はこのヘラヘラしたおっさん、

気が狂ったふりをした隠者(いんじゃ)で、

孔子に「お前も世を捨てて隠者になっちまえよ」と

呼びかけてきたのでした。

 

しかし、孔子はこれに反論せんと

オッサンに話しかけようとします。

ところがおっさんはヘラヘラしながら

小走りして逃げていったため、

孔子は話すことができなかったのでした…。

 

 

孔子、隠者に冷たくあしらわれる

孔子、隠者に冷たくあしらわれる

 

隠者にモヤモヤさせられた孔子ですが、

またも隠者と遭遇します。

 

今度は2人の隠者が畑を耕しているところを通りがかり、

孔子は弟子の子路(しろ)

あの2人に渡し場の場所を聞いて来い」の命令。

子路はさっそく2人に渡し場がどこにあるのかを尋ねました。

 

ところが、質問に対して別の質問が飛んできます。

隠者1「馬車の手綱を持っている人は誰だい?」

子路「孔丘(こうきゅう)です。」

隠者1「じゃあ色んなところをほっつき歩いているんだから、

渡し場の場所くらい知ってるだろう。」

 

この答えに困った子路は、

もう1人の隠者に同じ質問をします。

ところがやっぱり質問返しを受けることに。

 

隠者2「あんたは誰なんだい?」

子路「仲由(ちゅうゆう)です。」

隠者2「世の中ってのはこの河の流れのようにどんどん流れて

せき止められないもんだ。

それなのにアイツも違うコイツも違うと

主君を捨ててばかりの奴についているくらいなら、

いっそあんたも俺らみたいな世捨て人についた方がいいんじゃないのかい?」

 

子路がこのことを孔子に話すと、

孔子は心底ガッカリ。

「私は鳥や獣ではなく、

人間の仲間なのだ!

世界中で正しい道が行われていれば、

私だって無理に流れに逆らおうとは思わない!」

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代  

孔子、畑も耕さない奴のどこが先生だとディスられる

孔子、畑も耕さない奴のどこが先生だとディスられる

 

弟子・子路(しろ)が旅の途中で孔子とはぐれてしまったとき、

竹かごを杖に引っ提げて歩く老人と出会いました。

 

子路はこれ幸いといわんばかりに

「もし、私の先生を見ませんでしたか?」

と尋ねます。

 

ところが、

その老人からこんな喝が飛んできたからビックリ。

「畑を耕して食うものも作らないで、

誰が先生だってんだ!」

 

そう言って杖を突き立て草むしりを始めた老人に対し、

「並々ならぬ人物に違いない」と思った子路は、

とりあえず礼のポーズをとって

老人の(かたわら)に立っていることにしたのでした。

 

すると老人も子路を見所のある奴だと思ったのか、

子路を家に招いてご飯を食べさせ

自分の子どもたちと引き合わせ、

ついでに1泊させてくれたのでした。

 

翌日孔子に追いついた子路が老人について話すと、

孔子は「隠者だ!」と感動。

子路に案内させてその老人を訪ねるも、

家には子どもたちしかいなかったのでした。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

孔子は隠者に対して

多少なりとも敬意を持っていたようですが、

その当時の隠者たちは孔子のことを

良く思っていなかったみたいですね。

 

逆らうことのできないものに

わざわざ逆らう孔子のことが

滑稽(こっけい)に思えたのかもしれません。

 

たしかに孔子は

ついには時代の流れに押し流されてしまったかもしれませんが、

それでも数千年以上にわたって

人々から称賛され得る功績を残したわけですから、

孔子の努力は隠者たちの言うような徒労ではなかったのではないでしょうか。

 

関連記事:老荘思想(道家)ってどんな思想?|ありのままに?

関連記事:黄老思想(こうろうしそう)とは何?アベノミクスの原点は前漢時代にあった!

 

孔子の愉快な弟子たち『はじめての孔門十哲』
孔門十哲

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 城濮の戦いとはどんな戦い?晋の文公が覇者たる地位を手に入れること…
  2. 孔子と儒教 春秋と史記に隠された意味がダヴィンチコードレベル
  3. 関羽に無視される孫権 【春秋左氏伝】兄弟思いの衛の二公子の切なすぎる顛末
  4. 【孔門十哲】冉有(ぜんゆう)とはどんな人?ちょっぴりネガティブな…
  5. 【孔門十哲】子貢(しこう)とはどんな人?弁舌なら孔子にも負けない…
  6. 漫画では猟師の潁考叔!本当は気合いの入った戦士だった
  7. 【孔門十哲】顔回(がんかい)とはどんな人?孔子が最も愛した弟子
  8. なんで重耳は生まれた国から逃げなければならなくなったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 許攸 兵糧のありか教えますひひひ
  2. はじめての三国志
  3. 呉の小覇王・孫策

おすすめ記事

  1. 【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書
  2. 劉備も孫権も黄巾賊と変わらない!三国志の蜀の皇帝劉備と呉の皇帝孫権は魏王朝から見たら黄巾賊と同じだった!?
  3. もし姜維が魏に残り続けていたら蜀はどうなった?魏では出世できた?
  4. 兀突骨(ごつとつこつ)は実在したの?悲しみの巨人に迫る
  5. 【真・三國無双 Online Z 攻略3】超初心者が三国無双を5時間プレイするとどこまで上達するのか!?
  6. はじめての三国志 facebook はじめました。

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 始皇帝(キングダム)
  2. 問題を解決する楊脩

おすすめ記事

三国志の名将・鄧艾の栄光が終わることになった出過ぎた発言とは!? 甘寧 ゆるキャラ 三国志 あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王 126話:孔明第二次北伐の開始、陳倉攻略戦 【徹底調査】諸葛恪の欠点とは一体何!? 袁術 第2話:袁術くん、将来に希望を持つために「自己肯定感」を高める 異議ありと叫ぶ司馬懿 司馬懿の人柄は?計算高い策士だった? 天下三分の計 孔明だけじゃなかった!?呉にも天下三分の計を唱えた人物がいたってホント? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【7/4〜7/10】

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP