三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

孔子が理想とした王朝・周はどんな王朝だったの?




 

儒教の祖とされる孔子(こうし)は、

いつも心に理想の国とは何たるかを描き、

それを説いて回って

生涯理想の主君を探し求めた人でした。

 

そんな孔子が理想の国家としていたのが、

周王朝です。

乱れに乱れた春秋の世を治めるためには、

周王室の礼楽制度を再興させ、

人々を徳の力で治めることが重要であると考えたのです。

 

ところで、孔子が理想とした周とは、

一体どのような王朝だったのでしょうか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:周公旦(しゅうこうたん)とはどんな人?周王朝の基礎を固めた功臣

関連記事:ワラビを食べて餓死!?伯夷・叔斉ってどんな兄弟?

殷の暴君・紂王に立ち向かった西伯侯

周公旦のナイスフォロー

 

殷王朝の最後の王となった紂王(ちゅうおう)

頭脳明晰な上に武勇にも長けていました。

 

そんな紂王は幼い頃から

期待の眼差しを受けて育ったのですが、

そのためかすっかり奢り高ぶってしまい、

臣下の言葉にも耳を貸さない暗君になってしまいました。

 

絶世の美女・妲己(だっき)を妾として迎えてからは、

民に重税を課して贅沢三昧の日々を送り、

気に入らない者には恐ろしい方法で死を賜ったと言われています。

 

そんな紂王に反旗を翻したのが、

後に文王(ぶんおう)と称される西伯侯・姫昌(きしょう)でした。

姫昌は紂王による残酷な処刑を見てため息をついたことについて

北伯侯である崇侯虎(すうこうこ)に讒言されて一度幽閉され、

あろうことか長男の伯邑考(はくゆうこう)のスープを食べさせられてしまいます。

 

その後なんとか釈放された姫昌は

紂王を倒そうという思いを胸に秘めながら、

紂王に野望を悟られないよう少しずつ領土を広げ、

軍師として太公望(たいこうぼう)呂尚(りょしょう)を迎えました。

 

ところが、道半ばで姫昌は亡くなってしまいます。

そこで、父の想いを継いだのが、

次男坊の武王(ぶおう)です。

 

武王は太公望や弟の周公旦(しゅうこうたん)の力を借りて牧野の戦いで殷を破り、

ついに周王朝を立てるに至ったのでした

周公旦のナイスフォロー

なんとか周を興した武王でしたが、

建国後ほどなくして亡くなってしまいます。

 

その後、まだ幼かった成王(せいおう)が即位したのですが、

やはり建国間もない不安定な時期だったため、

周公旦が摂政となって代わりに政治を取り仕切りました

 

その後成王が成長しきる前にちょっとした反乱があったものの、

周公旦が摂政の位を退いて成王が政治を取り仕切るようになってから

その子の康王(こうおう)の時代に至るまで特に問題は起こらず、

40年にわたって刑罰を用いずに人々を治めたと言います

 

孔子の愉快な弟子たち『はじめての孔門十哲』
孔門十哲

 

東西に分裂

 

王の徳によって人々を治めてきた周王朝ですが、

代替わりしていくにつれてその政治に陰りが見えるようになっていきました。

諸侯の不満は代を経るごとに募っていき、

いよいよ幽王(ゆうおう)のときに爆発します

 

幽王が褒姒(ほうじ)という宮女に夢中になるあまり、

諸侯の国である申から迎え入れた皇后を廃してしまいます。

これに怒り狂った申は、

異民族・犬戎(けんじゅう)とともに周の都にカチコミをかけ、

幽王と、褒姒の子である伯服(はくふく)を殺害します

 

これを受けて西・鎬京(こうけい)携王(けいおう)が即位するのですが、

申をはじめとする諸侯たちが猛反発。

俺らは俺らで新しい王を立てちゃおうということで、

携王の兄弟である平王(へいおう)を東・洛邑(らくゆう)で即位させます。

 

かくして周は西周と東周に分裂し、

最終的に諸侯のバックアップを全面に受けた

東周が西周を呑み込みました。

こうして時代は春秋時代に突入します

 

秦によって命脈を絶たれる

秦によって命脈を絶たれる

 

春秋時代にもなると、

周王朝はもはやお飾りのような存在でしかなくなってしまいました。

それどころか、諸侯の中には王を名乗る者まで現れ出し、

チラチラと周王朝に取って代わろうという意志を示す者が続出する始末。

周王朝はいつ消えてもおかしくない存在となっていました。

 

そしてついに、その命脈が尽きる時が訪れます。

もはや一諸侯のような存在になってしまっていた周王朝ですが、

またもや内部分裂を起こして西周と東周に分かれてしまいます。

 

そんなわけで、西周と東周が

周辺の諸侯を巻き込んでやいのやいのやっていたわけですが、

西周が秦の邪魔をしたために秦にブチギレられ、

秦の猛攻を受けて滅亡してしまいます。

 

その後も東周の方は数年存続し、

多くの諸侯の力を借りて強大になりすぎた秦を滅ぼそうとしましたが、

返り討ちに遭って逆に滅んでしまいました。

こうして周王朝は歴史から完全に姿を消したのでした。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

女に狂った紂王を倒して興った周王朝でしたが、

最終的には女に狂った幽王によって

破滅の道を歩むことになってしまいました。

やはり女は恐ろしいですね…。

 

しかし、女よりもなによりも

周王朝を興した者たちの志が受け継がれなかったことが、

王朝滅亡の最大の原因と言えるでしょう。

 

姫昌や武王、そして周公旦、太公望たちの志が

代々受け継がれていたら、

周王朝が滅びることはなかったかもしれません。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:六鞱(りくとう)とはどんな本?太公望が武王にマジギレ?

関連記事:【曹操が慕った偉大な王様】天下の三分の二を所有するも王へ登らなかった周の文王ってどんな人?

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこ…
  2. 曹植(そうしょく)ってどんな人?正史から彼の一生を見直してみる?…
  3. 呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた
  4. 【諸葛亮vs曹植】言論バトル、前漢の功臣と二十八将どちらが優秀?…
  5. 【官渡決戦間近】曹操軍の陣中で慎重論と積極論を進言をしていた代表…
  6. 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る!
  7. 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹…
  8. 諸葛瞻の名前にはパパ孔明の悲壮な決意が込められていた!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 呉の孫権

おすすめ記事

  1. あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由
  2. 【みんなが知らない諸葛孔明】戦率99%!撤退戦では無敗だった!? 悪い顔をしている諸葛亮孔明
  3. 西郷どんと会津藩はどんな関係性なの?3分で薩摩藩と会津藩の関係を理解
  4. 86話:張松という男が劉備の運命を左右する 
  5. 荀況(じゅんきょう)とはどんな人?始皇帝の法治国家の形成や李斯・韓非の先生
  6. なんで三国志の時代には封禅の儀式が行われなかったの?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【シミルボン】進化する名将?張飛は決して脳筋ではなかった! 【睡虎地秦簡】秦帝国の法治主義を支えた司法マニュアルがあった! はにゃ?これ名詩なの?三国時代の詩が難解すぎる件 蜀の皇帝に即位した劉備 郭嘉は劉備の命の恩人?地獄で仏のアドバイス 呉の初代丞相・孫卲(そんしょう)は「正史三国志」に記されていないのは何で? 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part3 【李傕・郭汜祭り 3日目】殺されてしまった悲劇の樊稠(はんちゅう) 張邈(ちょうばく)とはどんな人?親友の曹操を裏切って反旗を翻した政治家

おすすめ記事

  1. 全中が泣いた!益州のボス・劉璋の最後は実に感動的だった!
  2. 52話:袁紹を破った曹操は、中原最強の勢力に成長
  3. 姜維と魏延性格は真反対だけど似ている所があった!!
  4. 平野国臣の西郷隆盛救出!入水事件の真相とは?
  5. もし郭嘉が魏の建国まで長生きしていたら魏の内閣総理大臣になっていた?
  6. 呂布(りょふ)は色白ハンサム?日中女子で違う呂布イメージ
  7. 小栗忠順とレオンロッシュ。フランスが幕府を支援していた理由は?
  8. 三国志|前半戦のまとめその3(長坂の戦いまで)

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP