呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望

釣りをする太公望




太公望 釣り

 

釣りの名人の事を太公望(たいこうぼう)と言いますよね?

 

実は、この太公望は古代中国の恐らく最初の軍師である人物の尊称なのです。

 

太公望こと、呂尚(りょ しょう)は、姜子牙とも言われ、姜族の首領だったとも伝わります。

ですが、その生涯は伝説に包まれているので、ここでは、

広く伝わっている太公望呂尚の逸話について書いてみましょう。




 びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望  呂尚(りょ しょう)

太公望 釣り

 

呂尚(りょ しょう)の家は、元々は黄河の氾濫を鎮めて王になった聖人禹の補佐をした

大人物だったらしいのですが、呂尚(りょ しょう)の代では落ちぶれていました。

 

呂尚は頭脳明晰ですが、世渡りの出来ない人で、飲食店をしていたのですが、

碌に客商売も出来ず、妻には無能と罵られて家を追い出される有様。

その間にすっかり白髪になった呂尚は渭水という場所で釣りをしていました。

 

そこに、殷の紂王の重臣である、姫昌(きしょう:後の文王)が通り掛かりました。

実は姫昌は、狩猟の帰りでしたが、占い師に

「今日は獲物は獲れないが、天下の大人物を得るだろう」と予言されます。

 

予言通りに手ぶらな姫昌が馬車で渭水の前を通ると、白髪の呂尚が釣りをしています。

姫昌は、一目見るなり、呂尚がタダモノではないと悟ります。

 

それで、呂尚に近寄り、天下の趨勢を聴いてみると一々感服する事ばかりです。

 

姫昌は、「彼こそ、祖父の古公亶父(ここうたんぽ)が待ち望んでいた人物だ」

として、呂尚を軍師として迎え馬車に乗せて領地に連れ帰りました。




 呂尚の軍師デビュー

photo credit: quiet via photopin (license)

photo credit: quiet via photopin (license)

 

 

こうして、呂尚は役立たずの飲食店の主から、周の軍師に抜擢されます。

やがて、姫昌は死にますが、呂尚は息子の姫発(きはつ:後の武王)を盛り立て

殷討伐の軍を起こして幾多の手柄を立てて殷を滅亡に追い込むのです。

 

呂尚は手柄によって、斉の国を与えられ、その最初の王になります。

斉は戦国七雄の一国で、宰相管仲や斉の桓公のような覇王を出しました。

そのような経緯もあり、呂尚の名も後世まで轟いたのです。

 

それにしても、役立たずの老いぼれジジイが一夜にして、帝王の軍師とは、

人生は最後まで生きてみないと分からないを体現したような人物ですね。

 

三国志で言うと、世に出ずに隠遁していた所は、諸葛孔明に、、

そして、風采が上がらず役立たず呼ばわりされていたのは、

龐統士元に似ていなくもないですね。

 

368px-Ulysses_Grant_1870-1880

(photo by wikipedia ユリシーズ・グラント)

でも、一番似ているのは、ゴメンナサイ、三国志と全然関係ないですが、

元々は雑貨屋のアルバイト店員をしていて、南北戦争がはじまると

頭角を現して、北軍の総大将になった、ユリシーズ・グラントに似てます。

 

関連記事:殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた『封神演義』

関連記事:伝説が歴史となる!近年の発掘調査で発見された興味深い遺跡を紹介

関連記事:中国最古の王朝 殷とはどんな国だった?

 




こちらの記事もよく読まれています

大騎 キングダム

 

よく読まれてる記事:王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実

 

photo credit: _DSC0256 via photopin (license)

photo credit: _DSC0256 via photopin (license)

 

よく読まれてる記事:中華統一を果たした信と政はどうなった?

 

 

関連記事:儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

自己紹介:

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

関連記事

  1. 黄月英 黄月英(こうげつえい)はどんな人?実は名前さえ分からない謎の女性…
  2. 姜維、孔明 【発見】諸葛亮の軍略の後継者は姜維だけではなかった!
  3. 司馬懿と曹爽 高平陵の変は名士代表・司馬懿と反名士・曹爽の対立だった!?
  4. 貂蝉 後宮にも上下関係が存在した?三国志後宮キャリア物語
  5. 【告知】朝まで三国志2017年 秋 本日22時開始
  6. 夏侯覇の妻は誰? 夏侯覇(かこうは)の妻は誰だったの?蜀に亡命した魏の夏侯一族
  7. 趙雲 趙雲の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行
  8. 合肥の戦いで痛い目にあった孫権 もしも、合肥の戦いで張遼が孫権を討ち取っていたら三国志はどうなる…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁術を励ます魯粛
  2. 岳飛伝(一) amazon
  3. 小松帯刀
  4. 諸葛瑾と幼い頃の孔明
  5. 曹操丞相えらいねんで!
  6. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  7. おんな城主 直虎
  8. 長坂の戦いでの趙雲

おすすめ記事

  1. はじめての三国志開設2周年のご挨拶 はじめての三国志
  2. 【戦国四君にまつわる逸話】趙の貴公子・平原君って人を見る目がなかった?
  3. ペリーと黒船常識。ウソ?ホント?
  4. 曹仁の弟である曹純は相当強かった?英雄記をもとに曹純の趣味や戦績を紹介 曹純
  5. 【衝撃】武霊王がいなければ関羽は赤兎馬に乗っていなかった! 騎射の術に長けた騎馬兵士
  6. 唐周(とうしゅう)とはどんな人?張角の野望を砕いた元信者 唐周(とうしゅう)

三國志雑学

  1. シリア 関羽
  2. 曹丕
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  2. 卞夫人 曹操
  3. 大久保利通 幕末
  4. 陸遜
  5. 尼子晴久

おすすめ記事

関興と張苞 関羽・張飛・趙雲の息子達は勇将だったの?蜀の二代目特集 黄月英 三国時代の黄夫人(黄月英)とは、実際にいた人? 蜀の黄忠と厳顔のジジコンビは活躍してたの?? 董卓 まだ漢王朝で消耗してるの?第1話:改革なき破壊者 董卓 曹茂 呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選 盧綰(ろわん)とはどんな人?劉邦の親友でもあり辛苦を共にした男 三国志:前半戦のまとめその2(董卓君臨から官渡の戦いまで) 法正 法正が生きていたら夷陵の戦いは敗北はなかった?軍師法正と夷陵の戦い

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP