呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【曹操が慕った偉大な王様】天下の三分の二を所有するも王へ登らなかった周の文王ってどんな人?




曹操

 

三国志の英雄である曹操(そうそう)

彼は中華の半分以上を領有しますが、

漢王朝を滅ぼして自ら帝の位に就任することはありませんでした。

彼が皇帝にならなかった理由は古代中国に存在した一人の王を慕っていたからです。

曹操が慕っていた王の名を西伯昌(せいはくしょう)といいます。

後に周王朝が成立すると文王と呼ばれることになる人物です。

今回はこの周の文王である西伯昌についてご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:よくわかる!周の成立から滅亡をざっくり分かりやすく紐解く




父の跡を継いだ人望溢れる人物

文王 (周) wiki

(文王 (周) wikipedia

 

姫昌(きしょう)は父・季歴(きれき)の跡を継いで部族を統率していきます。

孔子(こうし)は彼を聖王として讃えておりますが、

その聖王ぶりを見せて多くの人々から好かれて行きます。

姫昌は幼少の者たちを慈しみ老人を敬いっていました。

また賢者と言われた人達と会う時は食事をする時間を削ってまで会って多くの人と会い、

色々な話を聞きます。

彼のこのような行いを知った人々が多く集まってきます。

しかし彼の人気ぶりにヤキモチを焼いていた人がおりました。




恐ろしい話を耳にしため息をつく

紂王 wiki

(紂王 wikipedia

 

 

姫昌が生きていた時代は殷の時代です。

この時の殷王朝のトップは後世「酒池肉林」の四文字熟語を成立するきっかけとなった

紂王(ちゅうおう)でした。

彼はある日殷王朝の会議が開かれると聞き、

この会議に出席するため紂王がいる宮殿へ向かいます。

姫昌が到着したときはまだ会議が始まっておらず、

諸侯がだべって盛り上がっておりました。

彼はこの話が気になり耳をそばだてていると恐ろしい話が姫昌の耳に入っていきます。

諸侯が話していた内容は「この間九侯と卾侯(がくこう)が紂王様の命令によって、

切り刻まれて処刑されたそうな。我らもいつ紂王様に目をつけられるかわからないから、

気をつけないといけないな」と話しておりました。

この話を聞いて姫昌は大きくため息を付きます。

すると一人の男が諸侯がだべっている部屋から抜け出していきます。

 

紂王に幽閉されてしまう

photo credit: Bukit Lawang – Darkness Falls via photopin (license)

 

諸侯が九侯と卾侯の惨殺事件の話をしているとき姫昌がため息をついた場面にいた

崇侯虎(すうこうこ)と呼ばれる人物は急いで、紂王の元へ向かいます。

彼は以前から姫昌の以上に高い人気ぶりにヤキモチを焼いており、

チャンスがあれば彼を陥れてやろうと考えておりました。

その機会を掴んだ彼は紂王がいる部屋へ到着するとすぐに会見を申込みます。

紂王は気だるげに応じ「なんのようだ」と大声で訪ねます。

すると崇侯虎は「先ほど姫昌が紂王様の政策に反対するようにため息をついている様子を

伺いました。

また彼は非常に人気を民衆や部族から集めており、

いつ殷王朝に反旗を翻すかわかりません。

早急に彼を罰したほうがいいのではないのでしょうか」と悪口を紂王に吹き込みます。

紂王はこの話を聞いておおいに怒り姫昌を呼び

「貴様。わしのやることに反対しているそうだな。

ならば殷の政権に参加できないように貴様を羑里(ゆうり)へ閉じ込めてやる」と命じます。

姫昌は何がなんだかわからないまま紂王の命令を受けて殷王朝の南にあるへ羑里に

向かいます。

この地で幽閉されることになった姫昌ですが、

やることもなくものすごく暇であったので周易と言われる書物を書いて時間を潰しておりました。

 

民衆や諸侯に助けてもらう

photo credit: Sky Fire via photopin (license)

 

姫昌(きしょう)は幽閉されている間に外では彼を慕っている民衆や諸侯らが紂王(ちゅうおう)に

貢ぎ物を送り続けます。

そして貢ぎ物を送る際に必ず「姫昌は役に立つ人物です。

ここで殺してしまってはもったいないでしょう」と一言付け加えるのを忘れませんでした、

こうして貢物作戦が効を奏し紂王は彼の幽閉生活を終わりにさせます。

さらに彼を西方にある領地を与えて、「西伯」と名乗らせます。

こうしてこうして彼は西伯昌と呼ばれる事が多くなっていきます。

 

妲己の大好きな炮烙の刑をやめさせる

炎 s

 

姫昌は西方の領主として出世するとまず紂王の側室である妲己(だっき)が好んで行っていた

炮烙の刑(ほうらくのけい)をやめさせるために動き始めます。

炮烙の刑はまず焚き火を盛大に焚かせた炎の上に銅製の丸太をかけます。

この銅製の丸太の上に油をまんべんなく塗りたくって囚人が、

この銅製丸太を渡りきることができたら釈放。

もし渡りきることができずに滑り落ちればそのまま炎に焼かれて死ぬという残忍な刑罰でした。

妲己は囚人達の緊張に満ち溢れた表情を見るのが好きでよくこの刑を施行していたそうですが、

姫昌はこの刑罰が残忍極まりない刑罰であることから、

自らの領地を与えてこの刑罰を廃止させます。

ついでにこの銅製丸太を渡りきっても、

再度戻ってこないといけないのでほとんどの人が焼け死ぬというとんでもない刑罰でした。

 

調停者としても活躍

photo credit: DSCF1368 via photopin (license)

 

姫昌の人徳の高さによって多くの人々が彼を慕い彼の領地へ押しかけてきます。

また彼の徳の高さを頼みにしていた諸侯も多く、

揉め事が近隣の国と起きるとすぐに姫昌にお願いして調停にしてもらっていました。

そんな中、虞国(ぐこく)の君主と芮国(ぜいこく)の君主が揃って彼の元へやってきます。

彼ら二人は姫昌が統治している周国を通って来たのですが、

この国では民衆が争っている姿を見かけることがなくしっかりと統治されており、

民衆達は道を譲り合っている有様を目にします。

この光景を見た虞国の君主と芮国の君主は姫昌の元へたどり着くと

「今回我らふたりの争いごとを調停してもらおうとやってきたのですが、

周国の民衆を拝見させてもらい我ら二人が争っているの事柄がなんて小さいことなんだと

気づかされました。

民衆がお互いに譲り合うことにしました。」と述べて二人は帰っていきます。

姫昌は唖然としておりましたが、互いが譲り合うことの大切さを二国の君主にわかってもらえた事を

大いに喜び、宴会を催して彼らを帰します。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 【マイナー文官列伝】有名じゃないけど優れた才能を持った建安七子・…
  2. はじめての三国志 画像準備中 介子推(かいしすい)とはどんな人?晋の重耳に自らの身を犠牲にして…
  3. 劉禅 【蜀の滅亡へのカウントダウン】こうして蜀の国は滅びへ至った
  4. 蜀の劉備 【魏の陣営・趙戩と傅幹の討論】劉備は益州を攻略できるの?
  5. 諸葛一族 蜀は龍を。呉は虎を。魏は狗をで知られる諸葛誕の一族が一番優秀だっ…
  6. はじめての三国志 画像準備中 呉起(ごき)とはどんな人?各国を渡り鳥のように移った天才兵法家
  7. 【ネオ三国志】第9話:呂布の覚醒と劉備軍の降伏【蒼天航路】
  8. 彭越(ほうえつ)とはどんな人?漁師から王の位にまで上り詰めた梟雄…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 荀彧
  2. 賈逵(かき)
  3. 大政奉還した徳川慶喜
  4. おんな城主 直虎
  5. 真田丸
  6. 五虎大将軍の趙雲
  7. 織田信長
  8. 孔明 東南の風

おすすめ記事

  1. これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみちが気になる! 真田丸 武田信玄
  2. 中国文学の黎明を告げた建安の三曹七子とは? 曹操
  3. 信長の野望の明智光秀の評価は?逸話を基に紹介 信長の野望・革新 with パワーアップキット
  4. 【王翦 vs 李牧】信は王翦により苦境に立たされる?
  5. キングダム591話ネタバレ予想vol1「河了貂の秘策は王賁投入」 キングダム53巻
  6. 漢代まではリアルダンジョンだった蜀 城 銅雀台

三國志雑学

  1. 袁紹と曹操
  2. 周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志
  3. 晋の陳寿


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔明VS曹操
  2. 羽林騎時代の若き董卓
  3. イギリス海軍軍艦に吹き飛ばされる清軍船
  4. ホウ徳、馬超
  5. 武田信玄

おすすめ記事

司馬懿 【極悪】司馬懿はいかにして屯田制を食い物にしたのか? 諸葛亮をこよなく愛した土井晩翠、星落秋風五丈原が後世でも形を変えて愛されていた! 孔明と司馬懿 諸葛亮にまつわる様々な伝説…ちょっと待って!司馬懿は逃げてないよ! キングダム45 【春秋戦国時代の謎】どうして秦が天下統一することができたの?【法律編】 玄宗皇帝 杜牧が詠ったIF三国志「もしも曹操が赤壁で勝ったら」 顧雍(こよう)とはどんな人?孫権から絶大な信頼を得ていた呉の二代目丞相へ抜擢された政治家 これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり親友はブチ切れ 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀の好物は○○だった?意外にもグルメ家だった明智光秀

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP