編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【曹操が慕った偉大な王様】天下の三分の二を所有するも王へ登らなかった周の文王ってどんな人?

この記事の所要時間: 626




曹操

 

三国志の英雄である曹操(そうそう)

彼は中華の半分以上を領有しますが、

漢王朝を滅ぼして自ら帝の位に就任することはありませんでした。

彼が皇帝にならなかった理由は古代中国に存在した一人の王を慕っていたからです。

曹操が慕っていた王の名を西伯昌(せいはくしょう)といいます。

後に周王朝が成立すると文王と呼ばれることになる人物です。

今回はこの周の文王である西伯昌についてご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:よくわかる!周の成立から滅亡をざっくり分かりやすく紐解く




父の跡を継いだ人望溢れる人物

文王 (周) wiki

(文王 (周) wikipedia

 

姫昌(きしょう)は父・季歴(きれき)の跡を継いで部族を統率していきます。

孔子(こうし)は彼を聖王として讃えておりますが、

その聖王ぶりを見せて多くの人々から好かれて行きます。

姫昌は幼少の者たちを慈しみ老人を敬いっていました。

また賢者と言われた人達と会う時は食事をする時間を削ってまで会って多くの人と会い、

色々な話を聞きます。

彼のこのような行いを知った人々が多く集まってきます。

しかし彼の人気ぶりにヤキモチを焼いていた人がおりました。




恐ろしい話を耳にしため息をつく

紂王 wiki

(紂王 wikipedia

 

 

姫昌が生きていた時代は殷の時代です。

この時の殷王朝のトップは後世「酒池肉林」の四文字熟語を成立するきっかけとなった

紂王(ちゅうおう)でした。

彼はある日殷王朝の会議が開かれると聞き、

この会議に出席するため紂王がいる宮殿へ向かいます。

姫昌が到着したときはまだ会議が始まっておらず、

諸侯がだべって盛り上がっておりました。

彼はこの話が気になり耳をそばだてていると恐ろしい話が姫昌の耳に入っていきます。

諸侯が話していた内容は「この間九侯と卾侯(がくこう)が紂王様の命令によって、

切り刻まれて処刑されたそうな。我らもいつ紂王様に目をつけられるかわからないから、

気をつけないといけないな」と話しておりました。

この話を聞いて姫昌は大きくため息を付きます。

すると一人の男が諸侯がだべっている部屋から抜け出していきます。

 

紂王に幽閉されてしまう

 

諸侯が九侯と卾侯の惨殺事件の話をしているとき姫昌がため息をついた場面にいた

崇侯虎(すうこうこ)と呼ばれる人物は急いで、紂王の元へ向かいます。

彼は以前から姫昌の以上に高い人気ぶりにヤキモチを焼いており、

チャンスがあれば彼を陥れてやろうと考えておりました。

その機会を掴んだ彼は紂王がいる部屋へ到着するとすぐに会見を申込みます。

紂王は気だるげに応じ「なんのようだ」と大声で訪ねます。

すると崇侯虎は「先ほど姫昌が紂王様の政策に反対するようにため息をついている様子を

伺いました。

また彼は非常に人気を民衆や部族から集めており、

いつ殷王朝に反旗を翻すかわかりません。

早急に彼を罰したほうがいいのではないのでしょうか」と悪口を紂王に吹き込みます。

紂王はこの話を聞いておおいに怒り姫昌を呼び

「貴様。わしのやることに反対しているそうだな。

ならば殷の政権に参加できないように貴様を羑里(ゆうり)へ閉じ込めてやる」と命じます。

姫昌は何がなんだかわからないまま紂王の命令を受けて殷王朝の南にあるへ羑里に

向かいます。

この地で幽閉されることになった姫昌ですが、

やることもなくものすごく暇であったので周易と言われる書物を書いて時間を潰しておりました。

 

民衆や諸侯に助けてもらう

photo credit: Sky Fire via photopin (license)

photo credit: Sky Fire via photopin (license)

 

姫昌(きしょう)は幽閉されている間に外では彼を慕っている民衆や諸侯らが紂王(ちゅうおう)に

貢ぎ物を送り続けます。

そして貢ぎ物を送る際に必ず「姫昌は役に立つ人物です。

ここで殺してしまってはもったいないでしょう」と一言付け加えるのを忘れませんでした、

こうして貢物作戦が効を奏し紂王は彼の幽閉生活を終わりにさせます。

さらに彼を西方にある領地を与えて、「西伯」と名乗らせます。

こうしてこうして彼は西伯昌と呼ばれる事が多くなっていきます。

 

妲己の大好きな炮烙の刑をやめさせる

炎 s

 

姫昌は西方の領主として出世するとまず紂王の側室である妲己(だっき)が好んで行っていた

炮烙の刑(ほうらくのけい)をやめさせるために動き始めます。

炮烙の刑はまず焚き火を盛大に焚かせた炎の上に銅製の丸太をかけます。

この銅製の丸太の上に油をまんべんなく塗りたくって囚人が、

この銅製丸太を渡りきることができたら釈放。

もし渡りきることができずに滑り落ちればそのまま炎に焼かれて死ぬという残忍な刑罰でした。

妲己は囚人達の緊張に満ち溢れた表情を見るのが好きでよくこの刑を施行していたそうですが、

姫昌はこの刑罰が残忍極まりない刑罰であることから、

自らの領地を与えてこの刑罰を廃止させます。

ついでにこの銅製丸太を渡りきっても、

再度戻ってこないといけないのでほとんどの人が焼け死ぬというとんでもない刑罰でした。

 

調停者としても活躍

photo credit: DSCF1368 via photopin (license)

photo credit: DSCF1368 via photopin (license)

 

姫昌の人徳の高さによって多くの人々が彼を慕い彼の領地へ押しかけてきます。

また彼の徳の高さを頼みにしていた諸侯も多く、

揉め事が近隣の国と起きるとすぐに姫昌にお願いして調停にしてもらっていました。

そんな中、虞国(ぐこく)の君主と芮国(ぜいこく)の君主が揃って彼の元へやってきます。

彼ら二人は姫昌が統治している周国を通って来たのですが、

この国では民衆が争っている姿を見かけることがなくしっかりと統治されており、

民衆達は道を譲り合っている有様を目にします。

この光景を見た虞国の君主と芮国の君主は姫昌の元へたどり着くと

「今回我らふたりの争いごとを調停してもらおうとやってきたのですが、

周国の民衆を拝見させてもらい我ら二人が争っているの事柄がなんて小さいことなんだと

気づかされました。

民衆がお互いに譲り合うことにしました。」と述べて二人は帰っていきます。

姫昌は唖然としておりましたが、互いが譲り合うことの大切さを二国の君主にわかってもらえた事を

大いに喜び、宴会を催して彼らを帰します。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. キングダムで活躍している名将・李牧は実は臆病者だった!?
  2. 【キングダム】驚愕!信の血筋はなんと皇帝に即位していた!
  3. 周昌(しゅうしょう)とはどんな人?高祖劉邦や配下達から信頼を置か…
  4. 【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(…
  5. 石奮(せきふん)とはどんな人?真面目で頑固者な性格が愛されて富貴…
  6. 邴原(へいげん)とはどんな人?曹操・荀彧から尊敬を受けたマイナー…
  7. 【劉邦暗殺計画】劉邦の態度のでかさに激怒した家臣達
  8. 【晋の文公亡命旅行がすごい】中国大陸を横断していた亡命生活

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 朱然(しゅぜん)ってどんな人?名将亡き後、呉の重鎮として孫家を支え続けた将軍
  2. 新制度導入はこんなに大変!胡服騎射を導入するために苦労を重ねた武霊王
  3. 曹丕の残忍さがよく分かる曹丕の妻、甄氏の悲劇
  4. よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統
  5. 「耳で聞いて覚える三国志」をはじめました
  6. 三国志の著者・陳寿のミステリー 前編:蜀滅亡

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

激務をちょっと忘れられるホッと一息の「ユルめ記事」2016年総集編 蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの? 「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気でもなく、緻密な計算 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第10部 【はじめてのスキッパーキ】スキッパーキって、どんな犬なの?【第1話】 仏門教師・太原雪斎とはどんな人?今川義元の幼少期・青年期を支えた坊主軍師 鍋島直茂(なべしま なおしげ)がスゴイ!主家乗っ取りに成功!時勢を見る目と優秀な智謀を持った肥前の名将

おすすめ記事

  1. 【3分で分かる】和歌(わか)って何?ルールとかあるの?
  2. 曹操「赤壁で負けてなんていないんだからねっ」
  3. 【センゴク】金ヶ崎の退口は何で起こったの?信長の最大の危機
  4. 桓範(かんはん)とはどんな人?同郷の後輩曹爽の危機を救う為、逆転の策を献じた謀臣
  5. 実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十一話「さらば愛しき人よ」の見どころ紹介
  7. 杜預(どよ)ってどんな人?破竹の勢いで有名になった政治家
  8. 三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだった!

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP