よかミカンの三国志入門




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

銭大昕ってどんな人?経学考証の手法を史学に応用した博学の人

この記事の所要時間: 322




書籍

 

『史記』をはじめとする二十四史を

刊行していることで有名な中華書局は

ここ数年で修訂本を刊行しています。

 

最新の研究に基づき、

新たな校勘記が付された修訂本は

中国史を研究する人なら

ぜひ手元に置いておきたいものです。

 

中華書局が出版する二十四史のおかげで

私たちは『史記』をはじめとする史書を容易に読むことができるのですが、

中華書局がそれらを編纂する際に役立てたものとしてその名を挙げられるのが

銭大昕(せんたいきん)の『廿二史考異(にじゅうよんこうい)』です。

 

銭大昕や『廿二史考異』という言葉を

世界史の教科書で見かけたという人もいるのではないでしょうか?

今回は銭大昕とはどのような人物であるかについて

ご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:『論語』に見える親孝行のすすめとは?

関連記事:春秋と史記に隠された意味がダヴィンチコードレベル

 

 

そもそも考証学とは?

そもそも考証学とは?

 

銭大昕は清代に活躍した考証学者として有名な人物です。

しかし、「そもそも考証学とは何なのか?」

と疑問に思う人も少なくないでしょう。

 

考証学とは清代に興った学問であり、

古の文献に客観的な証拠を求めて

それに基づいて古の文献の本来の姿を取り戻し、

その文献を著した古の人々の心を読み解こうとする学問です

 

遠い時代の書物ほど、

時代を経るごとに文字が変わったり

伝写していくうちに書き損じられたりして

本来の姿がわからなくなってしまいます。

そうすると、

その書物を著した人の考えや思いが

正確に伝わらなくなってしまいます。

 

考証学はそんな現状を打破すべく

「実事求是」という標語を掲げた

顧炎武(こえんぶ)などをはじめとする

学者たちによって興った学問なのです。

 

 

経学考証の手法を史学考証に応用

経学考証の手法を史学考証に応用

 

そもそも考証学というものは、

経書の研究についてだけ行われていた学問でした。

 

宋・明代に流行した理学というものが

経書の文字を半ば無視して

経書を好き勝手な解釈をしていいという

残念な学問に成り下がってしまっていたため、

これはいかんと考えた学者たちが奮起して

一字一句の解釈を大切にする経学考証の学問が興ったのです。

 

そんな経学考証の手法が

歴史書の研究にも役立てられるのではないか

と考えたのが乾隆帝(けんりゅうてい)の時代に活躍した学者である銭大昕でした。

 

銭大昕は『史記』から『元史』までの二十二史の文字を

ひとつひとつ丁寧に追い、

疑問に思ったことについては歴史書に限らず

経書や子部に分類される諸子百家、

さらには集部に分類される文学集までくまなく調べ上げ、

歴史書の真の姿を再現しようと尽力しました。

 

また、彼の考証は

歴史書に付された注にも及んでおり、

その子細な考証は

経書でいうところの「疏」の役割さえ

担っているのではないかと思われるほどです。

 

そんな彼の史学考証の大著といえば『廿二史考異』です

この書物は同時代の学者たちの心をも震わせました。

銭大昕に触発された王鳴盛(おうめいせい)は『十七史商榷』を、

趙翼(ちょうよく)は『廿二史劄記』を著しています。

 

しかし、この2人の書物は

歴史書評論の嫌いが強く、

銭大昕のようにつぶさに文字を追い、

正しい史書の姿を求めているようには感じられません。

 

銭大昕の史学考証によって成った『廿二史考異』こそが、

真の考証学の姿を体現している傑作といえるでしょう。

 

時代を超えて愛される中国四大奇書「はじめての西遊記はじめての西遊記

 

暦算術や天文学も史学考証に応用

孔明

 

銭大昕の史学考証において特に称賛されている点は

西洋の数学の知識をも駆使して

考証を行っているということです

 

同じく史学考証に励んだ王鳴盛などは、

史書に見える年月の記述については

他の書物を当たってみれば

その正誤がわかるものだと豪語していました。

 

しかし、銭大昕は他の文献に当たるだけではなく、

暦算術や天文学を用いて細かい計算を行い、

その正誤を判断していたのです。

どちらの方がより正確な考証をすることができるかは

火を見るより明らかでしょう。

 

顧炎武などの学者によって成った考証学の手法を踏襲しつつも、

新しい西洋からの学問を取り入れながら

正確に考証を行おうと尽力した銭大昕の姿勢は

当時の考証学者としても珍しいくらい

学問に対して真摯であったといえるのではないでしょうか。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

銭大昕は今の上海に生まれ、

そこに行幸した乾隆帝に

賦(長うた)を献上した結果見出され、

中央に召し出された秀才でした。

このように、銭大昕は詩文も得意だったようです。

まさに博学才穎(はくがくさいえい)の人だった銭大昕。

 

彼のあらゆる業績は、

今日の学者たちの研究を

地味ながらサポートし続けています。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹操も劉備もこれで学んだ?漢の時代の教科書と学校

関連記事:経営者こそ『論語』を学ぶべき!その理由とは…?

 

【昔の人の二次創作 民話の中の三国志】
民間伝承の三国志

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・
  2. 登山家・馬謖の山登りにはちゃんと意味があった!
  3. 【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓
  4. 夏侯惇が鏡が嫌いなのはブサイクだから??
  5. 【はじさん砲】劉備は全然いい人なんかじゃなかった
  6. 「パチ感」の意味と曹豹が一騎討ちで張飛に勝つ方法
  7. 意外!?金持ちの息子の曹操は貧乏症だった?
  8. 桃園三兄弟の別れ 関羽の死から夷陵の戦いまでを辿る

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 秀吉のDIY?墨俣城(すのまたじょう)って本当に一夜で造られた?
  2. 【三国ブレイズ 攻略2】蜀の名将・趙雲と姜維が加入!アイテムの強化と攻略ポイント紹介
  3. 「高平陵の乱」を蜀の丞相の費禕はどう評価したの?蜀から見る魏のクーデター
  4. 遼来遼来!! 泣く子も黙る張遼の合肥伝説
  5. 孔明の北伐の目標はどこだったの?
  6. 二つの中国はどうして出来た? 台湾問題を三国志で分かりやすく解説するよ

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国同盟の終わりと武田信玄の危機 三国志:前半戦のまとめその1(董卓登場まで) 潼関の戦いに参加した異民族、阿貴と千万とはどんな人? 桜田門外の変とは何?桜田門外の変を簡単に解説 劉備と劉邦 近藤勇の墓は?新選組局長の最期の地をめぐる 橋本左内の墓は二か所ある!?西郷隆盛も認めた幕末の名士をしのぶ 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【9/11〜9/17】

おすすめ記事

  1. 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?後編
  2. 韓宣(かんせん)とはどんな人?曹植が口喧嘩して勝つことのできなかった人物
  3. 【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由とは?
  4. 月刊はじめての三国志2018年4月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  5. 【三国ブレイズ 攻略3】LRの武将が二人加入!メンバー選択に大苦戦
  6. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第12部
  7. 周倉(しゅうそう)と関羽はどんな関係だったの?三国志の上司と部下事情
  8. キーワードは劉備の最期一文字に託された陳寿の思い

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP