はじめての列子
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

曹操も劉備もこれで学んだ?漢の時代の教科書と学校




劉備 曹操

 

漢の時代は前後で400年という空前の平和を謳歌しただけではなく、

教育機関が整備され全国に学校が設立されるなど識字率が高まった時代でもありました。

主要な都市には本屋があり漢字辞典が造られたのもこの漢の時代です。

 

もちろん、教育を受けられるのは、士大夫の身分や都市に住んでいる富裕な商人や

市民が多いですが、それでも文字を読み書きできる人口は数十万人にはなりました。

では、後漢の時代の学校とはどういうもので、どんな教科書が使われていたのでしょう。




儒教を国教とする必要性から武帝は全国に大学を設立

三国志大学

 

中国で大学相当の教育機関が造られたのは前漢の武帝の時代の事です。

すでに儒教を国教としていた漢は、親には孝、君には忠という国内統治には

都合のいい儒教を広めようとして、全国に大学相当の建物を立てました。

しかし、この時点では小中高校に相当する初等教育機関はまだありませんでした。



ガリベン儒者だった新の王莽(おうもう)が教育機関を整備

王莽

 

武帝が設置した大学を拡充して、さらに基礎教育機関を全国に設置したのは

前漢を簒奪した反逆者である王莽(おうもう)でした。

王莽は、バリバリのガリベン儒者であり、儒教こそが最も優れた学問だと考え、

それまでの大学に加えて、郡国には大学相当の「学」という教育機関を設置し、

さらに、県、道、邑(ゆう)、侯国にも高等学校相当の「校」という機関を設置します。

 

この二つを並び称して学校といい現在でも日本では使われています。

そして、王莽は県よりも小さい単位である郷(ごう)や聚(しゅ)にも

「痒(よう)」や「序(じょ)」という小中学校相当の教育機関を置きました。

 

たった15年の短命政権に終わった王莽の新王朝ですが、

教育機関を隅々まで普及させた事は評価されてもいいでしょう。

 

関連記事:王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男

関連記事:王莽(おうもう)ってどんな人?中国史で最初に帝位を譲りうけた人物

関連記事:儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる?

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

 

曹操(そうそう)や劉備(りゅうび)も、これで学んだ?後漢時代の教科書

三国志大学 曹操

 

さて、8歳から15歳の年齢に達した子供達は、書館や書舎という所で、

初等教育を開始する事になります。

小さな郷や聚まで教育が届いた事から士大夫ばかりではなく、

比較的に裕福な農民の子供でも学ぶ人はいたようです。

 

当時は、そこまで身分制度が厳格ではなかったようで、農民の子供でも

県や郷の役人になれ、成績がよければその上の郡や中央の役人を目指す事も

不可能ではありませんでした。

 

そこでは、漢字を覚えさせる為の国語の教科書である、

蒼頡篇というテキストが使われました。

 

国語の教科書、蒼頡(そうきつ)篇の意外な執筆者達

李斯

 

蒼頡篇は、爰歴 (えんれき)篇と博学(はくがく)の3篇から構成されていて

およそ3000文字が収録されていたようです。

ちなみに蒼頡とは伝説上の人物で、漢字の元になる象形文字を産み出した人です。

 

李斯

 

この蒼頡篇は秦の始皇帝が七国の文字を統一した際に造らせた統一書体で

蒼頡篇は秦の丞相であった李斯(りし)が爰歴 篇は史上最悪の宦官との

悪名高い趙高(ちょうこう)が執筆しています。

 

趙高 キングダム

 

李斯と趙高が書いた教科書で曹操劉備が勉強していたなんて、

何か不思議な感じがしませんか?

 

※博学は同じく秦の胡母敬(こもけい)という人物の手によるものです。

 

それ以外にも教科書には、春秋時代の名将、司馬相如(しばそうじょ)「凡将篇」や

史遊(しゆう)(元帝期)の「急就(きゅうしゅう)篇」、李長 (成帝期)

「元尚(げんしょう)篇」そして、揚雄が上記3編をまとめた「訓纂(くんさん)篇」

というテキストを出しています。

 

急就編とは、3~7文字の言葉の韻を踏みながら暗誦するもので、

言葉遊びの延長で漢字を覚えさせようとしたユニークなテキストです。

 

【次のページに続きます】

 

関連記事:成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!

関連記事:【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕生秘話

関連記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介




ページ:

1

2

関連記事

  1. 夏侯惇 戦下手の夏侯惇が大活躍!運が味方した陽平関の戦いってどんな戦いな…
  2. 【キングダム】河了貂(かりょうてん)は本当にポンコツなのか?検証…
  3. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲 劉備が諸葛孔明に託した遺言には裏切りを防ぐための作戦だった?
  4. 【母は偉大なり】三国志の英雄を支えた偉大な母たちを紹介!
  5. 【ネオ三国志】第4話:孫家の跡継ぎ、天下へ向けて出陣
  6. 関羽に手紙を送る陸遜 美髯公とは何?ヒゲを見るだけで三国志がわかる!男のシンボル『ヒゲ…
  7. ヤンキー曹操 治世の能臣乱世の奸雄:曹操に人気がない理由は?
  8. 司馬懿 曹操に警戒された司馬懿の凄さはどこにあるのか?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操から逃げ回る劉備
  2. 蜀の劉備
  3. 法正
  4. 李斯
  5. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  6. 幕末 洋式軍隊の行進
  7. 魯粛と周瑜

おすすめ記事

  1. 徐晃の武器は本当にゲームで使っている武器なの??
  2. 夏侯 惇(かこうとん)ってどんな人?曹操に最も近い男 曹操と夏侯惇
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【9/11〜9/17】
  4. 【龍帥の翼】張良が黄石公からもらった三略とはどんな書物なの?【留侯世家異伝】
  5. 【第9回 幻想少女】曹操に会うためには宿敵・賈詡を倒すしかない!!
  6. 華雄は孫堅の引き立て役に過ぎない、三国志演義と正史三国志を比較 華雄(かゆう)

三國志雑学

  1. 楽進
  2. 後悔する孫権
  3. 赤鎧を身に着けた曹操
  4. 孔融
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国志の英雄(魏 呉 蜀)
  2. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  3. 陸遜

おすすめ記事

曹仁 曹操の窮地を何度も救った英雄・曹仁 はじめての三国志 はじめての三国志開設2周年のご挨拶 篤姫と幾島の本当の関係は? 【キングダム】呂不韋の子孫は前漢の皇后と三国志のあの人だった! 【三国志RPG】DRAGON BLADE(ドラゴンブレイド)第3回 アプリでここまで袁術を育ててみました! 劉馥(りゅうふく)ってどんな人?魏の地方行政官なのに無人の合肥を鉄壁の城に作り上げた功臣 蜀漢(季漢)後期の歴史をザックリと解説!蜀漢を支えた蒋琬、費禕、姜維が活躍した時代 真田丸 武田信玄 武田信玄のご先祖様は?甲斐の虎のルーツに迫る

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP