ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
Youtube


はじめての三国志

menu

アンゴルモア 元寇合戦記

鎌倉時代の農業はどんなもの?生産性の向上と飢饉の時代


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

鎌倉時代の洋服

 

鎌倉時代は、農業が大きく発展した時代でした。

この時代になって、日本ではじめて二毛作(にもうさく)が行われるようになりました。

二毛作とは、同じ田んぼを使って、夏と冬で別の作物を作ることをいいます。

同じ田んぼで、米と麦を作っていたのです。

 

この二毛作によって、それまでの時代と比べると農作物の生産性が大きく向上しました。

また、牛や馬に畑を耕させることにより、広い土地を人間だけで耕さなくてもよくなったことも、

農作物の生産性の向上につながりました。

また、牛や馬に中国から伝わった(すき)をつけて耕すことで、効率良く農業ができるようになりました。

そして、草や木の灰だけでなく、牛や馬の糞も肥料として使用するようになりました。

 

さらに、鍬や(かま)、鉈といった農機具がこの時代に発達したため、より深く田んぼを耕せるようになったのです。

また、これらの農具はそれまで田んぼとして使われていなかった土地を開墾(かいこん)するのにも大変役に立ちました。

 

鎌倉時代になると、灌漑設備(かんがいしせつ)も発達しました。

水車を使って、川から田んぼに水を入れることができるようになったのです。

これにより、さらに多くの土地を田んぼとして活用できるようになりました。

ちなみに、田植えは女性の仕事とされていました。

 

また、農業をするときは、どらを鳴らしたり、

笛を吹いたりしながら、ワイワイと賑やかに行われました。

鎌倉時代の農民たちの

「みんなで活気づけながらハードな仕事をこなし、生産性を向上させる」

というアイデアは、現代の私たちにとっても参考になるかもしれません。

 

関連記事:【アンゴルモア元寇合戦記】元寇とは?鎌倉時代の防衛戦争

関連記事:【アンゴルモア元寇合戦記】鎌倉時代の文学はどんなもの?

 


 

苦しい生活を強いられた、荘園の農民たち

農民

 

鎌倉時代は農業の生産性が大きく向上し、豊かな農民も出てきました。

しかし、武士や貴族、寺院の僧侶が管理する荘園の農民は、

せっかく作った米も3割から4割、多い時は5割以上も年貢として納めなければならなかったのです

 

荘園の農民は暮らしも豊かではなく、ちゃんとした家に住むことなどできなかったため、

土間にゴザをひき、肩身を寄せ合って生活していました。

また、戦のときには戦士として駆り出されることもありました。

さらに、無償で武士の家の修理を行ったり、橋をかけたりするといった雑用もさせられていたのです。

 

鎌倉時代、農民の中でも、貧富の差が広がっていきました

貧しい農民は休む間もなく汗水流して農作業をしていました。

しかし、鎌倉時代の農民たちの血の滲むような努力があったからこそ、

日本の農業技術が大きく進歩した、ということができるのです。

 


 

鎌倉時代の大飢饉によって、田畑は大きなダメージ!

鎌倉時代の大飢饉によって、田畑は大きなダメージ!

 

鎌倉時代、大きな飢饉(ききん)が2回起こり、そのとき農作物の生産量は激変してしまいました

最初の飢饉は、1231年の寛喜(かんき)の大飢饉です。

この飢饉が起こる1年前の夏は異常気象で、冬のような気候だったため、大凶作になってしまいました。

 

そして、この凶作を受けて翌年の1231年に大飢饉が発生したのです。

この時、いたるところに餓死者の死体が放置されていたそうです。

この飢饉の状態は、1239年ごろまで続きました。

ちなみに、北条泰時(ほうじょうやすとき)が制定した御成敗式目(ごせいばいしきもく)は、この飢饉の最中でした。

そのため、御成敗式目の内容は寛喜の大飢饉の影響を受けて制定されている、とされています。

 

次の飢饉は、1257年の正嘉(しょうか)の飢饉です。

このときは、大地震などの自然災害、冷夏、そして暴風雨などが起きてしまいました。

また、それだけでなく火災によって多くの人が亡くなりました。

この飢饉のときも、鎌倉は餓死者の死体であふれていました。

このとき、道に捨てられた病人を無常堂(むじょうどう)と呼ばれる施設に収容することが定められました。

この飢饉は、1259年まで続きました。

 

鎌倉時代の農民は、荘園領主や地頭の支配に苦しんだり、飢饉によって命を脅かされたりしたため

決して楽な生活ではありませんでした

しかし、鎌倉時代の農民たちの努力や知恵のおかげで

日本の農業は大きく進歩した、といっても過言ではないのです。

 

関連記事:【アンゴルモア元寇合戦記】鎌倉時代の文化的特徴とは?

関連記事:高麗(こうらい)ってどんな国?アンゴルモア元寇合戦記が100倍面白くなる

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. アンゴルモア 元寇合戦記ネタバレ 第29話 Part.2 高麗の…
  2. 鎌倉時代 服装 男女 武家文化は力強く堅実だった
  3. アンゴルモア元寇合戦記一巻ネタバレレビュー
  4. 鎌倉時代 服装 男女 鎌倉幕府(時代)の役職や政治や執権のまとめ一覧
  5. 東京五輪でテロ対策をしている警察や警察犬 いだてん 鎌倉時代の警察の役割を果たした「守護」を分かりやすく解説
  6. 「アンゴルモア 元寇合戦記」という歴史漫画が超絶面白い!
  7. 源義経 鎌倉時代 【鎌倉時代の豆知識】源義経と木曽義仲はイケメンだったらしい
  8. アンゴルモア 元寇合戦記ネタバレ 第29話 高麗がモンゴルと組ん…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魏延からの提案を却下する孔明
  2. 徳川家を守った篤姫
  3. キングダム 3巻
  4. 陸遜
  5. 劉備と孫権
  6. 董卓と呂布
  7. 郭嘉の本
“夜のひとときながら三国志ver3"

おすすめ記事

朝まで三国志2017-77 kawauso キングダム618話最新ネタバレ「戦場への思い」レビュー考察 張繍 張繍とはどんな人?実はかなりの出世頭で人たらしだった? 曹操 怪談話のルーツは中国にあり!オカルト集、捜神記とは? 孫皓と張俊 呉のA級戦犯?孫皓を皇帝にした呉の重臣「万彧・濮陽興・張布」 泣いて馬謖を斬る諸葛亮 馬謖の息子はどうなった?街亭の戦いの失敗による処罰で影響はあった? はじめての三国志 はじめての三国志開設2周年のご挨拶 孔明君のジャングル探検 孔明の南蛮征伐の目的は交易路(南シルクロード)狙いだった!? 呂布 VS 曹操 35話:曹操、陳宮の裏切りで兗州を呂布に奪われる!!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver3"
PAGE TOP