キングダム
馬超




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

歴史書によく出てくる「尚書」って何?女の尚書もいた!?




悪い顔をしている諸葛亮孔明

 

三国志ファンでもそうでなくても、中国の歴史に興味を持つ多く人が「尚書(しょうしょ)」という言葉を聞いたことがあるでしょう。

「尚書」という言葉を聞いて五経の1つに数えられる『書経(しょきょう)』の別名をすぐに思い浮かべる人もいると思いますが、

多くの人は中国に昔あった官職を思い浮かべるのではないでしょうか?

 

でも、具体的に「尚書」がどんな役職だったのかについてはよくわからないという人が大多数だと思います。

今回は「尚書」という官職に就いた人がどのような仕事をしていたのかをご紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も存在した?

関連記事:荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説

 

 

尚書は周代から存在していた

周Wikipedia

画像:周Wikipedia

 

尚書という官職は周代にはすでに存在しており、尚書は皇帝の秘書のような役割を果たしていたようです。

秦代になると宮中の財政を司る少府という官庁ができ、尚書はその中の1つとして組み込まれました。

そのとき尚書には尚書令という長官と尚書丞4人、尚書員5人の計10人が配属されていたようです。

 

前漢代にもこの機関は引き継がれたのですが、時代が下って行くにつれ、尚書の力の大きさは絶大なものに。

尚書は皇帝の文章の管理にとどまらず、人々が持ってきた上表書を閲覧し、その内容を精査して皇帝に見せるか見せないかを

決定する権限を持つようになったのです。

 

 

後漢代には1つの機関として独立

 

絶大な権力を誇るようになっていた尚書ですが、宣帝の時代に1度

「皇帝の耳を塞ぐようなことをしてはいけない」

という声が上がりその力を削られてしまいます。

 

ところがどっこい、尚書の力はその後メキメキと回復し、後漢代には尚書台として少府から独立。

武帝の時代にはトップ官職であるはずの三公を凌ぐ力を持つようになり、実質的に宰相クラスの権力が与えられるようになりました。

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 

中書に一時お株を奪われる

宦官

 

しかし、宰相の役割を担うようになった尚書は武帝が後宮に入りびたりであったために従来の皇帝の機密文書の管理をすることが難しくなり、

尚書から分離した宦官の役職である中書がその仕事を引き継ぐことに。

その結果、かつて尚書がその権力を拡大したように中書も朝廷内で権力をふるうようになりました。

 

そのため、尚書は中書にお株を奪われることとなってしまったのですが、これまた中書に対して非難が殺到した結果成帝の時代に中書は廃止され、

尚書がトップ機関として返り咲いたのでした。

 

三国時代には尚書省として君臨

玉璽

 

後漢時代に尚書台として権勢を誇った尚書は、三国時代にも尚書省と名を変えて受け継がれました。

 

魏はもちろん、蜀や呉にも尚書は置かれ、尚書の長官は宰相クラスの力を持ちました。

『三国志』では、荀彧諸葛亮がその地位に就いていたことが有名ですね。

 

女の尚書も存在していた!?

 

尚書についてちょっと調べてみると「女尚書(おんなしょうしょ)」なる言葉が出てきます。

でも、ちょっと待ってください。

中国で官吏になれるのは男性だけのはずですよね…?

 

その通りです。

 

実は、女尚書というのは後漢代から設置された後宮での役職であって女尚書となった女性が尚書省で尚書の男性と肩を並べて

仕事をしていたわけではありません。

 

しかし、男性の尚書と同様、女尚書も文書を管理する役割を担っていたため、教養があって頭がキレる女性が選ばれていたようです。

魏の明帝・曹叡(そうえい)も女尚書を重用していたみたいですね。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

歴史書を読んでいるとたくさんの官職の名前が出てきますが、ほとんどの人はその官職がどのようなものかをスルーしてしまうと思います。

でも、その官職が一体どのような仕事を担っているのかどのくらいの高さの地位の官職なのかを知っておけば歴史書に登場する人物が

どれほどの人物なのかがまざまざと浮かびあげってきます。

 

尚書のように代々受け継がれている官職でも時代によってその地位が高かったり低かったりとややこしいこともありますし、

官職を覚えるのは大変ですが、覚えることができたなら歴史書を今よりもっと面白く読むことができるでしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:盧植とはどんな人?不正と悪を憎み酒を愛した武闘派学者の人生

関連記事:石川五右衛門か!自ら釜茹でになろうとして孫権に止められた鄧芝

 

【未来を拓く問題解決策】楽しみながら自分を変える方法
袁術くんの成長日記

 




 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市) 潼関の戦いの舞台関中はどんな土地?
  2. 孔明 諸葛亮の住まいはどっち?襄陽古隆中VS南陽臥竜崗
  3. 一人で逃げる曹操 関羽と法正、正反対のイメージの二人の意外な共通点
  4. 【三国志平話】まるで水滸伝!山賊になった劉備
  5. 孫権 冠 被らないのは裸で歩くようなもの?中国人が被っていた冠は何?
  6. 劉邦 【将苑】諸葛亮も認める立派な将軍になろう!
  7. 実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗
  8. はじめての三国志 画像準備中 【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国志の英雄(魏 呉 蜀)
  2. 袁安
  3. キングダム52巻
  4. 宦官VS外威 三国志
  5. 蜀の姜維

おすすめ記事

  1. 董荼那とはどんな人?諸葛亮軍と孟獲軍の板挟みで悩まされた南蛮族 董荼那(南蛮族)
  2. 周瑜は孫策よりも名門で君主になってもおかしくなかった 周瑜はナルシスト
  3. 【10月の見どころ】10/19〜27 公開予定:三顧の礼特集 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  4. 董卓が行った長安遷都とはどんなこと?長安遷都の意図は? ミニチュアで遊ぶ董卓
  5. 【春秋時代の覇者から学ぶ】桓公・勾践・呉起から学ぶ!明日から使えるリーダー力 桓公(かんこう)
  6. 魏延と趙雲を正史で比較すると魏延が優秀だと判明!? 魏延

三國志雑学

  1. はじめての三国志 画像準備中
  2. 劉備主役
  3. 司馬懿
  4. 司馬懿と曹操
  5. 呉蜀赤壁の戦い
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 2つの持論を展開する費禕
  2. 孫権に激怒する関羽
  3. 坂本龍馬チビ説
  4. 朱桓(しゅかん)
  5. 袁術と董卓
  6. キングダム 3巻

おすすめ記事

日本にも冥婚があった?東北や沖縄に伝わる死者の結婚式 孔明 樊城の戦いの時、諸葛亮は何をしていた?樊城の戦いにどう関与していた? 【キングダム】残念!ファルファルおじさん騰 死亡のお知らせ 朝まで三国志 公孫瓚 【素朴な疑問】中国にも梅雨はあるの?霉雨になると関羽の古傷も傷んでいた! 王翦 キングダム 514話 ネタバレ予想:王翦の進路変更の理由とは? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/28〜9/4】 羅憲 劉備は何で蜀を建国しようと思ったの?三国志演義で人気を占める蜀の秘密に迫る おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第27話「気賀を我が手に」の見どころ紹介

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP