ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
三国志の死因


はじめての三国志

menu

いだてん

【大河ドラマ いだてん ロケ地 】大河ドラマ『いだてん~東京オリンピック噺~』

マラソン日本代表として走る中村勘九郎 いだてん


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

マラソン日本代表として走る中村勘九郎 いだてん

 

2019年の大河ドラマは『いだてん〜東京オリムピック噺〜』で、33年ぶりに近現代史を題材にしています。

戦前を題材にしたドラマでは1984年の『山河燃ゆ』と1985年の『春の波涛』が挙げられます。戦後を題材にしたドラマでは1986年の『いのち』が挙げられます。

 

このドラマの舞台は戦後日本を題材にしています。いだてんは33年ぶりに戦後日本を舞台にしたドラマとなります。

今回は2019年の大河ドラマ『いだてん~東京オリンピック噺~』の概要とロケ地について紹介します。

 

関連記事:明智光秀が大河ドラマデビュー2020年麒麟がくる

関連記事:篤姫はなぜ人気がある?大河ドラマヒットの法則

 


 

大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』とは?

幻の1940年の東京五輪 いだてん
 

2019年の大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』は、宮藤官九郎オリジナル脚本で大河ドラマを製作します。

宮藤官九郎といえば、NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』の脚本で有名で、これまでにない大河ドラマと東京オリンピックの歴史を描くことが期待されています。

 

大河ドラマの主役は2人です。日本人で初めてオリンピックに参加した金栗四三と東京にオリンピックを招致した田畑政治です。

金栗四三役は中村勘九郎が、田畑政治は阿部サダヲがそれぞれ演じます。語り手は稀代の落語家として知られる古今亭志ん生で、ビートたけしが演じます。ナレーションだけでなく志ん生の波瀾万丈な人生をドラマに挿入します。

 

1912年のストックホルムオリンピックで、日本は初めてオリンピックに参加しました。このオリンピックで参加したのは、マラソンの金栗四三と陸上で短距離走の三島弥彦の2名でした。

 

日本人が初めて参加したストックホルムオリンピックは散々な結果でした。金栗四三は日射病で失神し、「競技中に失踪し行方不明」として扱われ、話題になりました。この反省から日本はスポーツ大国に成長し、1936年のベルリン大会では前畑秀子が金メダルの獲得に成功しました。

 

ベルリン大会では「前畑頑張れ!」という実況は有名になりました。

1940年に田畑政治は東京オリンピックの招致に成功しますが、日中戦争や太平洋戦争によりオリンピック開催はできなくなりました。戦後、日本は焼け野原になりますが、1964年の東京オリンピックの招致に成功します。

 

大河ドラマ『いだてん~東京オリンピック噺~』では、戦争・復興・平和への祈りをテーマに1912年のストックホルムオリンピックから1940年の幻の東京オリンピックを経て1964年の東京オリンピックまでの歴史を描きます。

 


 

大河ドラマいだてん金栗四三ミュージアム

金栗四三 いだてん

 

2019年の大河ドラマ『いだてん~東京オリンピック噺~』の撮影は既に始まっています。

最初に、2人の主役のうちの1人である金栗四三の出身地熊本県玉名市を取り上げます。2019年1月、熊本県和水町に「金栗四三ミュージアム」がオープンします。金栗が使用したユニフォームやマラソン足袋などゆかりの品々や資料が展示されています。

 

明治時代の浅草や大塚商店街の撮影は茨城県つくばみらい市のワープステーション江戸で行われました。明治のマラソン大会の撮影は栃木県足利市の市街地より外れた場所で行われました。京都市内では、東京高等師範学校の学生マラソン大会と新入生入学式の撮影が行われました。

 

2019年の大河ドラマいだてんのロケ地について、日本だけでなく海外でもロケが行われています。1912年のストックホルムオリンピックの撮影のためにストックホルムでロケが行われています。大河ドラマではストックホルムオリンピックの模様を取り上げるようです。


 

大河ドラマいだてんの国内ロケ地紹介

スウェーデンで海外ロケの撮影をしている田畑政治と金栗四三 いだてん

 

NHK大河ドラマいだてんは、スタジオ撮影が多い大河ドラマには珍しく、千葉県、三重県、茨城県、熊本県、栃木県、京都府などでロケ撮影が行われています。

そんなロケ地の一つは、いだてんの主人公の一人である金栗四三の生家がある熊本県の和水町(なごみちょう)で、ここでは、中村勘九郎(なかむらかんくろう)さん、中村獅童(なかむらしどう)さん、

綾瀬(あやせ)はるかさん、勝木涼(かちきりょう)さんがロケ撮影を済ませたそうです。

実際の金栗の生家を使っての撮影なので、かなりリアルで臨場感があるシーンに仕上がっているそうですよ。

 

いだてんのロケ地、もう一カ所は、高瀬船着場跡(たかせふなつきばあと)で、こちらは熊本県の玉名市にあります。

ここでは、2018年の5月6日、7日、9日の3日間撮影が行われました。船着場の撮影では、明治時代の衣装を着て、荷車や船を使って荷物を運び出す物資

集積場の活気あふれるシーンが撮影され、

地元エキストラも70名が参加、総勢150名の規模でにぎやかに撮影が行われました。

ほかには、静岡県の掛川市にある国の重要文化財、大日本報徳社(だいにほんほうとくしゃ)の大講堂もロケで登場します。

いだてんでは近代柔道の発祥の地「講道館」として登場するそうです。

いだてんと言えば、大河ドラマとしては異例のストックホルムロケが話題ですが、国内でも色々な場所でロケをしています。

海外のストックホルムは遠くて無理でも、国内なら大河ドラマ聖地巡礼が出来そうですね。


  

 

 

東京五輪ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

2019年の大河ドラマは『いだてん~東京オリンピック噺~』について取り上げました。大河ドラマといえば、戦国時代か幕末以外を題材にすると視聴率がとれないといわれていたため近現代史を扱うことはほとんどなかったのですが、戦前・戦後の日本が舞台のいだてんの視聴率が気になります。

この大河ドラマでは初めて4Kで制作されます。移り変わる東京をどのように映像化するのか楽しみにしています。

 

関連記事:西郷星と火星大接近!西郷どんが141年ぶりに帰って来た?

関連記事:勝海舟はどんな人?西郷どんの親友、幕末ちょい悪親父の波乱の人生

 

【スポーツと共に歩んだ日本近代史】
いだてん

 


 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 東京五輪でテロ対策をしている警察や警察犬 いだてん 2020年東京五輪のテロ対策とは?策定された政府のテロ対策計画は…
  2. 猛暑に苦戦している観客達 いだてん 2020年の東京オリンピックの課題である暑さ対策とは?
  3. 金栗四三 いだてん 金栗四三と結婚した春野スヤはどんな人?大河ドラマの春野スヤと実際…
  4. 東京五輪のボランティア いだてん 東京五輪、ボランティアの条件とは?話題の「やりがい搾取」も紹介
  5. 金栗四三 いだてん 金栗四三が箱根駅伝を開催した理由は?
  6. 日射病で失神する金栗四三 いだてん 金栗四三の失敗が日本マラソンの原点となった
  7. 東京五輪のボランティア いだてん 【東京オリンピック2020】残された問題と課題とは?
  8. 孔明 耳で聞いて覚える三国志 東京オリンピック開催期間における電車の輸送問題はどうなる?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 魯粛
  2. 羊コと信頼の関係を築く陸抗(りくこう) 羊祜
  3. 董卓の相談に乗る袁紹
  4. 火縄銃を気に入る織田信長
  5. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
  6. 鱸魚を釣る左慈

おすすめ記事

  1. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1
  2. ゴールデンカムイネタバレ予想 130話 誘導灯
  3. 呉のお家芸・偽降伏の見破り方を知っていた知将・王基
  4. 幻の必殺陣形・八卦の陣とは?三国志演義と諸葛亮孔明の八陣図 韓信vs孔明
  5. 【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学 孔明
  6. 袁燿とはどんな人?袁術の息子で正史と三国志演義で全然違う生涯を送った袁燿 袁術と一緒にはちみつを楽しむ袁燿(えんよう)

三國志雑学

  1. 孔明
  2. 曹操と張繍
  3. 周瑜と孫策
  4. 秦の旗を掲げる兵士
  5. 司馬懿


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 司馬懿と曹叡
  2. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  3. 甄氏(しんし)
  4. 韓信vs孔明
  5. 豊臣秀頼 wikipedia引用

おすすめ記事

呉の勢力を率いる孫策 群雄の名言から知る三国志の世界【小覇王孫策の名言】 はじめての三国志からのお知らせ バナー 「月刊はじめての三国志7月号」6月25日(火)に出版決定 双流星を振り回している徐盛 徐盛の武器は何だったの?史実と三國無双を比較してみた 袁紹モグラ作戦 袁紹が得意とした坑道戦とは? 邪馬台国と卑弥呼軍 邪馬台国滅亡の謎に迫る!なぜ滅びたの? 朝まで三国志 劉虞 漢の血筋を引く者は劉備のみにあらず!皇族・劉虞の悲しき最期 王翦(おうせん)とはどんな人?キングダムでは謎多き将軍だが史実では秦の天下統一に貢献した人物 はじめての三国志からのお知らせ バナー 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに黄忠を追加しました

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP