三国志平話
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

いだてん

金栗四三が箱根駅伝を開催した理由は?

金栗四三 いだてん




肩を組む金栗四三と田畑政治 いだてん

 

2019年の大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』では、金栗四三と田畑政治の2人が主役で、1912年のストックホルムオリンピックから1964年の東京オリンピックまでの歴史を描くドラマです。

今回は2人の主役で、日本のマラソンの父といわれる金栗四三(かなくり しそう)について取り上げます。

 

関連記事:明智光秀が大河ドラマデビュー2020年麒麟がくる

関連記事:篤姫はなぜ人気がある?大河ドラマヒットの法則

 

 

日本のマラソンの父・金栗四三とは?

金栗四三 いだてん

 

金栗四三は1891年、熊本県玉名市に生まれました。日本で最初にオリンピックに参加したマラソン選手で、高地トレーニングなど当時の日本では最新のトレーニングを導入するなど日本のマラソン界の発展に貢献しました。金栗四三は日本マラソンの父といわれています。

 

日射病で失神する金栗四三 いだてん

 

金栗四三は1912年のストックホルムオリンピックに参加しました。マラソン選手として参加しましたが、レース途中で日射病が原因で意識を失い倒れました。金栗はレースを諦めて帰国することになりましたが、オリンピックの運営に棄権がうまく伝えられなかったため、「競技中に失踪し行方不明」として扱われました。

 

この後のベルリン・オリンピックでメダル獲得が期待されましたが、第一次世界大戦により開催中止となり、1920年のアントワープオリンピック以降のオリンピックでメダルが取ることができませんでした。

 

メダルに恵まれなかった事には、色々な理由があると思いますが、大正五年(1916年)のベルリンオリンピックが戦争で中止になったのが痛いですね。

この年、金栗は25歳でオリンピック選手としても肉体のピークを迎えていたと考えられるからです。

その次のアントワープでは、金栗は29歳で16位止まり、その次のパリでは、33歳と陸上競技の選手としての全盛期は過ぎていました。

もし、1916年のベルリンオリンピックが開催されていたら、金栗はマラソン選手として、日本に初めてのメダルをもたらした選手に

なっていたかも知れません。

 

金栗は、1967年にストックホルムオリンピック開催55周年を記念する式典に招待されました。式典において、金栗は54年8か月6日5時間32分20秒3という記録でゴールしました。このとき、第5回ストックホルムオリンピック大会の全日程を終了しますというアナウンスがされ、このアナウンスは有名になりました。

 

この金栗の記録はオリンピック史上最も遅い記録で、今後も破られることはないだろうといわれています。また、金栗はゴール後に「長い道のりでした。この間に孫が5人できました」とコメントしました。このコメントは金栗四三の名言として知られています。

 

 

金栗四三が考案した箱根駅伝

 

金栗四三は正月の風物詩となっている箱根駅伝を考案した人物で有名です。箱根駅伝について取り上げる前に駅伝ができた経緯について取り上げます。金栗は1917年の駅伝の始まりといわれている東海道駅伝徒歩競走で関東組のアンカーとして出走しました。この駅伝は関西組と関東組に分かれ、約508キロを23区間に分けて走ります。

 

東海道駅伝徒歩競走は1917年の1回限りでしたが、金栗は日本初のオリンピック選手第1号としての経験を生かして、「五輪で日本を強くするには、長距離、マラソン選手を育成すること」を発案します。

 

箱根駅伝は東海道の宿場を参考にしたと考えられます。1日目、走者が襷を鶴見(川崎宿)・戸塚(戸塚宿)・平塚(平塚宿)・小田原(小田原宿)で引き継ぎ、ゴールである箱根宿を目指します。2日目、箱根宿をスタートして東京都の大手町を目指して襷を引き継ぎます。

 

箱根駅伝に出場した選手の中にはマラソンのオリンピック代表選手がいます。金栗四三の狙いが当たったのかもしれません。

 

東京五輪ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

今回は2019年の大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』の主役の1人である金栗四三について取り上げました。ここでは、金栗四三に関する雑学について取り上げます。

 

大阪の道頓堀でよく見るグリコのネオンサインがあります。このマラソンランナーは金栗四三がモデルになったといわれています。金栗以外では、カタロン・谷三三五の2選手がモデルになったといわれています。日本人ではなくエチオピアのカタロン選手が有名になりましたが、カタロン選手が選ばれた経緯については分かりませんでした。

 

今後、大河ドラマいだてんがきっかけでグリコの看板に関する新発見があるかもしれません。これからの研究に期待したいと思います。

 

関連記事:西郷星と火星大接近!西郷どんが141年ぶりに帰って来た?

関連記事:勝海舟はどんな人?西郷どんの親友、幕末ちょい悪親父の波乱の人生

 

【スポーツと共に歩んだ日本近代史】
いだてん

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 大学と東京五輪の連携学生の通訳ボランティア いだてん 東京オリンピック2020は大学連携とPRで大きく変わる?
  2. 東京五輪のボランティア いだてん 東京五輪、ボランティアの条件とは?話題の「やりがい搾取」も紹介
  3. 幻の1940年の東京五輪 いだてん 東京五輪のエンブレム問題とはどんな問題だったの?
  4. オリンピックを誘致する田畑政治 いだてん 2020年東京五輪のメリットは?経済効果や日本文化PRなど利点を…
  5. 田畑政治 いだてん 田畑政治の出身地はどこ?東京オリンピックのキーマンの出身地につい…
  6. マラソン日本代表として走る中村勘九郎 いだてん 【大河ドラマ いだてん ロケ地 】大河ドラマ『いだてん~東京…
  7. オリンピックを誘致する田畑政治 いだてん 大河ドラマの田畑政治とはどんな人?いだてんの主人公を紹介
  8. 日本の猛暑に疲弊している海外のマラソン選手 いだてん 2020年東京五輪の猛暑対策は?なぜ7月・8月の開催にこだわる?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉禅
  2. 平清盛 鎌倉幕府
  3. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  4. 孫権 弔い出陣

おすすめ記事

  1. 「杞憂」の出典は『列子』意外に長くてちょっぴり哲学 袁術
  2. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(3/3)
  3. 『軍勢RPG 蒼の三国志』が、サービス4周年を記念し「12大キャンペーン」を実施。「四周年記念武将」も登場
  4. 2分で分かる合肥の戦い その1 はじまりの裏側
  5. 【祝】はじめての三国志月間180万PV達成、皆さまへ御礼の言葉
  6. キングダム586話最新ネタバレ「二突きの勝負」レビュー記事

三國志雑学

  1. 張飛にお酒はだめだよ
  2. 蜀の魏延
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 反乱を起こす郝萌(かくぼう)と曹性
  2. 三国志大学を目指す曹操
  3. 成廉、魏越、呂布
  4. 孔子と儒教

おすすめ記事

三国志平話が面白いのにすたれた理由 陶淵明は変態さん?閑情賦のエロ妄想が止まらない! 大久保利通の死因は?ご遺体とお墓はどこにあるの? 馮氏(ふうし)とはどんな人?三国志演義では出番が少ないが正史三国志では重要人物 黒田官兵衛 明智光秀は黒田官兵衛のせいで山崎の戦いで敗北した!その理由とは? 怒る曹操 曹操が洛陽北部尉時代にやった売名行為とは? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【5/15〜5/22】 桜田門外の変とは何?桜田門外の変を簡単に解説

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP