キングダム
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

いだてん

田畑政治の出身地はどこ?東京オリンピックのキーマンの出身地について

田畑政治 いだてん




幻の1940年の東京五輪 いだてん

 

大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』によれば、大河ドラマの主役は、日本人で初めてオリンピックに参加した金栗四三(かなくり しそう)と東京にオリンピックを招致した田畑政治(たばた まさじ)の2人です。

 

今回は、2人の主役のうち田畑政治の出身地について取り上げます。

 

関連記事:明智光秀が大河ドラマデビュー2020年麒麟がくる

関連記事:篤姫はなぜ人気がある?大河ドラマヒットの法則

 

 

田畑政治とは?

肩を組む金栗四三と田畑政治 いだてん

 

田畑政治とは1898年生まれで静岡県浜松市出身です。東京帝国大学卒業後に朝日新聞社に入社しました。新聞記者だけでなく、水泳指導者も務め、1932年のロサンゼルスオリンピックなどで日本代表監督を務めました。

 

戦後、1948年に日本水泳連盟の会長に就任しました。1948年のロンドンオリンピックに参加することはできませんでしたが、同日に水泳の日本選手権を開催する事に成功しました。1949年には国際水泳連盟の復帰に成功しています。

 

1952年のヘルシンキオリンピックと1956年のメルボルンオリンピックで日本選手団の団長を務めるなど戦後間もない頃から東京にオリンピックを招致することに力を入れ、1964年の東京オリンピックの招致に成功しました。

 

1973年から4年間日本オリンピック委員会(JOC)の会長を務めました。1984年に死亡しました。

 

 

田畑政治の出身地は静岡県

 

田畑政治は、静岡県の出身です。

静岡県浜松市中区の造り酒屋「八百庄商店」に明治31年12月1日に生まれました。

 

実家は、相当な資産家だったようで、田畑政治は何不自由なく生活でき、夏や冬の長期休みには別荘で生活する程のセレブな生活でした。

しかし、そんな田畑の家系は病弱で、祖父も父も体が弱く結核で早死にしていました。

田畑政治も、そんな遺伝子を受け継ぎやはり病弱で、30歳まで命が持つかどうかと医師に言われていました。

ところが田畑は病弱にも関らず、大の水泳好きで別荘近くの浜名湾(はまなわん)で泳いでいて、地元の水泳クラブ「遠州学友会水泳部」でも1、2を争うような

エース格でした。

田畑はこのまま好きな水泳で水泳競技者になる事を夢見ますが、出身地の浜松中学校(現在の浜松北高校)の4年生の時に盲腸炎と大腸カタルを併発

医師に「泳げば死ぬ」とドクターストップがかかり水泳競技者の道を断たれるのです。

 

田畑政治は出身地、浜名湾で後輩を指導

 

競技者になる夢は断たれたものの、田畑はそれなら指導者になって水泳競技者を育てようと奮起し後輩の指導に尽力、その努力が実り、

見事に浜松中学校は大会で優勝しました。

田畑は、これで満足せず、次の目標に浜名湾を日本一の水泳王国にしようと考え周辺の中学校水泳部などを統括する「浜名湾遊泳協会」を設立して

大規模な選手育成を開始しました。

まだ学生なのに、この行動力は凄いですね、やはり彼には、天性の物事を組織化して強化する才能があったようです。

指導熱心な田畑は、その後、第一高等学校へ進学しますが、休みがある度に浜名湾に戻り、水泳の普及と後輩指導を継続したそうです。

こうして考えると、田畑政治は別荘地にあった浜名湾のお陰で水泳に興味を持ち、それが昂じてオリンピックに関わり、それが1964年の

東京オリンピックの招致に繋がったと言えますね。

 

東京五輪ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

今回は、NHK大河ドラマいだてんの主人公の一人、田畑政治の出身地について紹介しました。

病弱だった田畑ですが、家が裕福でセレブな生活を送り、夏や冬の休みには別荘で優雅に過ごすお坊ちゃんだった事が分かりました。

しかし、別荘の近く浜名湾があり、そこで水泳に夢中になった事が田畑政治を水泳競技の指導者にし、やがてそれがオリンピックに繋がるなんて

田畑にとっての出身地の浜名湾は、彼の人生を変えてしまう程に大きな存在だったのでしょうね。

 

田畑はその後も浜名湾の水泳競技に関わり続け、浜名湾水泳チームの日本一を証明する為に、浜名湾北の弁天島に、幅30メートル、長さ100メートルの海水プールを作り、そこで全国水泳大会を開催しました。そして大正12年、浜名湾遊泳協会を全国一に導いたのです。

 

強引と言うか何というか、とにかく田畑政治の人生は出身地の浜名湾とは切り離せないですね。

 

関連記事:西郷星と火星大接近!西郷どんが141年ぶりに帰って来た?

関連記事:勝海舟はどんな人?西郷どんの親友、幕末ちょい悪親父の波乱の人生

 

【スポーツと共に歩んだ日本近代史】
いだてん

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 幻の1940年の東京五輪 いだてん 東京五輪と景気との関係は?1964年と2020年東京オリンピック…
  2. 日本の猛暑に疲弊している海外のマラソン選手 いだてん 2020年東京五輪の猛暑対策は?なぜ7月・8月の開催にこだわる?…
  3. 金栗四三 いだてん 金栗四三の母校・筑波大学は金栗四三のマラソン生活の出発点となった…
  4. 東京五輪でテロ対策をしている警察や警察犬 いだてん 2020年東京五輪のテロ対策とは?策定された政府のテロ対策計画は…
  5. 日本の猛暑に疲弊している海外のマラソン選手 いだてん 東京オリンピックの暑さ対策としての打ち水は効果あるのか?
  6. 幻の1940年の東京五輪 いだてん 東京五輪のエンブレム問題とはどんな問題だったの?
  7. 幻の1940年の東京五輪 いだてん 2020年東京オリンピックと物流問題は改善できるのか?
  8. 金栗四三 いだてん 金栗四三が箱根駅伝を開催した理由は?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 献帝
  2. 曹植
  3. 徐庶
  4. 牛金
  5. 板垣退助
  6. 幻の1940年の東京五輪 いだてん
  7. 徐庶をゲットする曹操
  8. 韓信vs孔明
  9. 曹操

おすすめ記事

  1. 【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!
  2. 白起(はくき)ってどんな人?キングダムでお馴染みの六大将軍 春秋戦国時代の白起、デビュー戦から大殺戮
  3. 織田信長って髭を生やしていたの?第六天魔王のヒゲは立派だったのか? 織田信長
  4. 阿部正弘と島津斉彬は本当に親友だったの? 阿部正弘
  5. 【火鼠の皮衣】曹丕、とんだ赤っ恥!燃えない布などあり得ない(キリッ! 曹丕
  6. 周泰と魏延ってどっちが強いの!?呉と蜀の英雄を比較してみた 魏延

三國志雑学

  1. 苛ついている曹操
  2. 曹操は関羽をGET
  3. 夏侯惇
  4. 賈詡(賈ク)
  5. 孫策、陸遜、顧邵、他
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  2. 韓非子を読む劉禅
  3. 酔いつぶれる劉備玄徳
  4. 陳宮
  5. 三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚)
  6. 邪馬台国の卑弥呼はアイドル

おすすめ記事

呉と倭は外交交渉をしていたの?日本を目指した衛温と諸葛直 姜維の兵法二十四編って孔明から貰った大事な宝物だった? KOEI 三國志の産みの親!襟川陽一はココが凄い!シブサワ・コウの意外な側面6連発 顔良を討ち取る関羽 意外と義兄弟と離れ離れの時期が長かった関雲長のぼっち履歴をご紹介 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市) 【西暦280年の洛陽】劉禅さん家の隣に住んでいたのは○○だった! はじめての三国志 画像準備中 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.3 【三国志の華佗を越える名医の名言】扁鵲が死人を生き返らせた時に用いた名言 佐久間象山は狂人吉田松陰をどう評価した

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP