キングダム
馬超




はじめての三国志

menu

西郷どん

近代日本の税制改革・地租改正とは?太閤検地から江戸時代まで解説

まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札




豊臣秀吉 戦国時代

 

今回は明治維新で抜本的な税制改革として知られている地租改正について取り上げます。

この記事では、地租改正以前の税制については古代律令国家から

豊臣秀吉(とよとみひでよし)の太閤検地までと江戸時代を取り上げます。

地租改正以降の税制と比較する形で取り上げます。

 

関連記事:樺太千島交換条約とは?分かりやすく解説

関連記事:【西郷どん】日米修好通商条約って何が問題だったの?

 

 

江戸時代までの税制

 

江戸時代だけでなく古代日本からにおいて、

日本人は稲または米俵で税を年貢として納めていました。

律令国家において、6歳以上の男女に田んぼを支給しましたが、

代わりに年貢として稲を納めました。

 

奈良時代になると年貢の負担が重くなり、逃亡する人が増えたため田畑が荒れ始めます。

荒れ果てた土地の開墾を奨励するために743年に墾田永年私財法を出しました。

新しく開墾した土地は永久に私有財産となったため、口分田の制度は廃止されました。

 

代わりに荘園という制度ができ、

役人の立ち入りができないように藤原(ふじわら)摂関家や皇族に寄進する者がいて、

所有者が誰か分からないという問題が起こりました。

豊臣秀吉の太閤検地では、

荘園の所有者が分からないという問題を解消するために所有者と生産高を調査しました。

 

太閤検地では耕作者と土地の所有者が同じであるという制度になったため、

荘園制度は事実上廃止されました

 

 

江戸時代の年貢制度と武士の報酬

鎌倉時代の侍

 

江戸時代になると、豊臣秀吉の太閤検地以前と同様に農民は米を納めます。

各藩の米は大坂の堂島の蔵屋敷に保管され、大阪は天下の台所と呼ばれました。

武士は報酬をどのようにして受け取ったのでしょうか。

武士は藩から報酬を米で受け取ります。

 

報酬として米を受け取った武士は札差という金融業者で米を換金します

年貢として米を納める場合、飢饉が起こると生活や財政が苦しくなります。

実際に、江戸時代に大きな飢饉が何回もありました。

新田開発を奨励したり、倹約して米を蓄えたりして飢饉を乗り越えてきました。

 

地租改正でどのように変わった?

 

古代の律令国家から江戸時代まで、日本では税を年貢として米で納めました。

米で納めると飢饉が起こった場合や天候によって左右されやすいという弱点がありました。

そこで、明治政府は安定的に税を徴収するために

物納(米)から現金で税を納める金納に替える改革を行います

この改革を地租改正といいます。

ここでは、地租改正で変わった点を取り上げます。

 

最初に、1871年に江戸時代に出された田畑勝手作の禁令を廃止しました。

江戸時代は米以外の作付けが禁止されていましたが、自由に作ってよいことになりました。

江戸時代に百姓の没落を防ぐために

田畑永代売買の禁令を出しましたが1872年に田畑の売買を許可しました。

 

地租改正とは次の通りです。

土地の所有者に地券という土地の所有権の証明書を発行します。

田畑の面積・収穫高・平均米価を基にして地価(土地の価格)を定めます。

1873年に地租改正という土地政治改革が行われました。

地租改正により地券所有者が地価の3%を豊作と凶作に関係なく現金で納めることになりました

当初、地価の3%を地租として納めなければなりませんでしたが、

地租改正反対一揆が相次いで起こったため、明治政府は3%から2.5%に引き下げました。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

今回は明治政府の改革である地租改正について、

古代の律令国家から現代までの税の納め方を振り返りながら取り上げました。

私たちの日常生活において、給料を現金で受け取り、

税金を現金で納めることが当たり前だと感じるかもしれません。

 

しかし、現金で税を納めることが始まったのは約150年前の地租改正であることから、

律令国家の年貢の頃から振り返ると金納は歴史が浅いといえるかもしれません。

地租改正だけでなく、明治時代初期の人々が様々な新しい制度を

すぐに受け入れることができたということに驚きます。

明治時代初期の改革で戸惑った話や間違えたエピソードがあれば紹介したいと思います。

 

関連記事:阿部正弘はペリーを撃退していた?日米和親条約の奇跡

関連記事:西郷隆盛の征韓論とはどんなもの?

 

【攘夷魂!テロに走ったサムライ達】
俺達尊攘派

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 江川英龍は戦後、教科書から削除されたその理由は?
  2. 篤姫と幾島の本当の関係は?
  3. 岡田以蔵(人斬り以蔵) 岡田以蔵とはどんな人?人斬り以蔵から刀まで分かりやすく解説
  4. 木戸孝允 桂小五郎と幾松幕末を彩る世紀の恋の真実
  5. お酒が強い篤姫 本寿院とはどんな人?実は篤姫と家定の最大の理解者!
  6. 【伊達宗城と宇和島藩】10万石の小藩が持ちえた熱意と行動力とは?…
  7. 愛加那(あいかな)と西郷どんの子供達の人生とは?
  8. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛 明治維新とはどんな改革?近代国家を目指した政治改革を分かりやすく…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  2. 項羽
  3. 曹操
  4. 関羽に惚れる曹操
  5. 一人で逃げる曹操
  6. kawauso編集長 はじめての三国志主宰・おとぼけ
  7. 曹操に降伏する教祖・張魯
  8. 魏延と孔明

おすすめ記事

  1. 【素朴な疑問】馬謖って失敗ばかり強調されるけど手柄とかないの?
  2. 漢代にはこんなにもたくさんの本が生み出されていた!【漢代の本】 郭嘉の本
  3. 【新企画予告】『まだ漢王朝で消耗してるの?』9月23日(土)から連載開始!
  4. キングダム593話ネタバレ予想「松左の死について原泰久は何を考えている?」
  5. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました
  6. 三国志平話って何?三国志演義の元ネタ 三国志平話

三國志雑学

  1. 曹丕にビビって意見を言えない家臣達
  2. 袁燿(袁耀)えんよう
  3. 連幹の計 呂布 貂蝉
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呂不韋
  2. 郭嘉の本
  3. 三条実美
  4. 関羽と関索

おすすめ記事

はじめての三国志編集長 kawauso 【告知】三国志の裏を知りたい人集まれ!よかミカンのブラック三国志入門 夏侯惇 戦下手の夏侯惇が大活躍!運が味方した陽平関の戦いってどんな戦いなの? キングダム560話岳嬰を一刀両断「信の間合い」ネタバレ&レビュー 鍾会を説得する姜維 鍾会(しょうかい)は何で反乱を起こしたの?魏のイケメン武将の独立事情 真田丸 武田信玄 武田信玄とはどんな人?天下人信長・家康を震わす甲斐の虎 魏延からの提案を却下する孔明 【北伐】幻の「長安挟撃作戦」魏延はすでに演習済みだった? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/21〜11/27】 龐統 龐統はどんな性格をしていたの?希代の怠け者であり曹操を騙した軍師

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP