ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
姜維特集


はじめての三国志

menu

いだてん

金栗四三の失敗が日本マラソンの原点となった

日射病で失神する金栗四三 いだてん


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

日射病で失神する金栗四三 いだてん

 

金栗四三(かなくりしそう)は日本人初のオリンピックに参加したマラソン選手で、マラソンの父と言われています。日本人で初めてオリンピックに参加した金栗ですが、失敗に終わりました。今回の記事では、オリンピックの失敗からマラソン界の発展を目指した金栗四三について取り上げます。

 

関連記事:明智光秀が大河ドラマデビュー2020年麒麟がくる

関連記事:篤姫はなぜ人気がある?大河ドラマヒットの法則

 


 

マラソンの父・金栗四三の失敗とは?

金栗四三 いだてん

 

金栗四三は1891年に現在の熊本県玉名市に生まれました。『箱根駅伝を考えた金栗四三』によれば、最初にオリンピックに参加したマラソン選手で、高地トレーニングなど当時の日本では最新のトレーニングを導入しました。日本のマラソン界の発展に貢献し、金栗のことはマラソンの父と言われています。

 

金栗四三は1912年のストックホルムオリンピックに日本人として初めて参加しました。マラソン選手として参加しましたが、レース途中で日射病が原因で意識を失い倒れました。現代のマラソン大会なら近くにいる大会運営に棄権を伝えばよいのですが、当時のストックホルムオリンピックの場合、運営に棄権がうまく伝えられませんでした。「競技中に失踪し行方不明」という記録になりました。

 

金栗は、1967年にストックホルムオリンピック開催55周年を記念する式典に招待されました。式典において、金栗は54年8か月6日5時間32分20秒3という記録でゴールしました。このとき、第5回ストックホルムオリンピック大会の全日程を終了しますというアナウンスがされ、このアナウンスは有名になりました。

 


 

日本のマラソンの発展を目指して

マラソン日本代表として走る中村勘九郎 いだてん

 

金栗四三はストックホルムオリンピック以降のオリンピックには出場していません。マラソン界の発展を目指すために活動しました。

『箱根駅伝を考えた金栗四三』によれば、金栗は正月の風物詩となっている箱根駅伝を考案した人物として知られています。箱根駅伝ができた経緯は次の通りです。

1917年の駅伝の始まりといわれている東海道駅伝徒歩競走で、金栗は関東組のアンカーとして出走しました。この駅伝は関西組と関東組に分かれ、約508キロを23区間に分けて走りました。

 

東海道駅伝徒歩競走は1917年の1回限りでしたが、金栗は日本初のオリンピック選手でマラソン選手としての経験を生かして、長距離走とマラソン選手の育成に力を入れました。

 

箱根駅伝は東海道の宿場を参考にしたと考えられます。1日目、走者が襷を鶴見(川崎宿)・戸塚(戸塚宿)・平塚(平塚宿)・小田原(小田原宿)で引き継ぎ、ゴールである箱根宿を目指します。2日目、箱根宿をスタートして東京都の大手町を目指して襷を引き継ぎます。

 

箱根駅伝は関東の大学の陸上部に所属している学生が出場しています。箱根駅伝に参加選手の中には、マラソンのオリンピック代表選手がいます。『箱根駅伝を考えた金栗四三』では、金栗四三の狙いが当たったことを指摘しています。


 

東京五輪ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

今回は、日本のマラソンの原点として、金栗四三が参加したヘルシンキオリンピックについて取り上げました。金栗が日本人として初めて参加したヘルシンキオリンピックは、日射病で棄権するという失敗でした。金栗は自らのオリンピックでの失敗を踏まえて、高地トレーニングを導入したり、マラソン選手を育成するために駅伝を導入したりするなどマラソン界の発展に貢献しました。

 

日本では、関東の大学生を対象にした正月の風物詩となった箱根駅伝や実業団に所属する社会人を対象にしたニューイヤー駅伝など様々な駅伝が行われています。女子駅伝や中高生対象の駅伝も充実していて、私たちに様々な感動を与えてくれています。

 

今後、2020年の東京オリンピックと2024年以降のオリンピックで、注目のマラソン選手が出てくるか注目したいと思います。

 

関連記事:西郷星と火星大接近!西郷どんが141年ぶりに帰って来た?

関連記事:勝海舟はどんな人?西郷どんの親友、幕末ちょい悪親父の波乱の人生

 

【スポーツと共に歩んだ日本近代史】
いだてん

 


 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 猛暑に苦戦している観客達 いだてん 2020年の東京オリンピックの課題である暑さ対策とは?
  2. 金栗四三 いだてん 金栗四三の母校・筑波大学は金栗四三のマラソン生活の出発点となった…
  3. 幻の1940年の東京五輪 いだてん 東京五輪と景気との関係は?1964年と2020年東京オリンピック…
  4. 田畑政治 いだてん 田畑政治の出身地はどこ?東京オリンピックのキーマンの出身地につい…
  5. 幻の1940年の東京五輪 いだてん 東京五輪のエンブレム問題とはどんな問題だったの?
  6. 金栗四三の足袋 いだてん 金栗四三の足袋から日本初のマラソンシューズが始まった!
  7. 孔明 耳で聞いて覚える三国志 東京オリンピック開催期間における電車の輸送問題はどうなる?
  8. 幻の1940年の東京五輪 いだてん 2020年東京五輪開催に向けてタクシーはどう変わる?補助金も出る…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント
    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ste3643kgr4/hajimete-sangokushi.com/public_html/wp-content/themes/core_tcd027/comments.php on line 41
    (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 諸葛一族
  2. 袁紹にお茶を渡す顔良
  3. 趙雲
  4. 京劇の格好をした関羽
  5. 法正

おすすめ記事

  1. 【春秋戦国時代】時代の主人公であった魏の文侯の厳選エピソード
  2. 三国インフィニティ(三国INFINITY)とはどんなアプリゲーム?
  3. 孔明の最期の晩餐は一体何を食べていたの? 孔明
  4. あるポンコツのせいで崔琰は死刑になってしまったってほんと!?
  5. 【謎の国】東丹国と悲劇の国王・耶律突欲はどんな生涯を送ったの? 耶律突欲
  6. ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる 魯粛と周瑜が詐欺を決行

三國志雑学

  1. カイ良、カイ越、蔡瑁に初めて会う劉表
  2. 魏延
  3. 曹丕
  4. 愛馬に乗る張遼


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 宋代の公務員試験である科挙
  2. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  3. 孫権に煽られて憤死する陸遜
  4. 梅干しと酒を楽しむ上杉謙信
  5. 周瑜と孫策
  6. 曹操と虎豹騎
  7. 于禁、曹操、青州兵

おすすめ記事

キングダム564話フィゴ王トアクを瞬殺!「落日」ネタバレ&レビュー 泣く子も張遼 遼来遼来!! 泣く子も黙る張遼の合肥伝説 呉蜀赤壁の戦い 【知りたくなかった!】本当は書くほどの内容でもない赤壁の戦い 夏侯惇 夏侯惇は本当に自分の目玉を食べたの? 三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚) さよなら2015年!年忘れだよ♪三国武将の名言・珍言語録 テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指す! 陸遜 陸遜の出自と出身は?三国志演義では完全な脇役の陸遜に分析 戦え于禁 于禁の死因を考察!後世の史家が曹丕を貶めるために創作されたから評価が低い?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP