呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

西郷どん

木戸松子とはどんな人?桂小五郎の妻は美人だった?

木戸松子




木戸松子

 

ネット上では、鹿鳴館(ろくめいかん)の華といわれた戸田極子(とだ きわこ
)
、ワシントン社交界・駐米日本公使館の華といわれた陸奥亮子(むつ りょうこ
)
とともに美貌から評判になった人物です。この2人以外では、坂本龍馬(ふかもとりょうま)の妻お龍、大山巌の妻大山捨松(おおやま すてまつ
)
木戸松子(きど まつこ
)
も美人として有名です。

 

この記事の前半では桂小五郎(かつら こごろう)木戸松子についてそれぞれ経歴について取り上げます。後半では結婚に至るまでの経緯を取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:徳川慶喜は会津藩をポイ捨てにした?

関連記事:徳川慶喜は静岡で余生を過ごした?知られざる逸話とゆかりの地を紹介

 

 

桂小五郎(木戸孝允)とは?

桂小五郎(木戸孝允)

 

1833年、桂小五郎は長州藩に生まれました。桂小五郎は数多く名字と名前を変えた人物で有名です。特に命を狙われていた幕末には10種類の名前を使っていました。桂小五郎から様々な名前を経て木戸孝允(きど たかよし)になったのは36歳頃で、亡くなるまで名前を変えることはありませんでした。

 

幕末の長州藩士時代において、尊王攘夷派の志士として戊辰戦争で活躍しました。明治政府では総裁局顧問専任や参議を務め、岩倉使節団にも同行しました。1877年に西南戦争が勃発し、鎮めるために京都に出張しましたが、出張先の京都で病死しました。

 

 

木戸松子とはどんな人?

木戸松子 wikipedia

木戸松子 / 引用 wikipedia

 

木戸松子は1843年に生まれました。芸者で幾松として知られた女性で、明治時代に木戸孝允と結婚し、木戸松子と名乗りました。幼少期は父が若狭小浜藩士であるといわれています。京に移り住み、芸妓となりました。

 

芸妓になると幾松と名乗りました。桂小五郎は長州藩士として京にいた頃、通い始めました。桂小五郎は幾松を身請けしようと考えましたが、既に贔屓にしていた客がいました。小五郎は伊藤博文に贔屓にしていた客を刀で脅して身を引かせました。このことがきっかけで交際するようになりました。

 

幾松は幕府や新選組から追われるようになった桂小五郎の逃走の手助けをしました。小五郎を匿うだけでなく、乞食に変装していた小五郎に食べ物も持っていきました。幾松は新選組局長近藤勇から桂小五郎の居場所を尋問されましたが、武士顔負けの度胸で尋問を切り抜けることにも成功しています。

 

木戸孝允は1877年京都で病死しました。孝允の死後、松子は京都に住みましたが、1886年に43歳で亡くなりました。

 

木戸孝允と幾松は結婚へ

 

明治新政府で、木戸孝允は参議となり、岩倉使節団にも同行しました。私生活では正式に幾松と結婚し、東京で暮らしました。

 

しかし、木戸孝允と幾松の身分差があったため結婚が容易ではありませんでした。いったん、長州藩士の養子となってから木戸孝允と結婚しました。結婚した当時、木戸孝允は30歳で、幾松は20歳でした。幾松は結婚してから木戸松子と名乗るようになりました。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

今回は桂小五郎(後の木戸孝允)の妻・木戸松子について取り上げました。これまでの幕末を題材にした大河ドラマでは、桂小五郎が通っていた芸妓として幾松が登場することが多いので、読者の中では知られているかもしれません。

 

幾松は桂小五郎を支えた人物として有名です。幾松の支えの甲斐があり、桂小五郎は生き延びて長州に戻ることができました。長州藩の尊王攘夷派のリーダーとし、倒幕に向けて活躍しました。

 

明治時代に結婚すると木戸松子と名乗りますが、明治政府になってから夫の木戸孝允を支え続けました。木戸孝允と松子の間には子どもがいませんでした。養子をとっています。養子の長男として木戸幸一がいます。

 

木戸幸一は戦前政治家として活躍し、内大臣などを歴任しました。当時の昭和天皇から信頼される人物として評価されるようになり、東条英機を内閣総理大臣に推薦するなど影響力は増していきました。戦後、東京裁判で有罪判決を受け、終身刑となりましたが、仮釈放されました

 

今後、木戸孝允の子孫について、木戸幸一以外の人にも注目したいと思います。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:徳川慶喜とナポレオン三世の知られざる日仏交流史

関連記事:徳川慶喜は静岡で余生を過ごした?知られざる逸話とゆかりの地を紹介

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末はじめての幕末

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 【橋本左内の名言】人生に迷ったあなたに贈る魂の言葉6選
  2. 坂本龍馬(幕末時代) 【武田鉄矢に怒られろ!】坂本龍馬は本当はこんな人だった?
  3. 徳川斉昭 徳川斉昭とはどんな人?色々やり過ぎて嫌われた水戸の天才藩主
  4. 【薩摩vs大英帝国】薩英戦争は勘違いから始まったってホント?
  5. 榎本武揚 函館戦争とは?戊辰戦争最後の戦争を分かりやすく解説
  6. 井伊直弼の写真は存在するの?悪人顔はホント?
  7. バリバリビジネスマンの坂本龍馬 坂本龍馬の海援隊とはどんな組織?
  8. 江藤新平の功績を知ろう「この国のかたち」

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 廃仏毀釈
  2. おんな城主 直虎
  3. 赤壁の戦い
  4. 宦官の趙高(キングダム)
  5. 篤姫
  6. 曹操&袁紹花嫁泥棒
  7. 太史慈

おすすめ記事

  1. 邪馬台国VS狗奴国の戦乱後、 狗奴国の存在は?スサノオはどうなったの? スサノオノミコト(日本神話)
  2. 諸葛孔明は北伐時に兵士達にとある約束をしたけど、どんな約束をしたの? 三国志の計略と孔明
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【9/25〜10/2】
  4. 高平陵の変は名士代表・司馬懿と反名士・曹爽の対立だった!? 司馬懿と曹爽
  5. 関羽の実績が少ない理由は美髯公の性格が最悪だったから? 羅貫中と関羽
  6. 孔明の北伐の目標はどこだったの? 北伐する孔明

三國志雑学

  1. 陳寿(晋)
  2. 九品官人法を作った陳羣
  3. 費禕
  4. 宦官VS外威 三国志
  5. 父・関羽とともに亡くなる関平
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 村人 ショッピング
  2. バジオウ
  3. 曹植
  4. 新選組の土方歳三
  5. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  6. 関平

おすすめ記事

お酒が強い篤姫 本寿院とはどんな人?実は篤姫と家定の最大の理解者! 周瑜はナルシスト 戦国時代の詩人屈原に学ぶ自分大好きメンタル開発法 曹操 劉備 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラVSゲイリー・グッドリッチ 53話:体制を立てなおした劉備に曹操が襲いかかる はじめての三国志 画像準備中 孟宗とはどんな人?孟宗竹(もうそうちく)の由来は呉の親孝行ものであるこの人から! 明智光秀が剣を持って戦っているシーン 明智光秀はどんな武器を使っていたの?戦国無双から武器を考察してみる 連幹の計 呂布 貂蝉 【三国志女性列伝】実は貂蝉は呂布の正妻だった!? 龐統 ブサメン軍師、龐統(ほう統)|鳳雛と呼ばれたホウ統 キングダムネタバレ予想、史上最も可哀想なボスキャラロゾを追悼

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP