法正特集
if三国志




はじめての三国志

menu

西郷どん

木戸松子とはどんな人?桂小五郎の妻は美人だった?

木戸松子




木戸松子

 

ネット上では、鹿鳴館(ろくめいかん)の華といわれた戸田極子(とだ きわこ
)
、ワシントン社交界・駐米日本公使館の華といわれた陸奥亮子(むつ りょうこ
)
とともに美貌から評判になった人物です。この2人以外では、坂本龍馬(ふかもとりょうま)の妻お龍、大山巌の妻大山捨松(おおやま すてまつ
)
木戸松子(きど まつこ
)
も美人として有名です。

 

この記事の前半では桂小五郎(かつら こごろう)木戸松子についてそれぞれ経歴について取り上げます。後半では結婚に至るまでの経緯を取り上げます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:徳川慶喜は会津藩をポイ捨てにした?

関連記事:徳川慶喜は静岡で余生を過ごした?知られざる逸話とゆかりの地を紹介

 

 

桂小五郎(木戸孝允)とは?

桂小五郎(木戸孝允)

 

1833年、桂小五郎は長州藩に生まれました。桂小五郎は数多く名字と名前を変えた人物で有名です。特に命を狙われていた幕末には10種類の名前を使っていました。桂小五郎から様々な名前を経て木戸孝允(きど たかよし)になったのは36歳頃で、亡くなるまで名前を変えることはありませんでした。

 

幕末の長州藩士時代において、尊王攘夷派の志士として戊辰戦争で活躍しました。明治政府では総裁局顧問専任や参議を務め、岩倉使節団にも同行しました。1877年に西南戦争が勃発し、鎮めるために京都に出張しましたが、出張先の京都で病死しました。

 

 

木戸松子とはどんな人?

木戸松子 wikipedia

木戸松子 / 引用 wikipedia

 

木戸松子は1843年に生まれました。芸者で幾松として知られた女性で、明治時代に木戸孝允と結婚し、木戸松子と名乗りました。幼少期は父が若狭小浜藩士であるといわれています。京に移り住み、芸妓となりました。

 

芸妓になると幾松と名乗りました。桂小五郎は長州藩士として京にいた頃、通い始めました。桂小五郎は幾松を身請けしようと考えましたが、既に贔屓にしていた客がいました。小五郎は伊藤博文に贔屓にしていた客を刀で脅して身を引かせました。このことがきっかけで交際するようになりました。

 

幾松は幕府や新選組から追われるようになった桂小五郎の逃走の手助けをしました。小五郎を匿うだけでなく、乞食に変装していた小五郎に食べ物も持っていきました。幾松は新選組局長近藤勇から桂小五郎の居場所を尋問されましたが、武士顔負けの度胸で尋問を切り抜けることにも成功しています。

 

木戸孝允は1877年京都で病死しました。孝允の死後、松子は京都に住みましたが、1886年に43歳で亡くなりました。

 

木戸孝允と幾松は結婚へ

 

明治新政府で、木戸孝允は参議となり、岩倉使節団にも同行しました。私生活では正式に幾松と結婚し、東京で暮らしました。

 

しかし、木戸孝允と幾松の身分差があったため結婚が容易ではありませんでした。いったん、長州藩士の養子となってから木戸孝允と結婚しました。結婚した当時、木戸孝允は30歳で、幾松は20歳でした。幾松は結婚してから木戸松子と名乗るようになりました。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

今回は桂小五郎(後の木戸孝允)の妻・木戸松子について取り上げました。これまでの幕末を題材にした大河ドラマでは、桂小五郎が通っていた芸妓として幾松が登場することが多いので、読者の中では知られているかもしれません。

 

幾松は桂小五郎を支えた人物として有名です。幾松の支えの甲斐があり、桂小五郎は生き延びて長州に戻ることができました。長州藩の尊王攘夷派のリーダーとし、倒幕に向けて活躍しました。

 

明治時代に結婚すると木戸松子と名乗りますが、明治政府になってから夫の木戸孝允を支え続けました。木戸孝允と松子の間には子どもがいませんでした。養子をとっています。養子の長男として木戸幸一がいます。

 

木戸幸一は戦前政治家として活躍し、内大臣などを歴任しました。当時の昭和天皇から信頼される人物として評価されるようになり、東条英機を内閣総理大臣に推薦するなど影響力は増していきました。戦後、東京裁判で有罪判決を受け、終身刑となりましたが、仮釈放されました

 

今後、木戸孝允の子孫について、木戸幸一以外の人にも注目したいと思います。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:徳川慶喜とナポレオン三世の知られざる日仏交流史

関連記事:徳川慶喜は静岡で余生を過ごした?知られざる逸話とゆかりの地を紹介

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末はじめての幕末

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 島津斉彬は幕末の天才藩主だった3つの理由
  2. 島津斉彬の性格のダークサイドを紹介!贋金作りで軍資金を造る裏斉彬…
  3. 幕末 大砲発射 河井継之助とはどんな人?近代日本を進めた改革者
  4. 中岡慎太郎の写真の謎?近藤勇との意外な関係とは?
  5. 板垣退助 板垣退助とはどんな人?征韓論を主張した自由民権運動家を年表で紹介…
  6. 【西郷どん】さらば斉彬!幻の上洛計画に迫る
  7. 幕末 帝国議会 【伊藤博文のイギリス】英語が出来たから総理大臣になれたってホント…
  8. 徳川慶喜とナポレオン三世の知られざる日仏交流史

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 織田信長
  2. 黄巾賊を撃破する皇甫嵩
  3. ネズミで人生を変えた李斯
  4. 孔明 vs 司馬懿
  5. 孫権 劉備 対立
  6. チビってしまう司馬懿と孔明
  7. 張遼・楽進・李典
  8. 徳川家を守った篤姫

おすすめ記事

  1. 李豊(りほう)とはどんな人?才能ある人物なのかそれともただのポンコツなのか
  2. 徐盛と丁奉は自らの才覚で成り上がった将軍だった?その共通点は? 丁奉(ていほう)
  3. 永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介 李典
  4. 【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕生秘話 宦官の趙高(キングダム)
  5. 55話:劉表のお家騒動に巻き込まれて殺されかける劉備 後継者を決めるのに困っている劉表
  6. 鍾毓(しょういく)の進言が的確すぎる!曹叡や曹爽に撤退の進言をした魏の臣

三國志雑学

  1. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  2. スーパーDr華佗
  3. 幕末 魏呉蜀 書物
  4. 解煩督 呉
  5. 劉封
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 荀彧
  2. 読書する劉備
  3. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  4. 高杉晋作

おすすめ記事

三国志乱舞 – スクエニが贈る本格三国志RPG -とはどんなアプリゲーム? 井伊直弼の墓がある豪徳寺は猫萌えのお寺だった? 三国志にも麻薬常用者はいた?魏の何晏は中毒患者? LINE 三国志ブレイブとはどんなアプリゲーム? 初心者でもよくわかる『はじめての銀河英雄伝説』再アニメ化情報解禁記念! 黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵衛の地獄からの生還 雷怖くない 能ある劉備 何で劉備と司馬懿は無能な人間のふりをしたの?分かりやすく解説してみるよ 曹操 三国志 ゆるキャラ1 乱世の奸雄・曹操の初陣はどんな戦いをしてたの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP