諸葛亮は黒田官兵衛より内政が優れている!異論は認めないよ?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

挑発する諸葛亮孔明

 

(しょく)の丞相として知られ、三国志(さんごくし)を知らない方でも一度は耳にした事がある諸葛亮(しょかつりょう)

 

黒田官兵衛

 

そして戦国時代豊臣秀吉(とよとみひでよし)に仕え、その智謀をいかんなく発揮し大河ドラマにもなった名軍師・黒田官兵衛(くろだかんべい)

 

両者は互いに優れている点があります。

今回は諸葛亮(しょかつりょう)卓抜(たくばつ
)
な内政の手腕に着目し、諸葛亮が黒田官兵衛よりも優れている点を紹介したいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「諸葛亮 内政」
「諸葛亮 黒田官兵衛」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛孔明も学んだ三国志の天文学とはどんなモノ?

関連記事:諸葛亮の逸話ってなに?司馬懿も恐れた孔明の逸話を紹介

 


 

諸葛亮の卓抜な内政の手腕とは?

魏延と孔明

 

諸葛亮(しょかつりょう)は内政に優れた人物ですが、いったいどこが優れているのか。

彼のエピソードを交えて紹介していきましょう。

 


 

蜀の国力増加に努める孔明

孔明

 

諸葛亮は宿敵・()を討伐するために蜀の国力を増加させる必要がありました。

そのため諸葛亮は蜀の国内の経済発展を行います。

 

ダムを作っている蜀兵士

 

まず諸葛亮は益州(えきしゅう
)
の農業生産を増加させるため、都江堰(とこうえん)に堰官と呼ばれる水利を管理する官職を作り、水利管理を行います。

 

また諸葛亮は蜀の生産品の塩と鉄の生産力を増加させることで、大きな利益を上げることに成功。更に諸葛亮は蜀の特産品となっている錦の生産にも力を注ぐことで利益の増加を図っていきます。

 

多様化が進む蜀の国

 

上記二つの経済政策に加えて益州に保有されている銀山を開発し、武器の製作を行い、魏を打倒するために力を蓄えていきます。

このように諸葛亮は色々な経済政策を行うことで、蜀の内政を整えていき、蜀の国力増加を行っていきます。

 

孔明

 

そして諸葛亮は蜀の内政を整えた後、新たな経済政策を進める為、ある地方に目を付けます。

諸葛亮が目を付けたのは、劉備の死後反乱を起こした益州南部でした。

 

【南蛮征伐特を思いっきり楽しむ特集】
南蛮征伐特集


 

益州南部を開発して大きく国力を増加させる

孔明君のジャングル探検

 

諸葛亮(しょかつりょう)劉備(りゅうび)の死後、蜀の南部で反乱を起こした反乱勢力を討伐するため出陣します。諸葛亮はただ反乱勢力を討伐するために出陣したわけではなく、蜀の国力を増加させるため、蜀の南部を開発する目的も秘めていました。

 

馬良と孔明

 

諸葛亮は諸将を引き連れて蜀の南部で反乱を起こした勢力を討伐することに成功。その後諸葛亮は蜀の南部から戦に耐えられる馬や金・銀・漆など提供するように命令を与えます。

 

7回捕まり孔明にボコボコにされる孟獲

 

更に諸葛亮は蜀南部を開発することに力を注ぎ、蜀南部の異民族が保有していた漆などを蜀の国有化することにも成功します。

 

更に諸葛亮は討伐した異民族の領土から民衆を益州へ移民させることで、人口の増加を図ります。このように諸葛亮は蜀内部での経済政策や蜀南部を開発することで、蜀の国力を大きく向上させることに成功するのでした。


  

 

 

黒田官兵衛よりも諸葛亮の方が内政面では優秀

黒田官兵衛

 

上記で諸葛亮の内政面での政策を紹介してきました。

黒田官兵衛(くろだかんべい)豊臣秀吉(とよとみひでよし)から領土を与えられた際、内政を行っていました。

 

豊臣秀吉 戦国時代

 

黒田官兵衛は街づくりや築城術に優れ、豊臣秀吉の居城となった大阪城(おおさかじょう)や日本三大水城として知られる中津城(なかつじょう)福岡城(ふくおかじょう)など多くの城を作り出しています。

 

このように黒田官兵衛は街づくりや築城術に優れています。しかし黒田官兵衛の内政政策は地方の行政であり、諸葛亮が行った国家の内政政策の方が優れていると思うのですが、皆様はどのように思いますか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

諸葛亮の行った国家の経済政策と黒田官兵衛が行った地方行政の手腕ですと規模が違いすぎて比較できないかもしれません。

しかしもし黒田官兵衛が国家政策を担ったとしたら、諸葛亮と同じような手腕ができたのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レン

 

実際に黒田官兵衛が国家政策に携わっていない為、わかりませんが、レンは黒田官兵衛が国家政策をうまくできなかったのではないかなと思っています。

なぜ黒田官兵衛は国家政策を担うことが出来かなったのか。

 

それは黒田官兵衛が街づくりや築城術に優れている実績を残していますが、経済面や内政に関する政策面の実績が少ないからです。そのためもし黒田官兵衛が国家政策を担うことになった場合、実績が少ない事から、諸葛亮のように国家政策をうまくできなかったのではないのでしょうか。

 

■参考文献 正史三国志蜀書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:魏延と馬岱は孔明を恨んでいた「怨トモ」だった!?

関連記事:四川の孔明史跡(成都武侯祠・剣門蜀道・明月峡・都江堰)を調査してみた【三国夢幻紀行 諸葛孔明篇1】

 

北伐の真実に迫る

北伐

 

【動画】【諸葛亮死後】蒋琬政権はどんな政策をしていたの?

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 

関連記事

  1. 軍師孔明
  2. 孫権の跡継ぎ9歳の孫亮
  3. 水魚の交わり
  4. 劉邦
  5. 袁術と周瑜と孫策
  6. すっぱーーーーー 許褚 ゆるキャラ




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP