キングダム
馬超




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

諸葛亮の忠義を劉備は疑っていた?劉備の遺言を考察してみた

劉備




劉禅と孔明

 

諸葛亮(しょかつりょう)は忠義をもって劉禅(りゅうぜん)を支えてきた名宰相として知られています。

 

劉備の黒歴史

 

しかし劉備は遺言で諸葛亮孔明の忠義を疑うような言葉を述べているのです。本当に劉備諸葛亮の忠義を疑うような言葉を残しているのでしょうか。

 

自称・皇帝
当記事は、
「諸葛亮 忠義」
劉備 遺言」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛孔明も学んだ三国志の天文学とはどんなモノ?

関連記事:諸葛亮がもし延命していたら三国志はどうなる?第五次北伐後の孔明の戦略

 

 

劉備の遺言とは?

亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲

 

劉備の遺言から諸葛亮の忠義について考える前に劉備の遺言について紹介したいと思います。劉備は亡くなる間際、諸葛亮を呼んで「君の才能は曹丕(そうひ)の10倍あり国を安定させて大事業を行はずだ。劉禅が私の跡を継ぐことになっているが、彼が支えるに値する存在であるなら支えてほしい。もし劉禅が支えるに値しない存在であるならば、君が取って代わるべし。」と言葉を残しています。

 

株式会社三国志で働く劉備と孔明

 

この劉備の遺言の前半部分は諸葛亮を褒めちぎっている言葉で埋め尽くされています。しかし最後の部分(青字になっている個所)が、劉備が諸葛亮の忠義を疑っているのではないかと考えられる箇所です。どうしてこの青字の部分が諸葛亮の忠義を疑っている部分なのでしょうか。

 

 

「君に取って代わるべし」普通に考えればムリそうだが…

劉備孔明と出会う?

 

はじめての三国志」の読者の皆様は劉備が諸葛亮に残した「君に取って代わるべし」をどのように考えますか。

 

劉禅

 

普通に考えれば劉備は「劉禅が無能だったら、諸葛亮君が劉禅の代わりに皇帝になりなさいな」と言ったと考えることができると思います。しかしこのように考えるのはちょっと無理があるのです。

 

劉禅

 

三国時代の国家は魏や呉にしても、皇帝の位を継ぐのは世襲制(せしゅうせい
)
でした。

 

光武帝

 

また三国志以前の歴史(前漢王朝の創始者・劉邦(りゅうほう)や秦の始皇帝(しこうてい)、後漢王朝の創始者・光武帝(こうぶてい)など)は、劉備のような遺言を残している人物が居ないからです。しかしもしも劉備が次代の皇帝が無能な事で、民衆と国家が不利益を被るくらいなら、有能な人物に皇帝を任せた方がいいと考えた発言だとすれば、何千年も先の思想を持っていたことになります。

 

水滸伝って何? 書類や本

 

ですが、劉備がそのような思想を持っていた事や発言を正史三国志の中から発見することができませんでした。そのため劉備が諸葛亮に「劉禅が無能なら君が皇帝になりなさい」と言う遺言を残す可能性は極めて低いように思われます。

 

では劉備は「君に取って代わるべし」の言葉をどのような気持ちで諸葛亮へ言ったのでしょうか。

 

「君に取って代わるべし」は諸葛亮の忠義心を試した発言!?

孔明

 

劉備が諸葛亮へ残した「君に取って代わるべし」は「劉禅が無能なら諸葛亮が皇帝になるべし」と諸葛亮へ言ったわけではない事を説明しました。では劉備はどのような思いを込めて「君に取って代わるべし」と残したのでしょうか。

 

孔明インタビュー

 

それは劉備が諸葛亮の忠義を試すために「君に取って代わるべし」と言葉を投げかけたのではないでしょうか。諸葛亮は荊州名士・司馬徽から「伏龍」と言われるほど優秀な人物で、内政では劉備軍の武将の中でもトップクラスの実績を残しています。

 

孔明

 

劉備の彼の実績を評価して爵位を上げていきますが、同時に優秀すぎる部下は、自分に対して謀反を起こす危険を孕んでいます。そのため劉備は優秀な諸葛亮が死後、劉禅に取って代わって皇帝になる可能性があるかもしれない危険性を無くし、劉禅が皇帝として磐石な地位を確立する為、諸葛亮へ「君に取って代わるべし」と言葉を投げかけ、諸葛亮の忠義心を試したのではないでしょうか。

 

涙を流して答える諸葛亮

考える諸葛亮孔明

 

諸葛亮は劉備の遺言を聞いてどのような対応をしたのでしょうか。

 

正史三国志によれば諸葛亮は劉備の言葉を聞いて涙を流しながら「私は皇帝に対して忠誠を尽くして働いていき、この気持ちは死ぬまで変わらないでしょう」と述べています。この言葉は劉備が「自分を疑っている」と悟った諸葛亮が、自分の忠誠心を示すために劉備へ残した言葉だと考えればあながち間違えではないと思うのですが、皆様はどのように思いますか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は劉備の遺言から諸葛亮の忠義について考えてみました。

 

晋の陳寿

 

正史三国志の作者・陳寿は「劉備の遺言は古今の歴史を通じて君臣関係において最も公平無私な態度を示したお手本であろう」と劉備と諸葛亮の二人を褒めちぎっています。レンは陳寿の発言に真っ向から対立するのではなく、このような考え方もあるのではないかなと思い紹介しました。

 

劉備

 

皆様は劉備が諸葛亮へ残した遺言をどのように思いますか。

 

■参考文献 三国志素顔の英雄たちなど

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孔明は劉備の嫁?「水魚の交わり」にはけっこう深い意味があった!

関連記事:三国志演義が詳細に描く諸葛孔明の病状とはどんなモノ?

 

【三顧の礼は孔明の脳内イメージだった?】
三顧の礼特集バナー

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【素朴な疑問】三国志の時代のお葬式とは、どんなものだった?
  2. 【新社会人必見】諸葛恪と孫権、上司に気に入られる技術
  3. 三国志に出てくる海賊達と甘寧 甘寧の死因は討ち死に?それとも病死?
  4. 孫権が暴露!蜀は孔明の国だった
  5. 現代医学からみた劉備玄徳の死因…驚愕の真実が発覚!!
  6. 曹洪と曹操 【三国志とお金】曹洪のサイドビジネス三国時代の金融業はアコギだっ…
  7. 馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明 【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデ…
  8. 孔明 これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレード…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 鄧禹と兵士
  2. 斉王になる司馬攸
  3. 韓玄(かんげん)
  4. はじめての三国志編集長 kawauso
  5. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  6. 合戦シーン
  7. キングダム53巻

おすすめ記事

  1. 【春秋戦国時代の名言】俺は卑怯な真似はしない by 宋襄の仁 はじめての三国志 画像準備中
  2. 郭淮が夏侯淵の死後に才能を開花させる!! 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  3. 江藤新平の功績を知ろう「この国のかたち」
  4. 戦犯・馬謖!もしも街亭の戦いをラーメン店に例えたらこうなりました 山頂に陣を敷いた馬謖
  5. 橋本左内の啓発録は将来の自分へ書いた「~手紙拝啓十五の君へ~」だった
  6. kawauso編集長のぼやきVol.26「倒れない編集長」

三國志雑学

  1. 城の前を掃除する孔明
  2. 曹操の墓
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 羅憲
  2. 孟獲

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【5/22〜5/29】 老荘思想(ろうそうしそう) 【老荘思想の創設者】老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた 大久保利通と麻生太郎は血縁だった?家系図から読み取る意外な関係性 亡くなる卑弥呼 卑弥呼はなぜ死んだの?卑弥呼の死の謎に迫る! 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明 【横山光輝三国志】イリュージョンで世を去る諸葛亮 大久保利通の政策は何?維新の十傑の思想に迫る 玉磁と孫堅 23話:二人の英雄を破滅に追いやる魔性の玉璽 チャーチル 諸葛亮とイギリスの挙国一致内閣の人チャーチルとの共通点

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP