よかミカンの三国志入門
三顧の礼




はじめての三国志

menu

はじめての蜀

蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの?

この記事の所要時間: 432




劉禅

 

劉備玄徳の子であり、蜀の二代目の皇帝でもある劉禅(りゅうぜん)は、

暗君であったとされています。

その幼名の阿斗(あと)を取って「扶不起的阿斗

(救いようのない阿斗)ということわざが残されているほどです。

 

しかし、本当に劉禅はそこまで貶められなければならないほどの暗君だったのでしょうか?

諸葛孔明亡き後、彼の置かれた境遇を見直してみると別の一面が見えてきます。

 

じめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:君たちはどう生きるか?アホ劉禅に学ぶ聡明な生き方

関連記事: 蜀滅亡後、安楽公として余生を楽しんだ劉禅の最期と心情

 

 

「救いようのない阿斗」と言われるようになったきっかけ。

劉禅

 

蜀滅亡の後、魏に投降していた劉禅はその身柄を洛陽へと移されました。

彼を宴会に招いた魏の将軍、司馬昭「蜀が懐かしくはないですか?」と尋ねると、

 

「ここは楽しい。蜀のことなど思い出しもしない」と笑って答え、

周囲を唖然とさせたと言われています。

 

見かねた劉禅の家臣が

 

「あのような質問には『先祖の墳墓もある西の国

(注:蜀は洛陽から見て西にあります)を思い悲しまない日はありません』とお答えください」

と諌めると、司馬昭は同じ質問を繰り返しました。

 

劉禅は家臣に言われた通りの答えを返し、周囲はその発言に大笑いをしたということです。

 

司馬昭はそんな劉禅の様子を見て、

「こんな愚鈍な男が君主だったのでは、たとえ孔明が存命していたとしても、

蜀は滅亡を免れ得なかっただろう」と言う感想を残しています。

 

この逸話から生まれたのが「救いようのない阿斗」ということわざでした。

 

 

圧倒的に不利な状況にあった蜀

孔明と司馬懿

 

劉禅が蜀を統治していた時代、魏と呉、そして蜀の国力の比は、

およそ6:3:1であったと言われています。

蜀一国ではどうあがいても魏を打ち破ることは愚か、対抗することすら困難な状況でした。

 

蜀は現在の四川省に当たる土地にあり、

険しい山地に囲まれたその地勢はまさに天然の要害、国を守るにはうってつけです。

しかも、蜀には品質の良い銅を産出する鉱山がありました。

 

董卓の政策によって粗悪な貨幣が広まって貨幣経済が破綻した後、各国はその回復に努めましたが、

魏では貨幣の信用価値が回復せず、経済は物々交換主流で行われていたと言います。

対して蜀では良質の貨幣が鋳造され、比較的安定した貨幣経済が成立していました。

 

関連記事:後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)

関連記事:三国時代の経済ってどうなってたの?

 

蜀の大きな問題:人

泣く民027

 

しかし、同時に蜀は大きな問題をいくつも抱えていました。

守るに易い地勢は、裏返せば攻めに出ることも困難であると言えます。

 

孔明の策に従った劉備が、あくまで漢朝の復興をその理念に掲げていた以上、

蜀は魏を討つことを至上命題とせざるを得ませんが、

蜀はそれを為すには適当な地とはいえません。

 

なにより深刻であったのは『人』の問題です。

険しい山地を抱える蜀には、田畑を作るための肥沃な土壌に欠けており、

それは人口の圧倒的な差として現れています。

 

また、宮廷が派閥の対立の場になっていたことも重大な問題でした。

 

劉備は蜀の地から遠く離れた徐州で挙兵しています。

その後荊州を経て蜀に入った劉備の宮廷には、

挙兵から付き従って来た徐州閥、荊州から加わった荊州閥、

そして元々蜀の地=益州に根を張っていた益州閥の三派が存在していたのです。

 

徐州閥の者にとって、他の派閥の者は新参者に過ぎませんし、

古来益州に根付いていた益州閥から見れば、他の者はよそ者に過ぎません。

 

圧倒的な人口差、そして一枚岩になりえない宮廷の状勢……

それは蜀が魏に対峙するためには決定的に不利な条件を作り出していたと言えるでしょう。

 

関連記事:三国志地図|中国にも九州があった?州について分かりやすく解説

関連記事:曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る

 

破綻した『天下三分の計』

孔明バージョン 三国志 軍師

 

諸葛孔明が劉備に『天下三分の計』を提示した時、

これを成立させる為に絶対必要な前提条件がありました。

 

それは荊州と益州の二州を支配下に置くというものです。

荊州は益州と比べて肥沃な土地に恵まれ、人口も圧倒的に多く、

さらに優良な鉱物資源を産出する鉱山をその領内にかかえていました。

 

更に、荊州は揚子江を挟んだ河北から河南への交通の要衝にあたり、

蜀から河北の魏へ進行するには絶対に押さえてなければならない、軍事上の要路でもあったのです。

 

劉備は孔明の策に従い、まず荊州を支配下に置いた後益州に侵攻、

両州を押さえて天下三分の計は成ったかに思われました。

しかしその後、荊州を任されていた関羽は魏と呉の連合軍との戦いで破れてしまいます。

関羽は敗死し、蜀は荊州を失います。孔明の天下三分の計はこの時点で破綻してしまいました。

 

関連記事:あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王

関連記事:絶望する劉備に孔明が授けた天下三分の計

関連記事:三国志初心者の為の諸葛孔明ってどんな人

 

「白い糸は染められるままに何色にも変ずる」

董允 劉禅

 

劉禅は配下の言に良く従う君主でした。

孔明存命の頃はその言葉に従い、彼が病没後も、蔣琬や費褘、

董允といった有能な配下に支えられ、国政を維持していました。

 

劉禅は進んで善政を敷くことはありませんでしたが、

後に暴君と化した呉の孫皓のように進んで悪政を行うこともなかったのです。

劉禅は主君としての積極性には欠けてはいましたが、

臣下の言葉に耳を傾けることのできる君主でした。

 

黄皓

 

しかし、有能な臣下を引退や病死で次々と失い、

宦官の黄皓が宮中の実権を握るようになると、国政は乱れ始めます。

この時点で、黄皓が国政を壟断することを止めることができる人材は、もはや蜀にはいませんでした。

 

また、孔明の意志を継いだ将軍の姜維は積極的に北伐を行っていましたが、

この事が国力を疲弊させる元凶ともなったのです。

 

結局、劉禅が魏軍に投降したのも、臣下の勧めに従った結果でした。

正史三国志を編さんした陳寿は劉禅を「白い糸は染められるままにどのような色にでも染められる」、

すなわち、臣下次第で良い君主にも悪い君主にもなる人物と評しています。

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

40年間在位した皇帝

劉禅

 

劉禅の皇帝としての在位期間は実に40年に及びます。

これは同時代に皇帝に即位した者達の中で、最も長い在位期間に当たります。

 

劉禅が在位していた時代、蜀では謀反や反乱も起こらず、彼は国が滅びるまで、

その地位を全うしたのでした。

 

彼が本当の暗君なら、もっと早く皇帝の座を追われていたのではないでしょうか。

 

劉禅が名君であったのかと問われるなら、そうではないと答えざるをえません。

確かに彼は凡庸で君主としての自らの意志を持たず、

臣下の言に振り回されるだけの人物であったかもしれません。

しかし、安定した長期王朝の世継ぎとして、十分に有能な臣下に恵まれていれば、

おそらく暗君と呼ばれるような運命をたどることはなかったはずです。

 

亡き先君の遺志に劉禅が大きなプレッシャーを抱いていたことは容易に想像することができます。

その事を念頭に置いた上で、先に紹介した司馬昭との会話を思い出すとき、

そこにはまた違った意味が隠されているような気がしてなりません。

 

関連記事: ひとりしかいない筈なのにたくさんいた? 『皇帝』のお話

 

魏の滅亡を目にした劉禅

劉禅

 

劉禅に対する後世の評価が厳しいのは、劉備や孔明との対比のためと考えるべきではないでしょうか。

三国志演義が漢民族にとってのプロパガンダ的性質を持った読み物であった以上、

劉備や孔明が英雄視されたその反動として、彼らの遺志を全うし得ず、蜀を滅亡させた劉禅には、

必要以上に厳しい評価が下されていると見ることができるでしょう。

 

司馬炎によって皇位が簒奪されて晋が成立した時、劉禅はまだ存命していました。

 

劉備が、そして孔明が打倒しようと志し、結局果たし得なかった、

その強大なる敵手であった魏が、

内部崩壊で滅んでいったその様を目の当たりにした劉禅の胸中には、

いかなる思いが去来していたのでしょうか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗

関連記事:かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生

関連記事:司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人

 

【記事の見落としゼロ】はじ三配信スケジュール
配信スケジュール

 

 

耳で聞いて覚える三國志




石川克世

石川克世

投稿者の記事一覧

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

関連記事

  1. 李意其(りいき)とはどんな人?「劉備は夷陵の戦いに敗れて亡くなる…
  2. ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期
  3. 張翼(ちょうよく)ってどんな人?歴代丞相と共に北伐へ参加した蜀の…
  4. 蜀が好きな皆さんへ!五分で分かる桃園の三兄弟の逸話を紹介
  5. 88話:劉備を大歓迎する劉璋だが張松の失策で崩壊する
  6. 諸葛均(しょかつきん)とはどんな人?諸葛孔明の弟に迫る!
  7. 郤正(げきせい)とはどんな人?蜀のポンコツ皇帝を支えた文学者
  8. 104話:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹操も思わずツイート!三国志の時代に造られた精巧な地図
  2. 易姓革命!?禅譲か?簒奪か?王莽のはかない夢
  3. 【第9回 幻想少女】曹操に会うためには宿敵・賈詡を倒すしかない!!
  4. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第14部
  5. 三国時代のトレンドファッションは?
  6. 遼来来!よりも呉は彼を恐れていた?呉キラー曹休(そうきゅう)

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【映画関ヶ原を100倍楽しむ】関ヶ原の戦い…実は寧々と淀の争いが原因だった!? 関羽は本当に反権威の人だったのか? 荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説 老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた 【荀彧の心に残る名言】誠にその才あれば、弱と雖も必ず強し 徳川家康は孫権を参考にしていた?二人の共通する人材起用のポイントとは!? 三国志の時代でも副業が流行っていた!サイドビジネスの種類を紹介! 【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング!

おすすめ記事

  1. 野心家・鍾会の生涯を追ってみよう
  2. 【史記】には解説書が3つ三家注って何?
  3. やる気ゼロ!三国志の軍隊が弱すぎた理由
  4. 秦の昭襄王(しょうじょうおう)って戦神と言われるほど本当に強かったの?
  5. うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!
  6. 【5分で丸わかり】西郷隆盛とはどんな人?2018年の大河ドラマ「西郷どん」の生涯
  7. 祝二周年記念!はじ三運営陣に色々聴いてみよう!
  8. 【マイナス20℃極寒行軍!】魏の郭淮を陽谿で撃破した魏延と蜀軍1万

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP