ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
徐庶


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

諸葛亮の乗っているイメージが強い四輪車は、本当にあったのか?

孔明と司馬懿


夜の五丈原で悲しそうにしている孔明

 

皆さんの諸葛亮(しょかつりょう)のイメージに、帽子を被り、羽扇を持ち、そして四輪車に乗って座っているイメージがありませんか?多くの人が「諸葛亮」と言われるとこのイメージが湧くと思います。

 

孔明

 

しかしここで気になるのが諸葛亮の腰かけている四輪車、これは一体何なのか?

当時本当にあったのか?ただの創作なのか?今回はこの「四輪車」について解説をしていきたいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
岳飛 子孫」
岳飛 孫」
岳飛 子供」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志演義が詳細に描く諸葛孔明の病状とはどんなモノ?

関連記事:諸葛亮には弟子はいない?孔明の後を継ぐことになった者たちを語ってみる

 


 

諸葛亮のイメージにある四輪車

孔明

 

まずは少しおさらいをしましょう。

 

前述したように諸葛亮のイメージと言えば、白い羽織のような着物、丸まったような帽子を被って、トレードマークのような白い羽扇を手に持っている。そして車椅子のような四輪車に腰かけている姿……それが諸葛亮のイメージですよね。

 

犬猫に襲われる孔明

 

ただしこの諸葛亮のイメージは、あくまで演義によって作られたイメージ像なのです。そこでこのイメージが生まれた経緯と考えられている、初学記から紐解いていきましょう。

 


 

四輪車のイメージはどこから来た?

挑発する諸葛亮孔明

 

さて初学記の語林にて、諸葛亮の描写として以下のように書かれています。

「諸葛亮は白い輿に乗って、頭巾を被り、羽扇を手にして軍の指揮をとっていた」。

 

頭巾と羽扇に関しては皆さんのイメージとそこまで差異はありません。ですが白い輿と四輪車のイメージはちょっと結びつきませんよね。しかしこの白い輿のイメージを更に膨らませて描写したのが、三国志演義なのです。

 

三国志演義ではこの描写を踏まえた上で、頭巾はちょっと変わった頭巾になり、白い輿の代わりに四輪車に乗って軍を指揮する姿が描かれるようになりました。つまり四輪車のイメージは三国志演義の創作なのです。

 

でもここで少し気になるのが「四輪車」はどこから来たのか?ということ。

そこで四輪車に関して少しばかり調べてみることにしました。


 

「四輪車」は想像力が生み出したものなのか?

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

さて三国志演義は16世紀に中国で書かれたものです。ここで諸葛亮が四輪車に乗って指揮をとるというシーンが描かれます。その一方で、1669年の著書の中で日本を描いた絵があります。

 

これはオランダ人作家アルノルドゥス・モンタヌスによって描かれたものなのですが、ここで女性が諸葛亮と似たような四輪車、というか手押し車のようなものに乗っている絵があるのです。

 

この女性は「タイコーサマ」という女性なので、それなりの地位のある女性だったのでしょう。

 

ここのポイントはこの時期に日本に手押し車、四輪車があり、それが欧州にも伝わったということ。

 

三国志演義は16世紀のものですから日本から伝わったのか、それとも日本に伝わってきたのかは不明ですが、少なくともこの時期に存在しているなら三国志演義の時代に既に似たようなものはあったのでは?という仮説が立てられます。

 

諸葛亮の四輪車は三国志演義による創作です。しかしその四輪車のベースとなったものは既にあったと思うと、それに乗っている諸葛亮は当時の人から見ても地位の高い人物であると思われていたのではないでしょうか。


  

 

 

もう一つの四輪車は諸葛亮の発明品

孔明と司馬懿

 

因みにもう一つ、四輪車のイメージの元になったのではないかと言われるものがあります。それは諸葛亮が発明したと言われる「木馬」と言われる、今で言う手押し車です。これは物資の運搬に使われたものなので、人が乗る四輪車というよりは猫車、手押し車に近いものだったのでしょう。

 

そういった発明品を生み出す力のある諸葛亮だったからこそ、四輪車というその頃はまだ比較的新しい乗り物に乗せて指揮をする、革命的な人物として描かれたのかもしれませんね。

 

三国志ライター センの独り言

三国志ライター セン

 

諸葛亮と四輪車について、いかがだったでしょうか。

 

諸葛亮の四輪車はあくまで演義の創作……と思ってそれ以上に調べてこなかったのですが、今回調べてみるとベースになったようなものが既にあったこと、そしてそれに乗せた人物を描いた想像力があったことにもまた驚きです。

 

三国志は歴史、三国志演義はあくまで創作のお話……なんて言わずに、どうしてそういった描写が生まれたのか調べてみると、より一層歴史の流れや繋がりが楽しめます。

 

だから皆さんも三国志演義の創作描写から、何か新しい繋がりを見つけてみて下さいね。

 

参考記事:人力車 wikipedia

参考記事:諸葛亮 wikipedia

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛亮がもし延命していたら三国志はどうなる?第五次北伐後の孔明の戦略

関連記事:孔明・龐統・徐庶の三人がいたら劉備軍はどうなる!?【if三国志】

 

【三顧の礼は孔明の脳内イメージだった?】
三顧の礼特集バナー

 

 

セン

セン

投稿者の記事一覧

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、
そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。
中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。

神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。

好きな歴史人物:
張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん

何か一言:
歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

関連記事

  1. 顧夫人とはどんな人?小覇王・孫策の娘の謎に満ちた生涯
  2. 孫権の跡継ぎ9歳の孫亮 孫亮は皇帝になっても何にもできなかったってホント?
  3. 不満が溜まる魏延 魏延への嫌がらせ人事に込められた諸葛亮の愛
  4. まったく安心できない三国志の全裸男、禰衡(でいこう)
  5. 袁紹VS袁術(犬猿) 三国志でも有名な異母兄弟喧嘩・袁紹と袁術の遠交近攻の計
  6. そうなの!劉備と孔明は故郷について真逆のスタンスだった
  7. 呉の孫権 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(…
  8. 疫病が流行った村 呪い!?赤壁の戦いで魏軍を襲った疫病の正体とは?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 江藤新平 幕末
  2. 張繍
  3. 水滸伝の宋江
  4. 徳川家を守った篤姫
  5. 宦官
  6. 韓非子を読む劉禅
  7. ストイックすぎる仁徳者・顔回 顔回
  8. 袁術をからかう呂布

おすすめ記事

  1. 西郷隆盛は本当にやっせんぼだったの?
  2. 【将苑】諸葛孔明の人物鑑定7つの方法 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  3. 2017年は李傕・郭汜祭りを開催するよ!さぁ、祭りだ!ワッショイ! 李傕・郭汜祭り
  4. 楽進・李典・張遼のトリオは三国志最強だった!? 張遼・楽進・李典
  5. 織田信長の父、織田信秀とはどんな人甘い所が信長ソックリ? 織田信長
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十八話 「あるいは裏切りという名の鶴」の見どころ紹介 おんな城主 直虎

三國志雑学

  1. 仲の悪い魏延と楊儀
  2. ボロボロになった馬超
  3. 張飛の男気人生
  4. 五虎大将軍の関羽
  5. 典韋にボコボコにされる成廉


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹沖が亡くなり悲しむ曹操
  2. 徳川家を守った篤姫
  3. 関羽と関索
  4. 肉を食べる曹操
  5. 夏侯惇

おすすめ記事

魏の曹操孟徳 週刊ビジネス三国志 vo2都合の良い情報はよくよく注意して確認せよ 鬼道を使う卑弥呼 卑弥呼降臨 倭国大乱を制す【後編】 キングダム最新611話合併号SPネタバレvol2「始皇帝は意外に人道的だった?」 劉備を警戒する陳羣 若い時の陳羣は何をしていたの?劉備・呂布に仕えていた若き頃の陳羣 キングダム54巻amazon キングダム602話ネタバレ予想「鄴城で桓騎による虐殺が起きる!」 明智光秀と煕子(麒麟がくる) 明智光秀の生まれは美濃の国?出身地など生まれた場所など解説 陸遜と孫権 徳川家康は孫権を参考にしていた?二人の共通する人材起用のポイントとは!? 実は頭がイイ賢い張飛 張飛はすごい神だった!関羽に劣らず張飛の神格化もスゴイ件!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP