ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

宦官はどんな生活をしていたの?

宦官


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

宦官

 

三国志の時代、皇帝の近くには必ず宦官と呼ばれる人々が侍っていました。

 

嬴政(始皇帝)

 

これは三国時代を問わず、後漢王朝や前漢王朝、キングダムで有名になった秦の始皇帝の時代にも存在していました。

どの時代にも存在していた宦官ですが、一体どのような生活を送っていたのでしょうか。

 

自称・皇帝
当記事は、
宦官 生活」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:宦官とはどんな人たち?朝廷を牛耳った宦官の役割を紹介

関連記事:宦官の始まりは古代中国史ではどの時代からはじまったの?


罪人と宮廷奉仕人の二種類が存在

宦官たち 

 

宦官(かんがん)の生活の様子や彼らの性格を紹介する前に、宦官の種類について紹介したいと思います。宦官は主に二つの種類が存在していました。

一つ目は罪を背負った人が罰せられて、宦官になったパターンです。

 

司馬遷(しばせん)

 

このパターンの代表的な歴史上の人物は「史記」の執筆者・司馬遷(しばせん)が該当します。そして二つ目は宮廷に奉仕するため、自ら志願して宦官になった人々が居ました。上記のパターンで宦官になった人々は多く、後漢王朝を狂わせた張譲ら十常侍などが当てはまります。

 

宦官は罪人と宮廷奉仕人の二つのパターンが存在していますが、ここで紹介するのは宮廷奉仕人となった宦官達の生活模様や性格について紹介していきましょう。


色々な仕事に携わる宦官

西洋が好きな霊帝

 

宦官は宮廷に仕えていた為、色々な仕事に携わっていました。例えば皇帝が食べる食事を作ったり、皇帝が使う調度品やテーブルなどを作成したりと意外に多忙な毎日を送っていました。


宦官のプライベートの過ごし方

宦官VS外威 三国志

 

宦官達は宮廷で仕事をこなしていきますが、彼らにも休日がありました。宦官達は休日のプライベートの時間、一体何をして過ごしていたのでしょうか。ここでは清王朝時代の宦官のプライベートの過ごした方について紹介していきたいと思います。

 

宦官

 

宦官達はお休みをもらうとご禁制となっているアヘンを吸って過ごしていたそうです。また宦官達はギャンブルが好きで、休日になると様々なギャンブルをして遊んでいました。宦官はこのようにプライベートを過ごしていたそうです。


正直で慈悲深い性格

宦官

 

宦官は後漢など各王朝の時代、権力者とくっつき悪さをして、あまりいいイメージが持たれていませんでした。そのため宦官達の性格もあくどい性格だと思っている方もいるのではないでしょうか。ここでは宦官の性格について紹介してきましょう。

 

宦官の趙高(キングダム)

 

宦官は意外に正直者が多く、他人の物を盗んだりする人があまり少なかったそうです。また宦官は慈悲深い一面を持っており、貧しい者たちへお金を挙げている者が居たそうです。

 

更に清王朝の時代、宦官は商人たちから人気を得ていました。その理由は紫禁城で働いていた宦官が商人たちの言い値で物を買い、値切るような事をほとんどしなかったからです。このように悪いイメージを持たれている宦官ですが、性格は意外にいい人が多く存在していたそうです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

宦官は正直者で、貧しい人々へお金を渡す慈悲深い一面などを持っていましたが、母親に孝養を尽くしていたそうです。母親に孝養を尽くした宦官ですが、父親を凄く強烈に憎んでいた反面を持っています。また宦官は団結力が強く、宮廷内で子の団結力を発揮。

 

宦官を一掃することを決意する何進

 

後漢王朝の末期、大将軍・何進(かしん)が宦官を討滅する作戦を決行しようとしている事を探知します。宦官・段珪(だんけい
)
何進の作戦が決行される前に何進を暗殺して、宦官討滅作戦を妨害することに成功します。このように宦官は宮廷を外部から犯そうとする勢力に関してはとてつもなく強い団結力を誇っていました。

 

上記で紹介したように宦官はかなり癖の強い性格を持った人物ですが、つい近年まで中国に実在していました。近年まで生きていた最後の宦官の名前は孫耀庭と言います。彼は1996年12月18日に亡くなったそうですが、清王朝の崩壊期に宮廷へ仕え、清王朝の最後の皇帝と知られる愛新覚羅溥儀に仕えた事もある人物です。

 

彼の伝記も発売されているそうなので、宦官に興味のある方はご覧になってはいかがでしょうか。

 

■参考文献 中公新書 宦官側近政治の構造 三田村泰助著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:蹇碩とはどんな人?袁紹や何進をも統率した宦官

関連記事:宦官手術の死亡率が気になる!宦官になれる手術方法とは?

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 三国志の時代にドリンクバーが存在した?三国志時代の飲み物について…
  2. 魏の夏侯淵 夏侯淵が被った曹操の罪ってどんな刑罰?
  3. 董承 なぜ董承は死んだ!?後漢の忠臣の最期は召使いの裏切りだった!!
  4. 【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち…
  5. 宦官の趙高(キングダム) 宦官手術の死亡率が気になる!宦官になれる手術方法とは?
  6. 車に乗る諸葛亮 演義で諸葛亮が分身の術を使っている!
  7. 権力を使って女性とイチャイチャする夏侯楙 スキャンダルにまみれた夏侯惇の息子・夏侯楙の嘘と真実
  8. 悩む司馬炎 司馬炎は武帝・曹操に匹敵するほどの功績を残せなかった?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 張角は歴史の表舞台に登場
  2. 孔明 vs 司馬懿
  3. 孔明
  4. 李牧
  5. 魯粛
  6. 劉備と曹操
  7. キングダム54巻amazon
  8. 公孫淵

おすすめ記事

  1. 曹仁が最強の将軍たる所以とは?チート級の武勇を紹介 曹仁
  2. 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気でもなく、緻密な計算 朶思大王
  3. 読者の声(2018年9月1日〜21日) 曹操
  4. これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみちが気になる! 真田丸 武田信玄
  5. キングダムの秦王・政がドハマリした韓非子(かんぴし)ってなに? 韓非の本を熟読して感銘を受ける嬴政(始皇帝)
  6. 【衝撃の事実!!】正史三国志の作者・陳寿は孫権が打ち立てた孫呉を皇帝として認めていなかった!? 本当は蜀と同名を結びたい孫権

三國志雑学

  1. 敗北する馬岱
  2. 孔明による出師の表
  3. 蒼天航路
  4. 建業を捨てて武昌に首都移転する孫皓
  5. 関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 亡くなる袁紹
  2. 劉備 結婚
  3. スサノオノミコト(日本神話)
  4. 北条早雲
  5. 徐庶
  6. 袁術

おすすめ記事

趙雲と劉備が初めて出会うシーン 劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ? 特集バナー コミュニティのお知らせ 300×250 コミュニティ機能アップデートのお知らせ(10月19日実施) 三国志 人気武将ランキング はじめての三国志 好きな武将アンケート 高漸離(こうぜんり)が始皇帝に復讐を行う、荊軻の親友の始皇帝暗殺計画 キングダム53巻 キングダム591話最新ネタバレ「三大天の盾」レビュー 102話:成長した張飛、計略で張郃を撃ち破る 姜維の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行 夏侯覇 夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した勇将

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP