今週もお疲れ様。曹操が荀彧を迎え入れた本当の理由

2021年6月11日


監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



今週もおつかれさま 三国志 荀彧

 

はじめての三国志Tvをご覧の皆さん。今週もお疲れ様でした。今回のお疲れキャラは荀彧です。

 

曹操と荀彧の三顧の礼

 

ところでどうして曹操は荀彧を配下にした時に吾が子房也というほどに喜んだのでしょう。調べてみると曹操は荀彧に出会った頃にはジリ貧だった事が分かってきます。

 

曹操を裏切る陳宮

 

一度は兗州を手に入れた曹操ですが、豪族の取りまとめには失敗していて徐州で略奪している間に陳宮に叛かれます。曹操は急いで引きかえして呂布を追い払って兗州を回復するものの兗州豪族は完全に曹操についたわけではありません。

 

処刑を下す曹操

 

同時に徐州でもやりすぎた曹操は徐州も直接支配できないで臧覇に任せて遠隔統治をしています。曹操は新しい拠点を求めていました。

 

曹操と荀彧

 

その時に出て来たのが豫洲潁川郡の荀彧です。潁川の名族、荀彧を通して曹操は潁川を拠点とする事が出来たのです。もうひとつ、曹操は汝南名士でしたが、その汝南の名声において袁紹に負けていました。そこで隣り合っていた潁川に自分の拠点を持ちたかったのです。

 

荀彧に手紙を送る衛覬(えいき)

 

例えば、献帝の宮殿がある許県も潁川郡ですし曹操が屯田を開始したのも潁川郡許県付近の元、青州黄巾賊を使ったものでした。曹操は人材と拠点の2つを荀彧を得る事で獲得したのです。

 

荀彧特集

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル2

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-おつかれさま