節の使い方を間違っている桓範




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

李通(りつう)(兵士)

 

三国志の高官の役職で出てくる持節の節とは独自の判断で兵を処罰する権限を表しますが、これは斧鉞の形をしていたようです。

 

曹魏の3代に仕えた桓範(かんはん)

 

高平陵の変において、曹爽サイドの知恵袋として司馬懿に警戒された桓範ですが、上昇志向の塊であると同時にかなり短気で狂暴な性格でした。桓範が、征虜将軍・東中郎将、使持節都督青徐諸軍事に昇進し下邳に駐屯した頃、徐州刺史の鄭岐と家を巡って争い、怒った桓範は節を引き出して鄭岐を斬ろうとして失敗し、訴えられ失職しています。

 

鉞を振り回しても重くて早々当たらないと思うんですが、どうして刀で斬りかからなかったのか?

 

桓範はそれ以外にも、元部下だった鎮北将軍呂昭の配下に配属された事に耐えられず

 

「俺は公卿になり三公に仕えるべき人間なんだ!それを呂昭ごときに」と妻に愚痴を言うと、

 

「あなたは徐州でも似たような事をして人はあなたの下につきませんでした。今度もプライドが邪魔して人に頭を下げられない。そんな事では、鎮北将軍の上には立てますまい」と言われます。

 

図星を突かれて逆上した桓範は刀の束の輪の所で妻の腹を突き妊娠していた妻は流産した上に死んだそうです。

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル3

 

魏のマイナー武将列伝

 




  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-三国志の雑学
-