公孫淵と司馬懿の対決は日本にも影響があった!




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

孟達を討伐する司馬懿

 

司馬懿(しばい)が魏の忠臣として挙げた手柄の一つに、有名な反乱鎮圧があります。反乱と言って思い出されるのは孟達(もうたつ)の件も思い起こされるでしょうが、今回は別の人。

 

公孫淵

 

遼東(りょうとう)で発生した公孫淵(こうそんえん)の反乱ですね。

 

 

今回はこの公孫淵と司馬懿の鎮圧を見ていきましょう……特に日本の歴史がほんの少し変わったかもしれないお話ですからね。

 




公孫淵とは?

公孫恭

 

まずはちょっと公孫淵のご紹介を。公孫淵は公孫康(こうそんこう)の次男であり、父が早くに亡くなったので、家は叔父であった公孫恭(こうそんきょう)が引き継いでいました。その性格はかなり横暴だったようで、兄が外出している間に叔父を脅迫し、太守の座に付いています。

 

公孫淵

 

孫権(そんけん)の侵攻の際には使者を送り、孫権に降りたいと言いながら孫権からの使者を惨殺、その持ってきた食料などを奪うというもの凄いことをやらかしている人物でもありました。

 

関連記事:孫権のお宝探し日本で不老不死の薬を探せ!

関連記事:不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 




 

余談:叔父の脅迫に関して

公孫淵

 

さてここでちょっと余談を。公孫淵は叔父を脅迫して無理やり自分にその地位を譲らせましたが、その脅迫に関して。実は叔父の公孫恭はEDであったようで、この件で脅迫したんですね。現代でも余り触れ回られたくない話、しかも後継者が残せないというこの時代には致命的な病気。

 

公孫淵

 

その件を脅されてはどうしようもないでしょうが、それならそれで叔父に後継者の座を頼むなり何なりもっと方法はあるでしょうに、ここで脅迫と出るのが公孫淵の性格に難があるのが良く出ていると思います。

 

関連記事:孫権は張昭の屋敷を放火した?放火に至った公孫淵事件を考察

関連記事:公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自らの力を知らずに過信した男

 

 

調子に乗りまくる

公孫淵

 

さてここで太守の座を得た公孫淵は調子に乗ります。魏の勅命を無視、燕王(えんおう)を自称、周囲にオリジナルの玉璽(ぎょくじ)を与えるなど、とんでもない行動に出てきます。

 

公孫淵

 

流石にこんなのを野放しにしておいては魏の恥。ここで討伐を申し付けられたのが司馬懿でした。

 

関連記事:【意外な事実】袁術は本当に伝国の玉璽を持っていた!

関連記事:超ウソくさ!劉備の玉璽はあの漢水に沈んでいた

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

 

 

兵は拙速を貴ぶ

司馬懿と公孫淵

 

さて兵は拙速(せっそく)を貴ぶ、という言葉があります。拙速とは拙く早い、拙いとは劣ったり、下手だったりする言葉、そして速い……つまり兵を動かすのは時間をかけてじっくり良い考えを出すよりも、多少劣っていても速く動く方がいい、という言葉ですね。

 

孟達と孔明

 

司馬懿の行動は正にこれで、孟達の反乱鎮圧、そして公孫淵の鎮圧も正に電光石火、素早い対処を行っています。

 

関連記事:孟達と関羽がいなくても劉封は劉備に処刑される運命だった?

関連記事:孟達の死因は司馬懿を甘く見たからだった!その理由を考察

関連記事:手紙に惑わされる孟達が三国志をさらに面白くする

 

公孫淵の反乱鎮圧は「一年ほど頂ければ」

司馬懿

 

公孫淵の反乱鎮圧に関して、当時の皇帝・曹叡(そうえい)は司馬懿に尋ねました。

 

「どのくらいで対処できる?」

「往路で100日、戦闘に100日、復路に100日、休息に60日の計1年ほどでしょう」

 

司馬懿と公孫淵

 

この司馬懿の言葉に偽りはなく、司馬懿は237年12月に出陣。238年7月に公孫淵一族を討伐、そして238年12月に洛陽に帰還と、正に電光石火の仕事っぷりを見せつけたのでした。

 

関連記事:張郃は司馬懿に暗殺された?張郃の死因に迫る!

関連記事:司馬懿の息子は司馬師・司馬昭以外どうして変人・悪人バカだらけなの?

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 討ち死にする黄崇
  2. 曹嵩
  3. 劉備軍で指揮を執る徐庶
  4. テレビを見る朱霊
  5. 魏延からの提案を却下する孔明

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP