三国志の時代にも同郷意識があった!歴史を動かした地縁と血縁


法正と劉備

 

三国志の時代の中国は地縁・血縁がモノを言う氏族社会でした。あやふやな皇帝の末裔を名乗る劉備も、それなりに重んじられるほどですから地縁と血縁には個人の努力では越えがたい特別な力があったのです。

 

三国志の英傑たちも、その地縁と血縁をフルに利用しました。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



王允は地縁と血縁で呂布を仲間に引き込む

王允と呂布

 

地縁と血縁、この両者をいっぺんに使い歴史を動かしたのが王允です。王允は董卓暗殺を計画し、董卓のボディーガードである呂布を引き込もうとします。そこで王允が使ったのが、呂布と自分は同じ并州出身であるという地縁カードでした。

 

 

呂布

 

しかし、それでも呂布が「董卓は義理とはいえ親だしな…」と疑似血縁を理由に裏切りを渋ります。すると王允は「董卓は董で将軍は呂です。同族ではありません」と唆し裏切りを決意させました。

 

 

 

同じ田舎モンだろ?と劉備を懐柔

酒を飲む曹操と劉備と呂布

 

呂布も地縁を変則的に利用した事があります。それは呂布が劉備を頼って逃げてきた時の事、劉備を自分のプライベートルームに呼び入れた呂布は、やけに親密な態度で接し「俺もあんたも辺境の人間だ、仲良くしようぜ。都会の奴は薄情でいけないや」このような事を言いつつ、劉備を自分と同じ田舎の人間として同情を買おうとしています。

 

馬謖を信用していない劉備

 

劉備の出身地の幽州も呂布の出身地の并州も当時の中国ではいずれも辺境でド田舎でした。しかし、劉備は呂布の話に一貫性がない事から表面上は歓迎しても内心では疑いを抱いたそうです。現在でも、特に知らない土地で同じ県出身者同士が出会うと親近感を持つ事がありますが、1800年前の中国でも、事情は同じだったようですね。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-外部配信