[新選組・原田左之助]池田屋事件の真実と薄桜鬼

2023年11月25日


 

幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組

 

 

原田左之助は新選組の中で槍の名人として有名です。原田が槍の名人であることに対して、永倉新八は剣術の名人、斉藤一は実戦の名人としていわれています。今回は槍の名人である原田左之助について取り上げます。

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



原田左之助とは?

 

原田左之助は1840年に伊予松山藩に生まれました。松山藩の奉公人でしたが、後に出奔して藩を抜け出します。種田流槍術の免許皆伝を受け、槍の名手として知られるようになりました。松山藩を脱藩すると、江戸の天然理心流の剣術道場試衛館を訪れます。試衛館の近藤勇に従って壬生浪士組に参加し、上洛しました。壬生浪士組から新選組に変わると、十番隊組長となりました。新選組では主な戦いとして芹沢鴨一派の粛清、池田屋事件・禁門の変・油小路事件などに関わります。

 

一時、坂本龍馬と中岡慎太郎が暗殺された近江屋事件の容疑者として疑われたことがありました。根拠として伊予訛りの「こなくそ」という言葉を発していたことや原田左之助が伊予藩出身であることから疑われましたが、実際は近江屋事件と新選組とは関係がなかったといわれています。

 

徳川慶喜が大政奉還で政権を返上してから、鳥羽伏見の戦いに加わりました。鳥羽伏見の戦いで旧幕府軍が敗退後、江戸に退きます。甲陽鎮撫隊で新選組として近藤らと戦いを続けました。

 

近藤勇らと袂を分かつと、原田左之助は永倉新八らとともに靖兵隊を結成しました。靖兵隊を結成してすぐに離れて彰義隊に加わりました。彰義隊に加わりましたが、西洋の武器を用いた明治新政府軍と戦いなり、わずか1日で敗れました。原田は1868年に上野戦争での傷が原因で死亡しました。なお、原田左之助の名前は彰義隊の入隊時期が遅いため載っていません。

 

 

 



池田屋事件での逸話

 

原田左之助は槍の名人として新選組のほとんどの戦闘に参加しました。原田は短気でかんしゃく持ちだったことから、よく「斬れ!斬れ!」と叫び、槍で曲者めがけて斬りかかっていました。

 

1864年の池田屋事件において、原田左之助は最初から斬り込んでいません。当時、土方歳三の部隊に属していて、鴨川東岸を歩いていたとき、近藤勇らが斬り込んで騒ぎになったのを聞いて、池田屋に駆けつけました。原田は土方らとともに途中から参加しましたが、原田の活躍はすさまじかったといわれています。

 

原田左之助には戦いでの逸話だけではありません。他の新撰組の隊士とは異なり、家族を大切にしていたことで有名です。新選組で非番のときに自慢の子供を連れていたという逸話も残されています。

 

 

薄桜鬼での原田左之助

 

アニメ薄桜鬼での原田左之助は次の通りです。身長は180cmの長身で、役職は十番組組長です。槍の名人で、流派は種田流槍術です。好きな食べ物は味噌汁というプロフィールとなっています。

 

テレビゲーム薄桜鬼でのプロフィールで昔腹を切ったことがあるという逸話が載っていますが、伊予藩にいた頃に実際に腹を切って見せたという事実に基づいています。アニメにおいて、原田は永倉新八や藤堂平助との仲が良かったという設定になっています。アニメ薄桜鬼では、宿敵である不知火と協力して敵と戦いますが、腹部に致命傷を負って死亡しました。永倉に会うことを呟きながら息絶えたという設定になっています。

 

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

三国志ライター オフィス樋口

 

 

今回は原田左之助について取り上げました。原田左之助について身長などの特徴は分かりませんでしたが、ドラマやアニメなどでは長身という設定で演出されることが多いです。ちなみに、映画『るろうに剣心』の実写版では、相楽左之助という人物で登場します。この人物は原田左之助をモデルにしています。今後、『るろうに剣心』と実際の原田左之助の違いについて注目したいと思います。

 

 

▼こちらもどうぞ

桂小五郎が新選組から逃げる方便「ウンコしたい!」がいっそ清々しい

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
オフィス樋口

オフィス樋口

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。 歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。 センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。 好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

-外部配信