「愛は勝つ」のヒット曲で知られる歌手のKANさんメッケル憩室ガンで死去。[61歳]

2023年11月25日


東京スカイツリー、kawausoさん

 

 

KANさんは「愛は勝つ」などのヒット曲で親しまれ、今年2月にメッケル憩室ガンと診断された後、長い闘病生活を送っていましたが、今月17日に死亡したとの公表がありました。61歳でした。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



ガン発見からの長い戦い

東京大学 kawausoさん

 

KANさんは公式ホームページを通じて、2022年秋に強い腹痛を感じ、その原因を探るため病院で検査を受けたことを報告しています。その結果、2023年2月にメッケル憩室ガンとの診断を受けました。この診断を受けてからはコンサートツアーを中止し治療に専念しています。

 

 



メッケル憩室ガンとは?

 

メッケル憩室は小腸の一部が袋状に突き出たものであり、消化管に関連した異常の一つです。一般的には、2%前後の人がこれを持っているとされます。多くの場合は無症状ですが、その中の約20%は腹痛や出血などの症状を示すことがあります。さらに、穿孔や腸閉塞、メッケル憩室炎などの合併症が現れることもあります。

 

 

 希望を胸に闘病

 

 

おとぼけ(田畑)ナレーション

 

KANさんは闘病生活を送りながら、常に前向きな姿勢を保ち、ファンに向けても「心配しないで、楽観的にいてください。皆さんが楽観的でいることが、私にとって大きなエネルギーになると思っています」と伝えていました。彼は11月7日まで、Twitterでジョークを交えた投稿を続け、音楽活動の再開を夢見て精力的に治療に取り組んでいました。KANさんのご冥福をお祈りいたします。

 

▼こちらもどうぞ

安室奈美恵さんの楽曲が[突然サブスク]から削除、どうして?

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-外部配信