ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

遅れてきた呉の英雄・孫権の才能とは?

遅れて来た孫権 英雄




孫権 冠

 

三国志、呉の初代皇帝として、天下争奪に鎬を削った孫権ですが、

そのキャラクターの地味な事は皆さんご存じの事だと思います。




孫権の生い立ち

暴れる黄巾党008

 

それもその筈で、孫権が生まれたのは、西暦181年で黄巾の乱の3年前です。

 

更に、西暦189年の袁紹を盟主とする反菫卓連合軍が起きた時でさえ、

孫権は僅か8歳、確かにこれでは活躍しようがありません。




天才軍師・ 諸葛孔明と同じ年に生まれた

孔明南東の風

 

あの天才軍師諸葛孔明が同じ西暦181年の生まれで、

彼が、三国志に出現するのが、西暦208年の事

劉備に三顧の礼を持って迎えられた時です。

 

つまり、孫権は、諸葛孔明と同期(タメ)という事になり、

三国志の英傑達とは、一世代程、下に当たっている事になります。

 

曹操劉備との違い

孫策の人生に一辺の悔い無し

 

おまけに、曹操劉備が、徒手空拳で自分の地位を掴んだのに対し、

孫権は、父が死に、兄、孫策が刺客に襲われて病が癒えず憤死した

その後を受けて、西暦200年、19歳で呉の地を任されています。

 

そこにドラマチックな話を期待できる筈もなく、

何の苦労もなく、指導者の地位についたボンボンという印象は

拭えない部分があるでしょう。

 

しかし、だからと言って、孫権が何の苦労もなく、

呉を統治したという事は全くありません。

 

2代目・3代目の苦悩

孫晧

 

実際には、創業者の二代目、三代目には、

恵まれているからこそ、生じる苦難というものがあります。

 

その第一は、自分が当主になる前から仕えている古参の武将達

文官達の存在があります。

 

 

創業者ならば、共に戦場を駆け抜けたという連帯感がありますが、

二世には、そんな共通体験が存在しません。

 

そこで若い自分を頼んで、強権的に振る舞うと、古参の有力武将の

離反を招いて、国が分裂したり内乱状態に陥る恐れがあります。

 

さりとて、全てを古参武将の言いなりにすると、

いつまで経ってもリーダーシップを発揮できず、

最後には侮られ、指導者の地位を追われる恐れもあります。

 

日本史でも同じような史実がある

真田丸02(武田信玄)

 

日本の戦国時代でも、偉大な戦略家、武田信玄の跡を継いだ

武田勝頼は、古参の武将達を纏める事が出来ず、

結果、度重なる敗戦で武田家を滅亡に追いやります。

 

決して勝頼が無能だったわけではありません、、

それだけ、創業者が興した事業を継ぐというのは、

難しいという事なのです。

 

孫権は難しい舵取りを巧みにやり遂げた

遅れて来た孫権 英雄

 

ところが、孫権は、二代目特有の難しいかじ取りを

巧みにやり遂げました。

 

孫権が指導者の地位にあったのは、西暦200年から、

80歳で没する、西暦252年まで52年間という長期に及びます。

 

若き孫権は、そうでなくても、自己主張が激しい時期に、

身を低くして、低姿勢で振舞い、張昭や、程普黄蓋というような、

先代、先々代からのウルさい古参の名将の諫言を良く聞きます。

 

それは演技だけで出来るわけではなく、真剣に耳を傾けて、

採用すべき意見は採用したので、古参の武将達も孫権を

「若造」と侮らず一致協力して、これを助けたのです。

 

外交の先を読む能力にも長けていた

旅 放浪

 

また、そればかりでなく、外交の先を読む能力にも長け、

赤壁では、家臣に曹操に降伏すべきという意見が多かったにも関わらず、

周瑜や、諸葛孔明の主戦論に理があると見ると、大勢を覆して、

これを支持しています。




この記事を書いた人:

kawauso

HN:

kawauso

自己紹介:

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 徐庶 【劉備の初代軍師・徐庶】剣術家から学問の道へ変更したきっかけとは…
  2. 荀彧(はじめての三国志) 曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝…
  3. 袁術 まだ漢王朝で消耗してるの?第2話:早すぎた改革者 袁術
  4. 三国志 武器 【武器】三国志時代やキングダム時代に活躍した鉤鑲や馬甲
  5. 三国志の時代、一番本を持っていた武将は誰だったの?
  6. 株式会社三国志で働く劉備と孔明 【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術
  7. 【意外な事実】天才将軍・韓信は数学にも強かった事が判明!
  8. 四書五経とはぶっちゃけ何?読んだら何になるの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 郭嘉
  2. 夷陵の戦いで負ける劉備
  3. 楽毅
  4. はじめての三国志 画像準備中
  5. 馬に乗って戦う若き織田信長
  6. 陸遜
  7. キングダム
  8. 三国夢幻演義バナー 龍の少年

おすすめ記事

  1. 『史記』に託された司馬遷の激情とは 司馬遷(しばせん)
  2. 【三国志×位置ゲー】スマートフォンゲームアプリ『見つけて!三国志』iOS版 配信開始!
  3. 黄巾の乱を起こした張本人・張角の素顔に迫る! 張角は歴史の表舞台に登場
  4. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに黄忠を追加しました はじめての三国志からのお知らせ バナー
  5. 三国志時代のペット事情が興味深い!陸遜の孫も犬を可愛がっていた! スキッパーキ犬
  6. 【真田丸】幸村だけじゃない!曹操、孔明も使った赤備え!ザクとは違うのだよザクとは… 赤鎧を身に着けた曹操

三國志雑学

  1. 殺害される姜維と鍾会
  2. 孔明
  3. 関羽の青銅像
  4. 曹操の頭痛の原因は関羽?


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム
  2. 山頂に陣を敷いた馬謖
  3. 廃仏毀釈
  4. はじめての三国志 画像準備中
  5. 法正に敗れる夏侯淵
  6. ボロボロになった馬超
  7. 楚の旗と兵士

おすすめ記事

理不尽すぎてもはや笑える、デマのせいで殺された孫奉(そんほう) 大和朝廷を建国したカムヤマト 古墳時代とはどんな時代だったの?幕開けから終焉まで分かりやすく解説 大河ドラマ西郷どんをブレなく楽しむ6つのポイント 【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴 奮闘する黄蓋 77話:老将黄蓋、身体を痛めつけて曹操を欺く 三国志をより深く知る 特集noteバナー(有料) 【お知らせ】はじめての三国志が有料記事の単品販売を開始 キングダム 526話 ネタバレ予想:馬南慈の気概 崔琰(さいえん)は曹操に仕える前はいったい何をしていたの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP