キングダム
コメント機能リリース




はじめての三国志

menu

はじめての呉

程普(ていふ)ってどんな人?孫家三代に仕え、数々の戦を戦った孫呉の重鎮

程普




程普

 

今回は孫呉の重鎮・程普(ていふ)を紹介していきます。

孫堅(そんけん)に仕え、各地の戦に参加します。

孫堅死後は、孫策(そんさく)孫権(そんけん)に仕え、数々の戦で活躍した武将です。

人の応対や先を見通す力に優れ、顔も格好良い武将です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは?

関連記事:孫家三代もメロメロ、実は周瑜と双璧の名将 程普の伝説

 

 

孫堅孫策と共に各地を転戦

反董卓軍010

 

程普は、孫堅に仕えて各地を転戦します。

初めは、黄巾の乱平定戦に参加し、中原にある各地の城を黄巾の軍勢から奪還することに成功します。

また董卓(とうたく)討伐戦にも従軍します。

陽人の地で、董卓軍きっての猛将・呂布華雄と激しい激戦を繰り広げ、華雄の副将を打ち取ります。

また各地の城を落とすなど目覚しい功績を残します。

 

関連記事:洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓

関連記事:うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!

関連記事:後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)

 

 

孫堅が洛陽で玉璽を見つけ程普は帰国を提案

玉磁と孫堅

 

董卓軍が長安に引き上げた後、彼は孫堅と共に洛陽に入ります。

孫堅が洛陽で玉璽を見つけた時、程普はすぐさま帰国し、

次への行動を決めたほうがいいと孫堅を促します。

孫堅はこの進言を聞き、すぐさま本拠地に帰国することになります。

 

関連記事:孫堅が伝国の玉璽を手に入れたわけ

関連記事:記録が乏しい孫堅の妻たち

 

荊州攻略戦で孫堅は戦死

孫堅逝く

 

孫堅が荊州攻略戦で戦死すると、彼は息子の孫策(そんさく)に従って、

袁術(えんじゅつ)の元に向かいます。

程普は、孫策のため不本意ながら袁術の武将として働きますが、転機が訪れます。

孫策が、江東攻略を袁術から命じられると共に付き従い、出陣します。

程普は江東攻略戦で、劉繇が統治していた城を次々に陥落させ、大いに功績を挙げます。

程普は江東平定戦での功績が認められ、呉郡の都尉(太守の補佐役)に任命されます。

その後、丹陽という土地の都尉に転勤になった時は、孫策に反旗を翻した豪族達を討伐します。

 

関連記事:呉・三国志 孫堅のあっけない最期

関連記事:孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術

関連記事:袁術祭り開催日程のお知らせ

 

孫権を支える重鎮へ

孫策の人生に一辺の悔い無し

 

程普は、孫策の死後「江東の二張」と呼ばれる張紘張昭らと共に、孫家の若当主・孫権を支えます。

孫策の死があまりに早すぎたため、江東の諸郡が一斉に孫権に反乱を起こします。

 

関連記事:孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3

関連記事:太史慈(たいしじ)ってどんな人?孫策とマジで一騎打ちした勇将

関連記事:孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!

 

程普は反乱を平定しに行く

程普

 

程普は、すぐさま出陣して反乱した地域を平定し、孫家の基盤強化に尽力します。

また黄祖討伐戦の際には、別働隊を率いて江東近くの郡である豫州を平定する勲功を挙げ、

孫呉の重鎮として活躍します。

程普は、このように武略を持って孫家を支えている武人と思われがちですが、

実は困っている人に施しを行い、士人(土地に住む豪族達)達とも親密に付き合っていたそうです。

また孫呉の中で最古参であり、年齢も一番年上であった事から、

孫呉の武将から「程公」と呼ばれ、孫呉の武将たちから敬われており、

孫呉の重鎮としてなくてはならない存在になります。

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 

赤壁の戦い

赤壁の戦い

 

曹操(そうそう)軍80万と称した軍勢が江東に押し寄せます。

程普は、周瑜と共に都督に任命され、水軍を率いて出陣します。

孫家の重臣の一人である、黄蓋(こうがい)による捨て身の火計で、曹操軍は敗北します。

程普と周瑜は必死に曹操軍を追撃し多大な戦果を挙げ、曹操は命からがら退却することになります。

 

関連記事:あの曹操が箱入り娘ってどういうこと!?華容道って、なに?

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

関連記事:レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!

 

周瑜と共に荊州の軍事拠点・南郡を落とす

周瑜 美男子

 

その後、周瑜(しゅうゆ)とともに荊州の軍事拠点・南郡を落とし、

曹操軍の猛将・曹仁を追い払うことに成功します。

これらの軍功が認められて、江夏太守となり、されに四つの県を孫権から与えられます。

周瑜の死後、彼は南郡太守になりますが、荊州の劉備との荊州を分割する問題が起きると、

すぐに元いた江夏に戻り、劉備に備えていたと伝えられています。

 

関連記事:赤壁の戦い後の江陵攻防戦(曹仁VS周瑜)

関連記事:呉の提督、周瑜は荊州争奪戦に散る

関連記事:周瑜公瑾の輝かしい功績

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

程普は、孫策の親友である周瑜とは最初うまく行っておりませんでした。

周瑜の歳がまだ若く、めざましい実績を上げていなかったのが原因です。

ですが、周瑜の人柄と軍略に優れた才能をしっかりと認め、彼の意見を尊重するようになりました。

この二人が協力したことが、強大な戦力を持った曹操軍を

赤壁の地で打ち破る事ができた大きな要因であったと私はおもいます。

また程普は統治の能力に優れ、呉の臣であった歩騭は、

彼の統治能力を認め、荊州の統治に優れた功績を残した一人であると紹介しています。

今回はこれでおしまいにゃ。

次回もまた初めての三国志でお会いしましょう。

またにゃ~♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:呉の大都督、周瑜の魅力がありあまり過ぎて困る7つの理由

関連記事:【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング!

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 関羽の呪いでなくなる孫皎(そんこう) 孫皎(そんこう)とはどんな人?孫氏一族の文武兼備な将軍。しかし関…
  2. 張昭 VS 孫権 孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は?
  3. 潘璋(はんしょう)とはどんな人?素行や勤務態度は悪いけど呉の最強…
  4. 呉の小覇王・孫策 孫策(そんさく)とはどんな人?たった26年の生涯を駆け抜けた小覇…
  5. 顧雍(こよう)とはどんな人?孫権から絶大な信頼を得ていた呉の二代…
  6. kataru 陳寿が語る孫権像
  7. 呉の周瑜、孫策、程普 【呉が好きな人は見ないで下さい】魏や蜀に負けるものか!俺達は呉の…
  8. 甘寧と凌統 甘寧の子孫はその後どうなったの?呂蒙の地位にも劣らぬ大出世した子…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  2. 徳川慶喜(幕末)
  3. 袁紹と献帝と董卓
  4. 羅憲
  5. 真田丸
  6. 泣く子も張遼
  7. 李儒と三国志
  8. 孔明

おすすめ記事

  1. 伊籍とはどんな人?劉備に忠誠を尽くし法正と蜀の法律を作った法律家 法正と協議して蜀の法律を作る伊籍
  2. 流刑生活は意外に快適?奄美大島を満喫西郷どんを巡る旅
  3. よりぶりんって、何者?
  4. 【お正月企画】曹操、劉備、孫権のお酒にまつわる逸話を紹介 酒を飲む曹操、劉備、孫権
  5. 【春秋左氏伝】まるで孫子!曹劌(そうけい)の戦車戦の神采配
  6. 夏侯淵が滅ぼした宋建は韓遂を上回る長生き群雄だった 魏の夏侯淵

三國志雑学

  1. 陸遜
  2. 孫権に煽られて憤死する陸遜


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 蜀の劉備
  2. 孫権の髭
  3. 司馬懿
  4. 孟嘗君
  5. 梅干しと酒を楽しむ上杉謙信
  6. 曹操を見捨てない丁氏と卞氏

おすすめ記事

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第7部 魯粛 稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い? キングダム53巻 キングダム590話最新ネタバレ雑学「必殺!兵糧燃やしは史実なの?」 空箱を受け取る荀彧 【荀彧の心に残る名言】誠にその才あれば、弱と雖も必ず強し 王元姫 王元姫(おうげんき)とはどんな人?司馬昭の妻となる道理を重んじる女性 幕末 魏呉蜀 書物 四部分類って何?中国で醸成された目録学をご紹介 【魏のキラーの名を冠した将軍】城を守らせたら誰にも負けない文聘ってどんな人? 織田信長 【センゴク】戦国時代を揺るがす本能寺の変。秀吉はこの事件のせいでショックを受けて腑抜けになった!?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP