編集長日記
ビジネス

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

孫権の後を継ぐのは私なんだから! 孫家のドロドロした後継者問題

この記事の所要時間: 13




孫晧

 

若いころは、有能な王として君臨していた孫権も、老いには勝てず、

晩年、後継者問題をうまく解決することができませんでした。




孫家の後継者問題のはじまり

そんろは 孫魯班

 

三男の孫和(そんか)と四男の孫覇(そんは)、どちらにしようかと決めかね、

孫和にしようかな、と思ったところで、待ったが入りました。

 

孫家の姫君、孫魯班(そんろはん)です。

字は大虎……きっと長女だからでしょうが……強そうです。

これは並の人ではかないそうにありません。




孫魯班の遍歴(へんれき)

結婚 三国志 歴史

 

周瑜の息子である周循(しゅうじゅん)と結婚しますが、

周循は早くに亡くなってしまいます。

 

未亡人になった娘を憐れんで、父の孫権は、孫魯班と重臣の

全琮(ぜんそう)を結婚させました。

そのため、孫魯班は「全公主」とも呼ばれます。

 

孫魯班は遠戚にあたる人間とも密通しちゃった☆

e28c6576e9f022d7d5756bdd2b35de5e_m

 

しかし、遠戚にあたる孫峻とも密通します。

孫峻は、孫堅の弟の曾孫です。

孫魯班と密通し始めてからは、悪事に磨きがかかり、政敵を殺したり、

官女を犯しまくったり、専横を極めますが、

ある日、自分が殺した諸葛格に殴られる夢を見て死んでしまいます……。

なんでしょう、このギャップ。

孫魯班は孫峻のどこがよかったのでしょうか?権力ですね、やはり。

 

 

孫魯班は四男の孫覇押し

驪妃 晋

 

孫魯班は、孫権の三男、孫和とその生母である王夫人を讒言して、

廃嫡に追い込みます。

 

もしかすると、孫魯班の母の歩氏と王夫人の間になにか確執でも

あったのかと勘繰ってしまいます。

 

孫魯班は、孫和が自分を恨んでいると思い、先手を打つために、

孫和派の重臣たちも陥れていきます。

陸遜も牢獄に入れられ、そこで憤死するのです。

 

孫権は結局、喧嘩両成敗といって、孫和は廃嫡、孫覇に死を命じました。

後継ぎには弟の孫亮が選ばれます。

しかし、のちに孫和の無実を悟って、再び呼び寄せようとします。

 

孫魯班はここでもまた父のもとへ駆けつけ、強く反対しました。

そして、密通相手の孫峻の力を借りて、孫和を自殺に追い込みます。

この際、妹の孫魯育もついでに処刑してしまいます。

 

孫魯班の最期

黄巾賊 道徳 落ちた

 

実際は、自分が帝位につきたかったのかもしれません。

結局、孫峻の死後、孫亮がクーデターにより廃立すると、

孫魯班も流罪になってしまいました。




この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【諸葛孔明の兵法】魏を苦戦させた知られざる孔明のアメーバ戦術
  2. 袁紹本初(えんしょう・ほんしょ)とはどんな人?曹操の最大のライバ…
  3. 時空を超える関羽、琉球の民話に登場
  4. 後漢の時代のお金の常識に迫る!当時の金融はどんなモノだったの?
  5. 【難問】三国志好きは解きたくなる!なぞなぞ・クイズ集
  6. 世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る
  7. 三国志の名将・鄧艾の栄光が終わることになった出過ぎた発言とは!?…
  8. 公孫康(こうそんこう)とはどんな人?虚を捨て、実を取り遼東に安寧…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの?
  2. 【はじめての君主論】第1話:君主論ってなに?曹操とkawausoが解説するよ
  3. 【日本史の嘘】長篠の合戦は鉄砲三段撃ちのワンサイドゲームでは無かった?
  4. 信ってどんな人?キングダムの主人公は史実が少ない謎多き人物
  5. 【キングダム】昌文君が李斯を土下座説得!何で昌文君は李斯があんなに必要なの?
  6. 【センゴク】明智光秀へ「ありがとう」と感謝しなくてはならない大名達を紹介

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

衛覬(えいき)とはどんな人?関中復興に画期的な提案を行った魏の文官 史上最強の交渉術を備えた縦横家ってどんな人? 偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!? 【新事実】三国志演義の孔明!実は絶大な人気を誇った天才軍師をモデルとしていた!? 張楊(ちょうよう)とはどんな人?呂布を助けようとしためちゃくちゃ優しい人 【はじめての孫子】第11回:兵は多きを益ありとするに非ざるなり。 劉備の観察眼をもってしても見破ることのできなかった人物Xとは? 77話:老将黄蓋、身体を痛めつけて曹操を欺く

おすすめ記事

  1. 【春秋五覇の一人】穆公のおかげで後進国からのし上がった西の国・秦
  2. なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活
  3. 41話:いつかは去りゆくと知っていながら関羽を厚遇した曹操
  4. 知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント
  5. 野心家の孟達(もうたつ)が時代を変えた!三国志の歴史に残る裏切り劇
  6. はじめての三国志の「よくあるご質問」についてのお答え
  7. 三国志平話って何?三国志演義の元ネタ
  8. 孔明にパクリ容疑!?天下三分の計を最初に考えた蒯徹(かいつう)

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP