袁術祭り

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

白眼視の元になった竹林の七賢の阮籍、三国時代の故事成語

この記事の所要時間: 23




三国志 歴史 老いには勝てず

 

現代でも使われることのある故事成語の多くが中国に由来していることは、皆さんもご存知かと思います。

『白眼視』という言葉はいまでも良く使われる故事成語のひとつです。




白眼視ってどういう意味?

白眼視

 

相手のことを軽蔑するという意味で、『白い目で見る』などと言ったりもしますよね。

この『白眼視』という言葉、実は三国時代に生きたある人物が元になっています。




白眼視の元になった竹林の七賢の指導者、阮籍(げんせき)

200px-RuanJi

Photo by wikipedia 阮籍

三国時代末期、魏に『竹林の七賢』と呼ばれる人たちがいました。

今で言う知識階層の人たちで、酒を嗜み、歯に衣着せぬ言動で社会批判をしたことで知られる人物たちです。

 

その『竹林の七賢』の指導的立場であったとされる阮籍(げんせき)という人物がいます。

役職に進んで就こうとはせず、親類から叱責を受けてやむなく仕官したこともありましたが、病気を口実にしてすぐに辞めてしまいました。

 

司馬懿が魏の実権を握っても阮籍はやる気なし

7e8e7bdcf772f0c9f6e0fba1b4c75397_m

 

司馬懿が魏の実権を握ると、阮籍を役職に就かせますが、彼は殆ど給料泥棒と言われるほどの働きしかしませんでした。

酒を大量に貯蔵している役所の職に自ら望んでなり、酒を飲んで過ごしたと言います。

 

 

当時の中国には、喪中の者は酒や肉を断つ習慣がありましたが、阮籍は母親の葬儀に際しても酒を飲み、肉を喰らいました。

 

見かねたある人物が、当時阮籍が使えていた司馬昭に阮籍の左遷を進言しますが、

結局司馬昭はやせ衰えた阮籍を憐れみ、彼の罪を不問に付しました。

 

 

晋の時代の歴史書『晋書』の記述によれば、阮籍は司馬氏の簒奪行為と政争に明け暮れる様を目の当たりにし、

自らに一切政争には関わらないと決心して、酒を飲んで過ごす生活を選んだとされています。

数多くの著作や詩を残し、特にその詩は李白(りはく)にも影響を与えています。

 

『白眼視』は阮籍が客人に対する態度を使い分けていた

54fc3fb0f9ec17e4668e294773cafc21_m

 

『白眼視』は、阮籍が客人に対する態度を使い分けたという逸話が元になっています。

阮籍には青眼と白眼、二種類の目つきを使い分ける特技がありました。

偽善と礼儀を嫌っていた阮籍は、儒教を重んじる=礼儀を重視する儒家の人間に対しては軽蔑を隠さず、白眼を向けて応対したと言います。

その一方で、自分の気に入った人物に対しては青眼で応対しました。

 

 

他人を軽蔑することを『白眼視』

e3219e1634ff04161ee7a29e3912cf1b_m

 

この阮籍の逸話から、他人を軽蔑することを『白眼視』と言うようになったということです。

また、『白眼視』ほどには使われることはありませんが、『青眼』も“親しい人を迎える際の喜びの眼差し”、という意味で用いられることがあります。




耳で聞いて覚える三国志

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

馬良(眉白)

よく読まれている記事:三国時代の故事成語『白眉』と『泣いて馬謖を斬る』

苦肉の策(笑)

よく読まれてる記事:三国志の故事成語『苦肉の策』(くにくのさく)って何?

司馬懿 はじめての三国志

よく読まれてる記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川

ライター:

石川克世

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

 

関連記事

  1. 蜀の勇将・姜維は司馬昭に嵌められ無念の最期を遂げる?
  2. 滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方
  3. 曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの?
  4. 図解でよくわかる夷陵の戦いと趙雲の重要性
  5. 人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは?
  6. ホウ徳の叩き上げ人生録!関羽に降伏せず忠義の人と讃えられた関中の…
  7. 張飛(ちょうひ)は本当は知将だった?
  8. 程普(ていふ)ってどんな人?孫家三代に仕え、数々の戦を戦った孫呉…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 顔良と文醜の裏話、顔良って実はいい奴?
  2. 孔融(こうゆう)とはどんな人?孔子の子孫だが、曹操を批判して身を亡ぼした学者
  3. 三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?
  4. 諸葛恪(しょかつ かく)ってどんな人?|頭が良すぎて諸葛一族を滅ぼす
  5. 本当に病弱?実は健康に自信があった孔明、寿命を縮めた大誤算とは?
  6. 集まれ曹操の25人の息子たち・その3

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

Webサイトリニューアルのお知らせ 晩年の馬超が精神的にも燃え尽きていた事実が判明 始皇帝・政が甘々な性格であった事が原因で秦が滅びた? どうして劉備は呂布を胡散臭いと思ったの? 【初心者向け】本田圭佑が憧れている曹操(そうそう)という人はどんな人だったの? 周昌(しゅうしょう)とはどんな人?高祖劉邦や配下達から信頼を置かれた古参の臣 【中国の杯】三国時代ではどこで酒宴していたの?杯について徹底解説 中国三大悪女に名を連ねた劉邦の妻・呂雉(りょち)とはどんな人?とても怖い実話

おすすめ記事

  1. 鄧芝(とうし)ってどんな人?|敵国孫権に愛された蜀の名使者
  2. 【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?
  3. 大阪冬の陣では後藤又兵衛はどんな活躍をしたの?
  4. 【キングダム】春申君を殺った李園は本当にキレ者だったの?
  5. 山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとされていた勘助の謎
  6. 11話:パンドラの箱を開けた漢王朝
  7. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(1/3)
  8. 面白いのに何故かアクセスが少ない記事まとめ【2016年総集編】

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP