日常生活

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

世界初の外科手術を行った?華佗とはどういう人物だったか

この記事の所要時間: 247




現実主義曹操

 

曹操が頭痛に悩まされていたことは正史にも三国志演義にも記されていることですが、

その診断と治療を行ったとされている人物が華佗(かだ)です。

一体どのような人物だったのでしょうか?




華佗は麻酔薬を使ってすでに開腹手術を行っていた

華陀

 

正史三国志によれば、華佗は徐州で学問を修めたとされています。

医術に秀でており、「麻沸散」と呼ぶ麻酔薬を使って、開腹手術を行ったといいます。

「麻沸散」はチョウセンアサガオやジャスミンを主成分とし、

華佗はこれを術前にぶどう酒と一緒に患者に与えてその意識を失わせたといいます。




日本で全身麻酔による外科手術は江戸時代

三国時代 江戸

 

確かな記録として残っている全身麻酔による外科手術は日本の江戸時代、

華岡青洲という医者が1804年に行ったのが最初とされていますが、華佗の話が事実であるなら、

それより1600年以上前に全身麻酔による外科手術が行われていたことになります。

 

 

三国時代の医者は社会的身分が低い者とされていた

54fc3fb0f9ec17e4668e294773cafc21_m

 

華佗の評判を知った曹操は彼を招き典医として、持病の頭痛やめまい治療に当たらせますが、華佗はその処遇に不満でした。

当時、医者は社会的に身分の低い者とされており、彼はそれ以上の処遇を望んでいたのです。

華佗は医術書を取りに行くという口実を作って故郷に戻り、妻の病気を理由にそのまま二度と曹操の元に戻ろうとはしませんでした。

 

 

華佗が嘘をついたので曹操は激怒

裏切りは許さぬ 曹操

 

妻の病気が作り話であったことを知った曹操は怒り、華佗を投獄した末に刑死させてしまいます。

後に曹操は自分の持病である頭痛を治療できる華佗を殺してしまった事を後悔したと言われています。

 

 

三国志演義では関羽を治療した医者としても登場

関羽神様

 

三国志演義では、華佗は肘に毒矢を受けた関羽を治療した医師として登場します。

華佗は関羽が矢を受けた右腕の肘を切開し、骨を削って毒を取り除く手術をしますが、その間、関羽は馬良を相手に悠然と碁を打ち続けました。

華佗は関羽の豪胆さに大いに驚き、黄金百両の礼を申し出た関羽にその礼を断り、去っています。

 

 

曹操の頭痛を診断した華佗だが・・・

キレる曹操2

 

 

その後、神木を切り倒した呪いで頭痛に悩むようになった曹操に招かれ彼を診断します。

華佗は薬での治療はできないことを曹操に告げ、麻酔をした上で頭を開く手術をすれば治せると言いますが、手術を恐れた曹操は激怒して治療を拒否します。

華佗が「関羽は肘の手術に動じなかった」と言うと、曹操は更に怒り、華佗が関羽と通じて自分を暗殺しようとしているとし、彼を投獄の後拷問死させてしまいます。

 

実際に華佗は麻酔手術を行ってたの?

三国志 医学

 

実際に、華佗が麻酔を使った外科手術を行っていたかどうか、その証拠となる文献は残念ながら残されておりません。

ただ、彼が麻酔手術を行ったという記述は正史『三国志』だけではなく『後漢書』にもあり、

一概にそれが後世の創作だったとは言い切れないのも事実です。

 

 

外科手術は儒教の教えに背くため、西洋医学が中国に持ち込まれるまで行われなかった

a76b0e8fecc83ff69cd37bf121a18df7_m

 

結局、外科手術は儒教の教えに背くとされ、その後西洋医学が中国に持ち込まれるまで行われることはありませんでした。

もし、華佗の医療技術が後世に伝えられれば、世界の医学の歴史は大きく違っていたかもしれませんね。

 

関連記事:関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?

関連記事:三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?

関連記事:勝負下着の参考に!三国時代の下着ってどんなのだったの?

 

 

 

耳で聞いて覚える三國志





こちらの記事もよく読まれています

通俗子 張飛 女性

 

よく読まれてる記事:三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた

 

近藤勇と関羽

 

よく読まれてる記事:関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇

 

シリア 関羽

関連記事:劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ

 

この記事を書いた人:石川克世

石川

 

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

 

関連記事

  1. 図解でよくわかる夷陵の戦いと趙雲の重要性
  2. 「斉」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  3. 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した…
  4. びっくり!五丈原の戦いの戦費、現在で換算すると、なんと○○円!
  5. 何でこんなに孫権は地味なの?
  6. 【保存版】カッコいい!三国志の精鋭部隊を一挙紹介
  7. 【はじめての孫子】第3回:兵とは国の大事なり
  8. 軍師・龐統の名言から知る三国志の世界「人の国を伐ちて、以て歓を為…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 毛沢東(もうたくとう)とはどんな人?中国の赤い星の生涯
  2. 三国志の時代を彩った烈女たちの生涯を紹介!
  3. ホウ徳の叩き上げ人生録!関羽に降伏せず忠義の人と讃えられた関中の名将
  4. 于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小覇王・孫策の生命を奪った仙人
  5. 【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生
  6. 天才軍師・黒田官兵衛の最後の戦いまで神ってる

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

遼来遼来!! 泣く子も黙る張遼の合肥伝説 董卓の軍師・李儒はどれだけ凄かったの?革新的な進言を続けた謎の軍師 キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる 【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由とは? 「魏」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介 【シミルボン】三国志を産みだしたのは魯粛だった!クレイジーと言われた豪傑の人生 劉禅が読んだ韓非子ってどんな本? 【シミルボン】驚愕!三国志の時代の酒のマナー

おすすめ記事

  1. 董卓は何で李儒や賈詡がいたのに賈詡を重用しなかったの?
  2. 沢山の人材を発掘した呉の孫権
  3. 80話:曹操の命乞いで関羽が曹操を逃がす
  4. 中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン諸島などを紹介
  5. 何で武田晴信は長尾景虎との対決を避け続けたの?
  6. 曹植(そうしょく)ってどんな人?正史から彼の一生を見直してみる?
  7. 何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!
  8. 老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP