ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

世界初の外科手術を行った?華佗とはどういう人物だったか

華陀と麻沸散


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

華佗

 

曹操が頭痛に悩まされていたことは正史にも三国志演義にも記されていることですが、

その診断と治療を行ったとされている人物が華佗(かだ)です。

一体どのような人物だったのでしょうか?


華佗は麻酔薬を使ってすでに開腹手術を行っていた

華陀

 

正史三国志によれば、華佗は徐州で学問を修めたとされています。

医術に秀でており、「麻沸散」と呼ぶ麻酔薬を使って、開腹手術を行ったといいます。

「麻沸散」はチョウセンアサガオやジャスミンを主成分とし、

華佗はこれを術前にぶどう酒と一緒に患者に与えてその意識を失わせたといいます。


日本で全身麻酔による外科手術は江戸時代

三国時代 江戸

 

確かな記録として残っている全身麻酔による外科手術は日本の江戸時代、

華岡青洲という医者が1804年に行ったのが最初とされていますが、華佗の話が事実であるなら、

それより1600年以上前に全身麻酔による外科手術が行われていたことになります。


三国時代の医者は社会的身分が低い者とされていた

スーパーDr華佗と曹操

 

華佗の評判を知った曹操は彼を招き典医として、持病の頭痛やめまい治療に当たらせますが、華佗はその処遇に不満でした。

当時、医者は社会的に身分の低い者とされており、彼はそれ以上の処遇を望んでいたのです。

 

スーパーDr華佗09 華佗

 

華佗は医術書を取りに行くという口実を作って故郷に戻り、妻の病気を理由にそのまま二度と曹操の元に戻ろうとはしませんでした。


華佗が嘘をついたので曹操は激怒

裏切りは許さぬ 曹操

 

妻の病気が作り話であったことを知った曹操は怒り、華佗を投獄した末に刑死させてしまいます。

後に曹操は自分の持病である頭痛を治療できる華佗を殺してしまった事を後悔したと言われています。

 

 

三国志演義では関羽を治療した医者としても登場

関羽神様

 

三国志演義では、華佗は肘に毒矢を受けた関羽を治療した医師として登場します。

 

華陀の治療を受けながら碁をうつ関羽

 

華佗は関羽が矢を受けた右腕の肘を切開し、骨を削って毒を取り除く手術をしますが、その間、関羽は馬良を相手に悠然と碁を打ち続けました。華佗は関羽の豪胆さに大いに驚き、黄金百両の礼を申し出た関羽にその礼を断り、去っています。

 

 

曹操の頭痛を診断した華佗だが・・・

キレる曹操2

 

 

その後、神木を切り倒した呪いで頭痛に悩むようになった曹操に招かれ彼を診断します。

 

スーパーDr華佗10 華佗

 

華佗は薬での治療はできないことを曹操に告げ、麻酔をした上で頭を開く手術をすれば治せると言いますが、手術を恐れた曹操は激怒して治療を拒否します。

華佗が「関羽は肘の手術に動じなかった」と言うと、曹操は更に怒り、華佗が関羽と通じて自分を暗殺しようとしているとし、彼を投獄の後拷問死させてしまいます。

 

実際に華佗は麻酔手術を行ってたの?

スーパーDr華佗

 

実際に、華佗が麻酔を使った外科手術を行っていたかどうか、その証拠となる文献は残念ながら残されておりません。

ただ、彼が麻酔手術を行ったという記述は正史『三国志』だけではなく『後漢書』にもあり、

一概にそれが後世の創作だったとは言い切れないのも事実です。

 

 

外科手術は儒教の教えに背くため、西洋医学が中国に持ち込まれるまで行われなかった

スーパーDr華佗

 

結局、外科手術は儒教の教えに背くとされ、その後西洋医学が中国に持ち込まれるまで行われることはありませんでした。

もし、華佗の医療技術が後世に伝えられれば、世界の医学の歴史は大きく違っていたかもしれませんね。

 

関連記事:関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?

関連記事:三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?

関連記事:勝負下着の参考に!三国時代の下着ってどんなのだったの?

 

石川克世

石川克世

投稿者の記事一覧

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

関連記事

  1. 三国志の女性 思ったよりエロい?…三国志時代の女性の下着
  2. 孔明 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?前編
  3. 司馬懿と曹爽 高平陵の変は名士代表・司馬懿と反名士・曹爽の対立だった!?
  4. 姜維の北伐失敗と蜀の衰退
  5. 郭嘉 天才軍師・郭嘉の息子も天才軍師だったの!?
  6. 張飛、劉備、曹操 何で劉備は劉表からの荊州譲渡を断ったの?第6感で決断した劉備の意…
  7. はじめての三国志 画像準備中 審配(しんぱい)とはどんな人?衰えていく袁家を支えた忠臣
  8. 玉璽 吉川三国志にも劣らない!曹操が関羽を漢寿亭侯に任命した理由が粋す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 舒邵(じょしょう)
  2. 魏延からの提案を却下する孔明
  3. 朝まで三国志 公孫瓚
  4. キングダム54巻amazon
  5. 王翦
  6. 後継者を決めずにダラダラする袁紹
  7. 劉備と公孫瓚
  8. 三国志の地図(州)
  9. 鮮卑賊

おすすめ記事

  1. 寧宗とはどんな人?南宋4代目皇帝の波乱万丈の生涯 寧宗
  2. 蜀漢(季漢)後期の歴史をザックリと解説!蜀漢を支えた蒋琬、費禕、姜維が活躍した時代 姜維
  3. 【衝撃の事実】厳顔は老将なんかじゃなかった!? 蜀の厳顔
  4. 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】 袁術
  5. 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.2【完】 冒頓単于と劉邦
  6. 魏軍を何度も危機から救った最高のフォロワー李典 李典

三國志雑学

  1. 孫策に攻撃される黄祖
  2. 女と金
  3. 袁術と呂布


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 黄忠VS夏侯淵
  2. 黄蓋、赤壁の戦いでうっかり河ポチャ
  3. 三国志ライター黒田レン
  4. アハルテケ
  5. 熱血曹操
  6. 于禁を虐める曹丕

おすすめ記事

命がけで筋を通す義理に熱い朱拠 キングダム最新615話ネタバレ「本陣の危機」レビュー考察 孔子と儒教 儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか 【シミルボン】こいつを捕まえたら1万銭!三国志の時代にもあったWanted 袁術 最強中二病!袁術はどうして皇帝になろうとしたの? 曹操 詩 【三国志群雄列伝】3分でわかる:三国志の群雄達の名言 袁術 第9話:袁術くん「セルフイメージ」の高め方を学ぶ 華雄と呂布 これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう) 郭嘉 【郭嘉伝】ファン大ショック!郭嘉の功積はだいぶ盛られていた?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP