キングダム
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての晋

司馬懿(しばい)ってどんな人?実は列伝が無い孔明のライバル

この記事の所要時間: 214

司馬懿

 

司馬懿(しばい)、字は仲達は言わずと知れた諸葛亮のライバル、そして魏を滅ぼした西晋の高祖「宣帝」です。

そうした立場のため正史『三国志』魏書に列伝はありません。

他の人物の紀・伝に「司馬宣王」「宣王」「宣帝」という名で登場します。

 

西晋の名称は後ほど東晋となる

 

なお西晋という名称は、その後の東晋と対になるものです。

三国を統一した晋は、 皇族の争いに端を発した永嘉の乱で衰え、313年には匈奴による国家「前趙」に洛陽・長安を攻められ滅亡します。

この直後に晋の皇族や遺臣が江南の建康(建業から改名)で興したのが「東晋」です。

 

どのような記録が残るの?

司馬懿

 

面白いのが、武帝(曹操)紀には全く登場しない点です。父の司馬防と曹操のエピソードは載っていますが、司馬懿の事は全く書かれていない。

 

では「四友」と称され仲が良かったと伝わる文帝(曹丕)紀ではどうでしょう?こちらでもほとんど登場しません。

まあ文帝紀はその大部分が、後漢からの禅譲の正当性を表す事に費やされており(あの部分は細かく読むのがとても苦行です…)、

他には魏王朝の制度や政治、呉・蜀との関係の事ばかり書かれていますので…。

 

司馬懿が登場するのは撫軍大将軍への任命と、曹丕の死の直前に曹叡の補佐を託された事だけです。

 

そして明帝(曹叡)紀になるとがぜん記述が多くなります。

呉の襄陽侵攻を阻止、孟達の謀反討伐、大将軍への昇進(ちなみに司馬懿には丞相、相国、三公という官僚トップに就いた記録はありません)、

蜀の北伐への対応、太傅の任命、遼東の公孫淵の討伐。曹爽との権力争いについても簡潔にですが記されています。

 

魏書でこの3名以外のところで記述を探そうとしましたが、曹操の代の人物伝には見当たらず、陳羣など同世代の官僚や、曹爽などライバル達の伝に事跡がある程度。

お兄さんの司馬朗の伝がありますが、こちらには「長兄が司馬朗、次男が司馬懿」という事しか書かれていないのです。

裴松之の註も含めて、もっと読み込めばどこかに居るはず…

そして今度は蜀書や呉書でも探してみます…

 

司馬懿について纏められるのは『晋書』や『晋紀』

 

曹魏(魏という国は中国史で何回か登場するので、三国時代のはこう呼びます)が滅亡し西晋が興ってから400年経った唐の時代、7世紀半ばになりやっと正史『晋書』が編纂されました。

この400年の間には、裴松之が三国志註を作成(こちらは429年の宋の時代)時に引用した様々な歴史書、書物が編纂されました。

 

晋書ではこれらの、魏や西晋に憚る必要が無くなってから成立したものや、伝説や伝聞、伝承を纏めたものまで、史家が関わっていない為に玉石混交な史料が使用されました。

このため史書としての評価は低く、東晋の干宝が編纂した『晋紀』(敦煌文書に一部残存)など他の書物も共に参照しないとならない内容だそうです。

 

【次のページに続きます】

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 鍾会(しょうかい)ってどんな人?蜀を滅ぼして独立を目指した男
  2. 賈充(かじゅう)とはどんな人?司馬氏の地位確立と晋建国の功臣【晋…
  3. 文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将
  4. 諸葛恪(しょかつ かく)ってどんな人?|頭が良すぎて諸葛一族を滅…
  5. 羊祜(ようこ)ってどんな人?皆に慕われた名将
  6. そういえば曹操の墓が見つかったけど本物なの?
  7. 周處(しゅうしょ)とはどんな人?必ず負けると分かっていながらも、…
  8. 衛瓘(えいかん)とはどんな人?司馬昭の重臣であり、晋の建国時に大…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【司馬の八達】超厳しい父親に育てられた俊英・司馬朗の提案を聞かなかったばっかりに・・・・
  2. 大都市西安の碑林博物館をよかミカンが見学したよ
  3. 不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画
  4. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.3【完】
  5. 極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの?
  6. 98話:曹操、張魯を降すべく漢中に進軍する

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【初心者向け】kawausoの大三国志 ズボラ戦記 項羽に勝ったのはこれだ!項羽に勝つことができた劉邦自らの自己評価とは? 【大胆仮説】孫登と孫慮が生きていれば呉が天下を統一した!? 曹髦(そうぼう)とはどんな人?曹植に匹敵する才能を持ち、曹操に見劣りしない武略を持っていた為に、殺害されてしまった皇帝 司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人 蜀軍キラーとして名を挙げることになった陳泰の戦いに痺れる! 【第1回 幻想少女】衝撃の三国志が誕生!これぞ三国志革命だ!! 【王平の戦いが凄い】文字は10個しか知らないけれど軍事において抜群の才能を示した戦い

おすすめ記事

  1. 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?
  2. 魏延を倒した楊儀は孔明が亡くなった後どうなったの?
  3. 真田昌幸にとっての領土拡張戦略と沼田城の重要性
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第26話「誰がために城はある」の見どころ紹介
  5. 【シミルボン】ありえん?三国志の外交交渉が頓智勝負だった
  6. 漢の時代の人が考えるあの世は、どんなイメージ?
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【11/13〜11/19】
  8. 軍師・龐統の名言から知る三国志の世界「人の国を伐ちて、以て歓を為すは、仁者の兵にあらざるなり」

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP