呂布特集
馬超




はじめての三国志

menu

はじめての晋

司馬懿(しばい)ってどんな人?実は列伝が無い孔明のライバル

異議ありと叫ぶ司馬懿




司馬懿

 

司馬懿(しばい)、字は仲達は言わずと知れた諸葛亮のライバル、

そして魏を滅ぼした西晋の高祖「宣帝」です。

そうした立場のため正史『三国志』魏書に列伝はありません。

他の人物の紀・伝に「司馬宣王」「宣王」「宣帝」という名で登場します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹操に警戒された司馬懿の凄さはどこにあるのか?

関連記事:司馬懿は恐妻家?それとも愛妻家?司馬懿の奥さんはどんな人?

 

 

西晋の名称は後ほど東晋となる

西晋の名称は後ほど東晋となる司馬懿

 

なお西晋という名称は、その後の東晋と対になるものです。

三国を統一した晋は、 皇族の争いに端を発した永嘉の乱で衰え、

313年には匈奴による国家「前趙」に洛陽・長安を攻められ滅亡します。

この直後に晋の皇族や遺臣が江南の建康(建業から改名)で興したのが「東晋」です。

 

 

どのような記録が残るの?

曹操と司馬懿

 

面白いのが、武帝曹操)紀には全く登場しない点です。

父の司馬防と曹操のエピソードは載っていますが、司馬懿の事は全く書かれていない。

 

曹丕と司馬懿

 

では「四友」と称され仲が良かったと伝わる文帝(曹丕)紀ではどうでしょう?

こちらでもほとんど登場しません。

まあ文帝紀はその大部分が、後漢からの禅譲の正当性を表す事に費やされており

(あの部分は細かく読むのがとても苦行です…)、

他には魏王朝の制度や政治、呉・蜀との関係の事ばかり書かれていますので…。

 

曹叡と司馬懿

 

司馬懿が登場するのは撫軍大将軍への任命と、

曹丕の死の直前に曹叡の補佐を託された事だけです。

 

そして明帝(曹叡)紀になるとがぜん記述が多くなります。

呉の襄陽侵攻を阻止、孟達の謀反討伐、大将軍への昇進

(ちなみに司馬懿には丞相、相国、三公という官僚トップに就いた記録はありません)、

蜀の北伐への対応、太傅の任命、遼東の公孫淵の討伐。

曹爽との権力争いについても簡潔にですが記されています。

 

魏書でこの3名以外のところで記述を探そうとしましたが、

曹操の代の人物伝には見当たらず、陳羣など同世代の官僚や、

曹爽などライバル達の伝に事跡がある程度。

お兄さんの司馬朗の伝がありますが、

こちらには「長兄が司馬朗、次男が司馬懿」という事しか書かれていないのです。

裴松之の註も含めて、もっと読み込めばどこかに居るはず…

そして今度は蜀書や呉書でも探してみます…

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

 

司馬懿について纏められるのは『晋書』や『晋紀』

司馬懿について纏められるのは『晋書』や『晋紀』

 

曹魏(魏という国は中国史で何回か登場するので、三国時代のはこう呼びます)が

滅亡し西晋が興ってから400年経った唐の時代、

7世紀半ばになりやっと正史『晋書』が編纂されました。

この400年の間には、裴松之が三国志註を作成

(こちらは429年の宋の時代)時に引用した様々な歴史書、書物が編纂されました。

 

晋書ではこれらの、魏や西晋に憚る必要が無くなってから成立したものや、

伝説や伝聞、伝承を纏めたものまで、史家が関わっていない為に玉石混交な史料が使用されました。

このため史書としての評価は低く、東晋の干宝が編纂した『晋紀』

(敦煌文書に一部残存)など他の書物も共に参照しないとならない内容だそうです。

 

そのおかげでか、エピソードの多さは三国志随一

エピソードの多さは三国志随一の司馬懿

 

正史のものに加え、出仕前の仮病、曹操に警戒されていた様子、

奥さん張春華とのケンカ、首が180度回る(これは直接的に受け取ってはいけないそうですが)、

よだれまで垂らすボケ老人の真似、アラ?という感じの詩、遼東での成年男子虐殺…

司馬懿について書こうとした際、ホントにどうやって纏めよう?と悩んでしまいました。

 

三国志演義』での司馬懿の見せ場といえば、

五丈原での孔明との対峙や曹爽との権力争いですが、

脚色されなくともじゅうぶん物語の主役が張れるのではないでしょうか。

 

ともあれ、『三国志』では列伝が無いので、

司馬懿の足跡を辿ろうとすると全体を読んでいかなければならないのは確かですが、

そうした『三国志』の読み方も面白いのではないでしょうか。

 

ちょっとした歴史家気分が味わえるかもしれませんね。

 

耳で聞いて覚える三国志

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:高平陵の変は名士代表・司馬懿と反名士・曹爽の対立だった!?

関連記事:漢王朝を腐らせたのは儒者!打倒司馬懿、シチケンジャー

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 




関連記事

  1. 山海経(せんがいきょう)って何?|中国古代の神話世界
  2. 賈南風 賈南風(かなんぷう)とはどんな人?司馬衷の妃となって晋王朝を滅亡…
  3. 鍾会 鍾会(しょうかい)ってどんな人?蜀を滅ぼして独立を目指した男
  4. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札 三国時代の経済ってどうなってたの?
  5. 司馬昭 司馬昭(しばしょう)とはどんな人?三国時代終焉の立役者でもあり司…
  6. 劉禅に降伏を勧める譙周(しょうしゅう) 譙周(しょうしゅう)とはどんな人?劉禅に降伏するのが得策であると…
  7. 目玉が飛び出て亡くなる司馬師 司馬師(しばし)とはどんな人?眼球が飛び出て死亡!強烈すぎるのエ…
  8. 司馬懿討伐をもくろんだ王陵の反乱はなぜ失敗に終わったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 諸葛誕
  2. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明
  3. 蜀の皇帝に即位した劉備
  4. 司馬徽
  5. 三国志 武具 軍備
  6. キングダム 始皇帝

おすすめ記事

  1. 誰かに話したくなる!自由すぎ、フリースタイルな三国志の武将達8選
  2. 【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発
  3. 蜀が好きな皆さんへ!五分で分かる桃園の三兄弟の逸話を紹介 桃園の誓012
  4. 孫家三代もメロメロ、実は周瑜と双璧の名将 程普の伝説
  5. 三国夢幻演義 龍の少年 第2話「龍の目覚め」見逃し配信開始! 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  6. 韓玄(かんげん)とはどんな人?劉備に降伏した長沙太守 韓玄(かんげん)

三國志雑学

  1. 荀攸
  2. 袁術と呂布
  3. 魏延
  4. 曹純
  5. 曹操と機密保持
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 陸遜
  2. 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  3. 二刀流の劉備
  4. 劉備とサンタクロース
  5. 郭嘉を採用する曹操

おすすめ記事

劉備はなぜ死んでしまったの?その原因を徹底分析 袁術と孫策 孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術 読者の声(2018年9月1日〜21日) 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【9/11〜9/17】 関羽の救援要請をシカトする劉封 痛恨の裏切り!樊城の戦いで関羽を裏切った糜芳と傅士仁に迫る! 朶思大王 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気でもなく、緻密な計算 【第3回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】三国志好きならニヤリとする数々のイベントを紹介! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【5/30〜6/5】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP