編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時代の立て札・扁(へん)

この記事の所要時間: 252




朱霊

 

現在では、テレビ・ラジオCMなどで流される事が多い、

政府や地方自治体の広報、これは、何も、現在の日本だけにあるのではなく、

三国志の時代にも、立て札の形ですでに存在していました。

では、当時の広報には、どのような事が描かれていたのしょうか?




立て札は、都市の至る所に設置されていた

曹植

 

さて、今でいう政府や地方公共団体の広報は、

当時の言葉で扁(へん)と呼ばれていました。

 

それは、以下のような漢帝国の法律により設置されます。

 

① 郷、亭、市、里、の目につく所に明確に大きく掲げ、

吏民すべてに読ませよ。

 

② 扁に胡虜の購賞について記載せよ、二亭ごとに

一つの扁を掲げよ。

 

この二つを見ると、扁は、一番小さな行政区の里から、

里の共同体である郷、そして市場、さらには市場を獲得する

交番所のような存在だった亭にまで、複数掲げられた

という事が理解できます。

 

また、②の胡虜(こりょ)というのは、異民族の捕虜の事で、

漢の土地を荒らした異民族は捕えて引き渡せば、

お金を与えるという意味です。

 

この当時、異民族が国境を侵して、土地を荒らすというような

事例はかなり多かったであろうというのが分かります。




貴重な社会情勢と庶民の窓だった扁

陸遜 劉備

三国志の英雄、劉備(りゅうび)は、西暦184年に、

義勇兵募集の立て札を見て、兵を集めていますが、

その劉備が見たのも、恐らく扁でしょう。

 

暴れる黄巾党008

 

黄巾賊が跋扈して、大乱になり正規兵では、間に合わない

後漢政府は、扁を通じて、各地の都市に義勇兵を募集して、

劉備や孫堅(そんけん)のような在野の士が決起したのでしょう。

 

そうして考えると、扁には、社会情勢と庶民を結び付ける、

現在のメディアのような効果があったと言えますね。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 呂布の配下、八健将(はちけんしょう)とはどんな人たち?
  2. キングダム 516話 ネタバレ予想:城を追い出された難民はどこへ…
  3. 諸葛孔明の弟、諸葛均ってどんな人だったの?
  4. 孫策涙目になるほどのフルボッコ!?小覇王をコテンパにした陳登
  5. 試験に出ます!九品官人法(きゅうひんかんじんほう)の理想と弊害
  6. 長坂の戦いはどんな戦いだったの?史実をもとに地図を使い徹底解説!…
  7. 理不尽すぎてもはや笑える、デマのせいで殺された孫奉(そんほう)
  8. 桓騎軍のDQN集団がヤバ過ぎる・・・何であんなのが配下に集まるの…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 呉の家臣団の組織関係が孫策時代と孫権時代が全く違い面白い
  2. 孫堅が伝国の玉璽を手に入れたわけ
  3. 三国志の時代のお茶は、全然人気が無かったってホント?
  4. 中国の氏・姓の成り立ちをどこよりも分かりやすく解説!
  5. 曹操の短歌行が後世にまで禅譲のお手本として残ってたってホント?
  6. 諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【センゴク】何で将軍・義昭は織田信長の和睦交渉に応じたの?それは信長の幸運と反攻作戦にあった! 三国時代のファッションはどんなのだったの? 68話:劉表死す、そして偽の遺言書で劉琮が後継者に 曹操に敗れすべてを失った馬超の性格を考える【後半】 103話:黄忠・厳顔の老将コンビ大活躍|年寄りをなめるな! オルド将軍は実在するの?やっぱり最期は龐煖にバッサリ? 孫堅が伝国の玉璽を手に入れたわけ 呂不韋の成功哲学!自ら立てた計画とは?

おすすめ記事

  1. 三国志時代の字体とは?現代でも通じるの?
  2. 【龍帥の翼】張良が黄石公からもらった三略とはどんな書物なの?【留侯世家異伝】
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第22話「虎と龍」の見どころ紹介
  4. 実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由
  5. 程普(ていふ)ってどんな人?孫家三代に仕え、数々の戦を戦った孫呉の重鎮
  6. 三国時代にも「ザ・たっち」は存在した?後漢時代に存在した双子についての記録が凄い!
  7. 誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念
  8. 【祝】 山崎賢人主演で漫画「キングダム」実写化!キャスティングを大胆予想

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP