袁術祭り

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

はじさんが劉備を丸裸に!素顔は?身長は?劉備を徹底追及!

この記事の所要時間: 530




劉備

 

前漢の景帝の何百人いるか分からない子孫の一人、という触れ込みで漢室復興をスローガ ンに立ち上がった劉備(りゅうび)

一介の蓆売りに身をやつしていた没落貴族が一念発起し、

立身出世にお家復興を飛び越えて一国の主にまで上り詰めたわけですから、

これぞまさにアメリカンドリームならぬチャイニーズドリームですよね。

そんな人物ですから、もちろん常人とは違っていたのでしょう。




劉備の外見はどうだったの?

朝まで三国志 劉備

 

正史『三国志』蜀書には 劉備の外見について「身長は七尺五寸(約 181.5 cm)、

手を垂らせば膝下まであり、首を巡 らせれば己の耳を見ることができた」と記しています。

「手を垂らせば膝下」はそれだけ腕が長かったか膝の位置が高かったのであり、

「首を巡らせれば己の耳」はそれだけ耳が大きかったか長かったという意味になりますが、

いずれにしても最早人種というより生命体が違うのではと思えてきます。

もちろん、本当に記載通りであれば妖怪手長人になってしまいますので、

誇張部分を差し引いて受け取らなければなりません。

その中で信憑性のあるのは身長と耳の情報でしょうか。




当時の身長では劉備は高い方だった

劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ

 

前に曹操の回でご紹介したとおり、当時の平均身長は 7尺で、7.5 尺であれば高い部類に入ります。

多少サバは読んでいるかもしれませんが、現実的な数値の範囲ですし、ともかく 平均よりは上背はあったのでしょう。

 

呂布 あっけない 最後

 

更に耳についても、処刑される呂布が劉備に向かい「大耳野郎」と罵ったセリフが『後漢書』の本文に残っていますので、

目立って大きな耳であったのは間違いなさそうです。

残る腕の件については、劉備は曲がりなりにも皇帝になった人ですから、欠点を上げづらかったとは思いにくいです。

となればこれまた以前ご紹介した孫権と同様のパターンで、

奇相=非凡な人物というお決まり文句なのでしょう。

実際、劉備以外にも「手を垂らせば膝下」な人は結構います。

 

関連記事:曹操も劉備もハマってた?三国時代の大人気ゲーム『六博』ってどんなの?

関連記事:なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占いと衰退した理由

関連記事:【真田丸】NHK大河ドラマ決定記念!家康と劉備の黒歴史の共通点。クソ漏らし家康と死んだふりの劉備

関連記事:もうやめて…!劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消された過去

 

手を垂らせば膝下の人は多かった

司馬炎 はじめての三国志

 

①魏から晋を起した初代皇帝・司馬炎(『晋書』)

②五胡十六国前趙の第 5 代皇帝・劉曜(『晋書』)

③北魏の李祖昇(『北斉書』)

④南朝宋の王元(『南斉書』。ただし“自称”)

⑤北周建国の父・宇文泰(『周書』)

⑥南朝陳の初代皇帝・陳霸先と第 4 代皇帝・陳頊(『南史』)

⑦五代十国前蜀の後主・王衍(『新五代史』)

⑧五代十国南漢の初代皇帝・劉龑(『『新五代史』)。

 

並べてみると、帝王レベルの人に多いことが分かります。

それも道理で、たとえば①の司馬炎は「手を垂らすと膝を超える。“天表”とはこういうもので、とても臣下の相ではない」

と評されています。

“天表”というのは「帝王の偉大な御姿」のこと。

つまり手が膝下まで あるのは帝王のしるしとされたのです。

例外的に③の李祖昇は大した人物ではなかったようですが、

優れた容姿で文才があったことが書かれていますし、

④の王元がわざわざ自称したのもそれが瑞相とされたためでしょう。

 

また面白いのは⑦の王衍で、前後の文を見ると「方頤大口(角ばった顎に大きな口),垂手 過膝(手を垂らすと膝を過ぎ),顧目見耳(目を巡らせれば耳が見える)」とあります。

このセット、どこかで見覚えがありませんか。

 

そう、最初の「角ばった顎に大きな口」は孫権、あと二つはそのまま劉備の特徴と同じ表現が使われています。

ということは、これらはすべて偉人の相を表現していたわけですね。

 

関連記事:司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人

関連記事:誰かに話したくなる!三国志にまつわる都市伝説『後漢・魏・呉・晋の●●●』

関連記事:【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹介

関連記事:五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介

 

日本の場合は?

真田丸 武田信玄

 

たとえば日本では、ますかけ線(百握り)の手相を持つ人は大成する、天下取りの手相だとよく言われます。

日本人に特に多いそうですが、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、近現代でも松下幸之助や田中角栄など名だたる人物がこの珍しい手相をしていたことで有名です。

要するに迷信や偶然と切り捨てるには実例が多いので、皆さん何となく特別視しているわけです。

同じように、中国ではビッグになる人物の特徴に共通の傾向があって、それが固定観念となったのかもしれません。

 

あるいは、奇相の人物が偉大になるという思想だけが先にあり、 実証はこじつけということもありえます。

いずれも現物(遺体)の発見と科学検証を待たねばなりませんが、

いつの時代も大事を成す人は凡人とは違う何かを持った人種に思われ ていたということですね。

ただそんな完璧に思える劉備にもコンプレックスがありました。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 【諸葛亮孔明の心に残る名言】「好尚同じからずと雖も公義をもって相…
  2. 【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?
  3. 【三国時代】英雄の地位はどの位?
  4. はじさんが曹操を丸裸に!素顔は?身長は?曹操を徹底追及!
  5. ひとりしかいない筈なのにたくさんいた? 『皇帝』のお話
  6. 【初心者向け】本田圭佑が憧れている曹操(そうそう)という人はどん…
  7. 董卓の軍師・李儒はどれだけ凄かったの?革新的な進言を続けた謎の軍…
  8. 曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期
  2. 赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い
  3. 【保存版】西遊記に登場する武器を一挙公開!!
  4. 死刑か肉刑か?魏の宮廷を二分した刑罰論争
  5. 三国志の劉備が愛した4人の妻を紹介
  6. 何でこんなに孫権は地味なの?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【2016年】年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/14〜11/20】 ホウ徳の叩き上げ人生録!関羽に降伏せず忠義の人と讃えられた関中の名将 馬場信春(ばばのぶはる)とはどんな人?鬼と呼ばれた武田四名臣の一人 すぐに使いたくなる!新三国志用語の意味と使い方まとめ13選 2分で分かる合肥の戦い その1 はじまりの裏側 衝撃!高平陵の変の黒幕は司馬師だった! 王翦はどういう性格だったの?キングダムに学ぶつかみづらい男の処世術

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース8記事【9/12〜9/18】
  2. 孫堅(そんけん)ってどんな人?「江東の虎」と群雄達から恐れられた孫策・孫権の父親
  3. 司馬尚(しばしょう)とはどんな人?趙の新三大天でもある最期の一人
  4. 士仁(しじん)は何で関羽を裏切ったの?呉へ降伏してしまった蜀の武将
  5. 意外!?金持ちの息子の曹操は貧乏症だった?
  6. はじさんが劉備を丸裸に!素顔は?身長は?劉備を徹底追及!
  7. 【呉の猛将・太史慈】相手の隙をついて包囲網を突破:意外と知らない彼の知略エピソード
  8. 【官渡の戦い前哨戦】文醜はどうして敗北することになったの?

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP