ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

世界一お粗末! 菫承の曹操暗殺計画。間男の恨みでぶち壊しに!

暗殺計画自慢の董承




暗殺計画自慢の董承01

「大戦乱!!三国志バトル」コラボ特別記事

 

三国志演義では、献帝(けんてい)を擁立して、傍若無人に振る舞う

曹操(そうそう)を殺し漢の天下を回復しようと計画された曹操暗殺計画。

こちらは、史実にもある曹操暗殺計画を脚色したものです。

この計画の中心人物こそが、董承(とうしょう)であり、

彼は演義では献帝の忠臣として描かれています。

ですが、その秘密保持の欠片もない計画はダダ漏れで、あっという間に、

曹操にバレ、董承は殺されてしまいます。



董承の本妻公認の愛人という立場だった雲英(うんえい)

暗殺計画自慢の董承02 雲英

 

董承(とうしょう)には、本妻以外にも、妾つまり愛人がいました。

三国志の時代には、士(庶民以上の地位)は、本妻以外にも妾を持つ事が

許されていて、董承はその習慣に従ったのでしょう。

 

その妾は、名を雲英と言いました、おそらく美女だったのでしょうが、

かなり浮気な女性だったようです。




美少年、秦慶童と深い仲になってしまう 雲英

暗殺計画自慢の董承03 雲英と秦慶童

 

董承は仕事で忙しかったのか、

或いは、別にも愛人がいたのか分かりませんが、

あまり雲英に構ってはいられなかったようです。

そこで、雲英は、同じく、董承の家に雇われていた使用人の、

秦慶童(しんけいどう)と親しくなり恋人の関係になったようです。

 

この秦慶童は、大変な美少年であったようで、

雲英は、たちまちの間に彼に夢中になっていきます。

 

雲英と秦慶童の密会は、すぐにバレてしまう

暗殺計画自慢の董承04

 

しかし、いかに広い屋敷とはいえ、旦那の愛人と使用人の密会なんて、

バレない方がおかしいというものです。

ほどなく密告を受けた董承は、二人が密会している現場に踏み込んで、

二人を縛りあげます。

 

董承「この売女と間男が!!わしの顔に泥を塗りおって許さぬ!!」

 

董承は、激怒して、両者を殺害しようとします。

 

雲英と秦慶童は、命の危機に立たされますが、

ここで董承の妻が止めに入ります。

 

董承の妻、自分の旦那の寵愛を受けている愛人の危機なのにやけに寛大です。

もしかして、個人的な可哀想という心情より、

 

「董家の旦那は、愛人を使用人に寝取られて殺してしまった」

 

という世間の噂が立つのを恐れたのかも知れません。

 

或いは、秦慶童と雲英が密会しているのを董承に告げたのは、

実は妻で、その為に二人が殺されるのは、流石に良心が咎めたのか・・

 

妻に世間体を含めて説得された董承は、

それでも怒りがおさまらないので、杖で40回二人を打つという、

刑罰で事を治めてしまいます。

 

悲報!董承、曹操暗殺計画を雲英に喋っていた!

暗殺計画自慢の董承05 曹操

 

 

本来なら、これは当時もよくあった、愛人関係のトラブルで終わった事です。

ところが、秦慶童の場合には、それでは終わりませんでした。

 

実は、董承は、信じられない程に口が軽い男で、

自分の愛人である雲英とベッドを共にしている時に、、

 

「わしは、間もなく、逆臣曹操を暗殺して、

さらに高い地位に登るのだぜ~ ワイルドだろぅ?」

 

などと自慢気にしゃべっていたようです。(馬鹿か?)

雲英は、その事を夢中になっていた秦慶童にも喋っていました。

つまり、極秘に進めないといけない暗殺計画はダダ漏れだったのです。

 

秦慶童、杖で叩かれた事を恨み、曹操に計画を暴露

暗殺計画自慢の董承06

 

杖で叩かれ、雲英とも引き離され仕事もクビになった

秦慶童の取る方法は、一つしかありませんでした。

 

そう、曹操暗殺計画という一番の特ダネを曹操に売り込み、

その見返りとして、褒美をもらう事です。

 

曹操は、秦慶童の訴えを最初は半信半疑で聞いていましたが、

無関係の人間では知りようがない計画に加担している人間の事まで

秦慶童が喋ったので、これは間違いないと確信します。

 

曹操、董承と秦慶童がゲロした計画の関係者をおびき出す

暗殺計画自慢の董承07 秦慶童

 

曹操は、これら曹操絶対殺すマンリストに登場した人間、

すなわち、董承、王子服(おうしふく)、呉子蘭(ごしらん)、

种輯(ちゅうい)、呉碩(ごせき)、馬騰(ばとう)、それに、

曹操の主侍医だった吉平(きっぺい)を、宴会にかこつけて呼び出します。

ここには、劉備(りゅうび)も一枚噛んでいますが、

運が良い劉備は、曹操の命令で、袁術(えんじゅつ)討伐に向かっていて不在でした。

 

曹操は、のこのことやってきた関係者を全員拘束して、

暗殺計画に関係したかどうかを執拗に追及します。

そして、証拠不十分の馬騰と異変を察知して逃亡した

劉備を除いて、それ以外のすべてを処刑してしまいます。

 

特に、董承については、しらを切りまくる彼に、

杖で叩かれた傷跡も生々しい秦慶童を出してきて、

洗いざらい暴露したので、董承も観念するしかありませんでした。

 

曹操は、董承の一族を皆殺しにし、献帝の妃だった、董承の娘、

董貴妃(とうきひ)も妊娠していたにも関わらず絞殺しました。

自分に背く人間には容赦しない、曹操の冷酷さが出た対応です。

 

疑問、秦慶童はその後、どうなったのか?

暗殺計画自慢の董承08 曹操

 

これが、三国志演義における、曹操暗殺計画の顛末ですが、

不思議な事に、大手柄の秦慶童のその後が描かれていません。

 

こんな主人を裏切るような事をするからには、慶童には、

何か、大きな見返りを求める下心があった筈です。

普通に考えると、恋仲の雲英を妻にくれとか、

遊んで暮らせるだけの大金が欲しいとか、曹操に要求しても、

おかしくはないのに、どうして何も伝えられないのでしょうか?

 

その後の曹操暗殺事件とダブるから、秦慶童の最後は省かれた?

曹操

 

実は、私は、秦慶童と雲英の一族は、曹操に殺されたのだと考えています。

その理由は、この事件の12年後に起きた、黄奎(こうけい)と

馬騰による曹操暗殺計画の筋と、殆ど内容がダブるからです。

 

12年後の曹操討伐の計画では、献帝の宮廷の黄門侍郎(こうもんじろう)

だった黄奎に曹操討伐を誘われた馬騰が計画に加わりますが、

黄奎の使用人の苗沢(びょうたく)という男が、実は、

黄奎の愛人の李春香(り・しゅんこう)と恋人関係でした。

 

苗沢は、李春香と結婚したいと考えていて、李春香に、

「黄奎の秘密を聞き出して、俺に報告するように」と言い含めます。

 

そこで、李春香は黄奎に色々話を振り、黄奎は迂闊にも、

曹操討伐計画の詳細を喋ってしまうのです。

 

もちろん、苗沢は、大喜びで事件を曹操にタレこみ、

馬騰と黄奎は一族皆殺しの運命になります。

 

苗沢は、曹操に、「褒美として、李春香と結婚させて欲しい」と

懇願しますが、曹操は眉を吊り上げて、

 

「自分の主を欲の為に裏切るような人間は生かしておけぬ」

 

と苗沢と李春香の一族も皆殺しにしてしまうのです。

 

この苗沢と李春香の場面は、三国志演義の第57回、

そして、雲英と秦慶童の回は、第23回、そこまで離れていませんし

結末も殆ど同じです。

 

なので、演義の作者達は、内容の重複を嫌い、秦慶童と雲英の、

最後をまるっと削除したのだと思われます。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

省略された、秦慶童と雲英の最後については、

 

つまり、内容がどうあれ、主を裏切るような、

間男と愛人の末路にろくな事はないんだよ!!

 

という事が、当時の中国の人々の一般常識になって

いたのだろうと推測します。

あえて、秦慶童と雲英の末路を書かなくても、

その後の苗沢と李春香の最後で想像できたのでしょう。

 

まあ、ただ、秦慶童と熱愛していただけの、

雲英の一族まで皆殺しにされたとすれば、

演義のフィクションとは言え、可哀想にはなりますね。

 

本日も三国志の話題をご馳走様です。

 

今回の記事は大戦乱!!三国志バトル」コラボ特別記事

 

01_main

 

02_illust

 

btn

 

03_qr

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

 

関連記事

  1. 陸遜 石兵八陣(八卦陣)は実在した?陸遜が夷陵の戦いで破れなかった八卦…
  2. 司馬懿 司馬懿の遺言はどのような内容だったの?司馬懿は曹丕が大好きだった…
  3. 三国志に出てくる海賊達と甘寧 甘寧の経歴は「地元の無頼者のリーダー」!それを喜んで迎え入れた「…
  4. 奮闘する黄蓋 黄蓋が赤壁の戦いに出陣したから大勝利できた!その理由とは?
  5. 手紙を読む曹操 これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話
  6. 反董卓軍010 反董卓連合軍に参加したのは、誰と誰なの?【素朴な質問】
  7. 厳顔と張飛 91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする
  8. 賈詡 郭嘉と賈詡どっちが秀でた軍師だったのか【今夜比べてみました】

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 真田丸 武田信玄
  2. 三国志に出てくる海賊達と甘寧
  3. 東京五輪のボランティア いだてん
  4. 太史慈
  5. 若い曹操に「天下を掴むのは君だ!」と言う王儁
  6. 孔明 耳で聞いて覚える三国志
  7. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀
  8. 玉磁と孫堅
  9. 春秋戦国時代の白起、デビュー戦から大殺戮

おすすめ記事

  1. 3分で分かるアンティキティラ島の機械の技術力の高さ! アンティキティラ島の機械
  2. 趙達(ちょうたつ)とはどんな人?サイババか!?三国志に現れた天才占い師
  3. その裏切りはちょっと!!三国志の裏切りベスト10 騙し合う呂布と袁術
  4. 魏延の戦績はほぼ無敗?三国志での魏延の輝かしい戦績を紹介 魏延
  5. 曹操ってもしかしてフェミニストだった?銅雀台の侍妾エピソード 城 銅雀台
  6. 実はガラクタ疑惑も諸葛亮が発明した木牛流馬とは? 木牛流馬

三國志雑学

  1. 北条氏康
  2. ホウ徳
  3. 蜀の姜維
  4. 苛ついている曹操
  5. kawausoと呂布と張遼


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 東京五輪のボランティア いだてん
  2. 曹操を裏切る陳宮
  3. はじめての三国志 画像準備中
  4. キングダム52巻
  5. 餓えた農民(水滸伝)

おすすめ記事

廃仏毀釈 織田信長はどうして焼き討ちをしたの?それは○○○だから! はじめての三国志ライター kawausoの記事修正のお詫び 陸遜 剣と刀 【三国志刀剣乱舞】三国志武将が持っていた名刀・名剣を紹介するよ キングダム45 オルド将軍は実在するの?やっぱり最期は龐煖にバッサリ? 呂不韋 衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家 中国三代悪女・西太后(せいたいこう)は実は優秀で素敵な女性だった? はじめての三国志編集長 kawauso 【11月の見どころ】「麒麟がくる」特集 梅干しと酒を楽しむ上杉謙信 敵に塩を送ったから塩の日ができた?「敵に塩を送る」の由来と雑学

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP