朝まで三国志軍師
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

はじめての変

献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期

この記事の所要時間: 338




献帝

 

はじめての三国志に住んでいる歴史好きなネコ・廉です。

今回は後漢のラストエンペラー献帝の青年期から曹操に保護されるまでを調べてきたからみんなに教えるにゃ。

みんな読んでくれにゃ。




壮絶な青年期

霊帝 無能

 

彼は読者の皆さんには献帝で知られていますが、彼の名前は劉協といいます。

霊帝の次男として生まれます。

母は皇后である何氏の嫉妬により毒殺され、早くに母を失います。

母親を亡くした彼は、霊帝の母親である董太后の宮殿で養育されることになります。

霊帝が亡くなると次の皇帝に劉弁が継ぎます。

劉協は渤海王になりますが、すぐに移動させられ、陳竜王に就任します。

劉協が陳留王になった時、朝廷は荒れておりました。

 

関連記事:パンドラの箱を開けた漢王朝

関連記事:黄巾賊の反乱を平定した漢王朝と残念なくらい無能な霊帝

関連記事:霊帝の後継者争い、劉協と劉弁、二人の皇子を巡り蹇碵と何進は争う




十常侍らに反発した大将軍何進

十常侍0026 kiki

 

十常侍と呼ばれる宦官達が朝廷の権力を握っておりました。十常侍らに反発した大将軍何進は自らの派閥を作り宦官達と対立します。

二つの勢力の対立は激しさを増し、ついに十常侍らが大将軍何進を暗殺します。

袁紹(えんしょう)は何進が暗殺された事を聞き、すぐさま挙兵。

十常侍や普通の宦官達を捕縛し、処刑していきます。

二つの勢力の政争のせいで都は大混乱に陥ります。

皇帝であった劉弁と陳留王である劉協は、十常侍の張譲らに連れ去られます。

しかし、盧植ら文官たちに救出され、都に帰還します。

 

関連記事:十常侍ってなんぞや?

関連記事:宦官を容赦なく皆殺したカリスマ袁紹の過激なデビュー

関連記事:儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか

関連記事:人々の鑑になった良い宦官達

 

董卓に担がれて皇帝へ即位

献帝と董卓

 

劉協と皇帝劉弁は洛陽に帰還します。

しかし劉協に待ち受けていたのは過酷な日々でした。

洛陽は劉協たちが帰還した後も混乱が続いておりました。

そんな中、涼州の群雄である董卓(とうたく)が洛陽に入城します。

彼は軍事力を背景に洛陽と朝廷の混乱を収め、朝廷内での実権を握っていきます。

そんな中、劉弁は董卓により皇帝の位を降ろされます。

そして次の皇帝には陳留王であった劉協が皇帝に即位。

この小さな青年皇帝の名は後に『献帝』と呼ばれる事になります(この記事でも劉協と表記せず、献帝と表記します。)

 

関連記事:後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)

関連記事:【三国時代】英雄の地位はどの位?

関連記事:董卓は実は名将軍であるという根拠

 

好き放題する董卓

董卓えらそう 独裁

 

献帝は董卓に担がれている存在であるため、董卓の専横が極まっても彼は反対する事が出来ませんでした。

そのため董卓はますます好き勝手に王朝を運営していきます。

董卓の専横に激怒した諸侯は、彼を討伐すべく連合軍を形成し、洛陽に向けて進軍を開始。

董卓は洛陽に本陣を定め、連合軍を迎撃すべく準備を開始します、献帝はその間、洛陽から長安へ遷都(皇帝の居場所を他の都市へ移動する事)します。

董卓軍は連合軍に敗北し、長安に逃げ帰ってきます。

その後董卓は王允と呂布により暗殺。そして王允と呂布による政治が開始されます。

 

関連記事:洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓

関連記事:色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!

関連記事:連環の計って、どんな作戦?

 

お飾り皇帝に逆戻り

董卓&呂布

 

献帝は王允(おういん)と呂布(りょふ)の政治により、後漢王朝は少しずつ回復の兆しを見せます。

しかし、董卓軍の残党が長安城を攻撃。

この時呂布は迎撃に出ますが、敗れてしまいそのまま逃走します。

王允も董卓軍の残党によって殺されてしまいます。

こうして献帝は再び董卓時代のようなお飾りの皇帝に戻ってしまいます。

またこの当時、中国全土で群雄が独立し、実質後漢王朝は内乱状態に陥ってしまうのです。

献帝は董卓軍残党が実権を握る長安で元服します。

元服後すぐに董卓軍残党の代表格である李傕と郭汜の政争に巻き込まれます。

このような絶望的な状況の中、彼を救う存在が現れたのです。

朝廷の臣であった董承や楊彪らが献帝を長安から脱出させ、洛陽へ逃げます。

献帝はボロボロになった洛陽に辿り着くとそこで運命の出会いが待っていました。

 

ここではじめての三国志クイズ

 

献帝を待っていたのは誰でしょうか?

三国志クイズ

 

次の三択から答えるにゃ

 

 

1劉備

 

2曹操

 

3董卓

 

 

さぁ答えるにゃ。

 

 

 

 

正解は…3番ではなく、2番にゃ。

 

洛陽で献帝と運命的な出会いを果たしたのは曹操(そうそう)です。

曹操は軍勢を率いて洛陽へ進出し献帝が来るのを待ち受けておりました。

曹操は献帝を許へ迎え入れるのです。

こうして献帝の逃亡劇は終わり、曹操の元で新たな日々を過ごすことになります。

 

関連記事:献帝を手にいれて、群雄から抜きん出た曹操

関連記事:【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由!

関連記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

さて今回は後漢のラストエンペラー献帝の青年期をお送りいたしました。

壮絶な青年期を送った彼ですが、曹操と出会った事で平和が訪れます。

しかし波乱万丈な彼の人生はこの後も続くことになります。

次回は曹操との出会いから始めていきたいと思います。

今回のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~♪




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

黒田廉

■自己紹介:

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。

好きな歴史人物:張遼夏候惇文鴦

何か一言:好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 「斉」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  2. 三国志とキングダムのそっくり武将は誰?|信と呂蒙
  3. 40代の劉邦が20代の項羽を討ち天下統一することは天命だった!?…
  4. 三国志の時代のお祭りは、どんな様子だったの?
  5. 蜀と孔明を最大限称えよ!三国志演義
  6. 【三国志の素朴な疑問】蜀が北伐を止められなかった理由とは?
  7. 馬援(ばえん)とはどんな人?趙の三大天の一人趙奢を先祖に持ち子孫…
  8. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 偽撃転殺の計VS虚誘掩殺の計
  2. 76話:孔明による材料も手間もなく矢を造る方法
  3. 董卓軍の軍事組織はどうなっていたの?暴君の軍隊をミエルカしたよ
  4. 2分で分かる合肥の戦い その1 はじまりの裏側
  5. 【真田丸】日本一の兵と称された真田幸村と魏の張遼、名将の類似点を紹介!
  6. 秦の『人材』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

68話:劉表死す、そして偽の遺言書で劉琮が後継者に 盧毓(ろいく)とはどんな人?魏の逃亡兵を規制する法律に「待った」をかけた政治家 馬騰|北方異民族と戦う西の豪傑達にもっと光をを与えてみた 東方明珠のへなちょこ洛陽旅行記 その1 月刊はじめての三国志2017年8月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました 【三国志ライフハック】好きな事だけを優先してやった曹操 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【9/25〜10/2】 曹操が洛陽北部尉時代にやった売名行為とは?

おすすめ記事

  1. 【感謝】シミルボンにて総合ランキング1位を「はじめての三国志」が獲得しました!
  2. はじめてのプロ野球(三国志風)日本のプロ野球は人材の宝庫?
  3. 諸葛亮は皇帝になろうとしていた?諸葛亮の仰天プランとは?
  4. 【はじさん書評倶楽部】人生の勝算(NewsPicks Book)前田裕二
  5. 本当は好きなんでしょ?一騎当千の最低男、呂布の最強伝説
  6. 【三國志曹操伝 ONLINE プレイ攻略4】君も今日から曹操!?はじめての三国志演義曹操編の序盤の攻略ポイント
  7. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1
  8. 【戦国四君の食客の名言】人間関係を達観した馮驩の名言

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP