キングダム
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての漢

三国志一の策謀家、袁術の伝説




袁術くやしいいい

 

袁術公路(えんじゅつ・こうろ:155~199)は、

三国志演義の影響で大変に影の薄い扱いです。

 

ざっと演義を見てみると、袁紹(えんしょう)の従兄弟で反菫卓連合軍では、

食糧補給を担当していますが、孫堅(そんけん)の大活躍に嫉妬して

食糧を送らず菫卓(とうたく)軍を勢いづかせるなど足を引っ張る役です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:第1話:袁術くん、ポジティブになるために「リフレ―ミング」を学ぶ

関連記事:袁術は異常気象のせいで天下を握り損ねたってホント?

 

 

THE 勘違い男・袁術 (えんじゅつ)

怒る 献帝

 

また、玉璽を孫策(そんさく)から譲られた途端に、

 

「これで俺も皇帝だ!」

 

と勘違いして皇帝に即位し贅沢な暮しをして民を苦しめ、

最後には、曹操(そうそう)、孫策(そんさく)、呂布(りょふ)、

劉備(りゅうび)の連合軍に四方から攻められて本拠地寿春を放棄せざるを

得なくなり、最後には飢えと渇きと絶望の中で病死するという典型的な

因果応報「アホ」君主として描かれています。

 

しかし、これは極めて一面的な見方に過ぎず、

殆どデフォルメされていると言ってもいい程です。

 

もっとも袁術(えんじゅつ)は本当はイイ人だけど悪役扱いという意味ではなく、

実際に悪党なんですが(笑)こんな単純な悪党ではないのです。

 

 

正史の袁術(えんじゅつ)はどうなの?

袁術 伝説 ゆるキャラ

 

正史の袁術(えんじゅつ)は、三国志の英雄の中では、

一番最初に豊かな根拠地、南陽郡を西暦191年に支配しています。

 

南陽郡の太守は張資(ちょうし)という人物でしたが、

孫堅(そんけん)が菫卓(とうたく)を討伐する途中に

これを殺害し、空白になった太守の座に袁術(えんじゅつ)が座ったのです。

 

孫堅(そんけん)は袁術(えんじゅつ)の支配下に入り、

その手足として戦い菫卓(とうたく)を追い詰めています。

実際の袁術(えんじゅつ)が孫堅(そんけん)に嫉妬した事はなく、

終始上手く使い自己の勢力を拡大しているのが事実です。

 

【未来を拓く問題解決策】楽しみながら自分を変える方法
袁術くんの成長日記

 

勢力を拡大していった袁術(えんじゅつ)の実力

袁紹&袁術

 

南陽は郡ではありますが、人口100万人で経済的にも裕福でした。

袁術(えんじゅつ)は、ここで兵力を徴発し10万の大軍を

擁していたと言われ、反菫卓連合軍、20万人の一角を担っていたのです。

事実上、反菫卓連合では、盟主の袁紹(えんしょう)に次ぐ実力者と言えます。

 

 

袁術(えんじゅつ)の強みって何?

公孫瓚

 

袁術(えんじゅつ)は、対抗勢力を味方につけるのが上手く、

劉表(りゅうひょう)と袁紹(えんしょう)の同盟軍に対抗する為に、

袁紹(えんしょう)に身内を殺されて恨んでいる公孫瓚(こうそんさん)を

焚きつけて、味方に引き込んだり、、

 

陶謙(とうけん)の後を継いで徐州を支配した劉備(りゅうび)を

牽制する為に、配下にいた呂布(りょふ)を買収して、

劉備(りゅうび)に背かせたりなど、自分は表に出ずに

並み居る群雄を上手く動かしているのです。

 

西暦193年、袁術(えんじゅつ)は、南陽郡を出発し、

兗州を領有する曹操(そうそう)を攻撃しますが

曹操(そうそう)は、袁紹(えんしょう)、劉表(りゅうひょう)と

連合軍を結んでこれを打ち破ります。

 

袁術(えんじゅつ)は敗走しますが、背後の南陽郡は

劉表(りゅうひょう)が兵を送り占拠したので

袁術(えんじゅつ)は戻る土地を失い揚州に逃亡します。

 

しかし、その時、揚州の太守だった陳温(ちんおん)が病死、

これをチャンスと見た袁術(えんじゅつ)は、すかさず揚州の拠点である

寿春に入り、ここを実行支配します。

 

本当の後任である劉繇(りゅうよう)は袁術(えんじゅつ)を恐れて

入り込めず曲阿に退却せざるを得ない程でした。

 

勝機と見るや、なりふり構わず土地を手に入れる早業は、

他の群雄に全く引けを取りません。

 

 

袁術(えんじゅつ)は、漢王朝に対してどう思ったのか?

董卓えらそう 独裁

 

それに演義では、玉璽を孫策(そんさく)から手にいれて、有頂天になり

これで皇帝になれると袁術(えんじゅつ)は自惚れたとなっていますが、

それは事実ではなく、袁術(えんじゅつ)は菫卓(とうたく)が

洛陽に入った時点で、漢王朝の命運は尽きたと考えていました。

 

実際に、袁術(えんじゅつ)の時代から、

30年もすると、曹操(そうそう)の後継者である曹丕(そうひ)は

献帝(けんてい)に譲位をせまり、自ら魏の皇帝になっています。

 

それに次いで、劉備(りゅうび)も孫権(そんけん)も

それぞれ皇帝に即位しているのですから

袁術(えんじゅつ)の見方は間違っていなかったのです。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

 

袁術(えんじゅつ)は何で失脚したの?

袁術の最後

 

もっとも、袁術(えんじゅつ)の場合には皇帝即位が197年と

早すぎて、周囲の反感を買ってしまうという事がありましたが、

 

このように袁術(えんじゅつ)は、並み居る群雄の間を

上手く立ち廻りましたが、団子状態のレースから

曹操(そうそう)と袁紹(えんしょう)が抜きん出て、

さらに子飼いの部下の孫策(そんさく)が自立すると影響力を低下させます。

 

 

相手のフンドシで相撲を取ろうにも、利用出来そうな相手が、

袁紹(えんしょう)と曹操(そうそう)では、力が違いすぎていました。

 

また内政の才能が無かった袁術(えんじゅつ)は贅沢三昧で

揚州の国力をすり減らしそれに飢饉と敗戦による兵力消耗が拍車を掛けます。

 

それに袁術(えんじゅつ)は皇帝を名乗った事で献帝(けんてい)を

擁立した曹操(そうそう)に睨まれていて、

これを利用するのが難しい立場になり、選択肢を失い、

袁紹(えんしょう)を頼って逃げる途中に曹操(そうそう)の命を受けた

劉備(りゅうび)と朱霊(しゅれい)に敗れて敗走し、途中で病死してしまうのです。

 

 

このように袁術(えんじゅつ)は抜け目が無く、相手を騙し利用する事はあれ、

相手に騙され利用される事はありませんでした。

 

ただ、民衆を愛する事を知らず、野心を先走らせて、

皇帝を名乗るなど空気の読めない事をしたので、

時代に見捨てられる形で人生を閉じたのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:袁術大助かり!漢の時代に盛んになった養蜂を分かりやすく解説

関連記事:袁渙の「政治力」がスゴイ!はちみつおじさん袁術と虎の如き強さを持った呂布を大人しくさせた政治とは?

関連記事:名門に生まれた策略家 袁術の非業の最期、、、

 

袁術のトホホな逸話
袁術祭り

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 王儁(おうしゅん)とはどんな人?曹操を認め親しく付き合っていた孟…
  2. 邯鄲淳とはどんな人?曹丕と曹植が欲しがった学者で笑い話集『笑林』…
  3. 65話:絶望する劉備に孔明が授けた天下三分の計
  4. 15話:神をも畏れぬ暴虐非道後漢をブッ壊した独裁者・菫卓
  5. 梁興(りょうこう)とはどんな人?魏も漢もクソ喰らえ!野望のままに…
  6. 王粲(おうさん)とはどんな人?建安の七子であるが容貌の貧弱さでは…
  7. 王允(おういん)ってどんな人?中華を救うべく董卓暗殺に成功するも…
  8. 74話:孔明に嫉妬する周瑜

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孫堅、孫賁
  2. 残忍な曹丕

おすすめ記事

  1. 保護中: 【保存版】はじめての三国志 登場人物・団体の一覧
  2. 張邈(ちょうばく)とはどんな人?親友の曹操を裏切って反旗を翻した政治家
  3. 孫権老害!魏は曹叡の代で潰れるとドヤって大失敗 後悔する孫権
  4. 袁渙(えんかん)とはどんな人?正史「三国志」に登場し曹操が涙を見せて死を悲しんだ政治家
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【2/6〜2/12】
  6. 董卓はどうしてデブになったの?真面目に考察してみた

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【8月の見どころ】8/26公開予定:四川の孔明史跡(成都武侯祠・剣門蜀道・明月峡・都江堰)を調査してみた 三国志時代にタイムスリップしたらあなたはどこに仕えたい?魏?呉?それとも蜀? 【はじ三グッズ】可愛い馬超の手帳型スマホケース(iPhone/Android対応)発売中 蜀 武運を誇る馬超 潼関の戦いの原因と目的と経緯について簡単に解説するよ 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【5/15〜5/21】 戦国策【秦策】王者を操り野心を抑制するの巻 孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも? 【リアル七人の侍】戦国時代、村はどうやって略奪から身を守った?

おすすめ記事

  1. 2分で分かる合肥の戦い その2 孫権の度胸の良さとは!?
  2. 西郷隆盛は子供の頃、剣士になりたかったって本当? 西郷隆盛
  3. 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロフェッショナルだった蜀の将軍【前編】
  4. 李恢ってどんな人?北伐を物資面で支えた南中統治のスペシャリスト
  5. 【8月の見どころ】8/23は諸葛亮の命日、五丈原を様々な角度から解説予定
  6. 【魏の忠臣】王基が司馬家兄弟に噛み付いたのは魏の国家のためだった
  7. 賈詡が李傕を有名人へと押し上げたアドバイスとは!?
  8. 【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP