英雄の死因
英雄の墓特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.3【完】




竜造寺隆信 wiki

(画像引用元:wikipedia 龍造寺隆信)

 

龍造寺隆信(りゅうぞうじたかのぶ)は領内の城を落とした有馬家を滅ぼすため、

本拠である佐賀城を出陣。

彼は総勢2万5千の軍勢を終結させ、島津・有馬連合軍を壊滅させるべく

沖田畷(おきたなわて)に向けて進軍を開始します。

 

※プチ漢字情報・畷という漢字には湿地帯を通る小道という意味があります。

 

前回記事:【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.2




決戦前日の連合軍

photo credit: Unfurled beneath a clear blue sky via photopin (license)

 

一方先に沖田畷に到着していた連合軍は軍議を開きます。

有馬家当主である有馬晴信は軍議で「わが方の軍勢は5千程度。

対する龍造寺軍は2万5千の大軍です。

そのため島津軍の援軍が到着してから龍造寺軍に決戦を挑んだほうが、

勝つ可能性があると思うが。どうでしょう。」と発言。

島津軍を率いている島津家久は晴信の発言に

「われらは少数といえども、精鋭の軍勢です。

また国元の軍勢は先日出陣したと伝えてきましたが、

海の状態によってはすぐにこちらに来援できない可能性があります。

そのため積極的に防衛戦を繰り広げ、援軍が到着し次第反撃を行いと思います。」と

進言。

軍議は家久の発言によって決定されると、

すぐに沖田畷近くにある森岳城の防備を固めます。

森岳城の防備が固まると伏兵を山の中に1千ほど伏せさせ、

海岸線にも伏兵を設けます。

家久は沖田畷に残った兵を布陣させ、柵や堀を作らせ、防御工事を行います。

家久が防御工事を行った翌日、龍造寺軍が大軍を持って押し寄せてきます。




九州の覇権をかけた沖田畷の戦い

photo credit: Sunset Through Trees via photopin (license)

 

龍造寺隆信は森岳城が見える小山に上り、敵陣を俯瞰します。

すると敵軍の数が異様に少ないことが判明。

隆信はすぐさま伝令に「わが軍が圧倒的に有利だ。一気に敵陣を攻めつぶせ。」

と伝えさせます。

こうして龍造寺軍は沖田畷の中ほどにある家久の陣を見つけると、

火の出るような猛攻を行います。

家久は龍造寺軍が至近距離に近づくと鉄砲・弓などを一斉に放たせます。

この斉射により、龍造寺軍は一時的に先鋒が崩れ、態勢を立て直すために

退却します。

その後再びやってくるも、斉射により再び崩れてしまいます。

 

お家芸炸裂

photo credit: Happy X-mas, folks via photopin (license)

 

家久は二度目に龍造寺軍が崩れた時、烽火を挙げさせます。

この烽火を見た島津軍伏兵は一斉に立ち上がり、

お家芸である「釣り野伏」の戦法が炸裂。

沖田畷にいる龍造寺軍に対して猛射撃を加えると共に、

奇声をあげて突撃を行います。

龍造寺軍は島津軍の猛攻に耐えきれず、退却を行います。

しかし沖田畷は湿地帯で沼のような場所で、道幅が狭く、

身動きがとりづらい地でした。

そのため大軍である龍造寺軍は後から押し寄せてくる軍勢のため、

退却が困難な状況に陥り、兵全体がパニック状態になります。

この収集のつかない状況の中、バタバタと龍造寺軍は倒れていきます。

 

肥前のクマさんの最後

photo credit: Bubbles sparkling 3 via photopin (license)

 

肥前のクマさんこと龍造寺隆信は、小山を下り本陣に身を移して

戦況を見守っておりました。

その時島津軍の武将・川上忠堅の軍勢が攻撃を仕掛けてきます。

隆信は島津軍の攻撃を何とか防いでいる最中、

川上忠堅によって斬りつけられ、討ち取られてしまいます。

こうして肥前のクマさん事龍造寺隆信はあっけない最期を迎えることになります。

 

沖田畷の戦いに勝利し、九州の覇者は島津家の物に

photo credit: Sky Fire via photopin (license)

 

島津家久と有馬家の連合軍の活躍により、

沖田畷の戦いは大勝利で終わります。

この戦いの後、龍造寺家は急速に勢力を衰えさせ、島津家に臣従することに

なります。

そして大友家も勢力を激減させる中、

島津家に敵う勢力は九州に残っていませんでした。

こうして九州三国志は島津が九州の覇権を握ることで終幕することになります。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

九州三国志いかがでしたか。

日本にも三国による争いがあり、その争いを中国の三国志をまねて

三国志と冠することがあります。

もちろん日本の三国志は九州以外にも、「中国三国志(毛利・尼子・大内)

関東三国志(上杉・武田・北条)」などもあります。

さて今回の九州三国志の覇者になった島津家のその後を少し記載したいと

思います。

島津が最後に龍造寺を下し、九州地方の覇権を握ります。

その後肥後全域を手中に収めた島津軍は、大友家の残党が残っている

北九州全域の制圧に向かいます。

大友家に味方していた豪族はほとんどすべて島津家に寝返り、

岩屋城と立花山城を残し、北九州は島津家の物になります。

島津軍は孤城である岩屋城に数万の軍勢で攻め寄せます。

岩屋城主・高橋紹運は島津軍の猛攻に奮戦します。

しかし800人程度では数万の島津軍に勝てず、岩屋城は

城主紹運以下すべて討ち死にします。

島津軍は岩屋城を陥落させると、立花山城へ進軍します。

立花山城主・立花宗茂は、城から打って出て、

島津軍に奇襲攻撃を仕掛けます。

島津軍は宗茂軍の奇襲攻撃を受け、一時的に撤退。

その後も立花山城に攻撃を仕掛けますが、この城を陥落させることはできません。

立花山城にてこずっている間に、大友家の救援要請を受け入れた天下人・豊臣秀吉軍

が来援。

島津軍は豊臣軍と決戦を行いますが、天下の軍勢を引き入れた豊臣軍にボロ負け。

ついに今まで手に入れた九州の豪族はすべて豊臣家に味方し、

島津が陥落させた領地は次々と失っていきます。

義久はこの状況を覆すのは難しいと判断し、豊臣家に降伏することになります。

こうして島津家が握っていた九州の覇者の地位は失われることになります。

これが九州三国志の結末です。

「今回の三国志(日本)のお話はおしまいにゃ。

次回もまたはじさんでお会いしましょう

それじゃまたにゃ~。」

 

 




よく読まれている記事

真田丸 劉備

 

よく読まれている記事:みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

 

黒田廉

■自己紹介:

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

■歴史人物:

張遼孟嘗君、張作霖など

■何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 三国志大学を目指す曹操 ええっ?曹操は歴史の先生として宮廷で採用されていた!?
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第19話 「罪と罰」の見ど…
  3. 鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選
  4. 【曹叡なんか目じゃないぜ】キングダムの秦王政は土木工事が大好きだ…
  5. 長宗我部元親が取った豊臣軍迎撃作戦が成功していたら秀吉はやばかっ…
  6. 【センゴク】丹波の反乱と松永久秀の反乱
  7. 蒋琬と姜維と王平 もし姜維が魏に残り続けていたら蜀はどうなった?魏では出世できた?…
  8. 【重要なお知らせ】ストライキ決行

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム53巻
  2. 楽毅
  3. 孔明VS曹操
  4. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  5. 曹操を逃す関羽

おすすめ記事

  1. 張遼の武器は本当に双鉞だったの?遼来来に迫る! 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【2/20〜2/26】
  3. 【龍と犬とロバ】魏呉蜀で活躍した諸葛一族 諸葛誕
  4. 【真・三國無双 Online Z 攻略1】超初心者が三国無双を5時間プレイするとどこまで上達するのか
  5. 【応仁の乱】 東軍と西軍の大衝突!東岩倉三宝院の戦い
  6. 「ざっくりとわかる三国志」をはじめました。

三國志雑学

  1. 孔明
  2. 曹操から逃げ回る劉備
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操と夏侯惇
  2. 曹沖が亡くなり悲しむ曹操
  3. 平清盛 鎌倉幕府

おすすめ記事

本多忠勝 本多忠勝はどんな最期を迎えるの?関ヶ原から最期まで分かりやすく解説 これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行 島津斉興「せごどん」では教えない真実 陶淵明はどんな人?働きたくないでござる酒を愛したニート系詩人 司馬懿と曹爽 高平陵の変は名士代表・司馬懿と反名士・曹爽の対立だった!? 官渡の戦いで袁紹が勝っていたら三国志はどうなっていたの? 魯粛と周瑜 魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術 【シミルボン】これは意外!モノマネが大好きだった三国志の人々

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP