ライセンシー募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

【宮城谷昌光】これを読まずに三国志好きは名乗れない!三国志小説ランキング

この記事の所要時間: 325




劉備 黒歴史

 

三国志の小説は現在どれだけ出ているのかわからない位、沢山出ております。

そのため三国志の小説が読みたいんだけど、

どの小説を読めばいいのか分からないと思っている方がたくさんいらっしゃるのでは、

ないでしょうか。

そこで今回、僭越ながら私が勝手に今まで読んだ事のある

三国志の小説を評価し、良かった本をランキング形式で選んでみました。




第三位:曹操の新たな一面が分かる陳舜臣【曹操 魏の曹一族】

 

 

この本は曹操を主人公として書かれている三国志の小説。

曹操を中心に彼の父親曹嵩や曹家一族を絡めて、彼の私生活も覗き見る事ができます。

そして私がこの小説を読んで驚いたのは、宗教や匈奴などを曹操と絡めている事です。

私が読んだ三国志の小説で曹操と宗教を絡めている三国志の小説を見たことがなかったので、

三国志の色々な知識を得ることができました。

曹操と三国志の新たな一面を垣間見ることができる内容となっております。




第二位:男達の戦いに魂をふるわせろ!!北方謙三【三国志】

 

 

北方謙三さんの歴史小説といえば「水滸伝」が有名です。

しかし「三国志」も執筆していたのをご存知でしょうか。

私はこの本を読んだとき私は大いに驚きました。

今まで様々な歴史小説を読んできましたが、

今までの小説と物語の進行の仕方が違っていたのです。

北方謙三の【三国志】は三国志に出てくる、その時の重要人物を一人ひとり取り上げて

いること点が、今まで読んだほかの小説と違っている事でした。

またかなりマイナーな武将もしっかりと光を当てていると所も私が好きな所です。

そしてなんといっても武将一人一人の死にざまが非常にカッコよく読んでいて、

何度も泣き、何度も魂が震え、心にその亡くなった武将のエピソードが刻み込まれます。

 

第一位:三国志以外の知識も読んでいるとわかる:宮城谷昌光【三国志】

 

 

この本は三国志を知るには、もってこいの小説だと思います。

宮城谷昌光(みやぎたにまさみつ)さんは、

春秋戦国時代の中国史の歴史を描いた本を多数出版しております。

 

 

 

代表例としては楚漢戦争時代の英雄で漢帝国を成立させた物語「劉邦」。

 

 

楚漢戦争時代に東方の斉の国で独立した田氏の三男・田横(でんおう)。

彼の強敵に屈しない不屈の精神と生涯を描いた小説「香乱記」。

超大国であった斉の七十以上もの城を陥落させ、

歴史に燦然たる名を遺した「楽毅(がくき)」を主人公とした小説

など様々な小説を描いております。

多数の中国の歴史を書いている宮城谷氏は三国志も書かれております。

宮城谷三国志は黄巾の乱が始まる前から始まっております。

漢帝国がどのように腐敗していって黄巾の乱が勃発したのかを詳細に描かれており、

三国志以外の知識もこの本を読むことによって伺うことができます。

また文中には色々と中国のことわざを用いて、

当時の状況や三国志の武将達の状況を解説してくれるので

自然と古代中国のことわざも入ってきます。

そしてこの物語の終着点は三国志の呉の滅亡で終幕を迎えます。

 

黄巾の乱以前から始まり三国が滅亡するまで描いている小説は

宮城谷三国志が初と言っても過言ではありません。

ぜひ三国志の世界を詳しく知りたい方は、

宮城谷昌光氏が書いた「三国志」を読んでみてはいかがですか。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

今回は三国志のお勧め小説を私が勝手にランキング形式で紹介しました。

上記の本を読めばかなり三国志に興味を惹かれる事間違えないでしょう。

また忙しくて三国志の小説読む時間が無いという方は、

持ち運びしやすい文庫版もありますので、休憩中や電車に乗っている移動時間に、

ご覧になってはいかがでしょうか。

「今回の三国志のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじさんでお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

関連記事:北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいならこの小説も超絶オススメ!

関連記事:何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!

関連記事:はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選

関連記事:蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ!




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

 

黒田廉

■自己紹介:

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

■歴史人物:

張遼孟嘗君、張作霖など

■何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみ…
  2. 諸葛恪(しょかつ かく)ってどんな人?|頭が良すぎて諸葛一族を滅…
  3. 【占いで見る三国志】曹魏が倒れることが曹叡の時代に予言されていた…
  4. 石川克世って、何者?
  5. これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレード…
  6. 老荘思想(道家)ってどんな思想?|ありのままに?
  7. 本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権
  8. 大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 102話:成長した張飛、計略で張郃を撃ち破る
  2. 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る!
  3. 118話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐前哨戦
  4. 【はじめての孫子】第2回:どうして『孫子』はビジネスマン必携の書と言われるの?
  5. 将軍ハンニバルとはどんな人?韓信と同時代にローマを震撼させた漫画みたいなスゴイ奴
  6. スーパーマンも驚き!三国志時代の仙人はびゅんびゅん空を飛んでいた!【古代中国の仙人事情】

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【三国志の民話】情けない顔で帰ってくる周瑜に小喬ブチ切れ! 三国志では教えてくれない洛陽と長安の秘密 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」 孫策の独立理由に疑問!袁術は孫策に対して本当にケチだったの? 字で考える三国志 「字(あざな)」について詳しく解説 始皇帝の法治国家を助けた韓非と李斯って何でいがみ合ったの? 孔明だけじゃなかった!?呉にも天下三分の計を唱えた人物がいたってホント? どうやったら郭嘉は長生きできたの?過労死で亡くなった天才軍師を救う方法を考えてみる

おすすめ記事

  1. 【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?
  2. 遼来来!よりも呉は彼を恐れていた?呉キラー曹休(そうきゅう)
  3. 【真田丸特集】バツイチ女性が好きだった曹操と家康!
  4. 【シミルボン】三国志と彗星達の不思議な関係
  5. 羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介
  6. 三國志戦記とはどんなアプリゲーム?
  7. 曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?
  8. 三国志水軍最強の将・決定戦!あの色男が一位でしょ!?

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP