キングダム
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

【宮城谷昌光】これを読まずに三国志好きは名乗れない!三国志小説ランキング




劉備 黒歴史

 

三国志の小説は現在どれだけ出ているのかわからない位、沢山出ております。

そのため三国志の小説が読みたいんだけど、

どの小説を読めばいいのか分からないと思っている方がたくさんいらっしゃるのでは、

ないでしょうか。

そこで今回、僭越ながら私が勝手に今まで読んだ事のある

三国志の小説を評価し、良かった本をランキング形式で選んでみました。




第三位:曹操の新たな一面が分かる陳舜臣【曹操 魏の曹一族】

 

 

この本は曹操を主人公として書かれている三国志の小説。

曹操を中心に彼の父親曹嵩や曹家一族を絡めて、彼の私生活も覗き見る事ができます。

そして私がこの小説を読んで驚いたのは、宗教や匈奴などを曹操と絡めている事です。

私が読んだ三国志の小説で曹操と宗教を絡めている三国志の小説を見たことがなかったので、

三国志の色々な知識を得ることができました。

曹操と三国志の新たな一面を垣間見ることができる内容となっております。




第二位:男達の戦いに魂をふるわせろ!!北方謙三【三国志】

 

 

北方謙三さんの歴史小説といえば「水滸伝」が有名です。

しかし「三国志」も執筆していたのをご存知でしょうか。

私はこの本を読んだとき私は大いに驚きました。

今まで様々な歴史小説を読んできましたが、

今までの小説と物語の進行の仕方が違っていたのです。

北方謙三の【三国志】は三国志に出てくる、その時の重要人物を一人ひとり取り上げて

いること点が、今まで読んだほかの小説と違っている事でした。

またかなりマイナーな武将もしっかりと光を当てていると所も私が好きな所です。

そしてなんといっても武将一人一人の死にざまが非常にカッコよく読んでいて、

何度も泣き、何度も魂が震え、心にその亡くなった武将のエピソードが刻み込まれます。

 

第一位:三国志以外の知識も読んでいるとわかる:宮城谷昌光【三国志】

 

 

この本は三国志を知るには、もってこいの小説だと思います。

宮城谷昌光(みやぎたにまさみつ)さんは、

春秋戦国時代の中国史の歴史を描いた本を多数出版しております。

 

 

 

代表例としては楚漢戦争時代の英雄で漢帝国を成立させた物語「劉邦」。

 

 

楚漢戦争時代に東方の斉の国で独立した田氏の三男・田横(でんおう)。

彼の強敵に屈しない不屈の精神と生涯を描いた小説「香乱記」。

超大国であった斉の七十以上もの城を陥落させ、

歴史に燦然たる名を遺した「楽毅(がくき)」を主人公とした小説

など様々な小説を描いております。

多数の中国の歴史を書いている宮城谷氏は三国志も書かれております。

宮城谷三国志は黄巾の乱が始まる前から始まっております。

漢帝国がどのように腐敗していって黄巾の乱が勃発したのかを詳細に描かれており、

三国志以外の知識もこの本を読むことによって伺うことができます。

また文中には色々と中国のことわざを用いて、

当時の状況や三国志の武将達の状況を解説してくれるので

自然と古代中国のことわざも入ってきます。

そしてこの物語の終着点は三国志の呉の滅亡で終幕を迎えます。

 

黄巾の乱以前から始まり三国が滅亡するまで描いている小説は

宮城谷三国志が初と言っても過言ではありません。

ぜひ三国志の世界を詳しく知りたい方は、

宮城谷昌光氏が書いた「三国志」を読んでみてはいかがですか。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

今回は三国志のお勧め小説を私が勝手にランキング形式で紹介しました。

上記の本を読めばかなり三国志に興味を惹かれる事間違えないでしょう。

また忙しくて三国志の小説読む時間が無いという方は、

持ち運びしやすい文庫版もありますので、休憩中や電車に乗っている移動時間に、

ご覧になってはいかがでしょうか。

「今回の三国志のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじさんでお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

関連記事:北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいならこの小説も超絶オススメ!

関連記事:何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!

関連記事:はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選

関連記事:蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ!




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

 

黒田廉

■自己紹介:

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

■歴史人物:

張遼孟嘗君、張作霖など

■何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 蜀の名将として名高い黄権も曹丕によるパワハラを受けていた!
  2. 何で日本人は三国志が好きなの?
  3. 曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?
  4. 始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣…
  5. 【キングダム】王賁の子孫はついに○○になっちゃったってホント!?…
  6. 【三国時代】英雄の地位はどの位?
  7. 脾肉の嘆とは?劉備激白!「8年で20キロ太りました」
  8. 劉禅に降伏を勧める譙周(しょうしゅう) 譙周(しょうしゅう)とはどんな人?劉禅に降伏するのが得策であると…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹丕に恨まれた鮑勛(ほうくん)

おすすめ記事

  1. 【はじめての君主論】第3話:君主に必要とされる力量とは?光武帝と劉禅の違い
  2. 秀吉のDIY?墨俣城(すのまたじょう)って本当に一夜で造られた? 豊臣秀吉 戦国時代2
  3. 命乞いでここまで堕ちるか?関羽に命乞いし全てを失った男・于禁
  4. 朱然(しゅぜん)ってどんな人?名将亡き後、呉の重鎮として孫家を支え続けた将軍
  5. 元祖そこまで言って委員会!孔融と禰衡の議論がカオス 孔融と禰衡
  6. 【キングダム554話】「壁軍の攻防」ネタバレ&レビュー

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 苛ついている曹操

おすすめ記事

城濮の戦いとはどんな戦い?晋の文公が覇者たる地位を手に入れることになった戦い 81話:赤壁の戦い後の劉備と孫権の関係はどうなったの? 夏侯淵が定軍山で戦死した原因は兵力不足だった? 三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた 范増(はんぞう)とはどんな人?項羽軍の頭脳として活躍した老軍師 【ネオ三国志】第6話:曹操美女にうつつを抜かして大敗北【蒼天航路】 豊臣秀吉 戦国時代 美濃大返し炸裂!織田家の覇権をかけた柴田勝家(アゴ)と羽柴秀吉(サル)の戦い 【保存版】西遊記に登場する武器を一挙公開!!

おすすめ記事

  1. 【キングダム554話】「壁軍の攻防」ネタバレ&レビュー
  2. 橋本左内とはどんな人?西郷どんが生涯尊敬した越前の天才
  3. 馬場信春(ばばのぶはる)とはどんな人?鬼と呼ばれた武田四名臣の一人
  4. 第1話:袁術くん、ポジティブになるために「リフレ―ミング」を学ぶ 袁術
  5. そんな髪型絶対嫌!漢民族に全力で拒否された辮髪とは?
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【7/11〜7/17】
  7. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第9部
  8. 【ネオ三国志】第10話:呂布の籠城戦VS曹操の水攻め【蒼天航路】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP