楽乗はどんな人?楽毅の一族は悼襄王のせいで亡命を余儀なくされたってホント?


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

楽毅

 

楽乗(がくじょう)は燕国の名将、楽毅(がっき)の子、楽間(がくかん)の一族です。楽毅が田単(でんたん)の策謀で燕を追われ趙に亡命した事で子孫は趙と燕で活躍する事になりました。趙としては棚ボタだった楽一族ですが、キングダムでバカ王として有名な悼襄王(とうじょうおう)のせいで、廉頗と争う事になり国外に逃亡。

 

趙は楽毅の遺産を取り逃がしてしまう事になります。

 

廉頗と共に閼与救援に反対

三国志 剣閣のお城

 

楽乗の名前が最初に登場するのは、紀元前270年、趙は名君の恵文王(けいぶんおう)の時代でした。秦は公孫胡傷(こうそんこしょう)に命じて趙の領地である閼与(あつよ)を征服しようとします。

 

閼与は救援を求めますが廉頗(れんぱ)と楽乗は、閼与までの道のりが険しい事を理由に救援を見送る事を進言しました。しかし、ここで名将趙奢(ちょうしゃ)が、「道が険しいからこそ、狭い穴の中で二匹のネズミが戦うようなもので兵力に関係なく勇敢な方が勝ちます」と恵文王を説得。

 

自らが軍を率いて公孫胡傷を破り、閼与を救援しました。この時は廉頗と楽乗の見通しが間違っていた事になります。

 

関連記事:秦国六大将軍、胡傷(こしょう)は王翦の師匠だった!?

関連記事:趙括はどんな人?長平虐殺の原因を作った無能なバカ将軍だった?

 

慶舎と共に信梁軍を撃破

 

次に楽乗の名前が登場するのは、紀元前256年で、すでに趙王はなかなかのバカ王孝成王(こうせいおう)に代わっていました。ここで楽乗は将軍慶舎(けいしゃ)と共に、秦の信梁軍を迎え撃ち撃破した事が記録されています。秦の信梁軍については正体が不明ですが、王齕(おうこつ)、あるいは楊摎(ようきゅう)とも考えられます。

 

この頃は長平の戦いで趙が激しく損耗、秦に何度も邯鄲を包囲された時期であり、楽乗は厳しい状態でよく奮闘していたと言えるでしょう。

 

関連記事:キングダム「実は六人じゃない!旧六大将軍を徹底紹介」

関連記事:【キングダム】趙の慶舎(けいしゃ)は実在したの?史実を元に真実の姿を解説

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代

 

5万の軍勢で卿秦の20万を破る

敗北し倒れている兵士達b(モブ)

 

紀元前251年、秦にやられ放題の趙を見て、燕王喜に仕えていた宰相粟腹(りっぷく)が今こそ趙を攻めるチャンスだと進言します。燕王喜は乗り気になりますが、楽毅の子孫で燕国に残った楽間が、趙は兵士も人民も長年の戦争で戦いに慣れているので侮れないと反対しました。

 

しかし、喜は聴かずに粟腹を総大将に趙を攻めますが、百戦錬磨の廉頗が迎撃。粟腹は大敗した上に討死します。

 

勢いに乗った廉頗は逆に、燕の王都である薊を包囲しました。楽乗も従軍し、燕の総大将卿秦の20万の大軍を5万人の兵力で撃破します。これが決定打になり、万事休止(ばんじきゅうす)となった燕王喜は趙に領地を割いて与え和睦しました。また、この時、喜を諫めて容れられなかった楽間が趙に亡命しています。

 

関連記事:キングダム雑学「可哀想な公子嘉は将来王として即位する?」

関連記事:樊於期はどんな人?桓騎と混同された人物の謎に満ちた人生とは?

 

悼襄王により廉頗と交代させられる

逃亡する兵士 三国志ver

 

紀元前250年、楽乗は武襄君(ぶじょうくん)に封じられ、翌年には仮宰相に任じられて再び攻めて来た燕を攻撃し薊を包囲します。

 

しかし、その後、楽乗は政変に巻き込まれる事になりました。紀元前245年にバカ王の孝成王が死去し、息子のバカ王、悼襄王が即位します。この悼襄王は王太子時代から廉頗と仲が悪く、これを遠ざけようとし魏の繁陽を攻略中の廉頗を更迭して楽乗を代わりの指揮官にしたのです。

 

三国志と異民族

 

関連記事:キングダム599話雑学「趙が滅んだ原因は悼襄王ではなく父の孝成王のせい?」

関連記事:戦国策【楚策】女心を利用して窮地を切り抜けるの巻

 

廉頗に撃破され逃亡

敗北し倒れている兵士達a(モブ)

 

ところがこれを聴いて廉頗は激怒し、奇想天外な事をしました。交代でやってきた楽乗の軍勢に攻撃を仕掛けて撃破してしまったのです。史記の登場人物多しといえど更迭の腹いせに味方を撃破し、国にいられなくなり、亡命してしまう将軍は廉頗以外に聴いたことがありません。

 

廉頗に破られて軍勢を失い、面目を潰してしまった楽乗は、燕に戻る事も出来ずそのまま魏に逃亡しました。楽乗を撃破した廉頗も自軍を撃破したので、当然趙にはいられなくなりこちらも魏に亡命したそうですから、もう何が何やら分かりません。それ以来、楽乗の消息は途絶えてしまいました。

 

関連記事:戦国策【趙策】人の支持を得て力を万倍とせよの巻

関連記事:戦国策【東周策】欲望で大国を釣るの巻

 

異説

忙しい方にざっくり解答03 kawausoさん

 

楽乗の経歴については、史記趙世家(しきちょうせいけ)史記楽毅列伝(しきがっきれつでん)で異なります。楽毅列伝では、楽乗は燕に留まり、粟腹が趙を攻めて廉頗に撃破され、廉頗が薊を包囲した後で一族の楽間と共に趙に降伏したとあります。

 

もしこれが正しいとすると、廉頗から見れば捕虜にして助命した楽乗が救ってもらった恩義も忘れ、悼襄王の命令でのこのこと自分の後任としてやってきたのですから、憎さ百倍になったのは無理からぬことでしょう。

 

関連記事:司馬遷とはどんな人?実は前漢時代のホリエモンだった!

関連記事:戦国策【宋衛中山策】小国は色々大変なのよの巻

 

戦国策

 

 

悼襄王のバカぶりが際立つ

読み書きのできない司馬倫

 

廉頗も廉頗ですが、そもそもの原因は廉頗が嫌いというそれだけの事で更迭(こうてつ)しようとした悼襄王でしょう。この人さえもう少ししっかりしていれば、廉頗も楽乗も趙から逃亡する必要が無かったのです。趙は孝成王、悼襄王、幽繆王(ゆうぼくおう)と暗愚な王が続き、李牧や司馬尚の奮戦も空しく滅んでしまった残念な国でした。

 

関連記事:【キングダム】趙の悼襄王(とうじょうおう)って本当にヤバイ人なの?

関連記事:キングダム597話ネタバレ雑学「衝撃!趙が滅んだのは大地震のせい?」

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル3

 

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

楽毅は燕を追われた後も燕でも趙でも優遇され、相互を往来した末に最期は趙で病死しました。その経緯から楽毅の一族は燕にも趙にも残される事になりました。

 

楽乗は廉頗ほどではないにせよ、なかなかに優秀な将軍でしたが、どんな名将もバカ王には敵わぬもので、最期は廉頗に撃破され魏に亡命して消息が絶えてしまったのは、仕える主君と同僚に恵まれなかったなというしかありません。

 

関連記事:廉頗(れんぱ)とはどんな人?悲劇のレジェンド元趙三大天[キングダム ネタバレ注意]

関連記事:趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【前半】

 

キングダムを100倍楽しむ

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-春秋戦国時代
-,