何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

劉備読書

このサイトをご覧になっている方の中には、

 

『三国志に興味はあるけど、まだ小説や漫画を読んだことがない』

 

あるいは『三国志を題材にした小説や漫画がたくさんあるのは知っているけど、どれから読めばいいか分からない』

という方もいらっしゃるのでは、ないでしょうか?

 

今回はそんな方のために、三国志初心者にオススメの小説や漫画を紹介していきましょう。


三国志の小説と言ったら何?

cropped-6eb869f0c625120d3365b3050e61e7fb.jpg


吉川英治『三国志』

Eiji_Yoshikawa

 

定番中の定番と言えば、やはり吉川英治の『三国志』です。

『三国志演義』を下敷きとし、劉備玄徳を主人公に据えていますが、一方、『三国志演義』では悪役としてしか描かれていない曹操孟徳を、より人間的に魅力ある有能な人物として描いて、ドラマとしての深みが増しています。

 

物語としての『三国志』のラストシーンが「諸葛孔明が五丈原で没する場面」というイメージを決定づけているのもこの吉川英治版の影響です。

 

現在は講談社の『吉川英治歴史時代文庫』版の全8巻が入手可能である他、インターネットの『青空文庫』で全文を無料で読むことができます。

 

 

 

柴田錬三郎『英雄三国志』

200px-Renzaburo_Shibata

もとは『柴錬三国志 英雄ここにあり』と『柴錬三国志 英雄生きるべきか死ぬべきか』という二作の小説でしたが、現在は『英雄三国志』のタイトルで一つにまとめられた形で刊行されています。

 

基本的には吉川英治版と同じく『三国志演義』を下敷きとしており、「『眠狂四郎』等の剣豪小説で知られる作者らしい、ケレン味あふれる筆致で描かれた作品です。

 

集英社文庫版の全6巻が現在でも入手可能です。

 

 

ハードボイルド小説で有名な作者の『三国志』。

吉川英治や柴田錬三郎の小説が『三国志演義』をベースとしているのに対し、北方版は正史『三国志』をベースとしています。

 

節ごとに登場人物の一人称視点から描かれているのも特徴のひとつ。

ハードボイルド作家らしい、『義』を貫く男の生き様が描かれているのが魅力の作品です。

 

ハルキ文庫版が入手可能です。


陳舜臣『秘本三国志』

 

三国時代に存在した道教の一派である五斗米道を中心に描き、彼らが人身救済のため、英雄たちの天下統一に歴史の陰から力を貸していく……という異色の作品。

 

史実に依りつつも作者自身の解釈で大胆にアレンジし、『三国志演義』ベースの既存の小説に異を唱えたことで、出版当時話題になりました。

 

 

陳舜臣が三国志を題材とした小説には他にも『諸葛孔明』『曹操』などがあり、どれも独自の解釈で描かれているのが特徴です。

いきなりここから読み始めると、ちょっと戸惑ってしまうかもしれません。

まず前記の作品で三国志の概要を知った上で読むのが良いでしょう。

 

中公文庫版が入手可能です。


三国志の漫画と言ったら何?

張飛 本 学問 三国志

 

横山光輝『三国志』

 

小説の定番が吉川英治『三国志』なら、漫画版三国志の定番は、横山光輝の『三国志』でしょう。

全60巻からなる長大な作品です。

 

同作は吉川英治の小説を下敷きにしつつも独自の解釈を織り交ぜて描かれており、キャラクターのビジュアルも、原作とは異なるものが多いことも特徴です。

(例えば痩せた董卓や、髭面で巨漢の呂布など)

 

潮出出版社希望コミックス版、全60巻が入手可能です。

 

原作:久保田千太郎 作画:園田 光慶『三国志』

 

横山光輝版の全60巻はちょっと重すぎるとお考えの方は、こちらはいかがでしょうか?

物語は『三国志演義』ベースでさらに劉備玄徳寄り、漫画らしいデフォルメと横山光輝版にはない、血しぶきの飛び交う戦場描写が特徴です。

そしてなにより、物語後半に登場する諸葛孔明の顔が……。

 

講談社から出版された大判コミック全1巻が、Amazonで入手可能です。

 

原案:李學仁、作画:王欣太『蒼天航路』

 

近年、アニメ化もされて話題を読んだ本作は、史実ベースに様々な脚色を加えながら、『乱世の奸雄』と呼ばれた曹操孟徳を中心にその幼少期から死までを描いたコミック作品です。

 

作者の王欣太氏は雑誌の編集長に声をかけられて当作の執筆を始めましたが、それ以前には三国志を読んだこともなく、曹操や劉備の名前も知らなかったということです。

だからこそ、既存の『三国志』作品に影響されない、これまでの先入観から解き放たれた新しい『三国志』が誕生したのかもしれません。

 

講談社漫画文庫版が入手可能です。

ここで紹介したもの以外にも、『三国志』を題材とした小説やコミックはまだまだあります。

 

皆さんも是非、お気に入りの『三国志』を見つけてくださいね。

 

関連記事:三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情

関連記事:三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?

関連記事:リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?

 

関連記事

  1. 絶命する典韋
  2. 絶世美女 貂蝉
  3. 目玉を食べる夏侯惇
  4. 絶命する典韋
  5. 魏延と姜維
  6. 海上での戦い 劉備と曹操

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP