ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!

読書する劉備


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

劉備読書

このサイトをご覧になっている方の中には、

 

三国志に興味はあるけど、まだ小説や漫画を読んだことがない』

 

あるいは三国志を題材にした小説や漫画がたくさんあるのは知っているけど、どれから読めばいいか分からない』

という方もいらっしゃるのでは、ないでしょうか?

 

今回はそんな方のために、三国志初心者にオススメの小説や漫画を紹介していきましょう。


三国志の小説と言ったら何?

cropped-6eb869f0c625120d3365b3050e61e7fb.jpg


吉川英治『三国志』

Eiji_Yoshikawa

 

定番中の定番と言えば、やはり吉川英治の『三国志』です。

三国志演義』を下敷きとし、劉備玄徳を主人公に据えていますが、一方、『三国志演義』では悪役としてしか描かれていない曹操孟徳を、より人間的に魅力ある有能な人物として描いて、ドラマとしての深みが増しています。

 

物語としての『三国志』のラストシーンが「諸葛孔明が五丈原で没する場面」というイメージを決定づけているのもこの吉川英治版の影響です。

 

現在は講談社の『吉川英治歴史時代文庫』版の全8巻が入手可能である他、インターネットの『青空文庫』で全文を無料で読むことができます。

 

 

 

柴田錬三郎『英雄三国志』

200px-Renzaburo_Shibata

もとは『柴錬三国志 英雄ここにあり』と『柴錬三国志 英雄生きるべきか死ぬべきか』という二作の小説でしたが、現在は『英雄三国志』のタイトルで一つにまとめられた形で刊行されています。

 

基本的には吉川英治版と同じく『三国志演義』を下敷きとしており、「『眠狂四郎』等の剣豪小説で知られる作者らしい、ケレン味あふれる筆致で描かれた作品です。

 

集英社文庫版の全6巻が現在でも入手可能です。

 

 

ハードボイルド小説で有名な作者の『三国志』。

吉川英治や柴田錬三郎の小説が『三国志演義』をベースとしているのに対し、北方版は正史『三国志』をベースとしています。

 

節ごとに登場人物の一人称視点から描かれているのも特徴のひとつ。

ハードボイルド作家らしい、『義』を貫く男の生き様が描かれているのが魅力の作品です。

 

ハルキ文庫版が入手可能です。


陳舜臣『秘本三国志』

 

三国時代に存在した道教の一派である五斗米道を中心に描き、彼らが人身救済のため、英雄たちの天下統一に歴史の陰から力を貸していく……という異色の作品。

 

史実に依りつつも作者自身の解釈で大胆にアレンジし、『三国志演義』ベースの既存の小説に異を唱えたことで、出版当時話題になりました。

 

 

陳舜臣が三国志を題材とした小説には他にも『諸葛孔明』『曹操』などがあり、どれも独自の解釈で描かれているのが特徴です。

いきなりここから読み始めると、ちょっと戸惑ってしまうかもしれません。

まず前記の作品で三国志の概要を知った上で読むのが良いでしょう。

 

中公文庫版が入手可能です。


三国志の漫画と言ったら何?

張飛 本 学問 三国志

 

横山光輝『三国志』

 

小説の定番が吉川英治『三国志』なら、漫画版三国志の定番は、横山光輝の『三国志』でしょう。

全60巻からなる長大な作品です。

 

同作は吉川英治の小説を下敷きにしつつも独自の解釈を織り交ぜて描かれており、キャラクターのビジュアルも、原作とは異なるものが多いことも特徴です。

(例えば痩せた董卓や、髭面で巨漢の呂布など)

 

潮出出版社希望コミックス版、全60巻が入手可能です。

 

原作:久保田千太郎 作画:園田 光慶『三国志』

 

横山光輝版の全60巻はちょっと重すぎるとお考えの方は、こちらはいかがでしょうか?

物語は『三国志演義』ベースでさらに劉備玄徳寄り、漫画らしいデフォルメと横山光輝版にはない、血しぶきの飛び交う戦場描写が特徴です。

そしてなにより、物語後半に登場する諸葛孔明の顔が……。

 

講談社から出版された大判コミック全1巻が、Amazonで入手可能です。

 

原案:李學仁、作画:王欣太『蒼天航路

 

近年、アニメ化もされて話題を読んだ本作は、史実ベースに様々な脚色を加えながら、『乱世の奸雄』と呼ばれた曹操孟徳を中心にその幼少期から死までを描いたコミック作品です。

 

作者の王欣太氏は雑誌の編集長に声をかけられて当作の執筆を始めましたが、それ以前には三国志を読んだこともなく、曹操や劉備の名前も知らなかったということです。

だからこそ、既存の『三国志』作品に影響されない、これまでの先入観から解き放たれた新しい『三国志』が誕生したのかもしれません。

 

講談社漫画文庫版が入手可能です。

 

ここで紹介したもの以外にも、『三国志』を題材とした小説やコミックはまだまだあります。

 

皆さんも是非、お気に入りの『三国志』を見つけてくださいね。

 

関連記事:三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情

関連記事:三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?

関連記事:リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?

この記事を書いた人:石川克世

石川

 

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

石川克世

石川克世

投稿者の記事一覧

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

関連記事

  1. 劉雄鳴は三国志の仙人 劉雄鳴とはどんな人?仙人だけど世渡りが下手な関中軍閥
  2. 楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさ…
  3. 孔明 【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント!…
  4. 韓信 漢の時代の地方官庁ではディスカッションが盛んだった?
  5. 蒋琬の政策の成功は姜維がキーマンだった!!
  6. 信(キングダム風) 信ってどんな人?キングダムの主人公は史実が少ない謎多き人物
  7. 馬謖の陣形に笑う張コウ 張郃がいなければ馬謖は街亭の戦いに勝っていたかも!?
  8. 晋の陳寿 三国志の著者・陳寿のミステリー 前編:蜀滅亡

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 司馬遷(しばせん)
  2. 曹丕
  3. 豊臣秀吉 戦国時代2
  4. 黒船(ミシシッピ号)
  5. 楽進の矢でが命を落とす成廉
  6. 張松

おすすめ記事

  1. 典韋は斧を正史三国志で振り回してない!!ってほんと 典韋にボコボコにされる成廉
  2. 【晋の皇帝 司馬炎の悩み】司馬家の後継者問題 司馬炎に気に入られる孫秀
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十八話 「あるいは裏切りという名の鶴」の見どころ紹介 おんな城主 直虎
  4. 左慈(さじ)の秒速デリバリー!三国志も鮮度が命 生姜を買ってくる左慈と曹操
  5. 三国時代の英雄たちの心にも息づく孔子が説いた五常とは? 典韋にボコボコにされる成廉
  6. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第9部

三國志雑学

  1. 呂蒙
  2. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  3. 司馬懿


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 宦官
  2. 諸葛誕
  3. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  4. しっかりと仕事をこなす華歆(華キン)
  5. 呉懿と孔明
  6. 辮髪(べんぱつ)

おすすめ記事

典韋にボコボコにされる成廉 典韋があんなに強いのは曹操との絆ゆえ?ヤクザ映画も真っ青な鉄の兄弟 前方後円墳(古墳) なぜ古墳は作られたのか?成立時期、建設理由を徹底解説 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【7/17〜7/23】 仲の悪い魏延と楊儀 魏延と楊儀は火と水!相性最悪な二人の末路 陸遜 陸遜の優れた計略とは?劉備は陸遜に殺されたの? 年を取った司馬懿 司馬懿の生い立ちと家系の謎に迫る!司馬懿が生まれた時代背景まで解説 廃仏毀釈 鎌倉時代は仏像にリアルさを求めた!? はじめての三国志 画像準備中 よくわかる!周の成立から滅亡をざっくり分かりやすく紐解く

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP