ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!

読書する劉備


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

劉備読書

このサイトをご覧になっている方の中には、

 

三国志に興味はあるけど、まだ小説や漫画を読んだことがない』

 

あるいは三国志を題材にした小説や漫画がたくさんあるのは知っているけど、どれから読めばいいか分からない』

という方もいらっしゃるのでは、ないでしょうか?

 

今回はそんな方のために、三国志初心者にオススメの小説や漫画を紹介していきましょう。


三国志の小説と言ったら何?

cropped-6eb869f0c625120d3365b3050e61e7fb.jpg


吉川英治『三国志』

Eiji_Yoshikawa

 

定番中の定番と言えば、やはり吉川英治の『三国志』です。

三国志演義』を下敷きとし、劉備玄徳を主人公に据えていますが、一方、『三国志演義』では悪役としてしか描かれていない曹操孟徳を、より人間的に魅力ある有能な人物として描いて、ドラマとしての深みが増しています。

 

物語としての『三国志』のラストシーンが「諸葛孔明が五丈原で没する場面」というイメージを決定づけているのもこの吉川英治版の影響です。

 

現在は講談社の『吉川英治歴史時代文庫』版の全8巻が入手可能である他、インターネットの『青空文庫』で全文を無料で読むことができます。

 

 

 

柴田錬三郎『英雄三国志』

200px-Renzaburo_Shibata

もとは『柴錬三国志 英雄ここにあり』と『柴錬三国志 英雄生きるべきか死ぬべきか』という二作の小説でしたが、現在は『英雄三国志』のタイトルで一つにまとめられた形で刊行されています。

 

基本的には吉川英治版と同じく『三国志演義』を下敷きとしており、「『眠狂四郎』等の剣豪小説で知られる作者らしい、ケレン味あふれる筆致で描かれた作品です。

 

集英社文庫版の全6巻が現在でも入手可能です。

 

 

ハードボイルド小説で有名な作者の『三国志』。

吉川英治や柴田錬三郎の小説が『三国志演義』をベースとしているのに対し、北方版は正史『三国志』をベースとしています。

 

節ごとに登場人物の一人称視点から描かれているのも特徴のひとつ。

ハードボイルド作家らしい、『義』を貫く男の生き様が描かれているのが魅力の作品です。

 

ハルキ文庫版が入手可能です。


陳舜臣『秘本三国志』

 

三国時代に存在した道教の一派である五斗米道を中心に描き、彼らが人身救済のため、英雄たちの天下統一に歴史の陰から力を貸していく……という異色の作品。

 

史実に依りつつも作者自身の解釈で大胆にアレンジし、『三国志演義』ベースの既存の小説に異を唱えたことで、出版当時話題になりました。

 

 

陳舜臣が三国志を題材とした小説には他にも『諸葛孔明』『曹操』などがあり、どれも独自の解釈で描かれているのが特徴です。

いきなりここから読み始めると、ちょっと戸惑ってしまうかもしれません。

まず前記の作品で三国志の概要を知った上で読むのが良いでしょう。

 

中公文庫版が入手可能です。


三国志の漫画と言ったら何?

張飛 本 学問 三国志

 

横山光輝『三国志』

 

小説の定番が吉川英治『三国志』なら、漫画版三国志の定番は、横山光輝の『三国志』でしょう。

全60巻からなる長大な作品です。

 

同作は吉川英治の小説を下敷きにしつつも独自の解釈を織り交ぜて描かれており、キャラクターのビジュアルも、原作とは異なるものが多いことも特徴です。

(例えば痩せた董卓や、髭面で巨漢の呂布など)

 

潮出出版社希望コミックス版、全60巻が入手可能です。

 

原作:久保田千太郎 作画:園田 光慶『三国志』

 

横山光輝版の全60巻はちょっと重すぎるとお考えの方は、こちらはいかがでしょうか?

物語は『三国志演義』ベースでさらに劉備玄徳寄り、漫画らしいデフォルメと横山光輝版にはない、血しぶきの飛び交う戦場描写が特徴です。

そしてなにより、物語後半に登場する諸葛孔明の顔が……。

 

講談社から出版された大判コミック全1巻が、Amazonで入手可能です。

 

原案:李學仁、作画:王欣太『蒼天航路

 

近年、アニメ化もされて話題を読んだ本作は、史実ベースに様々な脚色を加えながら、『乱世の奸雄』と呼ばれた曹操孟徳を中心にその幼少期から死までを描いたコミック作品です。

 

作者の王欣太氏は雑誌の編集長に声をかけられて当作の執筆を始めましたが、それ以前には三国志を読んだこともなく、曹操や劉備の名前も知らなかったということです。

だからこそ、既存の『三国志』作品に影響されない、これまでの先入観から解き放たれた新しい『三国志』が誕生したのかもしれません。

 

講談社漫画文庫版が入手可能です。

ここで紹介したもの以外にも、『三国志』を題材とした小説やコミックはまだまだあります。

 

皆さんも是非、お気に入りの『三国志』を見つけてくださいね。

 

関連記事:三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情

関連記事:三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?

関連記事:リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?

 

石川克世

石川克世

投稿者の記事一覧

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

関連記事

  1. 魯粛、周瑜、劉備 領土割譲という大事件、三国成立は魯粛の目論見?
  2. 陸遜 陸遜の優れた計略とは?劉備は陸遜に殺されたの?
  3. 曹操丞相えらいねんで! 丞相、校尉、都督……? 三国時代の役職(官職)が分かりづらい!
  4. 孔明 【シミルボン】衝撃!あの孔明にパシリの時代があった?
  5. 三国志の時代に傘ってあったの?始皇帝や光武帝、呂蒙も使っていた傘…
  6. 周瑜と孫策 孫策と周瑜ってそういう関係だったの!?清代に囁かれた禁断のBL説…
  7. 京劇コスチューム趙雲 【忠誠心はどっちが上】太史慈と趙雲を今夜比べてみた!?
  8. 【悲惨】周瑜は劉備の噛ませ犬でジャンプ台扱いだった?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 沖田総司 幕末
  2. キングダム54巻amazon
  3. 魏の夏侯淵
  4. 華歆(華キン)
  5. 董荼那(南蛮族)
  6. 北条早雲
  7. 王倫
  8. 章邯(しょうかん)
  9. 軍会議で的確に作戦指示を出す陳泰

おすすめ記事

  1. なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは? 周瑜と孫策
  2. 荀攸(じゅんゆう)ってどんな人?同族の荀彧の影に隠れた才能 荀攸
  3. 三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?
  4. 春秋と史記に隠された意味がダヴィンチコードレベル 孔子と儒教
  5. 宴会場面から読み解く「孫権の人柄」!あなたは孫権との飲み会に参加したい?したくない? 呉お正月企画、お酒にまつわる逸話07 孫権
  6. 楚の荘王が残した「鳴かず飛ばず」【五分でわかる春秋戦国時代の名言】 はじめての三国志 画像準備中

三國志雑学

  1. 枝豆と煮豆 曹丕と曹植
  2. 今川義元
  3. 関羽千里行 ゆるキャラ
  4. 孔明もコペルニクスに似ていた


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 大村益次郎 幕末
  2. 織田信長
  3. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲
  4. 城 銅雀台
  5. 太史享
  6. 土いじりをする劉備
  7. 鍾会

おすすめ記事

キングダム52巻 キングダム587話最新ネタバレ「祈るのみ」レビュー 魯粛、周瑜、袁術 マンガ『キングダム』に学ぶ、本心を隠し部下の本音を探れ 羌族 キングダムで秦の天下統一の鍵を握っている斉の国って誰が建国したの? 徐晃と夏侯淵 徐晃の死因は正史と『三国志演義』では全く違う!? 車に乗る諸葛亮 天才軍師の条件ってなに?諸葛亮孔明・司馬懿仲達・黒田官兵衛・大村益次郎に共通している条件とは? 朝まで三国志 劉虞 漢の血筋を引く者は劉備のみにあらず!皇族・劉虞の悲しき最期 曹操に降伏する教祖・張魯 【三国志ライフハック】好きな事だけを優先してやった曹操 皇帝に就任した曹丕 【第三次濡須口の戦い】曹丕の火事場泥棒から起きた最期の激戦

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP