架空戦記
HMR

はじめての三国志

menu

はじめての変

狂気!我が子を後継者にしなかった夫への報復!袁紹の愛人5人を切り刻んだ劉氏の怨念

この記事の所要時間: 115




劉氏

 

劉氏(りゅうし)は、曹操(そうそう)と天下を競った、

四世三公の名門、袁紹本初(えんしょう・ほんしょ)の妃です。

袁熈(えんき)、袁尚(えんしょう)という袁紹の二人の息子を産んでいます。

袁紹の長男にあたる袁譚(えんたん)は若い頃に養子に出された事から

これは、劉氏に男児が生まれて袁紹が安心したからかも知れません。

そう考えると、袁譚は側室の子であり、劉氏が正室であったのでしょう。




袁尚は、眉目秀麗で袁紹に愛される しかし・・

袁紹、袁尚、袁譚

 

劉氏の二番目の子である袁尚は、父の袁紹に似て立派な容姿を持ち、

母の劉氏に似て、眉目秀麗でした。

袁紹も袁尚を特に可愛がり、密かに袁譚を差し置いて、

自分の後継者と目していたと言われています。

ところが、袁紹は死ぬまで後継者を指名する事はありませんでした。




袁譚派と袁尚派で袁家は揉めていた・・

袁紹の妃03 袁紹

 

それには、深刻な袁紹家臣団の確執が存在していました。

優柔不断で決断力を欠いていた袁紹は家臣の意思統一が出来ず、

郭図(かくと)と辛評(しんぴょう)は袁譚を後継者にしようと運動し、

逢紀(ほうき)と審配(しんぱい)は、郭図に対する個人的な恨みもあり、

袁尚を推していました。

 

このような中では、袁紹も家臣団を分裂させるような事は

うっかり言えず、「まあ時期を見て・・」と考えている間に

急死してしまったのです。

 

息子を守り後継者にしたい・・母の愛が劉氏を修羅に変える

袁紹の妃04 劉氏、袁尚

 

劉氏の焦りと優柔不断な夫、袁紹への恨みは激しいものでした。

なかなか息子を後継者と決めない癖に女遊びは相変わらずで

袁紹には五人の愛妾が存在していたと言われます。

 

劉氏の年齢は不詳ですが、息子二人が成人している事を考えると

それなりの年齢でもあったのでしょう。

自分に振り向かず息子を後継者にもせず、女遊びに現を抜かす

夫、袁紹に激しい憎悪を持ったとしても無理はありません。

 

こうして劉氏は、夫に相手にされない寂しさから、

息子である袁尚への盲目的な愛にのめり込みます。

そして息子の為ならどんな事でもする修羅(しゅら)になっていくのです。

 

袁紹死す・・劉氏は世にも残酷な報復劇を行う

袁紹の妃05 劉氏

 

西暦202年、袁紹が死ぬと、劉氏はすぐに行動を起こします。

袁紹の葬儀が終わらない間に、五人の妾を殺してしまうのです。

そればかりではありません。

 

「美しい姿のまま、あの世に送っては、

再び、夫に寵愛されぬとも限らない・・

そうじゃ、、この者達の顔も体もぐちゃぐちゃに切り刻んで、

二目と見られないようにしてしまえ!!

恥ずかしゅうて、夫に再会できないようにしてやろうぞ・・」

 

こうして見るも無残に切り刻まれた五人の妾は、

劉氏の配下により、どことも分らない場所に捨てられました。

恐らく山にでも捨てられ狼の餌にでもなったのでしょう・・

 

自分と息子を顧みなかった夫、袁紹への復讐心が、

その愛妾達に歪んだ形で炸裂した瞬間でした。

 

sp_title01

 

劉氏の怨念の続きは、「大戦乱!!三国バトル」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「大戦乱!!三国バトル」を登録しよう!




関連記事

  1. 同じくらいの力量の武将や軍師を三国間でトレードしたらどうなる?
  2. もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?
  3. 【キングダム】趙の悼襄王(とうじょうおう)って本当にヤバイ人なの…
  4. 呂岱(りょたい)とはどんな人?三国志第一の老将で孫権からのミッシ…
  5. 【月間まとめ】2016年3月の注目ニュース19選!
  6. 「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  7. 三國クロスサーガ~蒼天の絆~とはどんなアプリゲーム?
  8. 初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part3
  2. 劉備の観察眼をもってしても見破ることのできなかった人物Xとは?
  3. はじさんが劉備を丸裸に!素顔は?身長は?劉備を徹底追及!
  4. 【実録】三国志の時代のショッピングは命がけだった?
  5. 悲惨!呉のエクスペンダブルズ甘寧のストレス爆発人生を振り返る
  6. 新事実!?邪馬台国は魏とお金を使って貿易していた?(HMR)

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

騰(とう)は実在したの?史記に全く記されてない謎の天才将軍 たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王・孫策 諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!? 三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの? インスタグラムはじめました。 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース9記事【7/25〜7/31】 【シミルボン】カルトの手法は変わらない太平道の信者獲得法

おすすめ記事

  1. 王郎(おうろう)とはどんな人?光武帝を苦しめた自称漢のプリンス
  2. 【三国志時代の正月風景】英雄達も正月くらいはのんびりしていたの?
  3. 三国志の時代に活躍した兵士の逸話
  4. 17話:結構頭脳派?少数の手勢を何倍にも見せた菫卓
  5. 【はじめての水滸伝】役級を一挙公開、これが好漢だ!
  6. 韓馥(かんふく)とはどんな人?三国志一被害妄想が激しく袁紹に怯え自殺してしまった武将
  7. 98話:曹操、張魯を降すべく漢中に進軍する
  8. 霊帝は近衛軍創設の為に売官で資金を造った?実は優秀な皇帝の真実

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP