ログイン | 無料ユーザー登録


if三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

狂気!我が子を後継者にしなかった夫への報復!袁紹の愛人5人を切り刻んだ劉氏の怨念


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

劉氏

 

劉氏(りゅうし)は、曹操(そうそう)と天下を競った、

四世三公の名門、袁紹本初(えんしょう・ほんしょ)の妃です。

袁熈(えんき)、袁尚(えんしょう)という袁紹の二人の息子を産んでいます。

袁紹の長男にあたる袁譚(えんたん)は若い頃に養子に出された事から

これは、劉氏に男児が生まれて袁紹が安心したからかも知れません。

そう考えると、袁譚は側室の子であり、劉氏が正室であったのでしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:官渡の戦いで袁紹が勝っていたら三国志はどうなっていたの?


袁尚は、眉目秀麗で袁紹に愛される しかし・・

袁紹、袁尚、袁譚

 

劉氏の二番目の子である袁尚は、父の袁紹に似て立派な容姿を持ち、

母の劉氏に似て、眉目秀麗でした。

袁紹も袁尚を特に可愛がり、密かに袁譚を差し置いて、

自分の後継者と目していたと言われています。

ところが、袁紹は死ぬまで後継者を指名する事はありませんでした。


袁譚派と袁尚派で袁家は揉めていた・・

袁紹の妃03 袁紹

 

それには、深刻な袁紹家臣団の確執が存在していました。

優柔不断で決断力を欠いていた袁紹は家臣の意思統一が出来ず、

郭図(かくと)と辛評(しんぴょう)は袁譚を後継者にしようと運動し、

逢紀(ほうき)と審配(しんぱい)は、郭図に対する個人的な恨みもあり、

袁尚を推していました。

 

このような中では、袁紹も家臣団を分裂させるような事は

うっかり言えず、「まあ時期を見て・・」と考えている間に

急死してしまったのです。


息子を守り後継者にしたい・・母の愛が劉氏を修羅に変える

袁紹の妃04 劉氏、袁尚

 

劉氏の焦りと優柔不断な夫、袁紹への恨みは激しいものでした。

なかなか息子を後継者と決めない癖に女遊びは相変わらずで

袁紹には五人の愛妾が存在していたと言われます。

 

劉氏の年齢は不詳ですが、息子二人が成人している事を考えると

それなりの年齢でもあったのでしょう。

自分に振り向かず息子を後継者にもせず、女遊びに現を抜かす

夫、袁紹に激しい憎悪を持ったとしても無理はありません。

 

こうして劉氏は、夫に相手にされない寂しさから、

息子である袁尚への盲目的な愛にのめり込みます。

そして息子の為ならどんな事でもする修羅(しゅら)になっていくのです。


袁紹死す・・劉氏は世にも残酷な報復劇を行う

袁紹の妃05 劉氏

 

西暦202年、袁紹が死ぬと、劉氏はすぐに行動を起こします。

袁紹の葬儀が終わらない間に、五人の妾を殺してしまうのです。

そればかりではありません。

 

「美しい姿のまま、あの世に送っては、

再び、夫に寵愛されぬとも限らない・・

そうじゃ、、この者達の顔も体もぐちゃぐちゃに切り刻んで、

二目と見られないようにしてしまえ!!

恥ずかしゅうて、夫に再会できないようにしてやろうぞ・・」

 

こうして見るも無残に切り刻まれた五人の妾は、

劉氏の配下により、どことも分らない場所に捨てられました。

恐らく山にでも捨てられ狼の餌にでもなったのでしょう・・

 

自分と息子を顧みなかった夫、袁紹への復讐心が、

その愛妾達に歪んだ形で炸裂した瞬間でした。

 

 

母の命を受けて袁尚が妾の一族まで滅ぼす

 

しかし、いざ妾を残忍に殺してみれば、その一族の報復が怖くなります。

開き直った劉氏は、毒を喰らわば皿までとばかりに愛息の袁尚に命じて、

妾の一族まで滅ぼしています。

 

ところが、ここまでしても、袁尚は袁家の後継者とは決まりません。

異母兄弟の袁譚は反旗を翻し黎陽(れいよう)に駐屯、

みずからを車騎将軍と自称します。

その後、後継者争いに乗じて曹操が黎陽に攻め込むと、

袁譚は、袁尚に援軍を要請しますが、袁尚はこれを拒否します。

ここから兄弟は骨肉の争いに突入していきました。

 

 

劉氏はその後どうなったのか?

 

西暦204年8月、袁尚の本拠地の鄴(ぎょう)は

曹操の猛攻を防げず陥落し守将の審配は捕えられ

降伏を拒否したので処刑されます。

劉氏は、この鄴にいたと思われるので、

ここで捕虜になったのでしょうか?

 

袁家の後継者争いに端を発した袁尚と袁譚の骨肉の争い、、

その浅ましくも哀しい最後を劉氏は、どのように思ったのか、、

この事を伝える史料はありません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:なぜ袁紹は小勢力の曹操に敗北してしまったの?原因は名士だった!?

関連記事:袁紹が死んでも息子たちが協力していれば曹操を倒せたの?

 

【漢のマイナー武将列伝】
漢のマイナー武将列伝

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 三国志の地図 三国時代の荊州でもし総選挙が行われたらどうなる?魏・呉・蜀のマニ…
  2. 曹丕 誰かに話したくなる!三国志にまつわる都市伝説『後漢・魏・呉・晋の…
  3. 環夫人 卞夫人のライバル?息子がすべて優秀な環夫人
  4. 劉備と関羽と張飛の桃園三兄弟 お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!
  5. 兵戸制 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」
  6. くまモンだけじゃない!三国志の時代にもあった着ぐるみ
  7. 孫権に諫言する陸瑁 陸抗と孫権の間に遺恨は残らなかったの?二人のエピソードを紹介
  8. 周瑜に憧れる袁術 袁術が軍師を欲しがってたってホント?人の意見を聞かない袁術の本音…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 幕末刀剣マニアの坂本龍馬
  2. 司馬懿と曹爽
  3. 成キョウ(成蟜)
  4. 大学と東京五輪の連携学生の通訳ボランティア いだてん
  5. 劉璋にアドバイスをする張松
  6. 山本勘助 wikipedia

おすすめ記事

  1. 曹操の曽祖父曹萌が気前良すぎて逆に怪しすぎる!
  2. 124話:曹休、憤死!!石亭の戦いと孫権の即位 曹休
  3. 江藤新平と大久保利通、明治時代の権力闘争 幕末 帝国議会
  4. 西郷隆盛が西南戦争を起こした理由とは? 西郷隆盛像
  5. 【袁術のちょっとイイ話】袁術(えんじゅつ)と蜜柑のお話
  6. 岩倉使節団とは何?大久保利通がイギリスに行った理由 対立する西郷隆盛と大久保利通

三國志雑学

  1. よかミカンさん はじめての三国志ライター
  2. 悩む司馬炎
  3. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  4. 孫権


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呂布に殺害される丁原(ていげん)
  2. 羌瘣
  3. 劉備主役
  4. 城 銅雀台
  5. 楊端和
  6. 子供時代の桃園三兄弟

おすすめ記事

馬騰 馬騰|北方異民族と戦う西の豪傑達にもっと光をを与えてみた 袁術 袁紹 【袁家ファン必見】袁家はどうやって名門になったの?汝南袁氏の基礎を築いた袁安(えんあん)が超苦労人だった 関興と張苞 義兄弟・張苞と関興はどこまでが三国志演義の創作なの? 孫権に煽られて憤死する陸遜 二宮の変を考察!二宮の変は陸遜の殺害が目的だった? 姫様ってあだ名を付けられた戦国大名が存在した!? 鎌倉時代の農業はどんなもの?生産性の向上と飢饉の時代 曹操から逃げ回る劉備 【三国志演義】は劉備を偽善者前提で見ると面白い これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり親友はブチ切れ

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP