よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【ネコ派必見】猫にまつわる中国史の逸話!古代漢民族は無類の猫好きだった?

この記事の所要時間: 339




スキッパーキ

 

前回のイヌに続き、今回はネコについて紹介したいと思います。

イヌ派ネコ派ともいわれるように、ネコといえばイヌに並ぶ人気のペット。

 

陸遜

 

特に近年の猫ブームにも表れているように、ネコ好きは一大勢力となっています。

それではイヌ同様、ネコもペットとして可愛がる風習は昔からあったのでしょうか。

 

関連記事:三国志時代のペット事情が興味深い!陸遜の孫も犬を可愛がっていた!




「猫」という漢字の意味と由来

猫 f

 

そもそも「猫」という漢字は「獣」偏に「苗」と書きますが、この成り立ちには二つの説があります。

一つは「苗」=鳴き声説。始皇帝の秦よりも古い時代の漢字音(上古音)を調べてみると、

「ミァウ」や「ミォウ」等、日本語でもおなじみのネコの鳴き声に似た発音です。

つまり擬声語の当て字ですね。

もう一つは、苗を荒らすネズミを捕食する動物だからというもの。

これは明の時代につくられた漢字字書『正字通』に引用されている北宋時代の学者・陸佃の説です。

ただそうであれば「猫」はむしろネズミを表す漢字になっていそうな気もします。




古代のマナーブック・礼記にも猫について記載がある

 

 

さて、毎度お馴染みの『礼記』には猫についての記事もあります。

郊特牲という天子が行う祭祀に関するトピックの中に「迎猫」という儀式があり、

ネコは田のネズミを食べるため、この祭祀を行うのだと言っています。

つまり田んぼを荒らすネズミ駆除係としてネコをお祀りしたのです。

北宋時代に編纂された発音字典『広韻』にもネコとは「鼠を捕る獣」と説明されています。

 

Chief Mouser to the Cabinet Office wiki

 

そういえばイギリスの「首相官邸ネズミ捕獲長(Chief Mouser to the Cabinet Office)」も

有名ですし、日本でも明治時代にペストが流行した時には国をあげて家々にネコを飼わせ、

ペストネズミを駆逐したといいますから、

古来ネコとは常にネズミを狩る動物というイメージだったのですね。

 

中国最古の漢字字書にも猫について触れている

 

 

さらに中国最古の漢字字書『説文解字』によると、ネコはタヌキの仲間と思われていたようです。

「狸猫」という単語があり、本来は野生の猫の意味ですが、現代中国語ではタヌキにも使われます。

 

某国民的アイドルの青いネコ型ロボットが作中でしばしばタヌキと間違われるのは

中国5千年の歴史的には間違っていないのかもしれません。

 

そんなネコですが、陝西省泉護村での発掘調査によって、

少なくとも5300年前には中国でイエネコが飼われていたという報告がされました。

 

エジプト f

 

ちなみにイエネコといえばエジプトが発祥の地として知られていますが、

エジプトのイエネコの歴史は確実なところで紀元前4千年ごろ、

つまり約6千年前まで遡るとされていますので、砂漠を超えて中国に伝播したとも考えられます。

 

猫にまつわる中国史の逸話

 

 

ところでネコにまつわる中国史の逸話といえば、則天武后のエピソード。

『旧唐書』『新唐書』に載っている話で、

庶民の位に落とされ投獄されたライバル蕭淑妃が

「武后は鼠に生まれ変わり、私は猫となってその喉笛を食いちぎってやる」と呪ったことから、

以後武后はネコを嫌い、宮中で飼うのはタブーになったといいます。

逆に言えば、それまで宮中でネコが飼われていたということですね。

また同書に、隴右節度使の朱泚が、部下の趙貴の家に同じ乳で育った仲の良いネコとネズミがおり、

珍しいので皇帝に献上したというユニークな話も載っています。

 

水滸伝とも関連性がある

 

 

その他ネコをモチーフとした絵などが宋代にいくつか見られますが、

中でも面白いのは『水滸伝』でも有名な北宋代一の芸術皇帝・徽宗の『猫図』です。

実際は直筆でないともいわれていますが、嘘でも自ら描いたと伝わるくらいなので、

皇帝の目の届く範囲にネコが飼われていたのは間違いありません

(この『猫図』は国立国会図書館デジタルコレクションで見る事ができます)。

 

猫 f

 

また『宋史』には民家のネコの話もあるので、

皇帝から庶民まで身分問わずネコを飼っていたことが伺えます。

文献や発掘で見える限り、ネコはイヌに比べると飼育率は低かったようですが、

それでも昔からヒトの身近な動物であったことは変わりありません。

そんなネコが十二支の割り当てから外れた理由を考えてみると興味深いテーマとなりそうです。

 

参考元:5300年前中國已開始養貓-新華網

 

 




 

よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:楽凡

baienfu

自己紹介:歴史専攻は昔の話、今は漢文で妄想するのが得意なただのOLです。

楽凡

楽凡

投稿者の記事一覧

HN:

楽凡

自己紹介:

歴史専攻は昔の話、今は漢文で妄想するのが得意なただのOLです。
何か一言:

タイムマシンが欲しいけど発明されたくない葛藤。

関連記事

  1. なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占い…
  2. 高順(こうじゅん)ってどんな人?張遼と双壁を為す呂布軍の名将
  3. 張遼ってイケメンだったの?【張遼好き必見】
  4. そうなの?諸葛亮はいい加減に歴史を覚えていた
  5. 【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの?
  6. 【結構苦労が多いんです】三国志時代の転職事情が想像以上に複雑だっ…
  7. 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家…
  8. 漢代まではリアルダンジョンだった蜀

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. キングダム564話フィゴ王トアクを瞬殺!「落日」ネタバレ&レビュー
  2. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【反逆編】
  3. 今と変わらない?三国志の時代の勤務評価表を紹介
  4. 新事実!?邪馬台国は魏とお金を使って貿易していた?(HMR)
  5. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(3/3)
  6. 三国志では教えてくれない洛陽と長安の秘密

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.2 【西郷どん】奄美大島に流された西郷隆盛は本当に荒れていたの? 劉備の養子・劉封(りゅうほう)はなぜ殺されねばならなかったの? 劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢 秦が天下統一できたのは斉が他国へ何にもしなかったのが要因か!? 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.3【完】 関羽、曹操に取りあいをされた人妻 杜夫人 劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?

おすすめ記事

  1. 【新企画】「袁術の成長」を通じて貴方も前向きな思考を身につけよう
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【9/5〜9/11】
  3. 【呂布の心に響いた名言】その肉を飽かしむべし。飽かざれば人を咬まんとす
  4. 張燕(ちょうえん)とはどんな人?百万人の盗賊頭にのし上がり呂布とまともに戦った燕
  5. 益州の牧・劉璋の配下で最強の武将は誰か?魏延や黄忠を打ち破ったあの武将
  6. 【お知らせ】耳で聞いて覚える三国志を追加配信しました。
  7. 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?後編
  8. 【李傕・郭汜祭り 7日目】最期の勝者?仲間達を蹴落し勝ち残った董承(とうしょう)

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP