架空戦記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【ネコ派必見】猫にまつわる中国史の逸話!古代漢民族は無類の猫好きだった?

この記事の所要時間: 340




スキッパーキ

 

前回のイヌに続き、今回はネコについて紹介したいと思います。

イヌ派ネコ派ともいわれるように、ネコといえばイヌに並ぶ人気のペット。

 

陸遜

 

特に近年の猫ブームにも表れているように、ネコ好きは一大勢力となっています。

それではイヌ同様、ネコもペットとして可愛がる風習は昔からあったのでしょうか。

 

関連記事:三国志時代のペット事情が興味深い!陸遜の孫も犬を可愛がっていた!




「猫」という漢字の意味と由来

猫 f

 

そもそも「猫」という漢字は「獣」偏に「苗」と書きますが、この成り立ちには二つの説があります。

一つは「苗」=鳴き声説。始皇帝の秦よりも古い時代の漢字音(上古音)を調べてみると、

「ミァウ」や「ミォウ」等、日本語でもおなじみのネコの鳴き声に似た発音です。

つまり擬声語の当て字ですね。

もう一つは、苗を荒らすネズミを捕食する動物だからというもの。

これは明の時代につくられた漢字字書『正字通』に引用されている北宋時代の学者・陸佃の説です。

ただそうであれば「猫」はむしろネズミを表す漢字になっていそうな気もします。




古代のマナーブック・礼記にも猫について記載がある

 

 

さて、毎度お馴染みの『礼記』には猫についての記事もあります。

郊特牲という天子が行う祭祀に関するトピックの中に「迎猫」という儀式があり、

ネコは田のネズミを食べるため、この祭祀を行うのだと言っています。

つまり田んぼを荒らすネズミ駆除係としてネコをお祀りしたのです。

北宋時代に編纂された発音字典『広韻』にもネコとは「鼠を捕る獣」と説明されています。

 

Chief Mouser to the Cabinet Office wiki

 

そういえばイギリスの「首相官邸ネズミ捕獲長(Chief Mouser to the Cabinet Office)」も

有名ですし、日本でも明治時代にペストが流行した時には国をあげて家々にネコを飼わせ、

ペストネズミを駆逐したといいますから、

古来ネコとは常にネズミを狩る動物というイメージだったのですね。

 

中国最古の漢字字書にも猫について触れている

 

 

さらに中国最古の漢字字書『説文解字』によると、ネコはタヌキの仲間と思われていたようです。

「狸猫」という単語があり、本来は野生の猫の意味ですが、現代中国語ではタヌキにも使われます。

 

某国民的アイドルの青いネコ型ロボットが作中でしばしばタヌキと間違われるのは

中国5千年の歴史的には間違っていないのかもしれません。

 

そんなネコですが、陝西省泉護村での発掘調査によって、

少なくとも5300年前には中国でイエネコが飼われていたという報告がされました。

 

エジプト f

 

ちなみにイエネコといえばエジプトが発祥の地として知られていますが、

エジプトのイエネコの歴史は確実なところで紀元前4千年ごろ、

つまり約6千年前まで遡るとされていますので、砂漠を超えて中国に伝播したとも考えられます。

 

猫にまつわる中国史の逸話

 

 

ところでネコにまつわる中国史の逸話といえば、則天武后のエピソード。

『旧唐書』『新唐書』に載っている話で、

庶民の位に落とされ投獄されたライバル蕭淑妃が

「武后は鼠に生まれ変わり、私は猫となってその喉笛を食いちぎってやる」と呪ったことから、

以後武后はネコを嫌い、宮中で飼うのはタブーになったといいます。

逆に言えば、それまで宮中でネコが飼われていたということですね。

また同書に、隴右節度使の朱泚が、部下の趙貴の家に同じ乳で育った仲の良いネコとネズミがおり、

珍しいので皇帝に献上したというユニークな話も載っています。

 

水滸伝とも関連性がある

 

 

その他ネコをモチーフとした絵などが宋代にいくつか見られますが、

中でも面白いのは『水滸伝』でも有名な北宋代一の芸術皇帝・徽宗の『猫図』です。

実際は直筆でないともいわれていますが、嘘でも自ら描いたと伝わるくらいなので、

皇帝の目の届く範囲にネコが飼われていたのは間違いありません

(この『猫図』は国立国会図書館デジタルコレクションで見る事ができます)。

 

猫 f

 

また『宋史』には民家のネコの話もあるので、

皇帝から庶民まで身分問わずネコを飼っていたことが伺えます。

文献や発掘で見える限り、ネコはイヌに比べると飼育率は低かったようですが、

それでも昔からヒトの身近な動物であったことは変わりありません。

そんなネコが十二支の割り当てから外れた理由を考えてみると興味深いテーマとなりそうです。

 

参考元:5300年前中國已開始養貓-新華網

 

 




 

よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:楽凡

baienfu

自己紹介:歴史専攻は昔の話、今は漢文で妄想するのが得意なただのOLです。

関連記事

  1. 三国志の時代のお祭りは、どんな様子だったの?
  2. 【怪しげな宗教団体】どうして多くの民衆が太平道に参加したの?
  3. 三国志の隠れた英雄・皇甫嵩(こうほすう)に起こった事件とは!
  4. 実在した仙人?史実でも孫策に殺されてしまう于吉(うきつ)
  5. 関羽のワガママ死は孫権の無節操が原因だった?
  6. 宝刀・七星剣(しちせいけん)?なにそれ?おいしいの?伝家の宝刀を…
  7. 曹操の名言から知る三国志の世界「徒に先の易きを見て、 いまだ当今…
  8. 袁術は反董卓連合軍の解散後どこで何をしていたの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 読書感想文に使えるオススメ歴史小説「日本の幕末・近代史編」おまけもあるよ
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第29話「女たちの挽歌」の見どころ紹介
  3. 郭修(かくしゅう)とはどんな人?費禕を暗殺したあんまり有名ではない魏の暗殺者
  4. 張邈(ちょうばく)とはどんな人?親友の曹操を裏切って反旗を翻した政治家
  5. BOOK☆WALKERにて『#君主論』の販売を開始しました。
  6. 劉備より先に五斗米道の教祖・張魯が漢中王になった可能性が浮上

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

桃園三兄弟の別れ 関羽の死から夷陵の戦いまでを辿る 桃園の誓いがなかったら劉備はどうなっていたの? 【曹操が慕った偉大な王様】天下の三分の二を所有するも王へ登らなかった周の文王ってどんな人? 意外な事実!三国志の時代のお盆は死者の為に懺悔する日だった! 実は無能では無かった?少帝が妃と交わした最後の歌が悲しすぎる 董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何? 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.2【完】 公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自らの力を知らずに過信した男【遼東三代記】

おすすめ記事

  1. 春秋戦国時代初期の名軍師・范蠡の名言:狡兎死して走狗煮らる
  2. はじめての三国志チャンネル 第2回目 – あなたの心の中にも袁術が住んでいる 【完003】
  3. 蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの?
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【9/18〜9/24】
  5. 孫策・周瑜の断金の交わりを生み出したのは袁術のおかげだった!?
  6. 顔良(がんりょう)ってどんな人?袁紹軍の勇将として名をはせた剛勇
  7. 【呉を作った男達】いぶし銀の輝きを放つ呉の英雄を紹介!
  8. 50話:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP