三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志の時代にも裁判はあったの?実はかなりリーガルハイな感じだった




韓信と劉邦

 

人が生きていれば、時に避けられないのが訴訟ごとです。

もちろん、当事者同士で言い争っても、らちがあくわけはないので、

早い時代から、訴訟を担当する役所が存在していました。

そんな知られざる三国志時代の訴訟とは、どんな様子だったのでしょうか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




県において訴訟を取り扱うのは県令

劉備

 

三国志の時代には、郡県制が敷かれているので、中央以外の行政は、

一番大きくて郡、その傘下に幾つかの県が入り行われていました。

県において、訴訟を扱うのは民事を担当する令(れい)です。

さらに軍事・警察を扱うのは尉(い)、それらの行政をチェックする

監察を行うのが丞(じょう)と言いました。

 

それぞれには、県の頭文字をつけて、県令、県尉、県丞と言います。

劉備(りゅうび)は若い頃、黄巾賊討伐の手柄で県尉に任命されて

いますから何となく身近に感じますね。




何と多額のお金を納めないといけない裁判

村人 ショッピング

 

当時の裁判は、今と同様に民事(訟)と刑事(獄)に分かれていましたが、

いずれも無料ではありませんでした。

民事訴訟を起こした時には、被告原告双方が矢を100本納めます。

これで訴訟に勝利すると矢は返却されますが負けると没収です。

 

また刑事訴訟は、ことが重大である事から鈞(ちょう)金を納めました。

これは黄金三十斤で重さ6681グラムだそうです。

矢100本は兎も角、黄金6681グラムは簡単には用意できません。

よくよく考えてから相手を訴えろよという意味でしょうが、

庶民では刑事訴訟を起こすのは無理だと考えていいでしょう。

 

被告も原告も地面に土下座

張譲

 

さて、裁判風景ですが、今なら、被告が中央の座席に座るという感じですが、

後漢時代は、裁きを下す県令が正面の席に座り、被告も原告も中庭に

土下座だったようで、敷物が敷かれる事もありません。

なんか、県令だけが偉くて、被告原告が双方罪人みたいな扱いですね。

被告原告を顔合わせさせて、取っ組み合いのケンカにならなかったのでしょうか?

 

地位があるヤツは裁判に出席しないで代理を置く

 

また、こういう屈辱的な扱いを受ける事から、官位を保有するエリートは

男女共に裁判には出廷せず、代理として家臣や下僕を座らせていました。

被告と原告がどっちも貴族なら、双方にまるで事件と関係ない人が、

黙って土下座する事になります、、何か変な光景ですね。

 

貧乏人の救済制度、肺石(はいせき)

疫病 村

 

さて、訴訟を起こそうにも、矢も黄金も納められない貧乏人には、

救済措置として、肺石という黄色い石が用意されました。

どうにも我慢できない事がある人は、この肺石の上に立ち、

訴えたい事を述べると、それを役人が聞き届けて王に告げ、

正当であると認めると、訴えられた相手は処罰されました。

 

ただし、調べて正当ではないとされると罰がありましたから

気軽に使えるモノでは無かったようです。

 

訴訟が決着しなかった時の最終手段

韓信

 

しかし、被告原告、双方の言い分を調べても、

どちらが悪いとも言い切れないケースがあります。

むしろ、民事訴訟なら、そっちの方が多いでしょう。

そのような場合には、県令は原告と被告を神に誓わせます。

そして、「嘘偽りを申した者には天罰を」と告げるのです。

 

この誓いの巧妙なのは、原告と被告だけでなく、

土地の人間にも生贄と酒を出させる事で、つまり不正に

味方した村人も天罰を受けるという意味でした。

 

当時は迷信深い時代なので、よほど自分は悪くないと確信している

人以外は、あっさり白状しましたし、真実を目撃しながら、

黙っている村人も天罰を恐れて、こっそり密告する事もありました。

 

死罪も金で解決できる、納得いかない制度

曹操議員

 

そのようにして有罪になり、例えば死罪を求刑されても、

その罪を金で購うシステムが三国志の時代にはありました。

 

例えば死罪は絹二十匹でチャラに出来たと記録にあります。

絹二十匹とは、絹の反物を460メートルという事です。

また、髠(こん:頭髪を剃る)首かせ、足切り、城旦(辺境の警備)

舂(従者の食事を造る:女性の刑)などは、絹十匹でした。

 

当時、絹は幣帛と呼ばれ、一定の大きさで流通する時には、

貨幣の代わりになっていたのです。

 

「まさに地獄の沙汰も金次第、金があれば、死罪をまぬがれ、

金がないと生命を失う、これぞ、ゲスの極み!!」

 

このように三国志の時代は、かなりリーガルハイな感じでした。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

いかがだったでしょうか?

三国志の時代の訴訟は、お金はかかるは地面に土下座だわ、、

訴訟を起こした側が貴族の場合には、代理人が代わりに裁判を受けるわ

なんだか、ヘンテコな感じではないでしょうか?

 

ここから考えると、三国志の時代の訴訟は、

そこまで多くなかったかも知れませんね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

 

よく読まれている記事

 

曹操01

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

朝まで三国志

 

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

袁紹 曹操

 

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 曹操に警戒された司馬懿の凄さはどこにあるのか?
  2. 曹操は褒め上手 【シミルボン】元祖、褒めて伸ばす!曹操のヨイショ作戦が止まらない…
  3. 潼関の戦いに参加した異民族、阿貴と千万とはどんな人?
  4. 韓遂の処世術が現代人にも参考になる!いつでもナンバー2!キングメ…
  5. 歴史上の最強の弓の使い手は誰?太史慈?李広?源為朝?立花宗茂?
  6. 【今さら聞けない】妖怪三国志ってなに?お父さんも子供も夢中の新世…
  7. 徐栄(じょえい)とはどんな人?曹操と孫堅を破った董卓軍の隠れた名…
  8. 三国志の時代に流行した超クールなスポーツ撃壌

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹丕に恨まれた鮑勛(ほうくん)
  2. 皇帝に就任した曹丕
  3. 邪馬台国の卑弥呼はアイドル

おすすめ記事

  1. 読者の声(10月7日~10月13日)
  2. 狐偃(こえん)とはどんな人?晋の文公を覇者の地位までのし上げた宿臣
  3. 劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢
  4. キングダム589話最新ネタバレ「夜の出来事」レビュー キングダム53巻
  5. 終わりが悪かった呉の孫権の惜しさ 呂壱と孫権
  6. 鍾毓(しょういく)の進言が的確すぎる!曹叡や曹爽に撤退の進言をした魏の臣

三國志雑学

  1. 張飛 本 学問 三国志
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呉蜀赤壁の戦い
  2. 項羽
  3. ロボ 関羽

おすすめ記事

孔子の弟子であり文学が得意な子夏 【孔門十哲】子夏(しか)のどのあたりが文学に長けていたの? 【授業に出るかも】正史三国志と三国志演義の違いは何? はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志の魅力編 【003】 騎射の術に長けた騎馬兵士 【衝撃】武霊王がいなければ関羽は赤兎馬に乗っていなかった! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/5〜12/11】 荀灌(じゅんかん)とはどんな人?父の危機を十三歳の少女が救った荀彧の遠孫 織田信長 【センゴク】織田信長が上洛するための大義名分って何?尾張・美濃を攻略する織田家 沮授はなぜか話を聞いてもらえない…主君に恵まれなかった人生

おすすめ記事

  1. 董卓の軍師・李儒はどれだけ凄かったの?革新的な進言を続けた謎の軍師
  2. 【衝撃】韓遂と馬超が賈詡の離間の計で仲違いしたはウソ?
  3. 陸遜はどんな性格だったの?大都督の時代と晩年時代の性格
  4. 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった! 三顧の礼 ゆるキャラ 孔明
  5. 蓋勲(がいくん)とはどんな人?霊帝に信頼され董卓が恐れた硬骨漢
  6. 張郃は袁紹の疑心暗鬼の犠牲者だった!?
  7. 諸葛亮の奥さん(黄夫人)は本当に醜女だったの?
  8. 【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP