キングダム
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志の結婚事情、不公平?女は早く嫁がないと罰金があった

この記事の所要時間: 221




劉備 結婚

 

人の営みのなかでも重要なイベントのひとつである結婚。

時におめでたい事であり時に悩みの種なのはいつの時代も同じです。

特に現代ほど自由恋愛や自分の意思での結婚がままならなかった封建社会では、

結婚とはまさにその後の一生を左右する大事だったことでしょう。

今回は、そんな中国古代の結婚事情についてとりあげてみたいと思います。




『結婚』の漢字について

貂蝉 呂布

 

まずは漢字について。

中国最古の字書『説文解字』によると、結婚の「婚」という字は、

結婚式を昏い時刻(日没後)に行ったことから来ているとされます。

これには陰陽説が関係しています。

陰陽説とは、世の中は磁石のN極とS極のように正反対の二つによって成り立っているとする考え方で、

これによれば陽:陰=朝:夜=日:月=男:女という図式になります。

つまり女性は陰に属するので、女性を家に迎え入れる儀式も同じ陰に属する夜に行ったということです。

日本でもかつて夜間に結婚式を行っていた時代がありました。

「婚」のほかに、結婚を意味する表現でよく見られるのは「娶嫁」です。

「娶」という漢字は男性が嫁を「めとる(=女取る)」という意味から成り立っており、

「嫁」という字は女性が自分の「家」から外に出るというイメージから成り立っているとされます。




古代中国では何歳から結婚できたの?

劉備

 

次に結婚年齢ですが、古代中国のマナーバイブル『礼記』に、男は20歳で成人して30歳で嫁を取り、

女は15歳または20歳で成人となり嫁にいく、という一節があります。

また春秋時代の斉国の桓公が、国に妻帯者を増やす方法を腹心の部下である管仲に問い、

管仲が「成人男子は30歳で妻帯し,女子は15歳で結婚するよう国中に命じることです」

とアドバイスする会話が載っています。

これによく似た例で、同じく春秋時代の各国の伝承や語録を集めた『国語』に、

「臥薪嘗胆」で有名な越王勾踐が富国政策として

「女なら年17、男なら20になってまだ独身でいる場合はその両親を罪に問う」

という法を出したことが書かれています。

要はたくさんの民が結婚して子どもを生んでくれれば、

それだけ人口が増えて生産力や兵力、税収の増加に繋がり国が豊かになるという発想ですね。

同じように前漢でも「女子で15歳から30歳までに結婚しない者は五算」というお触れが出されています。

「算」というのは罰金額を示す単位で、漢の法律では成人の年間人頭税120銭が「一算」なので、

その5倍の罰金ということになります。なかなか厳しいですね。

このほか史料上に14、16、17歳で結婚した女性の話が見えますので、全体的に男20~30歳、

女15~20歳が婚期だったのは間違いなさそうです。

晩婚化が進む日本では2014年の平均初婚年齢が男性31.1歳、女性29.4歳ですから、

そんな我々からすると男性は多少早いくらいですが、女性はかなり早婚のように思えます。

もちろん今ほど長生きではなかったであろう時代の価値観としては、

子どもがたくさん欲しいなら奥さんはより若い方が良かったのでしょうが、

人間の生物的な成熟度は今も昔もそう変わらないように思われます。

特に前漢代は早婚の傾向が顕著だったのか、

「世俗では結婚があまりに早すぎる。人の親となる道を知らずに子どもを生んで、

まともに教育できず、幼くして死んでいく民が多い」という批判が『漢書』に載っています。

 

結婚にまつわるタブー

曹操と劉備

 

結婚にまつわるタブーとしてユニークなのは、同性婚ならぬ同姓婚の禁止です。

実は中華圏では歴史的に同姓同士での結婚が敬遠されてきたのをご存知でしょうか?

これは同姓だと血の繋りがある可能性があり、近親相姦になりかねないと考えられたためです。

先述の『国語』は同姓の男女が夫婦となると子孫が繁殖しないと言い、

後漢時代に書かれた『白虎通義』は同姓を娶らないのは

「同族だった場合、血が絶える」や「人倫に反する」、

「生物は異類によって生じる」などと解説しています。

血を守るという観念からむしろ親族内での結婚が珍しくなかった日本や欧州とは真逆で、

中国では血縁同士の結婚にネガティブなイメージがあったのです。

実際、血が近すぎると遺伝的な問題が生じるのは明らかになっており、

現在では世界各国で法的に規制されています。

もちろん同姓だからといって必ずしも近親者とは限りませんから、

同姓不婚は迷信に近いものがありますが、

それでも中国ではなんと2000年以上も昔から近親婚の危険性に気づいていたのですね。

同姓不婚の制度は清代の終わりに廃止されていますが、

台湾などでは今でもそうした観念が残っていて習慣的に避けられています。

 

三国志ライター楽凡の独り言

baienfu

 

最後に、『漢書』から興味深いエピソードをご紹介します。

前漢の建平年間のこと、豫章というところで、ある男子が女子に転化し、

人の嫁となって一子を生んだそうです。

不吉の前兆として記録されたものなのでデマの可能性が高いですが、

なかなか想像を掻き立てられる話ですね。

 

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—




 

楽凡

楽凡

投稿者の記事一覧

HN:

楽凡

自己紹介:

歴史専攻は昔の話、今は漢文で妄想するのが得意なただのOLです。
何か一言:

タイムマシンが欲しいけど発明されたくない葛藤。

関連記事

  1. 袁術へ強制的に仕えることになった華歆がマッハで彼に見切りをつけた…
  2. 【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも…
  3. ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期
  4. 遊牧民の衝撃の髪型 辮髪(べんぱつ)って何?
  5. 【真田丸特集】有能なのに歴史の影に埋もれてしまった真田信之と程昱…
  6. 独裁なんて無理!三国志の群雄は雇われ社長
  7. もし荊州を趙雲に任せたらどうなったの?【ろひもと理穂if考察】
  8. 剣と刀ってどう違うの?【いまさら聞けない三国志の大疑問】

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃の事実】実は三国志には桃園の誓いなんてものは無かった
  2. 西郷糸子はどんな人?西郷どんの3番目の妻は冗談好きのしっかり者
  3. 井伊直弼は倒れても像は倒れず!!震災と戦争を耐えた銅像ヒストリー
  4. 孫呉の二代目丞相・顧雍に迫る!正史三国志・呉書からみた丞相の実績
  5. 蒋済(しょうさい)とはどんな人?曹魏四代に仕えた宿老の生涯
  6. 曹操が行った大改革って何?|パイを奪うより自分で焼け!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

3周年を迎える「はじめての三国志」公式オンラインストアをオープン! 三國無双のイケメン武将・魏の鍾会にまつわるエピソードがすごい 五丈原の戦いは緊張感に乏しい戦だった? 張裔(ちょうえい)とはどんな人?あぶねぇ~もう少しで呉の文官になりかけた政治家 秦が天下統一できたのは斉が他国へ何にもしなかったのが要因か!? 鄧艾(とうがい)ってどんな人?苦労人のド根性人生に迫る 【真田丸】三谷幸喜ならやりかねない?実は生きていた真田信繁!!頴娃にある伝・真田墓に訪れてみた 公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自らの力を知らずに過信した男【遼東三代記】

おすすめ記事

  1. 【陳祇】蜀滅亡の原因は黄皓だけのせいではなかった?
  2. 島津久光(しまづ ひさみつ)とはどんな人?西郷隆盛の生涯のライバル?
  3. 呂布の裏切りについて考察してみた
  4. 三国志細かすぎる知識シリーズ皆が持っていた手版
  5. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?青年期は貧しいが性根の優しい人物Part.1
  6. 阿部正弘の家紋鷹羽紋とはどういう家紋?
  7. 【無残な最期を遂げた鄒氏】残酷な死を迎えた三国志の美女
  8. 【荀彧の心に残る名言】誠にその才あれば、弱と雖も必ず強し

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP