三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

はじめての変

【シミルボン】三国志の裏側:使い捨てられる兵士はどこからやってきたのか?

陸遜 兵士
この記事の所要時間: 213




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」専用オリジナルコンテンツです。

 

陸遜 兵士

 

三国志に欠かす事の出来ない要素と言えば、武勇無双の豪傑、神算鬼謀の軍師

それよりなにより、全く目立つ事なく、黙々と戦う兵卒ではないでしょうか?

三国志を構成する重要な要素である兵卒、彼等はどこからやってきたのでしょう。




武帝の拡張主義が貧富の格差拡大を生み出した。

張良㈭ 広武山決戦編02 劉邦

 

三国志の時代の下地は、それ以前の漢の時代にすでに用意されていました。

すでに前漢の7代皇帝、武帝(ぶてい)の時代に騎馬民族、匈奴(きょうど)との

度重なる戦いが起き、漢の領土は大きく拡張されますが、軍事費は増大し、

劉邦の時代からコツコツと蓄えた富を使い尽くしていました。

 

困った武帝は、経済官僚の意見を入れて、塩と鉄を国家が一括して買い取り、

公定価格で売買する専売制を導入します。

 

それにより、漢の国庫は一気に潤いますが、国から委託を受けた商人の中には

意図的に、塩を高値で消費者に売りつけたり鉄製品を粗製濫造して

農民から暴利を得るなど腐敗が目につくようになります。




世界最古の経済論争、塩鉄論が巻き起こるも風潮は変わらず

 

一方で儒教を信奉する知識人は、経済に国家が介入する事に反対し、

紀元前81年、推進派の桑弘羊(そうこうよう)と激しく論争しました。

これは、世界最古の経済論争であり、この時の一部始終を記録した

塩鉄論という書物も出ています。

 

論争は儒教徒の知識人が終始リードしていましたが、

さりとて、知識人には、塩鉄の専売に対抗する経済プランは無く

酒の専売制が廃止されただけで、塩鉄の専売は続いていきます。

 

富の偏在が貧困を産み、武帝は酷吏を使って取り立てを厳しくする

疫病 村02b

 

このような風潮により、各地には塩と鉄の利益で巨万の富を築く、

大商人が出る一方で、一度の不作で税金が払えなくなり処罰を恐れて、

土地を放り出し、山賊になったり、大土地所有者になった豪族に匿われ

私有民になっていく農民が急増しました。

 

私有民が豪族に搾取され、どんな悲惨な暮らしを送っていたかを

如実に示す逸話が、崔寔(さいしょく)の「政論」にあります。

 

豪族は巨万の富を蓄え、大名のように広い土地を持ち、賄賂で役人を買収して 国の政治を動かし、ごろつきを養って民をおどしつけ、罪なき人々を殺すなど 横暴の限りを尽くしている・・・・・・だから普通の農民はほんの僅かの土地もなく 親子ともども首をうなだれ小さくなって奴隷のように豪族に仕え、妻子ともども これに使役されている。 豪族が贅沢な毎日を送っているのに対して、貧乏人はいつまでたっても 奴隷のようなみじめな暮らししかできず、衣食にも事欠く有様である。 一生働き通しても、死んだ時に葬式さえ出せない、ちょっとした不作の年には 家族はちりぢりになり妻子を売ったりしなければならない。 まったく農民の生活は、なんのために生きているのかと言いたいほど、 痛々しいものである

出典元:中国古代の貨幣

 

さて、税収の低下に対して武帝は、法律至上主義の酷吏という官僚を使い、

厳しく税を取り立てたので、困窮する農民は増大し、かえって治安は

悪化する結果になります。

 

二極化する人民、公民と私有民

 

武帝の時代以後、行き過ぎた酷吏を止めて、税を軽くするなどの措置が取られ

貧民の救済が行われますが、それでも各地の豪族の荘園に逃れて、

私民となる人々の流れは止める事が出来ませんでした。

 

こうして、前漢の終わり頃には、国家の戸籍に籍を持つ公民と、

逃げてしまって豪族の荘園で食うや食わずの搾取を受ける私有民へと、

人民は二極化していくのです。

 

シミルボン

 

【シミルボン】三国志の裏側:使い捨てられる兵士はどこからやってきたのか?

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!

 

※本稿はシミルボンに掲載された記事をはじめての三国志用に再編集したものです




関連記事

  1. 008247928cb188ce3bc7a9f1cc811926_m 山海経(せんがいきょう)って何?|中国古代の神話世界
  2. 曹萌 曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?
  3. 孫晧 孫晧(そんこう)とはどんな人?呉のラストエンペラー「暴君」の名を…
  4. 劉備 黒歴史 もうやめて…!劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消…
  5. 夏侯惇 夏侯惇の死後、一族はどうなったの?忙しかった夏侯惇はイクメンでは…
  6. 陳宮 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家…
  7. 曹操VS孫権R2 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part2
  8. 袁紹逝く! ゆるキャラ 曹操の北伐~袁氏の滅亡~

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操 五胡十六国
  2. 関羽 4コマアイキャッチ
  3. 公孫攅と劉備
  4. 怒る 献帝
  5. アハルテケ
  6. 海音寺潮五郎
  7. 曹操と劉備
  8. 黒田 wiki
  9. 始皇帝 死ぬ
  10. 魯粛

おすすめ記事

  1. 歴史上の最強の弓の使い手は誰?太史慈?李広?源為朝?立花宗茂? 源為朝
  2. 初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方 孔明 正史
  3. 【真田丸】高速で関ヶ原の戦いは終わったが、どうして三成と家康が戦うことになったの?『黒田廉の考察』 真田丸 劉備
  4. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.1 岳飛
  5. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?苦難に耐えて皇帝になる Part.2 光武帝劉秀part2 05 劉秀
  6. そういえば曹操の墓が見つかったけど本物なの? 曹操の墓

三國志雑学

  1. 朝まで三国志 劉表
  2. 曹叡
  3. 劉禅 韓非子
  4. 水魚の交わり
  5. 天地を喰らう

ピックアップ記事

  1. 始皇帝
  2. 孫権
  3. 諸葛均 孔明の弟 ゆるキャラ
  4. photo credit: Tulips/The Language of Flowers (15/52) via photopin (license)
  5. 涿州張飛廟
  6. 龐統と的盧
  7. 曹丕
  8. 趙姫

おすすめ記事

8月分週間まとめ 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【8/8〜8/14】 曹操 三国志 ゆるキャラ1 乱世の奸雄・曹操の初陣はどんな戦いをしてたの? はじめてのストライキ はじめての三国志「ストライキ決行」の熱い舞台裏 項羽 孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3 曹操 【曹操孟徳の心に残る名言】法を制して自らこれを犯さば、何をもって下を帥いん 荀彧 魏の名臣・荀彧(じゅんいく)はなぜ亡くなったの?【謎の死を遂げた名臣】 光武帝劉秀part1 01 劉秀、陰麗華 【リアルチート】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?優れた政策と逸話 Part.3 劉邦おんぶ 優秀な人材 人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

おすすめ記事

  1. 田横(でんおう)ってどんな人?不撓不屈の精神で正義を模索した王の生涯 photo credit: Wisdom - Seeds of Light via photopin (license)
  2. 【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介! 甘寧と凌統と呂蒙
  3. 正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに? 大橋先生&小橋先生
  4. 孔明にパクリ容疑!?天下三分の計を最初に考えた蒯徹(かいつう) photo credit: Orchids in the Mist via photopin (license)
  5. 三国時代の音楽ってどんな感じだったの? 周瑜 周郎
  6. 曹叡(そうえい)とはどんな人?曹丕の息子で二代目魏の皇帝 曹叡
  7. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期 献帝
  8. 【燕の名将・楽毅の名言】古の君子は交わりを断つとも悪声を出さず photo credit: aquigabo! Abyss via photopin (license)

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP