三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

はじめての魏

魏のラストエンペラー曹奐(そうかん)魏の最後はどうやって迎える事になったの?

太陽 三国志 写真
この記事の所要時間: 513




曹丕

 

曹操が基礎を組み立て、曹丕(そうひ)が皇帝となって開いた魏王朝。

その後曹叡(そうえい)・曹芳(そうほう)・曹髦(そうぼう)の三人が皇帝となって

行きますが、曹叡まで魏の最高潮の時期でした。

曹芳・曹髦は魏の権威は失墜し、魏の権力はほとんど司馬家に移ってしまい

魏の滅亡は目前となっておりました。

こうした中魏の最後の皇帝である曹奐(そうかん)が新しい皇帝となります。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




魏の最後の皇帝が擁立される

太陽 三国志 写真

 

司馬昭は曹髦を倒した後、新たな皇帝を擁立しなくてはならなくなります。

彼は新たな皇帝として燕王(えんおう)の息子・曹奐(そうかん)を新しい皇帝として

即位させます。

こうしてあらたな皇帝として曹奐が即位する事になります。

曹奐は皇帝に即位するとすぐに司馬昭へ晋公(しんこう)・相国(しょうこく)の位を

与えようと考え早速司馬昭に使者を送ります。

しかし司馬昭は曹髦を殺害してしまった直後で、

曹髦殺害を大いに悔やんでいる事が原因で、

曹奐からの贈り物を受け取る事をしませんでした。

曹奐は司馬昭が位を受け取らなかった事に驚き、すぐに再度使者を送りますが、

司馬昭はまたしても曹奐から送られた位を受け取る事をしませんでした。

こうして曹奐と司馬昭との間で5回も使者が往復し、

5回目になってやっと司馬昭は曹奐からの送られてきた位を受け取る事をします。

司馬昭は晋公・相国の位に就いたことで、

次の昇格を迎えると曹奐が居る皇帝の位に就く事になります。




魏国を取り巻く状況が刻々と変化していく

photo credit: Sunrise via photopin (license)

photo credit: Sunrise via photopin (license)

 

曹奐は司馬昭に最大級の位を授けても、魏の国が置かれている状況は何にも

変わるどころか、どんどん追いつめられて行きます。

曹魏が追いつめられていく事になった原因は、

三国の一角であった蜀が滅亡してしまった事です。

司馬昭は蜀が連年の北伐によって大いに国力を低下しているとの情報を手に入れると、

側近である鍾会(しょうかい)に大軍を与えて蜀討伐へと向かわせます。

鍾会は蜀軍と遭遇すると幾度か勝利を収める事に成功しますが、

剣閣(けんかく)に籠った蜀軍を打ち倒すことができずにてこずってしまいます。

しかし鄧艾(とうがい)の別動隊が見事に蜀の内部に侵入する事に成功し、

蜀の本拠地である成都城へ向けて進軍していきます。

蜀の皇帝である劉禅は鄧艾軍が成都城へ迫ってくると驚き、魏へ降伏する事になります。

こうして蜀が滅亡した事で、魏軍は外圧が無くなった事で大いに楽になります。

 

司馬昭の息のかかった配下が魏の政権に参加する

蜀が滅亡した事により、魏の政権の内部では大きく司馬家の勢力が拡大します。

そのため魏の政権では司馬昭配下の家臣が多く、魏の政権に参画する事になります。

代表的な家臣としては曹ぼう殺害の支持者である賈充(かじゅう)

元曹爽の配下である裴秀らが司馬昭の文官兼参謀役として宮中に出入りします。

司馬昭の文官兼参謀役として宮中に出入りします。

また武官では陳矯(ちんきょう)の息子である陳騫(ちんけん)・

陸遜の息子である陸抗(りくこう)と敵同士でありながら親密な親友関係を築き、

魏の荊州方面で活躍する事になる羊祜(ようこ)らが武官ながら司馬昭を指示していきます。

 

呉の皇帝が入れ替わる

孫晧

 

蜀の滅亡後、呉の皇帝であった孫休(そんきゅう)が亡くなると、

次世代の皇帝である孫晧(そんこう)が皇帝に就任します。

孫晧は皇帝に就任する前の評価はすこぶるよく魏の脅威となるような人物でした。

彼の評価は「小覇王と言われた孫策(そんさく)に匹敵する人物」と言われておりました。

皇帝に就任した当初は、孫策と言われた評判通り民衆に施したりと、

名君にふさわしい行動を行っていきますが、

次第に孫晧の態度が変わり暴君として変化してしまいます。

彼は逆らった家臣や気にくわない家臣を見つけたらすぐに殺害。

また後宮の美女を大いに蓄えて酒池肉林の生活を始めていきます。

 

関連記事:理不尽すぎてもはや笑える、デマのせいで殺された孫奉(そんほう)

 

司馬昭死す

この孫晧の暴虐ぶりの情報を手に入れた司馬昭は、

当分の間呉に注意する必要はないと判断。

魏王朝にとどめを刺して司馬家の王朝を開くための準備を行っていきます。

しかし司馬昭は魏王朝を閉じる前に亡くなってしまいます。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 曹操 ヨイショ 韓浩(かんこう)とはどんな人?曹操が常に手元に置きたがった男…
  2. 英雄曹操とナポレオンを比較 意外に似ている曹操とナポレオン、英雄対比してみた
  3. photo credit: Blue flower 1 via photopin (license) 鮑勛(ほうくん)とはどんな人?自分の意見をまっすぐに答え曹丕に恨…
  4. 曹沖 幻の皇帝?曹操が最も愛した息子……曹沖について
  5. photo credit: the_rose via photopin (license) 劉瞱(りゅうよう)ってどんな人?王族出身の名門参謀でもあり魏の重…
  6. 曹操のムスコ達アイキャッチ2 集まれ曹操の25人の息子たち・その3
  7. 基礎知識 馬謖04 張コウ 【俺たちだって五虎将だ!】魏の五虎将たち~張郃篇~
  8. 曹叡 曹叡(そうえい)とはどんな人?曹丕の息子で二代目魏の皇帝

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 許チョ
  2. 五虎大将軍 馬超
  3. 袁耀
  4. 蜀 兵士
  5. 孫権
  6. photo credit: A cold dawn (Explore) via photopin (license)
  7. 趙姫
  8. 李姫
  9. 陳平
  10. キングダム 映画

おすすめ記事

  1. 【三国志の疑問】どうして宦官は消滅しなかったの? 宦官
  2. キングダム最新刊43巻発売決定!43巻の見どころとネタバレ予想! 王騎
  3. 三国志で複雑なシリア内戦をザックリ解説 photo credit: Hue 1968 - US Marines Watching Bomb Exploding via photopin (license)
  4. 【軍師連盟】司馬懿は曹操の仕官の誘いを何で断わったの? 司馬懿と曹操
  5. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第9部 朝まで三国志
  6. 【衝撃の事実】国士無双と言われた韓信に子孫がいた? 韓信

三國志雑学

  1. photo credit: orchid bloom via photopin (license)
  2. 孫策 頬
  3. 王昭儀
  4. 最弱武将 張飛
  5. 河了貂

ピックアップ記事

  1. 始皇帝
  2. 張飛
  3. 三国志 居酒屋
  4. 田中角栄
  5. 関羽VS華雄完成
  6. 鄧禹
  7. 曹操 黄巾党が仲間に!
  8. 三国志 関羽

おすすめ記事

ヤンキー曹操 治世の能臣乱世の奸雄:曹操に人気がない理由は? 荀彧 袁紹 【結構苦労が多いんです】三国志時代の転職事情が想像以上に複雑だった 劉禅 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART3 魏延 魏延(ぎえん)ってどんな人?|裏切り者?それとも忠義の士? 陸遜 あっちもこっちも将軍、将軍、将軍だらけ!三国志の将軍の位がわかると上下関係がわかる! 三国志 象兵 井の頭自然文化園の象「はな子」にまつわる光と影&三国志時代の英雄は猛獣をどう扱っていたの? 劉禅0 実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗 袁紹 曹操 無理ゲーを打開する曹操が凄い!曹操を苦しめた歴代武将

おすすめ記事

  1. 田横(でんおう)ってどんな人?不撓不屈の精神で正義を模索した王の生涯 photo credit: Wisdom - Seeds of Light via photopin (license)
  2. 1800年前の古代中国に鉄軌道跡を発見、燃料不足解消か?長安から漢中までの鉄軌道 08_tory_railtrack_ubt
  3. 110話:関羽の悲報に復讐に燃える劉備 劉備 関羽途方 ぶち切れ
  4. 「楚」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介 photo credit: Blue and Green via photopin (license)
  5. え?まるでバカ殿?三国志時代の愛されメイクを紹介。どんな風にお化粧してたの? 曹操 バカ殿
  6. はじめての三国志 X 大戦乱!!三国志バトル 01_main
  7. 【あの人の子孫は今】趙雲の子孫っているの?趙氏(ちょうし)について 趙氏
  8. ここを押さえれば大丈夫!NHK大河ドラマ『真田丸』を100倍楽しむ方法! 真田丸 NHK 引用

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP