キングダム
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【シミルボン】こいつを捕まえたら1万銭!三国志の時代にもあったWanted




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」に配信されているコンテンツです。

 

kawauso

 

西部劇で連想するものと言えば、あの荒野をくるくる回る野草、

そして、町のあちこちに掲げられた指名手配Wantedの張り紙でしょう。

いかにも悪そうな賞金首の写真に賭けられた賞金こそ、無法が罷り通る西部という

感じがしますが、実は、三国志の時代にもWantedはあったのです。




三国志の時代に立てられた立て札 偏

曹植

 

漢の時代には、教育制度が整い、割合に識字率が高かった事もあり、

政府の広報や様々な情報は、偏(へん)という立て札で掲示されました。

前漢中期から後漢初期に出土したエチナ漢簡には、以下のような

命令が書かれていました。

 

・郷、亭、市、里の目のつく所に大きく掲げて吏民全てに読ませよ。

・偏に胡虜の購賞について記載せよ、二亭ごとに偏を一つ掲げる事。

 

郷(ごう)というのは、県よりも小さい都市を意味していて、

里は、郷や県の中の一区画を意味します。

市とは市場、亭(てい)は官公庁の重層構造の建築物を意味しています。

つまり、偏は、あまねく民衆がいる所に立てるようにという意味です。

 

もうひとつの胡虜(こりょ)の購賞(こうしょう)の胡虜とは、

逃亡中の異民族の兵士を意味し、購賞とはそれを捕えた場合に送られる賞金です。




度々、侵略してくる異民族を捕える為に賞金を利用した

四龍将04 張嶷

 

漢の時代にも、辺境では、度々、異民族が侵入してきて掠奪や殺人が起きました。

それを何とかするのは、もちろん兵士の役割ですが、それで補えない部分を

偏を立てて、賞金を記す事により腕っ節がある庶民にも捕まえてもらおうと

漢の政府は考えていたのです。

 

まさしく、治安の手が足りない部分を懸賞金で補おうという発想で、

基本的には西部劇のようなケースと同じだと言えるでしょう。

 

胡兵ばかりではなく、犯罪者、そして善行でも払われる購賞

暗殺計画自慢の董承07 秦慶童

 

この購賞、もちろん、異民族の敵兵ばかりではなく、

逃亡している犯罪者を捕まえて役所に引き渡しても支払われました。

 

ただ、コソ泥レベルの場合には、捕えるのに大した苦労がないので

何もなし、それ以上の犯罪者を密告するなり、捕えるなりすれば

賞金として黄金が与えられていました。

 

それ以上の、極刑が適用される国家反逆者のような場合には、

捕えるなり、斬首するなりすれば、黄金ではなく何十万銭という

大金が購賞として与えられました。

 

こう考えると一財産築けるような大チャンスに見えますが、

捕まえれば、大金が貰えるような凶悪犯罪者は、

通常軍隊が出動して逮捕していました。

このような凶悪犯を捕えるのは、一般人では難しかったでしょう。

 

犯罪者ばかりではなく、善行をしても購賞を貰えた

 

また、この購賞制度で面白いのは、犯罪者ばかりではなく、

善行を行った人間にも賞金が支払われたという点です。

 

それは、例えば、河に落ちて溺れた子供を救助した場合などの

人命救助が該当していました。

 

むしろ、こういう善行には、賞金を掛けない方が、

より純粋な行為になるような気もするんですが、

それよりも、賞金をかける事で、積極的に人助けをして、

善行を積むようにという道徳的な考えがあったようです。

 

三国志のハイライト、義勇兵募集も偏によって行われた

陸遜 劉備

 

西暦184年、中国は黄巾賊(こうきんぞく)の反乱によって大混乱に陥ります。

漢王朝は長い平和で、正規兵が使い物にならなくなっており、

それを補う為に義勇兵を募集していますが、その際に使用されたのも

この偏のような立て札でした。

 

 

劉備(りゅうび)や孫堅(そんけん)や、公孫瓚(こうそんさん)のような人々も、

この偏を見てから、戦乱の中に身を投じ、頭角を現わしていくのです。

 

シミルボン

 

【シミルボン】こいつを捕まえたら1万銭!三国志の時代にもあったWanted

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. ボロボロになった馬超 晩年の馬超が精神的にも燃え尽きていた事実が判明
  2. 三国時代の故事成語『白眉』と『泣いて馬謖を斬る』
  3. 三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達
  4. 島津久光(しまづ ひさみつ)とはどんな人?西郷隆盛の生涯のライバ…
  5. やる気ゼロ!三国志の軍隊が弱すぎた理由
  6. 苛ついている曹操 【後漢のゴーマニスト】実証主義を貫いた王充(おうじゅう
  7. 蔣琬と費禕の二人がいなければ三国志の歴史が大きく変わっていた!?…
  8. 荀彧がもらった空箱には一体どんな意味があったのか!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 近藤勇 新選組
  2. 曹操と夏侯惇
  3. 2018年末のご挨拶 はじさんスタッフ 石川 おとぼけ kawauso 黒田 みおやま

おすすめ記事

  1. キングダム586話ネタバレ雑学兵士達の暇つぶしは?
  2. 【新企画】「袁術の成長」を通じて貴方も前向きな思考を身につけよう
  3. 【衝撃の事実】実は三国志には桃園の誓いなんてものは無かった
  4. 【三国志の英雄】曹操の恐ろしいエピソードをご紹介
  5. 【8月の見どころ】8/27公開予定:本当は嫌なヤツだったかも知れない五丈原の費禕に迫る
  6. 華麗なる中華世界を彩る三国志の武器

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

キングダム 本ネタバレ536話「大将軍の景色」 趙雲の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行 ええっ?蒙驁(もうごう)将軍は史実では秦の六大将軍に並ぶ超名将だった 羊コと信頼の関係を築く陸抗(りくこう) 羊祜 陸抗と羊祜は力が拮抗していたから○○しなかった ブサメン軍師、龐統(ほう統)|鳳雛と呼ばれたホウ統 衝撃の魏延焼殺作戦!吉川英治と『通俗三国志』 孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3 明智光秀 麒麟がくる どうして明智光秀は織田信長を討てたのか?

おすすめ記事

  1. 孔子の幼少期から青年期はどんな人だったの?
  2. 【センゴク】織田信長の宿敵・朝倉義景はどうやって撃破されたの?
  3. 曹操にまつわる梅林の話は本当なの?梅干しが曹操軍を救う?
  4. 【センゴク】何で将軍・義昭は織田信長の和睦交渉に応じたの?それは信長の幸運と反攻作戦にあった!
  5. 命乞いでここまで堕ちるか?関羽に命乞いし全てを失った男・于禁
  6. 兗州人がパッとしない理由は地元群雄が壊滅したからだった
  7. 劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ
  8. 海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 番外編】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP