ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

はじめての漢

三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚

公孫攅と劉備




反董卓軍010

 

公孫瓚は、三国志の序盤では、反菫卓連合軍の将軍として、

劉備関羽張飛の桃園三兄弟を配下として従えて登場します。

 

実は劉備は若い頃、盧植という人物の弟子で公孫瓚は兄弟子だったという

伏線があり、その縁で公孫瓚の配下として参戦しているのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1

関連記事:公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2

 

 

三国志演義の公孫瓚はどんな人物?

公孫攅と劉備

 

公孫瓚は、容姿端麗で威厳のある武将として描かれていて、

異民族から選抜した機動力抜群の騎兵を率いて、

白馬将軍と美称されるなど格好いい扱いです。

 

 

正史の公孫瓚はどんな人物?

朝まで三国志 公孫瓚

 

ですが、それは三国志演義だけの話であり、正史の公孫瓚は、

野心の達成の為なら、なんでもやるという悪党なのです。

 

公孫瓚の最初のライバルは、幽州牧である劉虞でした。

劉虞は、後漢の建国者である光武帝の末裔の名門の家柄です。

 

また、彼は温厚で質素、真面目で誠実な人物として、

庶民の声望が厚い人物でした。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

 

劉虞と公孫瓚の違い

朝まで三国志 劉虞

 

劉虞は、烏丸(うがん)という異民族を鎮圧する使命を受けていますが

力攻めを嫌い帰順した烏丸族に贈り物をするなどして、

懐柔策を取り、烏丸もこれに服したと言われます。

 

一方の公孫瓚は、同じ幽州を拠点にしていましたが、、

「異民族は力で制圧しないと漢王朝を侮る」

という好戦的な主張をしていました。

 

公孫瓚の悪党ぶり

公孫瓚

 

それはそれでいいですが、自身を正当化する為に、

劉虞が烏丸族に送った贈り物を毎回強奪していたようです。

 

劉虞からすると、「お前、、邪魔すんなよ」ですが、

劉虞が抗議しに来ると公孫瓚はいつも仮病を使って会いませんでした。

どうでしょう?公孫瓚の性格の悪さが見えませんか?

 

 

劉虞、遂に公孫瓚を攻める!

朝まで三国志 劉虞

 

劉虞は、いずれ公孫瓚が自分を狙ってくる事を考えて、先手を打ち、

心服させた烏丸族を糾合して数万の兵力を組織して公孫瓚を攻撃します。

 

それを知った公孫瓚は、城に籠って民衆を盾にして対抗します。

おお、これは汚い、あまりにも汚い戦法です(笑)

 

劉虞は、人民を慈しむ君子として通っているので

これを攻めあぐねてしまいます。

 

 

劉虞敗れる

騎馬兵 三国志

 

公孫瓚は、こうして劉虞の矛先を封じて、機動力が高い騎兵を多用、

ゲリラ戦を展開して劣勢を挽回して遂に劉虞を捕えてしまいます。

 

捕えられはしたものの、庶民は劉虞を慕っているので助命を嘆願します。

徳は積んでおくもんだなと思いますが、公孫瓚には通じません。

 

公孫瓚は劉虞を市中で引き回して侮辱した上で、

 

「皇帝になれるような人物なら真夏でも雨を降らす事が出来よう」

と助命の為の無理難題を吹っ掛けます。

 

 

劉虞はどうなったの?

朝まで三国志 劉虞

 

時は真夏です、雨は降らず、劉虞は処刑されました、、

 

直後に、長安では菫卓が暗殺され、一時王允による漢王朝の復活が

起きていて献帝は、劉虞を北方、六州の太守に任命します。

 

 

公孫瓚の悪役ぶりは更に磨きを増す

朝まで三国志 公孫瓚

 

そこで、公孫瓚は、死んだ劉虞の評判を落とす為に、

「劉虞は皇帝になろうという野心があった為に自分が討伐した」

と嘘八百を並べて、劉虞を中傷しました。

 

この行動により、庶民の支持を失った公孫瓚は、幽州の支配者の地位を

手にいれると、豪華な生活に耽っていきます。

 

袁紹が攻めてきた、さぁ公孫瓚どうする?

朝まで三国志 公孫瓚

 

やがて、袁紹が攻めてくると、前線の将軍から、公孫瓚に援軍の要請が来ます。

しかし、公孫瓚は一兵の援軍も送らず将軍を見殺しにしました。

 

理由は「援軍を送るとそれを当てにして、部下が必死に働かなくなる」

という驚くべき、トンチンカンな理由でした。

 

援軍が来ない事を知った前線の将兵は、袁紹軍が入ってくると、

我先に司令官を殺して続々と降伏しました。

 

その為に、袁紹軍は、簡単に公孫瓚の本拠地である易京まで侵攻できたのです。

 

 

袁紹軍・遂に公孫瓚まで近づく

朝まで三国志 公孫瓚

 

易京には巨大な城壁があり、兵糧も10年分も備蓄してありましたが、

袁紹は、トンネルを掘り、地下で城塞の建物の柱を破壊して楼閣を崩します。

 

公孫瓚は死を覚悟して、家族を殺して城に火を放って死にました。

西暦199年の事だと伝わります。

 

三国志演義では劉備の気のいい兄貴分な公孫瓚ですが、

正史では、かなり性格が悪い、奸雄の一人なのです。(笑)

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:公孫瓚の武力の強さは独自の戦闘組織にあった

関連記事:北方の雄・公孫瓚が滅びた原因は○○だ!

 

【漢のマイナー武将列伝】
漢のマイナー武将列伝

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 楊懐 楊懐とはどんな人?劉備の益州入りを阻止しようとした将軍
  2. 官渡の戦い 44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介
  3. 孫権 弔い出陣 70話:孫権、父(孫堅)の弔い合戦を始めるよ。黄祖討伐編
  4. 劉備と再開する趙雲 50話:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会
  5. 貂蝉 色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!
  6. 王修(おうしゅう)とはどんな人?袁譚を最後まで支え続けた忠臣に曹…
  7. 絶世美女 貂蝉 悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?
  8. 董卓と呂布 うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 馬岱
  2. チェストと叫ぶ西郷隆盛
  3. 二刀流の劉備
  4. 西郷隆盛像
  5. 梁興と馬騰
  6. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
  7. 諸葛瑾

おすすめ記事

  1. 【三国志の民話】世論に逆らうな!曹操の民心掌握術 于禁、曹操、青州兵
  2. 東京五輪のエンブレム問題とはどんな問題だったの? 幻の1940年の東京五輪 いだてん
  3. 【最終話】kawauso編集長のぼやきVol.33「北京でサービスを考える」 はじめての三国志編集長kawauso
  4. 張遼の愛馬の名前は?蒼天航路でも大活躍した黒捷 愛馬に乗る張遼
  5. 三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?
  6. 中国四大美女のひとり貂蝉 貂蝉

三國志雑学

  1. 蔡琰
  2. 張燕
  3. 周瑜 死
  4. 孫権に諫言する陸瑁


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 龐統
  2. 呂布のラストウォー 呂布
  3. 孫権と張昭
  4. 成廉、魏越、呂布
  5. 陸遜
  6. 袁術

おすすめ記事

曹丕 意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い 若かりし劉備 若い頃の劉備はチャラすぎ!劉備略年譜 劉邦と項羽 項羽に勝ったのはこれだ!項羽に勝つことができた劉邦自らの自己評価とは? kawausoと曹操 ポツダム宣言って何?戦後日本を決定づけた降伏文書を読んでみよう 袁術をからかう呂布 呂布を文官として使ってみたら?小国の君主が過酷な三国時代を生きのびる裏技 三國志戦記とはどんなアプリゲーム? 鍾会 月刊はじめての三国志2019年8月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました キングダム 【保存版】キングダム、あの名将の悲惨な最期ワースト8選

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP