三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚

公孫攅と劉備
この記事の所要時間: 237




反董卓軍010

 

公孫瓚は、三国志の序盤では、反菫卓連合軍の将軍として、

劉備、関羽、張飛の桃園三兄弟を配下として従えて登場します。

 

実は劉備は若い頃、盧植という人物の弟子で公孫瓚は兄弟子だったという

伏線があり、その縁で公孫瓚の配下として参戦しているのです。




三国志演義の公孫瓚はどんな人物?

公孫攅と劉備

 

公孫瓚は、容姿端麗で威厳のある武将として描かれていて、

異民族から選抜した機動力抜群の騎兵を率いて、

白馬将軍と美称されるなど格好いい扱いです。




正史の公孫瓚はどんな人物?

朝まで三国志 公孫瓚

 

ですが、それは三国志演義だけの話であり、正史の公孫瓚は、

野心の達成の為なら、なんでもやるという悪党なのです。

 

公孫瓚の最初のライバルは、幽州牧である劉虞でした。

劉虞は、後漢の建国者である光武帝の末裔の名門の家柄です。

 

また、彼は温厚で質素、真面目で誠実な人物として、

庶民の声望が厚い人物でした。

 

 

劉虞と公孫瓚の違い

朝まで三国志 劉虞

 

劉虞は、烏丸(うがん)という異民族を鎮圧する使命を受けていますが

力攻めを嫌い帰順した烏丸族に贈り物をするなどして、

懐柔策を取り、烏丸もこれに服したと言われます。

 

一方の公孫瓚は、同じ幽州を拠点にしていましたが、、

「異民族は力で制圧しないと漢王朝を侮る」

という好戦的な主張をしていました。

 

公孫瓚の悪党ぶり

公孫瓚

 

それはそれでいいですが、自身を正当化する為に、

劉虞が烏丸族に送った贈り物を毎回強奪していたようです。

 

劉虞からすると、「お前、、邪魔すんなよ」ですが、

劉虞が抗議しに来ると公孫瓚はいつも仮病を使って会いませんでした。

どうでしょう?公孫瓚の性格の悪さが見えませんか?

 

 

劉虞、遂に公孫瓚を攻める!

朝まで三国志 劉虞

 

劉虞は、いずれ公孫瓚が自分を狙ってくる事を考えて、先手を打ち、

心服させた烏丸族を糾合して数万の兵力を組織して公孫瓚を攻撃します。

 

それを知った公孫瓚は、城に籠って民衆を盾にして対抗します。

おお、これは汚い、あまりにも汚い戦法です(笑)

 

劉虞は、人民を慈しむ君子として通っているので

これを攻めあぐねてしまいます。

 

 

劉虞敗れる

騎馬兵 三国志

 

公孫瓚は、こうして劉虞の矛先を封じて、機動力が高い騎兵を多用、

ゲリラ戦を展開して劣勢を挽回して遂に劉虞を捕えてしまいます。

 

捕えられはしたものの、庶民は劉虞を慕っているので助命を嘆願します。

徳は積んでおくもんだなと思いますが、公孫瓚には通じません。

 

公孫瓚は劉虞を市中で引き回して侮辱した上で、

 

「皇帝になれるような人物なら真夏でも雨を降らす事が出来よう」

と助命の為の無理難題を吹っ掛けます。

 

 

劉虞はどうなったの?

朝まで三国志 劉虞

 

時は真夏です、雨は降らず、劉虞は処刑されました、、

 

直後に、長安では菫卓が暗殺され、一時王允による漢王朝の復活が

起きていて献帝は、劉虞を北方、六州の太守に任命します。

 

 

公孫瓚の悪役ぶりは更に磨きを増す

朝まで三国志 公孫瓚

 

そこで、公孫瓚は、死んだ劉虞の評判を落とす為に、

「劉虞は皇帝になろうという野心があった為に自分が討伐した」

と嘘八百を並べて、劉虞を中傷しました。

 

この行動により、庶民の支持を失った公孫瓚は、幽州の支配者の地位を

手にいれると、豪華な生活に耽っていきます。

 

袁紹が攻めてきた、さぁ公孫瓚どうする?

朝まで三国志 公孫瓚

 

やがて、袁紹が攻めてくると、前線の将軍から、公孫瓚に援軍の要請が来ます。

しかし、公孫瓚は一兵の援軍も送らず将軍を見殺しにしました。

 

理由は「援軍を送るとそれを当てにして、部下が必死に働かなくなる」

という驚くべき、トンチンカンな理由でした。

 

援軍が来ない事を知った前線の将兵は、袁紹軍が入ってくると、

我先に司令官を殺して続々と降伏しました。

 

その為に、袁紹軍は、簡単に公孫瓚の本拠地である易京まで侵攻できたのです。

 

 

袁紹軍・遂に公孫瓚まで近づく

朝まで三国志 公孫瓚

 

易京には巨大な城壁があり、兵糧も10年分も備蓄してありましたが、

袁紹は、トンネルを掘り、地下で城塞の建物の柱を破壊して楼閣を崩します。

 

公孫瓚は死を覚悟して、家族を殺して城に火を放って死にました。

西暦199年の事だと伝わります。

 

三国志演義では劉備の気のいい兄貴分な公孫瓚ですが、

正史では、かなり性格が悪い、奸雄の一人なのです。(笑)

 

関連記事:公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1

関連記事:公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2

関連記事:弟を殺された事が袁紹VS公孫瓚の抗争の原因

関連記事:蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!?




この記事を書いた人:kawauso

kawauso

HN:

kawauso

自己紹介:

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

 

関連記事

  1. 008247928cb188ce3bc7a9f1cc811926_m 山海経(せんがいきょう)って何?|中国古代の神話世界
  2. 朝まで三国志 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第10部
  3. 戦え于禁㈰03 三国志の英雄も楽しんだ?日本とは少し違う三国志時代の蝉取り
  4. 赤壁の戦い 赤壁の戦いは計略の宝庫
  5. 袁術と孫策 袁術の前をガン無視で通り過ぎた漢達が予想以上に多かったのでまとめ…
  6. 龐統2 龐統(ほうとう)ってどんな人?|孔明とは頭脳以外全て正反対
  7. kawauso 【シミルボン】人間の発想怖過ぎる!血も凍る三国志時代の処刑方法
  8. 合肥の戦い4コマ はじめての三国志 4コマ劇場 「合肥の戦い」

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 若かりし劉備 チャライ★
  2. photo credit: Glorious peacock feathers via photopin (license)
  3. かりん
  4. 朝まで三国志 袁術
  5. 曹丕 波田陽区
  6. うしおととら
  7. 袁術と孫策
  8. 張松
  9. 神話 f
  10. 政

おすすめ記事

  1. 鄧禹(とうう)とはどんな人?光武帝の親友だが戦争にべらぼう弱い雲台二十八将の1人 鄧禹
  2. 【第2話】戦え!于禁文則ん「李典曼成」 李典
  3. 【項羽との恋愛で起こった悲しい運命】虞美人と虞美人草の悲しいお話 陰麗華
  4. 現代医学からみた劉備玄徳の死因…驚愕の真実が発覚!! 劉備
  5. 北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいならこの小説も超絶オススメ! 北方謙三
  6. よくわかる!周の成立から滅亡をざっくり分かりやすく紐解く photo credit:  via photopin (license)

三國志雑学

  1. 孔明過労死
  2. 孫権
  3. 呂壱と孫権
  4. 三国志 女性
  5. photo credit: Flower - Hydrangea via photopin (license)

ピックアップ記事

  1. 荀彧
  2. 山本勘助 wiki
  3. 口論する韓非と李斯
  4. 曹操
  5. 孟獲キャッチコピー01
  6. 曹操 詩
  7. エドワード黒太子 wiki
  8. 馬超と羊

おすすめ記事

ドラゴンブレイド 引用 【ドラゴンブレイド番外】古代ローマ版曹操?カエサルの生涯が凄すぎる photo credit: The jewel in the crown via photopin (license) 【陳祇】蜀滅亡の原因は黄皓だけのせいではなかった? 死せる孔明 三国志初心者の為の諸葛亮孔明ってどんな人 関羽 大暴れ 誘引の計にかかった関羽、ブチ切れる。 月間三国志まとめ4月 【月間まとめ】2016年4月の注目ニュース14選! 魏武将 はじめての三国志 ゆるい 曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった? 陸遜 陸遜は兵法の本質を理解していた戦術家だったの?夷陵の戦いから読み取る陸遜の能力 暗殺計画自慢の董承04 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る!

おすすめ記事

  1. ニッチローも真っ青!三国志の英傑はモノマネ大好きだった! 曹操 バカ殿
  2. 孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想? photo credit: Ukok via photopin (license)
  3. 郭嘉(かくか)の死因は結核だった?【はじさん臨終図巻】 郭嘉
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【1/16〜1/22】 週間三国志
  5. 天才魯粛の生涯!赤壁の勝利は魯粛無しにはあり得なかった? 魯粛
  6. 始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサメンだったから? 始皇帝 死ぬ
  7. 意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い 曹丕
  8. 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【前半】 photo credit: Capra Metafisica via photopin (license)

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP